« 2006日本代表スコッド発表 | トップページ | 廣瀬俊朗選手と会う »

選手選考について

水曜日は専門学校の講師の日だったのだが、2月8日が最終日ということになった。毎週受け持っていたライター講座が今期最後だったので、先週のスポーツ文化論に引き続きこれですべて終了である。文章の書き方の基礎的なことや心構えを話してきたのだけど、未熟者の僕の話をみんなよく聞いてくれた。毎回いろんなテーマで課題を出し、添削してアドバイスすることを繰り返した。どんどん上手くなっていく学生がいると本当に嬉しかった。ブログを読んでくれている学生もいるようだ。ありがとう。一緒に撮った写真を持って来てくれた学生もいて嬉しかった。部屋に飾っておくね。この日記は口語体だから、スポーツのレポートを書くときには真似しないように。よろしく。

さて、日本代表について、きのうの日記では説明不足のところがあったので補足しておきたい。まず、日本代表が今年のターゲットとしている「W杯アジア予選突破」だが、これは11月にスリランカで行われる試合を指している。2007年フランスW杯のアジア予選は4回行われることになっていて、2004年、2005年と1回ずつ開催されたので、2006年は2回行われる。4月が3回目で最終予選が11月になるわけだ。もちろん、最終予選はディビジョン1の3か国で行われるから、それまでの3回の予選でディビジョン1の3チームに入っていないといけない。たとえばもし、4月の予選で韓国に負け、アラビアンガルフが韓国に勝ち、三すくみになって最下位ということになると、ディビジョン2の1位と自動的に入れ替わる。つまり、その時点でW杯出場権を失うわけだ。だから、決して侮ってはいけないのである。最終予選では、ディビジョン1の1位が自動的にW杯出場。2位は敗者復活戦に回る。2007年W杯2勝の目標を達成するために、予選だけは慎重に戦わなくてはいけないのだ。

なお、テレビ放映についてはっきりしたことは言えないのだが、過去の例からいって、JSPORTSは最終予選は放送するはず。また、春のアウェイのテストマッチも放送する方向だと聞いている。

有賀選手が選ばれなかったことについては記者会見で報道陣からも質問があった。エリサルドHCの説明はこんな感じだった。「有賀選手については、昨年の7人制日本代表でも素晴らしいパフォーマンスを見せました。能力は高いと評価しています。しかし、15人制のパフォーマンスを見たかぎりでは今回入らなかったということです。今回のメンバーで95%はW杯に向かいたいと思いますが、まだ新しい選手の入る余地はあり、彼もその候補でしょう」。僕も有賀選手は入ってもいい実力があると思う。だからといって今回FBで選ばれた選手が有賀選手より劣っているかといえば、そうは思わない。これは僕の考えだが、選手選考はコーチが作りたいチームに合う選手を選ぶものだし、コーチの色が出て当然だと思う。誰もが納得できる選考というのはなかなか難しい。

今回の選考について太田GMは説明した。「代表の選考にあたっては、ジャン・ピエール・エリサルドヘッドコーチ(HC)以下、永田、中山両コーチと私を含めてスカウティングをしてきました。特にトップリーグ、マイクロソフトカップ、大学選手権については、この4人でほとんどすべての試合を見ました。ボールキープ力のある選手、タックルの出来る選手を候補として、我々が目指すアダプタビリテ(適応)を体現できる選手を選考しました」

僕は日本代表に遠く及ばない選手だったから自分に置き換えるのは申し訳ないのだけど、選抜チームに選ばれなかった時やレギュラーから外された時などは「俺のほうが絶対に上手い。見返すしかない」と思っていた。今回外れた多くの選手もそう思っているはずだし、選ぶ方も辛い気持ちがあっただろう。そういう厳しい世界に彼らは生きている。選考結果が発表されるたびに僕も神妙な気持ちになる。選ばれた選手は意気に燃え、選ばれなかった選手はさらに精進する。2007年W杯までは17か月ある。これからのプレーぶりで必ず新しい選手が入ってくるはずだ。選ばれなかった選手達の奮起がさらに日本代表を強くすると思う。僕はそれを見ていたい。

追記◎IRBの国代表規定では国籍は問わないので、他国でも国籍の違う選手が代表になっていることはあります。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 2006日本代表スコッド発表 | トップページ | 廣瀬俊朗選手と会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    12日2時に初めてトップリーグを見るつもり。なぜか、コカコーラではなく、早稲田を最初から予定してあるような、NHKの番組設定。社会人ではたまたまトヨタが見られるのは良いことだが、これは元々えこひいきかな?また、もう今は日本選手権の話ばかり。ついて行けないなあ。

    投稿: Y | 2006年2月10日 11:54

    村上さん、小生の拙い知識を補って頂き深謝です。11月に最終予選が行われる事を知らなかったにも拘らずコメントしてしまい赤面する限りです。ありがとうございました。これからも一緒に代表を応援していこうと思います。
    ≪独り言≫協会も村上さんが説明してくれた位、ファンに説明して欲しいなぁ。太田GMのブログに「有頂天になるなぁ~っ!」とツッコミたくなるのは俺だけかなぁ。。

    投稿: ふーたろう | 2006年2月10日 10:04

    お願い。
    代表選手保有企業の方へ
    長い拘束期間で、けが等のご心配をおかけしますが、こころよく選手を代表へと送り出して頂きますよう宜しくお願いいたします。
    チームには多大な影響をおかけしますが、日本ラグビー界のためにご理解賜わりますよう宜しくお願いいたします。

    投稿: dragon | 2006年2月 9日 22:43

    村上さん、日本代表記者会見の有賀選手についてのフォローありがとうございます。tvkのラグビーダイジェストでも会見の様子が一部紹介されましたが、質疑応答の全般を聴いて見たいですね。
    日本開催のテストマッチに関しては出来る限り観戦に行く予定ですが、アウェイについてはJスポーツにて楽しみたいと思いますので一試合でも多く放送を宜しくお願いします。

    投稿: 軍曹 | 2006年2月 9日 19:13

    ファンを 23番に 選んだのが 嬉しいですね。
    共に戦うって 感じですね。

    投稿: さんぼ | 2006年2月 9日 14:19

    私も、有賀選手が選ばれてもよかったのではないのかな、と思いました。五郎丸選手と森田選手は怪我をしているようですし、代表の活動までに復帰できるのかな、とちょっと心配しています。
    なんにせよ、JAPANにはひとつでも多く勝ってほしいですね!

    投稿: まゆ | 2006年2月 9日 12:20

     いつも楽しく拝見させて頂いております。突然で申し訳ないのですが、情報通の村上さんに質問です。今年もテストマッチは地上波(U以外)での放送は期待できないのでしょうか? もちろん私はJ-SPORTSに加入していますので放送があれば視聴は可能です。でもやっぱり少しでも現在の「ラグビー認知度」をあげるためには、地上波での放送が不可欠だと思いますので、もし情報をお持ちであればよろしくお願い致します。

    投稿: ミム | 2006年2月 9日 01:56

    初めて書き込みさせていただきます。最近、海外のチームにいた多くの選手が日本に戻ってきていて、またがんばっている姿をよく目にするのですが、それはやはり海外では日本人選手は通用しにくいということを意味するのでしょうか。本来なら、ワールドカップもまだ残り2年弱あるわけで、今こそ海外で経験を積む時ではなかろうかと思ったのです。
     ところで、今回の人選についてですが、選ぶ範囲はどこまでなのですか?例えば、先日の早稲田・タマリバ戦で随所にすばらしいプレーを見せていたCTB山本選手等、実力はあるものの普段メディアには映りにくい選手たちが選ばれることはかなり難しいのですか?

    投稿: 府中市民で立川剛士ファン | 2006年2月 9日 01:06

    元木が選ばれなかったのが寂しい。
    大学の二つ下で彼の突貫小僧時代から知っているので非常に寂しい。一つの時代が終わった気がする。
    でも今回のスコッド、バックスにまとまりは出るのだろうか?なんとなくチグハグな印象があり、臨機応変な対応力ができる、経験のある選手の集まりなのだろうか?私の好きな広瀬選手などいるが、少し不安。なんとなく好き嫌いの印象がゆがめない。監督の自分の色を出すためなのかもしれないが・・・・。ほんとにいいの?

    投稿: 寂しい | 2006年2月 9日 00:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8565765

    この記事へのトラックバック一覧です: 選手選考について:

    » http://rugby-fever.cocolog-nifty.com/japan/2006/02/post_27c7.html [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 06ジャパンのスケジュールとメン [続きを読む]

    受信: 2006年2月 9日 06:11

    » 「共に戦う」 23番 !!! [らぐびーあにまる]
    桜のジャージに 23番が着いたのを 着るという事は、ファン と いうより、 チームメイト、同志 という感覚ですよね。23番の ポジションは 「JAPANが戦いやすい会場の雰囲気作り」 が一番求められているのではなでしょうか・・・4月からの JAPANの...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 9日 10:14

    » 早稲田はトヨタを下せるか。リベンジあるのみ [日本大好き、好きです早稲田日記]
     間もなく日本選手権二回戦。 早稲田は今週セコム相手に出稽古をしたという。 一回戦のタマリバ戦が約一月ブランクが開いての実戦で「ゆるゆる」だっただけに、試合勘を取り戻しているかが気になる。 清宮監督は、五郎丸選手の出場を匂わせる発言をしていたが、どこま...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月 9日 17:06

    « 2006日本代表スコッド発表 | トップページ | 廣瀬俊朗選手と会う »