« お薦めマッチ_0204 | トップページ | マイクロソフト杯決勝結果 »

日本選手権1回戦結果

土曜日の秩父宮は冷え込んだ。第1試合の前にピッチレベルの気温が4度だったから、日陰になっている観客席はさぞ寒かっただろう。みなさん大丈夫でしたか? 僕は1試合目の解説をして、2試合目はバックスタンドで見ていた。日当たりが良くって寒くはなかったけど、タマリバの頑張りには力が入った。

コカ・コーラと関東学院は、両チームの力量が接近していると思っていたが、やはり関東学院が健闘した。コカ・コーラは、CTBラウペペ、FL山口キャプテンが負傷欠場とあって、FWに外国人選手を2人起用していた。このFWで圧力をかけたかったところだが関東学院も接点には強い。コカ・コーラはここで関東を崩せず、試合は拮抗した。FB有賀は足腰の強い突破を繰り返し見せてくれたし、トライゲッターのWTB北川は相手ボールを奪って80m以上の独走トライを決めた。7-7のまま後半40分を迎えた時には抽選かと思われたが、最後はコカ・コーラのHO蔵がゴール前のモールから意地のトライを奪った。これでコカ・コーラは、トップリーグの上位チームにチャレンジできることになったわけだ。来季に向けて、勝っても負けても課題を見つけられる試合をしてほしい。

この時期の試合は、大学チームにとって調整が難しい。1月8日の決勝戦以降、これだけ試合間隔があると、ゲームフィットネスとかゲーム勘はどうしても鈍る。2試合目の早稲田もそのあたりが影響したのか、前半は特にミスが多かった。

しかし、タマリバの工夫と頑張りは賞賛されるべきだろう。前半は0-7での折り返し。後半2分には、CTB山本が絶妙のコースに走り込んで、早稲田の防御ラインを突破、そのままインゴールに飛び込んだ。早稲田の防御ラインを抜くために周到に準備されたプレーだったらしく、まさに会心のトライ。7-7の同点である。早稲田の攻撃力を出させないように、できるかぎりボールを保持していく戦い方は見事だった。スクラムの劣勢がなければ、もっと健闘できただろう。それぞれ忙しい仕事の合間をぬってトレーニングに励み、学生王者にここまで対抗したのは立派だった。試合後、数名の選手達に話を聞いたが、心からラグビーを楽しんでいて好感を持った。桑江、高田という、早稲田と慶應OBの両LOも良かった。桑江選手は「自分の時と同じサインプレーもあった」と、ラインアウトで早稲田にプレッシャーをかけていた。このあたりの話は日曜日深夜放送のJSPORTS「ラグビープラネット」に特集される。ぜひ、ご覧ください。

早稲田の清宮監督は試合後、「タマリバがよくやったということです。しかし、我々のきょうのターゲットはゲーム勘、ゲームフィットネスを得ることでした。そういう意味ではいい試合だったのでは」と、ある程度の苦戦は想定していた様子だった。次はトップリーグへのチャレンジである。

日本選手権1回戦■試合結果
コカ・コーラウエストジャパン○12- 7●関東学院大学
早稲田大学○47- 7●タマリバクラブ

コカ・コーラと早稲田の相手がどこになるのかは、マイクロソフト杯決勝結果次第。東芝が勝てば、トップリーグ(TL)2位の三洋電機がトーナメント表の右端に入り、4位のトヨタが東芝のブロックに入るため、NEC対コカ・コーラ、トヨタ自動車対早稲田という組み合わせになる。一方、サントリーが勝てば、サントリーがトーナメント表の右端に入り、TL4位のトヨタは出場できなくなる。東芝ブロックにはTL3位のNECが入り、NEC対早稲田、三洋電機対コカ・コーラになる。さあ、どうなるかな?

というわけで、これからシックスネイションズを見ます。感想は明日以降に。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0204 | トップページ | マイクロソフト杯決勝結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    なおばんさん、ご指摘ありがとうございます。自分でもなぜあの時、何も指摘しなかったのかよく分からないのですが、反省しています。北川選手やご家族にも申し訳ないことをしました。アナウンサーの方は名前の読みは特に念入りに調べるのですが、時折、思いこみがあったりということはあります。間違いは減らしていかなければならないので、自戒して努力していきたいと思います。

    投稿: 村上晃一 | 2006年2月 6日 20:59

    はじめまして。
    私も4日の関東学院対コカ・コーラWJの試合を録画で見ました。関東学院の卒業生なので、学生もOBも応援して忙しくもうれしい試合でした。お互いに健闘したとてもいい試合だったと思います。
    ただ、北川智規(トモキ)の独走トライの時にアナウンサーが「キタガワトモノリ」って、何度も言ってたのが非常に残念でした。多分、彼の家族の方とかもとてもがっかりしたと思いますよ。「村上さん、指摘してやって!!」とTVの前で叫んでました。
    そういうのって、もうちょっと下調べして欲しかったなー・・あんなに活躍した選手なのに。
    最近、交代の選手名とかも間違えるのすごく多いですよねぇ。仕方のないことでしょうか?

    投稿: なおぱん | 2006年2月 6日 17:00

    今日の秩父宮は寒いにもかかわらず、たくさんの人が来ていて、嬉しかったです。
    試合もサントリーが反撃し、最後まで楽しめました。
    イングランド強かったですね~。シックスネーションズの感想楽しみにしています。

    投稿: さちこ | 2006年2月 5日 23:04

    早稲田圧勝だの、タマリバのツインタワーがどうのって、マスコミはかるいな~って思いましたね。
    秩父宮で観戦したんですが、早稲田がペナルティーを得てタッチキックをけった後、走ってラインアウトに参加してたのはキャプテンだけでした。気合ゼロでしたね。
    一方、タマリバの運動量、これ尋常じゃなかったです。見えないところにある人の思い、積み重ね、そんなものを伝えられたら本物のジャーナリズムだなーって思ってました。

    だから村上さんは本物だと、その差を感じました。がんばってください。

    投稿: コメント | 2006年2月 5日 22:58

    どのチームも難しいゲームでしたね。
    連戦や長期のインターバルなど、でも、一生懸命でしたね。
    タマリバは、ほんと個々のゲーム理解が凄くて、プレイヤー全員がハードワークをしていましたね。高校生なんか、現実的に見習ってほしいですね。ただ、ゲーム分析が行き渡りすぎて、価値を意識しすぎて展開力に欠けたのではと。日本のラグビー界にとっても、展開力のあるタマリバのアイデンティティの主張をもっとしてほしいですね。若い子もいますが、クラブ代表は、ある意味我々中年の星であり、多くのラグビープレイヤーの目指すところでもありますからね。
    コーチの件は、サッカーW杯を獲得した西ドイツ代表(旧)のプレイヤーをコーチ教育し若手の育成に引退後勤めるようにコースが設けられているようです。ラグビーなどは、狭い社会ですから、コーチなどではとても生計が立たず、ボランティアですね。
    プレイヤーは、自身のプレイにしか興味がないではなく、教えることやラグビーの楽しさを伝えることにも興味を持ってほしいですね。

    投稿: dragon | 2006年2月 5日 22:10

    こんにちは。秩父宮で観戦しましたよ。メインスタンドは極寒でした。携帯ストーブでも欲しいかんじでありました。ということで今回も極寒のメインスタンドからの観戦記をTBさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年2月 5日 08:56

    初めてコメントさせていただきます!
    解説、お疲れ様でした。ボクは観戦組だったので、帰宅後シックスネイションズの前に録画再生して拝見させていただきました。
    2試合目はバックスタンドだったんですね。放送席より暖かいのかな?(笑)来週はもう少し暖かくなりますように!
    来週も放送楽しみにしてます!頑張ってください!

    投稿: けーすけ | 2006年2月 5日 03:54

    今日はJ-SPORTSでテレビ観戦しました!村上さんの解説もいつもどおりとってもわかりやすくて、面白かったです。LIVEでみれたのは関東学院戦だけだったんですが、あとで早稲田戦もみようと録画してます。あたしは学生なので、やっぱり学生ラガーにがんばってほしいですね!関東は負けちゃったけどほんっとにすっばらしい試合内容で、涙出そうでした。
    ところで、実況をしていたアナウンサーがコカコーラWJを「コーラ」と略していたんですが、この略称は、一般的なものなのでしょうか?あたしは、今日コカコーラWJの試合を初めて見たのですが、「コーラボール」とかっていうのがなんっか変な感じがして・・・あたしだけでしょうか?

    投稿: まゆ | 2006年2月 5日 02:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8504610

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権1回戦結果:

    » 初戦突破 [けーすけのひとりごと]
    2年連続で大学王者となったワセダ。 今日からは社会人に挑戦する日本選手権の幕開けだ。 今年こそ打倒・トップリーグを。非常に楽しみな選手権になりそうだ。 今日の1回戦は、クラブチームチャンピオンのタマリバと対戦。 昨年も日本選手権1回戦で対戦、59-5で退けている相手。今年も戦力的にはワセダが優位。 対戦相手のタマリバにはワセダOBが多数いることもあり、結果より内容を楽しみに秩父宮に向かった。 しかし、今日の東京は寒かった~! 昨日の夜から寒さが増し、寒風も吹き荒れてたからある程度の寒さは覚... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 5日 03:58

    » 日本選手権−1回戦レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  先日のブログであまり期待していないと 書きましたが、なかなかどうして面白い試合 でしたね。でも新聞各紙が選手権から 1ヶ月空いてとか試験休み 云々とか言うコメントを見るとやはり  「文句言うくらいなら出るな」 と言いたくなります。とりあえず本日は雑感です  早稲田大学タ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 5日 06:00

    » 日本選手権1回戦観戦記〜秩父宮〜 [SANDA]
     快晴の朝を迎えた  八王子から見える霊峰・富士も一際くっきり目に写る  こんな日が最高のラグビー観戦日和だ・・・と思い電車で秩父宮へ  とはいっても、メインスタンドは寒いんだよね。  いや寒いというのを通り越して、痛かった!!!    さて、ラグビーシーズンもいよいよ終盤を迎えた  この2月でメインのシーズンは終了となる  この1ヶ月を目一杯楽しまなくてはいけないね。  え、なに? 充分楽しんでいるだろうってか・・・であるな。  さて、観戦記である ◎ 第1試合 ..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 5日 08:52

    » 日本選手権1回戦 コカ・コーラウエストジャパンー関東学院 [ラグビー観戦記]
    コカ・コーラウエストジャパン 12-7 関東学院 関東学院大の予想以上の健闘、個 [続きを読む]

    受信: 2006年2月 5日 21:08

    » 早稲田大学対タマリバにラグビーの醍醐味を見た。 [日本大好き、好きです早稲田日記]
     日本選手権一回戦、「秩父宮」で行われた関東学院大学対コカコーラウエストジャパン、早稲田大学対タマリバの二試合は、いずれも好ゲームで、カテゴリの異なるチーム同士の対戦だが楽しめるものだった。 ことに早稲田大学対タマリバの一戦は、試合内容そのものが、昨年...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 6日 19:53

    » 日本選手権 1回戦の結果。 [ココロミ]
    大幅に出遅れ、かつ順番が逆になりましたが、日本選手権1回戦の結果です。 2月4日(土) <秩父宮> 第1試合 12時~ ○ コカコーラウエストジャパン 12 - 7 関東学院大学 ● 第2試合 14時~ ○ 早稲田大学 47- 7 タマリバクラブ ●  日本選手権の組み合わせとしてはどうか、ということは置いといて、このゲーム予想どおり、なかなか面白かったです。 第1試合のコカコーラウエストジャパン(以降、CCWJ)と関東学院は、前半0-0で終了。関東学院は勝ちにきてるし、C... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 8日 15:14

    « お薦めマッチ_0204 | トップページ | マイクロソフト杯決勝結果 »