« お薦めマッチ_0218 | トップページ | 日本選手権準決勝結果 »

チームスタイル

いま、スーパー14の南アフリカ対決、チーターズ対ブルズの試合をテレビ観戦しながらこれを書いている。南ア同士の対戦はいつも激しいコンタクトプレーが続出するのだが、この試合もそうだ。同国代表スプリングボクスのプレースタイル同様、激しいタックルで相手のミスを誘い、一気のカウンターアタックを仕掛け合う。面白い。僕はカウンターアタックを見るのが好きである。しかし、新加入のチーターズ、やるなぁ。ブルズのハバナは、ほんと活きがいい。

似た者同士の対戦は、選手の力と戦法の精度が拮抗していると大接戦になるのだが、そこに差があると思わぬ大差になることがある。逆に昔の明治と早稲田のようにプレーの特徴が違っていると、実力差があるように見えて僅差勝負になったりする。早稲田大学の清宮監督が大学4年生の時の日本選手権は早稲田が神戸製鋼に4-58という大差で敗れた。7連覇の2連覇目だったから神戸も強かったのだが、早稲田もなかなかの好チームだった。ただし、神戸製鋼はFWの力強さではなく、ボールを巧みに動かして防御を崩すチームだった。チームスタイルは似ていたと思う。だからこそ差がついたと僕は思っている。つまり、早稲田が勝っている部分が少なかったのである。さて、今回はどうだろう?

土曜日は早稲田大学の上井草グラウンドに練習を見に行ってきた。ギャラリーは300名以上いるように見えた。清宮監督は記者団に囲まれ、東芝の実力を高く評価した後、こう言った。

「トヨタに勝ったことで、我々チームのミッションは、かなりの部分達成できました。しかし、まだラグビーを知っている人にしか伝わっていないような気がします。次は次元の違う喜びに持って行きたい。社会人王者に勝てば、ラグビーを知らない人もラグビーに関心を持ってくれるでしょう」

明日は、CTBでいつもの池上選手に代わって谷口選手が先発出場する。交替出場したトヨタ戦での動きが評価されたようだ。169㎝、74㎏の小さなCTBはラグビー強豪高校ではない川越高校出身。「夢のまた夢」と表現した大舞台で、突き刺さるタックルを連発できるか。

スタジアムは早稲田のサポーターが多くなるはずだが、東芝の強さも近年の社会人ラグビーでは群を抜いている。東芝の廣瀬選手が強さの源は「選手同士の信頼感」と言っていた。

スコアとは別に、内容的にとてもいい試合になると思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0218 | トップページ | 日本選手権準決勝結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    「ラグビーはジェントルマンが行う野蛮なスポーツ・・・」

    最近、このコメント欄や他のグログで取り上げられていますが、私が昔聞いた意味と若干ニュアンスが違ってます。  
    つまり、この格言(?)は元々サッカーやサッカーをプレーする人をラガーマンが馬鹿にして言ったもの。 (恐らくその逆もあったのでしょう。)

    「野蛮な」という英語がすぐ思い出せないのでもどかしいのですが、原文を訳すると以下のようになると思います。
    「ラグビーはジェントルマンが行う野蛮なスポーツであり、サッカーは野蛮人が行うジェントルな(簡単な、誰にでも出来るといった意味)スポーツである。」

    間違っていたらゴメンナサイ。

    投稿: ぷちスペンサー | 2006年2月20日 12:13

    東芝がトップリーグの力を見せつけてくれたので感謝しています。
    富岡キャプテンに先週偶然会ったので「頑張ってください」と声をかけたら「東芝応援してください」との事でした。試合後声をかけたら思い出したらしく最高の笑顔を見せてくれました。富岡キャプテン好きになったかな。

    しかし前にも書いている方がいましたが早稲田の試合はいつも雰囲気悪くて好きになりません。せめて試合終わった後東芝の選手に拍手くらいして欲しかったです。それが非常に残念です。

    投稿: セコムファン | 2006年2月19日 22:02

    東芝対早稲田戦の試合をテレビで見た。東芝も早稲田も面白いプレイでベーリーグー。
    勝敗を決定付けたのはラインアウト。両チームとも速いパスで展開
    し、見る側を飽きさせなかったことは素晴らしい。また、抜けてトライした東芝の選手も
    かっこいい。そして、早稲田は0点であっても、同レベルとして、互角に試合をしたと思う。
    結論、疲れがたまってたかな。

    最初、次の試合を見るつもりではなかったが、NEC対三洋戦も結果を知りながら、最後まで見てしまった。スピードは早稲田より落ちるが真剣さや絶えず攻撃しようとする粘り強さは感じた。
    そう、大学ラグビーとは格段に違う。
    解説者の話はゆっくりで、分かりやすかった。ただ、大阪のNHKテレビの映し方は下手。
    見たくもないブラウンの顔ばかり。東京のNHKテレビの方が遠くのスクラムでもピントはっきりで上手。ここにもエコ贔屓があるようだ。逆転して勝ったNEC、おめでとう。

    投稿: Y | 2006年2月19日 21:21

    秩父宮へ行って来ました。
    東芝の強さが目立った試合で、早稲田に今回こそ、TLとの力の差を見せつけてくれたのは、素直に嬉しかったです。
    周りが早稲田ファンの方ばかりだったので、東芝の応援に一段と力が入ってしまいました。
    試合が進むにつれて、東芝への罵声が多かったのは、ラグビーファンとして残念でした。先週のトヨタに対してもひどかったですが・・・。
    試合後、お忙しい中、村上さんとお話ができて嬉しかったです♪写真・色紙と、ありがとうございました。『村上さん待ち』を延々とした甲斐がありました!戴いたお言葉大切にします。

    投稿: さちこ | 2006年2月19日 21:21

    誰かのブログにラグビーは紳士が野蛮(人)になれるスポーツと書いてあった。
    なるほど、英国人らしいジョークである。やはり、球技より格闘技に近いスポーツであると考えて良さそうだ。

    しかし、今の世の中、日本には紳士なんぞいないし、おそらくヨーロッパにもいないと思う。ジェントルの意味の優しい人はいるけど・・・、また、ネクタイつけて紳士服を着れば紳士になれるとは思わないけどね。

    紳士は、マイ フェア レディの映画に見られる上流社会の人々を指すでしょう。
    このフェアも公平・本当の意味でとらえるなら、アンフェア ジェントルマン・・・
    不公平・嘘の紳士もいると言うことか。

    日本では、ラグビーの全国放映はほとんど無い。テレビ慣れしていないトヨタの外人の暴力が今回の試合で日本中に知られてしまったが、やはり、これはいいことではないので、逆にヨーロッパや南半球のラグビーメンに野蛮はイカンと教えるべきだと思う。

    今日の東芝対早稲田戦は2回目の全国テレビ放映である。前回、見たい場面を書いた。私の三つのプレイはテレビ用でよく分かる。見る側から言うと0点に抑えられた野球は詰まらないと同じ、トライ数の少ないラグビーは詰まらないよ。

    見たく無いのが、①先ほどの暴力。次に、②レフリーが主将に注意してる
    場面。テンションを下げてしまうから、レフリーの反則判定が出たら、主将も了承と言って、レフリーの注意無しで試合を続行すべき。 以上、面白いラグビーを見せるチャンスである。
    素人の私の意見を多くの関係者が見てるような気がするので、参考にして。

    投稿: Y | 2006年2月19日 05:45

    先週の早稲田の勝利はトリノオリンピックと新聞休刊日で一般の方々への認知はイマイチだったかもしれません。
    今朝のサンデーモーニング(TBS)で大沢親分からアッパレ!もらえれば知ってもらえるかも。

    投稿: ひなP | 2006年2月19日 05:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8728129

    この記事へのトラックバック一覧です: チームスタイル:

    » トップリーガー版教育リーグ(私案) [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  2/17付けの太田GMブログの提案を 少し発展させた形で考えました。 よろしかったらお付き合い下さい。 トップリーグになり1本目の選手は試合数が増え、スキルアップが できていますが、それに続く準レギュラー以下の選手は試合に出る 機会が与えられず、せっかく大学でレギュラーになっていた選手も 練習だけになっているという�... [続きを読む]

    受信: 2006年2月19日 04:34

    » ラグビー早稲田vs東芝府中 [シティ・ウォッチ citywatch Japan]
    今日の注目は、なんと言ってもラグビー日本選手権準決勝、早稲田vs東芝府中戦。 実力的には、東芝府中でしょうが、久しぶりに、大学王者が社会人チームに、勝ちを意識して対戦することになった試合。早稲田が勝つ、あるいは、善戦するだけでもラグビー界には影響が大きいでしょうね。 このところ日本代表は、外国勢にはまったく歯が立たない。何人も外人助っ人を入れてもです。根本的な、間違いをしているかもしれません。今日の試合を、東芝をパワーに勝る外国人チーム、フィジカルで劣勢な早稲田を日本代表に見立てるファンもい... [続きを読む]

    受信: 2006年2月19日 11:14

    » 清宮早稲田佐々木組の輝きは、色あせない [日本大好き、好きです早稲田日記]
     43対0、これがまぎれもない現実である。 王者東芝府中は、史上最強といわれる早稲田大学を粉砕した。 ここまで完璧にチンチンにされると、かえってさばさばして、冷静に敗戦を受け止められる。 昨秋の東芝Bチームとの対戦が、確か66対17くらいだったと思うが、その差...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月19日 18:10

    » ラグビー(12) [スポーツ・ブログ]
    今、秩父宮ラグビー場から帰ってきました。結果は皆さんも御存知の通り「43−0」。とにかく東芝府中の強さが目立った試合でした。早稲田はお世辞ではなく、よく戦ったと思います。今日の東芝は本当に強かった。東芝の強さは一言で表現すると「基本に忠実なプレイ」。私た..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月19日 18:43

    » 日本選手権準決勝 東芝-早稲田 [ラグビー観戦記]
    東芝 43-0 早稲田 早稲田の善戦も及ばず、東芝の完勝でした。 フィジカルで上 [続きを読む]

    受信: 2006年2月19日 21:26

    » [Rugby] 日本選手権準決勝 東芝府中vs早稲田大学 秩父宮ラグビー場 テレビ観戦 [k@tu hatena blog]
    予想通りの東芝の完勝であるが、「当然だろう」という思いが95%、「ホッとした」という思いが5%くらいだろうか。 前半6分、相手ゴール前での東芝のパスにミスがあったのだが、それが逆に功を奏してマクラウドがトライ。ゴールも決まって7-0。13分には早稲田がPGを狙うも五郎丸が外して得点ならず(結果的にはこれが入っていれば完封は免れていた)。その後は早稲田のディフェンスもよく一進一退の攻防。37分にようやく東芝がモールを押し込んで渡邊がトライ。ゴールは外れて12-0。このまま前半終了。 後半開始早々、モ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 00:32

    « お薦めマッチ_0218 | トップページ | 日本選手権準決勝結果 »