« バレンタインデー | トップページ | 記憶について »

日本代表、動き出す。

火曜日の東京は快晴だった。ここ数日忙しくて庭の木を見るヒマもなかったのだけど、梅とか桃の木が花を咲かせる雰囲気が出てきてる。あと2週で日本のシーズンも終わりか。2月11日の入替戦、僕は秩父宮ラグビー場のバックスタンドで見ていたのだが、トップリーグですでにシーズンを終えた選手達がたくさんいた。みんなラグビー好きだなぁ。日本代表は今週から先日発表のスコッドで、日本選手権に出場していない選手達に対して「ストレングス講習会」を実施する。ストレングスの強化を重要課題に掲げる日本代表にとっては大切な一歩になる。

最近、コメントでたくさん質問をいただいているのですが、あまり答えられず、ごめんなさい。開幕したシックスネイションズやスーパー14についても書こうとしつつ、時期を逸してしまう繰り返しである。株式会社セプターの最新コラムに両選手権を見た感想を書いてみた。興味のある方はリンク集からどうぞ。

スーパー14のことは、みなさん知っていて当然のように書いてしまっているのだが、分からない方もいると思うので簡単に説明しておきたい。この大会は、南半球3強国(NZ、豪州、南ア)のプロクラブ14チームが14週間にわたってリーグ戦を繰り広げ、最後はトップ4によるプレイオフで優勝が決定する。昨年まで10年間は12チームだったので「スーパー12」と呼ばれていた。今季は豪州と南アのチームがひとつずつ増えている。特徴は、主要な地域ラグビー協会が母体になってプロチームを作っていることで、イングランドやフランスで行われている単独クラブのプロリーグとは異なる。したがって、チームとしての活動も、基本的にプレシーズンの12月、1月あたりから大会が終了する5月末まで。三洋電機に所属するトニー・ブラウンのように、3月~5月までの期間限定で参加することも可能になる。すでに2月10日より開幕。相変わらず激しくてスピーディーなプレーを見せてくれているので、ぜひ一度ご覧ください。

ここでいくつか質問に答えます。高校、大学、社会人とキャプテンとして日本一になった選手というのは、僕も記憶にないのですが、平尾誠二さんがかなりそれに近いです。伏見工業、神戸製鋼ではキャプテンとして日本一。同志社大学の時はキャプテン代行として日本一に輝いています。あの時は、キャプテンのPR中村選手がシーズン早々に怪我をしたので平尾さんがキャプテン代行だったんですよね。平尾さんの選手としての実績というのは、ちょっと追いつく人がいないかもしれません。伏見工業初優勝の軸であり、同志社大学で3連覇、神戸製鋼では7連覇です。勝負強さも勝負運も恐るべしです。

グースステップはもちろん知ってますよ。元ワラビーズのキャンピージの得意技でした。膝の下をまっすぐに上げるようなステップです。十数年前、スポーツアイでラグビー解説をしていたときは、キャンピージが現役だったので、僕もよく「今のがグースステップですね」なんて解説していました。

それから数日前、「海外では日本人選手は通用しにくいのでしょうか? 日本代表を選ぶ範囲はどこまでなのですか?」という趣旨のコメントがありました。

海外で日本人選手が通用しにくいのは確かです。特に1995年からのプロ化の波の中で海外強豪国のレベルアップは加速しています。最近では、フランス2部リーグで2シーズンプレーした村田亙選手をのぞいては、日本人選手が海外に出ても試合機会に恵まれないのがほとんどです。イングランドのプレミアシップほか北半球強豪国の1部リーグでは外国人枠があり、助っ人的意味合いの強い枠に日本人選手の入る余地がないのが現状です。海外に出た日本人選手が短期間で戻ってくる場合が多いのは、海外の下部リーグなどでプレーするなら日本のトップリーグのほうがレベルが高いし、プレー環境も報酬もいいということが大きいと思います。

もう一つの代表を選ぶ範囲ですが、基本的には日本代表強化を目的の一つに発足したトップリーグから選び、高校代表、U19日本代表などユース代表から継続的に選出されている選手達、そして大学上位校ということになると思います。ただし、タマリバクラブの選手が関東代表に選出されたこともあり、クラブチームでも能力ある選手にはチャンスは与えられています。もちろん、レベルの高い試合での安定的なパフォーマンスというのが選出のひとつの基準になるので、強いチームが有利なのは間違いありません。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « バレンタインデー | トップページ | 記憶について »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    スーパー14開幕しましたね、それが見たいためにケーブルTVに加入しました、いろんな意味で世界で一番迫力があって面白いとおもいます。特にNZ同士の戦いは見ものですよーーーメンバーは多少若返ったけど、今年もクルセーダースが中心になってくるんでしょうね?!NZ前主将のウマンガ(ハリケーンズ)もひょっとして今年が見納めかも、、、またオールブラックスに今年もニューヒーローが出てくるんでしょうね村上さん!!!

    投稿: 堀内 | 2006年2月15日 23:53

    キャンピージーとは 懐かしい名前が・・・ あの スピードを一瞬緩めて
    また トップに入れて抜く感じのプレーかな???
    とにかく Jスポーツで 村上さんが「すばらしい グースステップですね」と言うのを 期待しております。

    投稿: さんぼ | 2006年2月15日 14:19

    グースステップの典型は旧共産圏の軍隊の行進時の歩きかたです。
    北朝鮮人民軍の軍事演習での歩き方をTVでごらんになったことがあるかと思いますが、アレです。
    ラグビーとは関係ありませんが御参考までに。

    投稿: OnsidekickRecover | 2006年2月15日 12:52

    ド素人のラグビーとの関わり
    ①ラグビー関係者の最初に覚えた名前は、村上さん。次、清宮氏で、後は知らない。

    ②訪れた最初のラグビー場は上井草。2年前か?中央対早稲田の練習試合を見
    るために行った。全面芝生の2面が有り、ハウスの中のフィットネス用備品
    が有り、その充実さにびっくりした。奥の一面での試合はほとんど分からなかったので、
    (10分ぐらい居たかな)早稲田に負けてることを確認して、入り口近く
    の手前の一面で大柄の男、数人が1246の声に合わせて、ものすごく
    速く一人の男を持ち上げての練習をしていた所を見た。試合の
    中で行われるボール獲りであることは分かってたが、その名前が
    分からなかった。(昨日、東京の大学のレギュラーにメールしたところ、
    これではっきりとラインアウトの練習だったことが分かった。)私が注目
    していたことから、数人のメンバーは何度も何度も繰り返し練習をしたもの
    と思われる。その時の私の心の中は、何をアホくさいことやっってるのかと思ったが
    あまりにも真剣にやってるから、ずーと、見てしまった。誰だろう?とゼッケン
    見たら、東芝と書かれてあった。
    ③社会人ラグビーの選手を初めて見たことにもなるようだ。
    ④以来、秩父宮、三ツ沢、瑞穂、八幡山、健志台、八王子、菅平、帝京、
    大体大、上柚木、花園、国立と言う順に訪れた。
    東芝が強くなったことの原因は一人の見学者によって発奮したからでしょう。

    ⑤トップリーグ、日本代表スコッド、世界のラグビーは到底ついて行けないので、
     とりあえず休憩。

    投稿: Y | 2006年2月15日 09:34

    グーステップじたい見たことがないですが、NECの窪田選手は自ら得意プレーと言っているようですね。

    投稿: 水内 | 2006年2月15日 08:48

    私なんぞはグースステップ=朽木さん というイメージなんですが、近年の日本のプレーヤーで、グースステップを駆使する方ってどなたなんでしょうか?

    投稿: こうしことら | 2006年2月15日 05:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8655500

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、動き出す。:

    » スーパー14 Week−2 [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。人気blogランキングへ  日本選手権で盛り上がりが凄かった週末ですが、今日は少し話題を南半球のスーパー14で触れます。スカパーでの放送は1週遅れですが、海外で見られている方も見えるので、今週の試合とスカパーの放送予定の両方を記載します(ちなみに私は、放送されるまで結果知りませんので、WEEK1の結果は ブランビーズと�... [続きを読む]

    受信: 2006年2月15日 02:36

    » スーパー14 1週目BEST15! [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 先週からスーパー14が開幕しまし [続きを読む]

    受信: 2006年2月15日 07:17

    » JAPAN 始動!!! [らぐびーあにまる]
    「共に戦う」 23番 連絡とりあいましょう!村上さんのブログによると JAPAN始動しているそうです。国内の試合も 2/19の 早稲田 対 東芝 、NEC 対 三洋そして    2/26の 決勝戦と 3試合だけに なってしまいました。今回は 東芝に 貫禄勝ち ...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月15日 12:40

    « バレンタインデー | トップページ | 記憶について »