« トップリーグ表彰式 | トップページ | 選手選考について »

2006日本代表スコッド発表

火曜日は日本ラグビー協会で2006年の日本代表候補56人の発表記者会見があった。同時に、夏までのテストマッチスケジュールなども発表された。非常にタフな日程である。メンバーは日本協会のホームページを見ていただきたいのだが、発表された56人を日本選手権終了後に32名に絞って、3月30日~4月13日に行われるフランス合宿(フランス・ダックス地方)に臨み、4月以降の国際試合に備える。フランス合宿では、地元地域代表などと3試合を行う予定。

この56名の選考についてだが、負傷により選出されていないのは、東芝府中のHO塚越、FB立川で、エリサルドHCも残念がっていた。「この選手をベースにW杯に臨みます。熟慮の末の発表であり、潜在能力の高い選手を中心に選んでいます」

56名をこの時期に発表したことについて、太田GMは「すでにシーズンを終えている選手も多く、モチベーションと、体調を維持してもらいたかった」と説明。セレクションについても「エリサルドHC以下、永田、中山両コーチと私も含めて、トップリーグ、マイクロソフトカップ、大学選手権、すべてのゲームを見てきました。ボールキープ力があり、タックルの出来る選手を候補とし、アダプタビリテ(適応)を体現できる選手を選びました」と語った。

また日本代表の観客動員アップ(目標は毎試合2万人)のためにも情報公開が必要ということで、太田GMのブログを始めることも発表。連日更新を目指す。すでに始まっているのだが、太田さん、連日は大変ですよ~。「ほぼ」をつけたほうがいいと思うなぁ。でも、そこまでしてファンとの接点を持とうとする意欲はとてもいいと思う。この春はファンイベントもたくさん企画されているようで、このあたりも専任GMの効果が現れているということだろう。

大学生で選出されたのは、昨年までにすでに日本代表入りしているSO森田、FB五郎丸をのぞくと、SO曽我部のみ。プレーの幅の広さが評価されたようだ。今回のセレクションは第一次段階であり、春のテストマッチシリーズに誰が残っているかは未知数。フランス合宿に参加できなかった選手も、グルジアとの日本A代表戦などでパフォーマンスのチェックをし、結果次第で入れ替えもあり得るとのこと。エリサルドHCが最重要ポジションとするSH、そしてゲームコントロール能力が問われるSOのポジションで誰が残るのか、じっくり見ていきたい。

それと、キャプテンについてはみなさん興味のあるところだと思うし、報道陣からも盛んに質問があったのだけど、これは考え方の根本的な相違と言うべきか、平行線だった。日本ではキャプテンは精神的主柱として考える場合が多いので、チームのリーダーは誰なの? という質問になるのだが、エリサルドHCの考えは「キャプテンはゲームをリードする人」ということなので、メンバーが決まっていないのにキャプテンは選べず、彼が最も重視しているポジションであるSHという答えになるわけだ。実際、フランスではSHのキャプテンが多い。しかし、「必ずそうする」と言っているわけではなく、「今答えるなら、そうなる」という言い方だった。選手が固まってきてからということなのだろう。この件については、報道陣、エリサルドHCともにもどかしい問答になった。

スケジュールは以下の通り。日本が実力派のチームと短期間にこれほど連続して対戦するのは珍しい。いずれも強豪だが、現状の力関係からいって、グルジア戦あたりまでに徐々にメンバーを固めて、6月から始まる強豪国相手のテストマッチに全力でチャレンジしたいところだ。エリサルドHCも言っていたが、いろんなタイプのチームが並んでおり、しっかり準備して臨んでいけば、非常にいい強化になる日程と相手だと思う。

◆日本代表関連スケジュール
3月30日~4月13日 フランス合宿
4月16日(日) 日本代表対アラビアンガルフ代表(東京)
4月23日(日) 日本代表対韓国代表(東京)
5月10日(水) 日本A対グルジア代表(大阪)
5月14日(日) 日本代表対グルジア代表(大阪)
6月4日(日)  日本代表対トンガ代表(九州)
6月11日(日) 日本代表対イタリア代表(東京)
6月17日(土) 日本代表対サモア代表(サモア)
6月24日(土) 日本代表対NZジュニア(NZ)
7月2日(日)  日本代表対フィジー代表(大阪)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ表彰式 | トップページ | 選手選考について »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    元木が選ばれなかったのが寂しい。
    大学の二つ下で彼の突貫小僧時代から知っているので非常に寂しい。一つの時代が終わった気がする。
    でも今回のスコッド、バックスにまとまりは出るのだろうか?なんとなくチグハグな印象があり、臨機応変な対応力ができる、経験のある選手の集まりなのだろうか?私の好きな広瀬選手などいるが、少し不安。なんとなく好き嫌いの印象がゆがめない。監督の自分の色を出すためなのかもしれないが・・・・。ほんとにいいの?

    投稿: 寂しい | 2006年2月 9日 00:55

     大阪で2試合開催は関西在住者としてありがたいですけど、名古屋で1試合もないというのは名古屋のファンの方がかわいそうな気がしてなりません。普段応援しているトヨタの選手の勇姿を見たいでしょうに。
     それとやはり個人的にキャプテンをも補佐できるような「精神的支柱」となれるベテラン選手が必要だと思いますけどね。元木・村田両選手の名前がないのが疑問です。
     あと質問ですが、ジャパンの試合は日本国内での試合の放送は当たり前としてアウェーのサモアやNZでの試合も放送されるのでしょうか。それとかなり気が早いですけど11月のスリランカでの最終予選は放送されるのでしょうか。教えてください。

    投稿: 神戸ファン | 2006年2月 8日 23:52

    4月13日までフランス合宿へ行って、16日に東京で試合というのは、どうなんでしょうかね。
    時差ボケ等の体調管理は大丈夫なんでしょうか?しかも、フランス合宿はセレクションの意味合いもあるようでハードな感じもしますし・・・。
    でも、私達のジャパンはたくましいので大丈夫でしょうね。

    投稿: さちこ | 2006年2月 8日 23:09

    1.キャプテン
    ラグビーの場合、非常に大きな意味を持ちます。ゲームが始まるとキャプテンの権限が非常に大きなものとなり、ゲームの行方を決する決断を常時迫られます。現在、多くの監督などが、ゲーム中声を張り上げて支持をする場面などがありますが、本来は、ゲームはプレイヤーのものであり、プレイヤーの代表であるキャプテンの意志というのがゲームを通じて反映されます。歴史的背景があります。
    2.SHは、FWとBKを結ぶリンクプレイヤーとして位置づけることが出来ます。HCがいうように、ボールをどのように動かして攻めるのかの判断を、一番ボールをもつSHというリンクプレイヤーに戦略的に任せるのでしょう。フランスもいいハーフが多く、戦略眼も、リーダーとしての素養も高かったのでしょう。サントリーが数年前強かったころ、SHの田中選手が非常にキープレイヤーだったことを思い出すとイメージがつくかもしれませんね。あのときは、最高のリンクプレイヤーだったな。
    3.選考
    よいと考えるプレイヤーは必ずしも選ばれません。
    某お金持ち野球チームを考えると直ぐに答えはでると思います。ファンは、楽しいかもしれませんが。レアルマドリードという、スペインにあるサッカーチームは、銀河系集団と呼ばれ各国代表のスーパースターを集めてもトップに上り詰めていません。攻撃ばかりの選手を集めると、誰がディフェンスするの?となり、ディフェンスが非常にもろくなります。ラグビーなどは特に、特に日本などはタックルできる選手となるでしょう。
    それに選手の組み合わせや、個々のプレイヤーからシステム(戦略)をつくり、勝てるであろうチームを構想すると、つかえる選手、つかえない選手は決まってきます。
    4.キャップ
    以前は、例えば同一人物でNZ代表キャップ10、日本代表キャップ5というように、二カ国にまたがって代表になることが出来ました。これは、日本代表に限ったことではなく、海外でも見られた傾向です。
    数年前に規制が設けられ、代表になるのは一カ国となりました。オーストラリアの、WTBラスボーンという馬力のある人は、南アフリカ出身であり、両国から代表のオファーがあったようですが、現在活躍するオーストラリアを選びました。
    まあ、初の外国人監督ということもあり、コミュニケーション等に問題もあるかもしれませんが、逆に雑音を聞かなくて良いので、しっかりジャパンのラグビーをしてもらいましょう。
    責任は、彼を選んだ執行部にちゃんととってもらいましょう。現場に責任を押し付ける体質を改めないと。矢面に立つ、太田さんやHCがうかばれませんよ。

    投稿: dragon | 2006年2月 8日 22:22

    以前から思うことなんですが、日本代表に外国人が選ばれることはどうなんでしょうか?他の国の代表もあることなんでしょうか?パワーでは外国人にはかなわないのですごくありがたいんですが、海外のメディアとかはどうなんでしょうか??

    投稿: 堀内 | 2006年2月 8日 21:23

    >連日は大変ですよ~。「ほぼ」を
     つけたほうがいいと思うなぁ。
     →私もこの一言に反応してしま
       いました(笑)
       継続は力なり、太田GMの
       本気度を期待したいです。
       はじめから妥協すると駄目で
       追い込まれると考えますからね

       代表スコッドについては今後の
       成長などを鑑み、柔軟性を持っ
       て考えられることを期待します

    投稿: 瑞穂 | 2006年2月 8日 19:02

    ふーたろうさん、取り急ぎ。W杯の最終予選は11月です。4月も予選の一環で、ここでトップ3に残ったチームが、スリランカで行われる最終予選に進みます。

    投稿: 村上晃一 | 2006年2月 8日 14:09

    今回の代表スコッドに有賀選手が選ばれなことについて、村上さんはどうお考えでしょう?彼は選出の基準となるタックルもブレークダウンも強いし突破力も申し分ない。エリサルドHCは個人的にプレーヤーに対してかなり好き嫌いがあるように思えるのですが・・。

    投稿: rugby fan | 2006年2月 8日 12:23

    代表の2006年目標が「W杯出場権獲得」とはちょっと悲しいですね。4月の予選終了後はどうするのでしょうね?
    また代表キャプテンはとても大事なものだと思うのですが、この決め方にエリサッドルのアダプタビリティを感じません。コメントにもありましたが、有賀が選ばれなかったのは残念です。逆に森田は今シーズン殆ど見かけないのに。。。
    何故か代表のことになると発生する気持ちのモヤモヤするフラストレーションを何とかしてくれぇ~。村上さん何とかして下さぁ~い!

    投稿: ふーたろう | 2006年2月 8日 11:42

    いよいよ JAPANの季節って感じですね。
    楽しみです。

    投稿: さんぼ | 2006年2月 8日 07:29

    今回は大阪での試合が多いのですね。

    何はともあれジャパンには1勝でも多く勝ってほしいですね!

    投稿: issa | 2006年2月 8日 06:58

    はじめてコメント残させていただきます。いつもいつも更新されるのを楽しみにしております。
    私ももう少し大学生も入れるのでは・・・と思っていたのですが。特に有賀選手あたりは絶対ジャパン入りすると思っていたので残念でなりません。選考基準にぴったりだと思ったのに・・・
    これからどのように絞っていくのか楽しみですね。

    投稿: TURF STUDENT | 2006年2月 8日 02:20

    日本代表って?スコッドって?分からない言葉が出てると思って、スコッドを調べたら、ラグビー用語集にのってた。日本代表がまだ、分からない。なぜ、大学生が選出される?学業はどうなる?日本選手権で優勝したチームが日本代表なのでは?all starなら、ファン投票で選出されてもいいのではないか?など。おそらく、選出されたメンバーは2005年度に活躍した選手だろうと思うが・・・。

    投稿: Y | 2006年2月 8日 01:29

    >連日は大変ですよ~。「ほぼ」をつけたほうがいいと思うなぁ。

    ↑これは、村上さんの実感がこもってますねぇ。連日は、本当に大変だと思います。でも、村上さんは3月1日で、1年間連日更新になりますね。あと少しです。これプレッシャーじゃありませんよ。
    しかし、太田GMにはそのくらいの意気込みでこの役目を果たして欲しいものです。ワールドカップは、もう来年です。悠長なことは言っていられません。
    それに、キャプテンの意味合いが、日本とフランスでは違うようですね。こういった点で、選手たちに戸惑いが起こらないように、うまく調整役としても動いて欲しいものです。

    投稿: サファイヤ | 2006年2月 8日 01:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8552964

    この記事へのトラックバック一覧です: 2006日本代表スコッド発表:

    » 日本選手権一回戦&MSC決勝他 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 日本選手権一回戦 早稲田-タマリ [続きを読む]

    受信: 2006年2月 8日 07:03

    » 日本代表 23番目の戦士!!! [らぐびーあにまる]
    日本代表候補のスコッドが発表されました。早稲田の曽我部が選ばれましたね、センスは申し分ないので フィジカルがどこまで 通用するのか、今週の 早稲田 対 トヨタ の見所が増えました。そして 今回 新しく JAPAN の スコッド に 選ばれたのが我々 フ...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 8日 07:25

    » 日本代表スコッド発表 [前橋にスポーツバーを創ろ~会(いつか)]
    ラグビー日本代表スコッドが発表された。 フォワードメンバー30名はこちら 。 バックスメンバー26名はこちら 。 この代表スコッド56名のうち、30名程度に絞込み、春のテストマッチへと挑んでいくようです。 そして、我が三洋電機ワイルドナイツからはナ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 8日 18:33

    » 2006年JAPANスコッド発表 [あなたとノーサイド♪日記]
    2006年JAPANスコッド発表が発表されました 日本協会公式サイトより→ 発表会見・FW・BK 会見の中でこの時期の発表については、 「すでにシーズンを終えている選手も多く、 [続きを読む]

    受信: 2006年2月 8日 20:58

    « トップリーグ表彰式 | トップページ | 選手選考について »