« トップリーグ入替戦結果 | トップページ | バレンタインデー »

日本選手権2回戦結果

早稲田が今季の目標としていた「打倒トップリーグ」が現実のものとなった。お客さんも多かったなぁ。大学レベルでは飛び抜けた存在だった早稲田はトップリーグ(TL)の関係者からも「TLに入ってマイクロソフト杯にも出られるレベル」という声が出るほど評価が高かった。要因は、スクラム、ラインアウトの安定感。バックスのスピードとパスの精度の高さ。ディフェンスの意識の高さ。そして現代ラグビー勝利のキーポイントとなるブレイクダウン(ボール争奪局面)での強さである。つまり、ボール確保ができる地力があるのだ。

TL4位のトヨタ自動車ヴェルブリッツに対しても、その強みは発揮された。スクラムは安定し、ラインアウトはマイボールを正確に確保するだけでなく、相手ボールを何度も奪った。分析力でも早稲田が勝っていたことになる。僕が解説したJSPORTSの数字では、トヨタ自動車は13本のマイボール・ラインアウトを5本しか確保できなかった。80%確保が普通のラインアウトでこの数字は悪すぎる。逆に早稲田は14本中13本をゲットである。早稲田は、ブレイクダウンも制し、BKラインは高い確率で防御を突破した。前半31分のSO曽我部が縦に抜いて出たトライ、後半10分、LO内橋のインターセプトからの60m独走トライは、トヨタにダメージを与えた。内橋、よく走った。

試合後、清宮監督は言った。「トヨタより強いチームから、トヨタがどう崩されているかを分析しました。トヨタはモールでの失点が多い。下位のチームからもモールではトライされています」。モールからの先制トライも準備されたものだったわけだ。スクラムの後ろにCTB今村を立たせるのも清宮監督の発案らしい。ただ立っているだけで今村の動きを警戒したトヨタFWのスクラムへの押しが弱まるというのだ。このほかにも、打った手はことごとく当たっており、準備を重ねた上での会心の勝利だった。「この仲間と一日でも長くラグビーがやりたい」(佐々木キャプテン)。清宮監督の手腕と、それを見事に実践した選手たちに敬意を表したい。おめでとう。

帰り道、佐々木キャプテンと会ったのだが「きょうは、なんかいい感じでしたよ」と、いつもは勝っても厳しい言葉が出るのに満足げだった。去年のキャプテン諸岡君にも会ったのだが「これで僕らの代は影が薄くなりますね」と笑っていた。でも、嬉しそうだった。1999年のトヨタ戦では7-101の大敗だったのが、02年12-77、05年9-28と次第に差を詰め、遂に勝利は成し遂げられた。積み重ねられた歴史を思った。

見事な勝利は称えられるべきだし立派だったと思う。しかし、敗れたトヨタ自動車の戦い方は疑問だった。ミスが多かったこともあるのだが、選手選考も早稲田の素速い展開に対抗するために突破型の選手より仕事量の多い選手を並べたり、早稲田はFW周辺の防御が強いと見て近場をしつこく突くことをせず、ボールを散らしていた。つまり早稲田の強みに対処しようとし過ぎていた。トヨタが早稲田に勝っている点をもっと生かすべきだったと思う。フラベル、ティアティア、菊谷、セコベ、水野、遠藤といった卓越したランナーにたくさんボールを集めて堂々と戦えば良かった気がする。激しさが売りのトヨタが激しく戦わなくてどうする? 

でも、僕がトヨタの選手だったら、へこむなぁ。落ち込む。うまく表現できないのだけど、なんだか複雑な気分になった。切ないのだ。勝たなければいけない精神的プレッシャーが、自ら勝負を難しいものにした気がしてならない。

もう一試合は、最終的にNECグリーンロケッツがFLサウカワの5トライなどで大勝したが、コカ・コーラも健闘していた。後半2分には、FL山口キャプテンのトライで、24-26の2点差に迫った。SO淵上の動きも良く、来季のTL入りに向けて、いい経験になたのではないか。箕内は相変わらず凄かった。ヤコがやっと帰ってきた。第一試合の後に記者会見があったのだが、僕は第二試合の解説だったので行けなかった。試合に出られるかどうかはまだ分からない状態だという話で、来季の契約の件などもはっきりしたことは言わなかったらしい。

◎日本選手権2回戦結果
コカ・コーラウェストジャパン●29-69○NECグリーンロケッツ(前半17-26)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●24-28○早稲田大学(前半14-21)

19日に行われる準決勝の組み合わせは、三洋電機対NEC(花園)、東芝府中対早稲田大学(秩父宮)になった。東芝府中ブレイブルーパスは早稲田の強みを抑え込む力強さを持っている。早稲田がどこまでやれるか、楽しみだ。お客さんはたくさん入るだろうね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ入替戦結果 | トップページ | バレンタインデー »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    観戦に行きました。すばらしい、歴史に残るであろう試合。早稲田は本当に強かった。選手一人一人の気持ちが伝わる試合だった。一方トヨタはミス、取りこぼしが多く、ペナルティの影響も大きく、ちょっと雑な印象があった。

    先日の大学選手権、対・関東学院大学の時もそうだったのだが、早稲田を応援する人々の中に入ると、本当に気分が悪い。チームはすばらしいし、大好きです。しかし、もちろん全員ではないにしても、一部のファンは本当に不愉快。

    トップリーグ、マイクロソフトカップ、早稲田の出場しない学生選手権を観に行って、気分悪く会場を後にするなんてほとんどないのですが。相手チームを野次る、なじる、相手チームの失敗に拍手を送る。さらに早稲田の選手にも、失敗しようものなら同じよう野次を飛ばす。

    結果、早稲田の試合の後は大体において、気分悪く会場を後にする。ラグビー観戦は絶対生に限ると思って足しげく秩父宮に通っている自分ですが、早稲田の試合は、ウチでテレビで観戦したほうがいいかもって、このところ思ってしまいます。

    投稿: ま | 2006年2月14日 12:27

    初めて書き込みします。トヨター早稲田、TVで観戦しました。戦術や闘争心ほんと早稲田のがんばりには敬意を表します。それに比べてトヨタにはほんと失望した。3週間準備?したと言い訳してたけど、トップリーグの代表として学生王者の挑戦に本気で戦いを挑むという気持ちは残り10分まで正直見てて感じなかった。どこか格下?という意識がほんとなかったかというと嘘だと思う。
    個人的に気迫を感じたのは内藤選手だけだった。多くの選手は最後負けてもなんかヘラヘラしてたし・・・。どっちがトップリーグのチームだかわからなかった。技術云々いうレベル以前の試合だったような気がします。
    来週の東芝府中にはすべての面で本気を見せてほしい。それはトップリーグにいるチームの責任だと思います。それに早稲田がどこまで対抗できるか。それが自分が一番みたいラグビーなので。
    個人的には花園のNEC-三洋のほうも楽しみなんですが・・・。
    時間ずらしてやってほしいものです。


    投稿: TLもっとがんばろうよ | 2006年2月14日 01:38

    こんばんは。
    12日、早稲田が勝った直後、秩父宮グランドで試合を見ていたエリサルド日本代表HCに少し話を聞きました。
    エリサルドさんは「早稲田が勝ったことはポジティブに考えている。トップリーグのチームが負けたことはプロフェッショナルとして寂しい」とコメントしました。

    投稿: 見明(みあけ) | 2006年2月14日 00:17

    早稲田は、超高校級の選手も多いので、そういった選手に目が行きがちですが、文武両道の一般入試組が努力でレギュラーを勝ち取り渋い働きをする伝統があるので、大好きです。そういう選手がゲーム中に伝統の「研ぎすまされた」切れ味を発揮する瞬間がいつも楽しみです。
    文武両道といえば、兵庫高校大会で
    灘高校が3勝し、ブロック決勝まで進んでいるようです。(相手は関西学院)頑張れ灘高校!

    投稿: 堺市民 | 2006年2月13日 23:54

    今日のコメント数は凄いですね。
    オリンピックの中、サンスポは早稲田が一面でしたし、一般紙の夕刊でも一面に掲載されるなど、ラグビーが久々に世間の話題にあがったのはよかったです。今後、興味を持った人を如何に取り込むか、日本協会は真剣に考えて欲しいです。
    早稲田は強いと思いますが、来週の東芝には力の差を見せつけて欲しいです。

    投稿: さちこ | 2006年2月13日 23:31

    いろいろなブログに早稲田は力をトップリーグまであげたと書いてあったが、そうではなく、ド素人の私でさえ早稲田の佐々木,矢富、曽我部、首藤、今村、菅野、五郎丸の名前だけを知ってるから、早稲田は優秀な選手が集まってることを示していると思う(トヨタは遠藤だけ)。選手を作り上げたものではないとも言える。間違ってるかな?

    投稿: Y | 2006年2月13日 20:57

    村上さん、ヤコの記者会見について記載ありがとうございます。早稲田対トヨタについては村上さんや他の皆さんと同じくトップリーグを中心に観戦しているファンとしては複雑な心境です。毎年対戦があるので大学がトップリーグに勝つ事は可能性としてはあるのは当たり前の事ですが・・・。エリサルドHCもこの試合を生観戦していた様ですが来週は秩父宮・花園どちらで観戦するのでしょうか?

    投稿: 軍曹 | 2006年2月13日 19:53

    昨日の試合は早稲田らしい勝ち方、トヨタらしい負け方でしたね。

    早稲田はしっかり相手を研究し、
    勝てる部分で勝負する。
    その意思統一が
    きっちりされてたと思います。

    トヨタは、TLの時から成長しない
    麻田のパスのモーションの大きさ、判断の悪さ、ウィングに遠藤が
    居るからこそ成功するハーフキックの多用、ラインアウトの獲得率の悪さ等々・・・。

    まぁ勝つべくしてワセダが勝ったとは思います。
    来週は東芝との試合。
    まぁ順当に東芝が勝つでしょうが
    前半くらいはいい勝負してもらいたいものです。

    それよりも三洋とNECの方が楽しみです。
    トニーブラウンにヤコの復帰は
    あるか解りませんが、復帰すれば
    ハイレベルの駆け引きが見れそう。
    更にブレイクダウンでの激しい争奪戦。
    角濱、武井のFB対決など、きっと見ていて楽しい試合になると
    思います。

    って事で日曜は花園まで
    見に行ってきます!!

    投稿: キース | 2006年2月13日 18:20

    あくまで私の意見ですが、トップリーグのレベルがうんぬんではないと思います。早稲田が本当に強かったと思います。トップリーグは充分ではないですが、少しづつ上がっています。
    日本ラグビーのためには、トップリーグ側を責めるのではなく、早稲田がここまで強くなったのは何があったからなのかに焦点をあてるべきだと思います。
    清宮監督が現役の18年前に早稲田が日本選手権で優勝しましたが、
    その翌シーズンから、神戸製鋼の連覇がはじまり、社会人と学生の差がどんどん開いていったという歴史があります。
    その流れをどうやって食い止めたのかというところを、世界との差がなかなか埋まらないジャパンに活かすよう考えるべきかと、私は思います。

    投稿: まじん | 2006年2月13日 18:16

    トップリーグになってから、日本の社会人ラグビーってレベルが上がったんですよね??
    トップリーグファンとして、自信を失くしました。

    投稿: とおる | 2006年2月13日 18:12

    村上さんこんにちは。観戦記TBさせていただきました。ところが小生のミスでTBに失敗。以下のTBを削除お願いします。タイトル「日本選手権2回戦第2試合~秩父宮~」です。なお「観戦記」とタイトルが付してあるあるほうは問題ありません。これで2度目なので本当に申し訳ありません。お恥ずかしい次第です

    投稿: SANDA | 2006年2月13日 15:30

    初めまして。平日は毎日、出社すると真っ先にこのブログを見て元気を出します。
    昨日のワセダvトヨタ、すごかったですね。感動しました。(内藤慎平があと1学年下だったら!)
    特に4年生の激しさには、赤黒のジャージーに対する思いの強さを見た気がしました。社会人チームにはないもののひとつですよね。人気は1日にして成らず。
    トップリーグはなぜ会社チームだけなのでしょう。早稲田も関東学院も(もしかしたらタマリバも)、トップリーグやその下部組織のチームのいくつかより強いと思うのですが。
    サッカー界ではJFLに参加している大学もあるとか?ラグビー界ももっとオープンになったら強くもなり、人気も出るのでは。
    トップリーグにも大学生ぐらいの年頃の選手がいますよね。彼らがトップリーグでやれて、大学生は大学生とだけやっていろと言うのはかわいそうだし、ラグビー界のためにももったいないと思いませんか。

    投稿: みにみに | 2006年2月13日 15:28

    野球のアマチュア王座決定戦のように、大学日本一対トップリーグ1位の1回戦で決着すれば良かったのにと思う。なぜ、試合ばかりあるんだろう?収入を増やすため?いろいろなチームの組み合わせの試合を見せるため?もう一度チャンスを与えるため?多分、そうだと思うが、そんなのは練習試合で充分。で、来週は準決勝であるが実質は日本一決定戦。もし、早稲田が勝った場合は次年度のトップリーグは早稲田を入れて15チームでやればいいのだ。

    投稿: Y | 2006年2月13日 14:48

    昨日秩父宮で観戦しました。
    スゴカッタ。後出しじゃんけんの様にはなりますが、私が友人に漏らしていた予想(前半早稲田風上、早稲田100%、トヨタ75%の出来で早稲田に勝機あり)がほぼ的中しました。
    風については持論があります。自然条件ほど予想ができず、また当にならないものはないという事です。後半の風上は作戦にはなりません。「今ある条件で有利なものは全て取る」事が自然条件を活用するには一番です。トヨタは後半苦しかったですね。トライ取りに行きたいところをPG選択しなければならない等、その時の点差や状況に対処しなければならなかったですものね。
    また「相手の分析しているなぁ」というプレーが随所に見られました。運を呼びこみ、自然条件を活用した早稲田の執念を感じたゲームでした。
    負けたトヨタについて色々な意見はあると思いますが、確かに甘えているというかなめている部分は感じますが、スポーツですし人間のする事ですから常に100%を発揮するのは難しいと思います。TLのレベルの高さを見せ付けて貰いたかったというのも正直なところですが、昨日のゲームだけでTLのレベル議論はすべきではないと思います。
    TLが始まってから間違いなく全体のレベルは上がったのですから、そのレベルに到達した早稲田を称えるべきではないかと思います。学生はこれから強い早稲田を倒すために活性化するでしょうし、TLは危機感をもってラグビーに取り組んでいくでしょう。日本ラグビー界にとって、昨日は全体のレベルを上げることのできる転換点になるゲームだったと私は感じます。
    早稲田、本当におめでとう!

    投稿: ふーたろう | 2006年2月13日 12:09

    早稲田大学の、相手を研究して弱い点をつける選手の力、素直に評価して良いと思いました。トヨタのモールに目をつけたのは良かったですね。それでも、早稲田には押されないと思ったのですが。トヨタは確かにへこむでしょうね。来季、頑張って欲しいです。来週は東芝府中戦、どのように戦うのか楽しみです。最後に・・・、昨日は私も秩父宮に行きました。久しぶりに秩父宮が満員で嬉しかったです。

    投稿: きりきり | 2006年2月13日 12:03

    私も昨日の試合は地上波ではなく、村上さんの解説つきのJSPORTSで観戦しました。ラグビー部のマネとして大学ラグビーに関わってきた私にとっては、自分が大学卒業を控えたこの時期に、同じ学生がTLを倒したっていうのはとても嬉しかったですし、試合もすごく興奮しました。
    でも、村上さんや他のみなさんのコメントをみていると、たしかに、“トップ”を掲げるリーグの上位チームが学生に負けるってゆうのは日本ラグビー界にとっては憂うことなのかも知れないなと思いました。確かにトヨタはラインアウトがあまりにも成功しなかったですよね。サインコードも早稲田に全部読まれていた感じでしたし。逆に早稲田のLOにはトヨタは対応できていませんでしたものね。
    でも昨日の試合は、TL打破を目標にここまでがんばってきて、達成した早稲田フィフティーン(というか早稲田ラグビー部員のみんな)は大きな賞賛に値することだと思います。来週も好ゲームを期待しています。

    投稿: まゆ | 2006年2月13日 11:44

    早稲田が勝ったのは凄いと思うけどトヨタが負けたのには少々がっかりしました。
    海外ならありえないですよね?

    トップリーグのチームにはJリーグのようにユースチームはあるのでしょうか?
    無いなら作って欲しいですね。

    芝生はいつ張り替えてくれるんですかね?


    投稿: issa | 2006年2月13日 09:40

    昨日の秩父宮は本当にすごい観衆でした。一緒に行った友達二人も早稲田を応援してました(駒沢大出身なのに)。私は最後はトヨタにとりきって欲しかった。清宮監督の分析力は素晴らしいですね。協会幹部の方々はどう捉えているのでしょうか?強く大きな相手に立ち向かい、倒す!ジャパンに大きなヒントと言うかはっきり言って清宮さんがやれば良い!色んな弊害があるでしょうが。

    投稿: ファイブエイス | 2006年2月13日 09:12

    早稲田は素晴らしかった。
    その勝利は称えられるべきです。

    しかし、トヨタの敗北はトップリーグの権威と意義を損ねたような気がします。

    なぜ、学生相手にラインアウトを13回のうち5回しか取れないのでしょう?風もあったでしょう。しかし、早稲田は同じ条件でほぼ完璧にラインアウトを成功させているのです。

    結局、トップリーグはパワープレーが中心で、コンタクトは強化されたが、プレーの精度や戦術面といったソフトの部分はあまり重視されてこなかったということなのでしょうか?

    完全アウェーの雰囲気や学生相手のやりにくさの点でトヨタに気の毒なところはあったと思います。

    それでも、国内最高峰のトップリーグの上位チームというところが最後まで見られなかったのは少し残念です。

    投稿: まさお | 2006年2月13日 09:08

     社会人、日本代表チームファンです。昨日は秩父宮で観戦しました。すごい観客でした。
     トップリーグ、マイクロソフトカップと決勝を含む何試合かを、やはり秩父宮で観戦した者にとっては、複雑な気分でした。やはり大学チームの集客力は凄いですね。
     しかし、今まで長い間、観戦しておりますが、その観客のうちのどの位が社会人観戦組に残るかと言えば、社会人リーグの観戦客の年齢層の高さを見れば判ります。ほとんど残らないのです。
     私はTLや日本代表選に客が入らない限り、ワールドカップ招致など100年早いと思っておりました。
     その上、実力的にも100年早いと言うことが昨日の試合でよくわかりました。
     TL4位のチームが大学生に負けるようでは、日本のラグビーの将来は非常に暗いと思います。ラグビー強豪国のどの国のトップチームが、一大学チームに負けるでしょうか?
     今まで20数年、社会人、日本代表を応援し、ラグビー上に足を運んでおりましたが、昨日はさすがに力が抜けてしまいました。
     トップリーグの創設で、日本ラグビー界の底上げが進んだと思ったのに、この体たらくでは・・・。早稲田は非常に素晴らしいチームではありますが、TL4位のチームが一度のリードも出来ずに、おまけにモールを押し込まれてのトライまでされるなど、本当に寂しい限りです。
     日本ラグビーの強化って本当に進んでいるのでしょうか?むしろ退歩しているんではないでしょうか?

    投稿: りん | 2006年2月13日 08:39

    村上さん、はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    NHKとJスポーツの両方で中継がある時はいつも決まって村上さんの解説のあるJスポーツを保存用に録画しています。
    村上さんの敵味方関係なく嫌味の無い
    清々しい解説のお陰でラグビー観戦
    がより魅力的なものに感じられます。
    いつもありがとうございます。

    投稿: WWW | 2006年2月13日 08:14

    1994年に社会人野球のトップに勝って、初めてアマチュア王座についたK大学を思い出すが、それ以来、社会人野球と大学野球は同等レベルとみなしてきたが、今回の早稲田が勝ったことで、トップリーグの名称はやめて、社会人リーグと変えざるをえないと思う。また、もし、噂通り、早稲田ラグビーがプロ化してるようなことであれば、大学ラグビーから早稲田を外す必要があると思う。ド素人の意見より

    投稿: Y | 2006年2月13日 08:04

    誰も書かないレフリーへの批判、こちらの方のブログが参考になります。
    http://blog.goo.ne.jp/yrhmyka

    投稿: レフリーブログ | 2006年2月13日 01:57

    トヨタは良くなかったと思います、確かに。
    ラインアウトはじめ、ミスも多かった。
    でも、私が何より失望したのは観客。
    トヨタの選手が反則をすると「シンビンだ!」とか「国へ帰れ!」だとか。
    トヨタの選手がノックオンすると拍手とか。
    なんなのでしょうか。
    お客さんがたくさん入ればいいというものではありません。

    早稲田をとても応援していましたし、
    彼らの有言実行ぶりをかっこいいと思いましたが、
    見た後に爽快感が残らない、
    嫌な秩父宮観戦でした。

    投稿: ami-amie | 2006年2月13日 01:48

    トヨタには失望しました。
    私の願いはトヨタが圧倒的な力の違いを見せて圧勝する場面を見ることでしたが、日本最高峰リーグで4位という成績を残しているチームが、ランクが一つ下の大学生チームに負けていて、これからの日本代表の未来はあるのでしょうか?

    他の強豪国ではこんなことありえないですよね?(トップチームと大学生チームが試合をすること自体ないと思いますが)

    今回の事態を各社会人チームは憂慮して欲しいと感じます。

    投稿: てつ | 2006年2月13日 01:26

    本日秩父宮に行ってきました。
    第一試合、第二試合を見て、ラグビーではスクラム、ラインアウトなどのセットプレーが安定することは、生命線なんだなぁと思いました。コカコーラはとても善戦していたのだけれど、ラインアウトがまったく取れない状態で、チャンスを作っては自分でその芽をつんでいるようでした。
    第二試合は私も大勢の早稲田ファンの一人で、旗を振って叫んでました。早稲田はとてもよく頑張って準備していたなぁと思う反面、トヨタが何だか自滅しているように前半の前半ごろは思えてました。終了間際の執念深い攻撃がもっと早くから出ていたら、今日はまた少し違う結果だったかもしれませんが、その状況へ落とし込む努力を早稲田がしたと言えるのかもしれません。
    しかし今日自分もその一人だったとはいえ、すごい観衆でした。あれがあたり前になればいいんですよね。

    投稿: ”お” | 2006年2月13日 00:42

    初めて書き込みさせていただきます。いつも拝見しています。
    今日の早稲田、ほんとにすごかったですね。チームとしてのベクトルがはっきりしていて、すべてがうまく絡み合った勝利だと思います。同期がレギュラーとして出場していたこともあり、終了間際の攻防には本当に力が入りました。
    早稲田の奮闘は賞賛されるべきだし、素晴らしいと思います。
    ただ、試合後思ったのは、トヨタについてです。
    トップリーグの4位であり、開幕前は優勝候補の一角に挙げられていたチームです。何があっても負けてはいけないはずです。
    プロ野球のチームが、六大学のチームに負けるようなものだと思います。
    トップリーグの4位が負けたとなると、早稲田はリーグでも上位の力があるということです。
    日本ラグビーの最高峰のリーグの上位チームが大学のチームに負けているようでは、ジャパンの低迷も当然のように思えます。
    トップリーグの発展なくして、ジャパンが強くなることはありえないのではないでしょうか。
    村上さんはこのあたり、どうお考えでしょうか。ご意見伺えれば幸いです。
    早稲田の勝利をたたえるとともに、トヨタをはじめトップリーグのチームの奮闘を期待しています。

    投稿: 流しのFB | 2006年2月13日 00:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8628589

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権2回戦結果:

    » 日本選手権2回戦 わ、わ、早稲田が勝利! [ココロミ]
    2月12日(日) 秩父宮で行われた日本選手権2回戦の結果です。注目の第2試合、トヨタ自動車対早稲田大学は、早稲田がトヨタ自動車を破り、準決勝進出を決めました。 【結果】 <秩父宮> 第1試合 12時~ ● コカコーラウエストジャパン 24-69  NEC ○第2試合 14時~ ● トヨタ自動車 24-28 早稲田大学 ○ トヨタ対早稲田は、最後の最後まで、息を呑む大興奮の好ゲームでした。 早稲田は、トヨタ相手にモールを押してトライ。バックスに展開し、トヨタのディフェンスが横に流れたと見ると、SO曽我... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 00:43

    » 日本選手権2回戦 早稲田対トヨタ レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。人気blogランキングへ 予想が外れるのは慣れているのですが、今日は参りました。 新聞休刊日なのですが、TVなのでご存知の方も多いと思いますが できるだけ冷静な目でのレビューを心がけます 早稲田大学トヨタ自動車ヴェルブリッツ  久々に大声がこだまする秩父宮。6ネーションの雰囲気を感じました。 (ほと�... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 03:58

    » [Rugby] 日本選手権準決勝 トヨタ自動車vs早稲田大学 秩父宮ラグビー場 テレビ観戦 [k@tu hatena blog]
    秩父宮はよく入ってたね。あんなに入っていたのは早慶戦以来か。やはり大学チームの試合でないと秩父宮を満員にできないのかと思うとちょっと悲しくもなる。一方、五郎丸が間に合ったのは嬉しかった。早稲田にはベストメンバーで臨んで欲しかったからね。 試合は序盤早稲田がPGを2本決めてペースをつかんだ。風上ということもあり、キックを巧く使ってほとんどボールを支配した。23分にはなんとモールを押し込んでトライ。トップリーグのチームを相手にモールを押し込んでトライだよ。驚いた。これでなんと11-0。28分にはフラベ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 04:56

    » 早稲田ファンの皆さん ごめんなさい! [らぐびーあにまる]
    「共に戦う」 23番 連絡とりあいましょう!早稲田ファンの皆さん 今までの数々の暴言 お詫び申し上げます。ラグビーは 番狂わせはあっても 大番狂わせは ないスポーツです。力が無いと勝てません。いくら 大学で無敵でも トップリーグ相手には 歯が立たないと...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 07:17

    » 日本選手権第二回戦 早稲田対トヨタ [Tomorrow is another day.]
    私の中ではラグビーブームというのは一段落ついている感があるのだけど、会社の同期が急にラグビーに目覚めたらしく、突然「日本選手権って何?」というようなメールを送ってくるので、折角なので生観戦に連れて行こうと思って、今日は秩父宮に足を運んで観戦してきた。草の根ラグ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 10:16

    » ロッケンロー観戦記〜人にやさしく〜 [R☆Cの一発逆転]
    日 本選手権2回戦です。第1試合はNECVSコカコーラウエストジャパン。この差はなんだろうな→来年トップリーグの上位と下位チームはこうなってしまうか 不安なところ。特に点差が離れた時にそれ以外にも『オーッ』ってプレーがあればNO SIDEになった時に気持ちもいいもの...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 11:15

    » 早稲田悲願の勝利! [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 写真は①チャンスを作り、ピンチ [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 12:23

    » 早稲田対トヨタ、目立ったのは速さと勝利への貪欲さ [日本大好き、好きです早稲田日記]
     今からでも遅くはない。早稲田の第一列、前田、青木、畠山を代表に呼ぶべきだ。 トヨタのラインアウトを「完封」したロック豊田も良かった。 顔面骨折の五郎丸も、ケガを感じさせないコンタクトを見せていた。 少し残念だったのは、曽我部のパフォーマンス。前半パス...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 14:45

    » 早稲田に燃えた!秩父宮 対トヨタ戦 [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!]
    学生史上最強と謳われる早稲田。 [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 14:46

    » 日本選手権2回戦第1試合観戦記〜秩父宮〜 [SANDA]
    === 第1試合 NEC vs コカコーラ・ウエスト・ジャパン ===  先週のコカコーラウエストジャパン(以下CCWJ)の試合を見ると 「これでトップリーグに上がると滅茶苦茶にされる」  そんな印象を持った。その後の種々の情報を見るとどうも選手のモチベーションが  低かったというはなし。それはそれで余裕がありすぎるのではないかとも思う  対するNECは試合の間隔があき、充分な休養をとってきたはず  得意の日本選手権ミラクルを発揮するために、好発進したいところだ  恐怖のマーシ..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 14:48

    » 日本選手権2回戦第2試合観戦記〜秩父宮〜 [SANDA]
    === 第2試合 早稲田大学 vs トヨタ自動車 ===  地力で有利とみられたトヨタ自動車。  そのトヨタ関係のブログを覗いてみると、「早稲田は最もやりたくない相手」と評していた。  しかし昨年同様、対する早稲田を倒し東芝と戦うシナリオはあるはずだ。  早稲田は「史上最強」というレッテルを胸に、清宮監督が指導をはじめて3度目の  トヨタへの挑戦である。注目は学生がトップリーグ上位の城を崩せる確率が高くなったという  早稲田の力を発揮できるかということになる。   秩父宮は今年..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 15:25

    » [rugby]トヨタ撃破。 [赤・黒・黄色のひとりごと]
    今シーズンで一番興奮したエキサイティングなゲームでした。 社会人上位チーム相手の勝利は18年ぶりの快挙。 勝ちそうな予感が現実になった夕方4時前の秩父宮。すばらしい試合でした。ホント、ベスト・ゲーム!! 激しいディフェンスと接点の強さ、そしてセットの安定。スクラムでは押し負けず、なんといってもラインアウトで終始優位に立ったところが勝利の伏線になったなあ。矢富を起点にしたバックスのスピーディな攻撃はトップリーグにまったく引けをとってませんでした。 f:id:kon-kon:2006... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 17:39

    » [sports]差を縮めた 5 年 [werebearの日記 - a devout heretic -]
    昨日の早稲田-トヨタ戦後の清宮監督の会見が日本協会のサイトに出ていた。 一読して実感のこもったコメントだと思う。 90年代は社会人ラグビーが金、人、モノを得て右肩上がりで成長した10年でした。学生は停滞していたと思います。私が監督になって、その差を縮めた5年でした。昔、同じくらいの位置にいて、開いて、縮まってきた、やるだけやったことが返ってきたと思います。 89 年に日本代表がスコットランド XV を破った試合と同じで、昨日の結果は芯の通ったチーム作りと確実なスカウティングによるものだと思う。ト... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 20:03

    » [ラグビー]熱い試合、しかし、複雑な気持ち〜トヨタvs早稲田大学 [Dickersonの夢]
    昨日は、久々に家でじっくりとラグビーを観ることができた。 正しくは、やらなければならないことがあったのだが、熱い試合にそれどころではなくなってしまった。興奮度は今シーズン一番だったかも。いや、今シーズン一番は法政vs大東文化でした。なので、今シーズン2番目の興奮度。 といいつつも、私の基本的な考え方はこうである。 「トップリーグのチームが学生に負けるそのスポーツは未成熟である。」 プロ野球チームが大学生に負けるか?Jリーグのチームが大学生に負けるか? 絶対に負けないのである。 おととしだか... [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 20:50

    » 日本選手権2回戦 歴史的勝利! [ラグビー観戦記]
    早稲田大学 28-24 トヨタ なんと! 早稲田がトヨタに勝ちました。 今シーズ [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 21:06

    » 日本選手権2回戦 歴史的勝利! [ラグビー観戦記]
    早稲田大学 28-24 トヨタ なんと! 早稲田がトヨタに勝ちました。 今シーズ [続きを読む]

    受信: 2006年2月13日 21:07

    » 日本選手権2回戦 NEC対コカコーラ レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。人気blogランキングへ  北風が強く吹く秩父宮、12時 選手権2回戦キックオフです  コカ・コーラ ウェストジャパンNECグリーンロケット  ファーストスクラムでコーラがNECを回す。接点に厳しさの問われる試合と なりそうですが、少々底力が違いました。  7分 NECがゴール前PGから展... [続きを読む]

    受信: 2006年2月14日 00:43

    « トップリーグ入替戦結果 | トップページ | バレンタインデー »