« いよいよ決勝戦。 | トップページ | 日本代表情報 »

日本選手権決勝戦結果

日本選手権決勝戦は、2PGを決めあい、6-6の同点で両者優勝となった。両チームのみなさん、おめでとう。そしてお疲れ様でした。

賛否両論ある試合内容だったと思う。僕の携帯メールにも「感動した」というコメントが多く寄せられた反面、試合後に会ったファンの方々の中には、首をかしげる人も多かった。でも、僕は降りしきる雨と足もとの緩いコンディションの中では、互いにベストを尽くした好試合だったと思う。

終盤は見ていて力が入った。トライを狙って攻めた東芝とNECの粘り強い防御。試合後、数名の選手達に話を聞いたが、「いっちゃってましたね」、「楽しかったです」と答える選手が多かった。それだけ無我夢中で戦えたということだろう。選手からこういうコメントを聞くことは滅多にない。いくら攻めてもディフェンダーがわいてくるし、いくら守っても突進してくる。いつ終わるか分からない攻防の中で、疲れも忘れて動き続ける。ゲームに没頭した最後の10分間は、選手達にとって至福の時間だったはずだ。そんな試合は、トップレベルの選手でもそう何度も経験できるものではない。それを見られたことが僕は嬉しかったし、幸せだった。

試合後、両キャプテンは秩父宮賜杯を二人で受け取り、「真ん中に置こう」と、ハーフウェイラインに置いた。次々に手渡される盾やトロフィーを両チームの真ん中に並べる。そして全選手で記念撮影である。いいシーンだった。

東芝府中の三冠、NECの日本選手権連覇、ともに両チームの積み重ねられた努力の成果だ。敬意を表したい。

2005年度シーズンの終わりだったから、夜の街に繰り出したいところだったが、深夜にシックスネイションズ(アイルランド対ウエールズ)の収録があるので控えた。く~っ。スーパー14も始まったし、僕はこのまま突っ走ります。

コメントでご質問のあった廣瀬選手のコンバージョンについてですが、僕が記憶している範囲では水野選手が蹴ったのは、昨年のマイクロソフトカップだと思います。チームの方にも確認したのですが、今季のトップリーグについては廣瀬選手がすべてのコンバージョンを蹴っているようです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « いよいよ決勝戦。 | トップページ | 日本代表情報 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    両者がんばった試合だと思います。トップレベルのラグビーには勝敗を決すると同時に観客を楽しませなければいけないという意味のことが、外国のラグビー専門書にも書いてます。ただし決勝は悪コンディション、世界のトップでさえ天候には大きな影響をうけます(ことしのライオンズ×AB’S初戦、雹がふった試合もミスが多かったなあ)。今年の東芝はオフロード多用のアタッキングラグビーで世界を意識した戦い方をしていたと思います。またルールに関して、同じくライオンズ初戦を引き合いにだすと、オドリスコルがウマガのタックルで怪我・退場、NZのメディアはずっとウマガのプレーについて議論していました。大局的にまたミクロにいろいろな角度から見ていろいろ議論しあえるのがラグビーの魅力ではありますが、結論的にはラグビーの到達点はほぼひとつでは。プレーヤー、コーチ、協会、レフリー、観客すべてがラグビーを愛し、レベルアップしていかなければ強くならないスポーツだと思います。

    投稿: nori | 2006年2月28日 01:13

    息詰る試合でした。見応えがあったと思います。
    ただ、ひとことだけ言わせてもらえるなら、解説です。
    何をやってはいけないか、何が反則かは解説されるのですが、この場面でどんな選択肢があって、選手は何を狙っているのか。とくに密集の中で何が起きているのか、そのへんの解説がもう少しあると、ゲームへの理解が深まると思いました。

    投稿: massay | 2006年2月27日 19:39

    ※Nさんの意見でラグビーのルールや試合の仕組みがどんどん変わっていったことが良く分かった。やはり、混乱のモトになっているようだ。

    ※好事家の求めるラグビー、プレーヤーの求めるラグビー、一般のファンが求めるラグビー、会社が求めるラグビー、日本協会が求めるラグビーなど、いろいろな分野において、何の共通点も持たない大きな違いが有ることも分かった。これはラグビー界の弱点とも言えよう。

    私はラグビー日本協会の目標は大賛成。
    ①ワールドカップに常時出場し、2007年ワールドカップにおいてベスト8に勝ち残る。
    ②青少年プレーヤーの数を増大させ、三大ボールゲームとして
    の位置を確立する。
    ③競技力向上の為の指導・育成のシステムを確立する。
    ④競技場へ足を運ぶ、観客数を増やし、この観客に感動を与えることに努力する。
    みんな知ってたかな?①ベスト8の可能性は?②三大ボールゲームになった?③システムができた?④観客は増えた? 
    多分、今の時点ではほとんど程遠い目標であろう。

    来年に向けて、日本協会にどしどし提案したほうがいいと思う。

    投稿: Y | 2006年2月27日 13:59

    終了前10分の攻防が面白かったとのコメントが多いですが、確かにその通りでした。選手の奮闘は見て取れましたが、その前はちょっといただけませんでした。
    特に、ディフェンスのNECと言うことでしたが、ラインアウトの数(タッチキックの数)が物語るように、逃げるキックの多さに、ラグビーの面白さが半減してしまったように思えます。
    確かに、エンドライン付近からぎりぎりタッチキックで逃れるのは必要で面白いのですが、陣地を前に進めるだけのために、タッチキックをけられてしまうと、「あーあ」という気持ちになってしまいます。
    このような感想から、東芝府中に勝って欲しかったのですが、日原選手のPGの失敗、ホイッスル前のノッコンは残念でなりませんでした。
    最後に、雨の中の試合だから、ミスはしょうがないと当事者が言ってしまっていてはいかがなのものかと思います。そのミスが多すぎたように思えます。トップのレベルですので、雨の中でも、さすがと、思わせて貰えるプレーをして欲しいものです。しかし、なんでもない(接触のない)ノッコンが多すぎました。

    投稿: 通りすーがり | 2006年2月27日 13:24

    村上さん、いつもブログ楽しく読んでいます。
    トラックバックをさせていただいたのですが、何の拍子か4つも同じ物が入ってしまいました。
    申し訳ございません。
    もし目に付くようでしたら遠慮無く削除してください。

    投稿: Yukitake | 2006年2月27日 12:06

    村上さん、初めまして。いつも楽しくブログ拝見しております。Jsportsの解説も、村上さんのラグビーに対する愛情が伝わってきて気持ちよく聞くことが出来ます。
    話は変わりますが、最近コメントを残していらっしゃるY様へ。
    以前日本選手権を大学日本一とトップリーグ日本一の一発勝負にすべきとのご意見がありましたが、十数年前(正確でなく申し訳ないです)まではこの形式でした。その後学生と社会人との差が開き、日本選手権に学生は不要という意見もありましたが、近年の大学勢の活躍でこういった意見はあまり出なくなりました。今月発売のラグビーマガジンにも日本選手権の形式について読者の方々の意見が掲載されています。
    また、シンビンに対するご意見ですが、これはシンビンとは別に退場もあることを踏まえてのご意見でしょうか。危険なプレーや反則の繰り返しにはシンビンが出されることが多いですが、レフリーが特に悪質・危険と判断した場合にはレッドカード、退場が課されます。
    また、より多く得点をとることがラグビーの目的である、という考えに基づいて、ルールはだんだん変化しています。トライの点数が0点で、トライはコンバージョンゴールにトライする資格を得るためだけのものだった時代もありますし、ラックでのハンドなど、防御に制約を課すルールもあります。
    私自身はやすやすと得点を重ねるだけの大味なゲームよりも今回の決勝のような緊迫感のある試合の方が楽しいと思いますし、東芝府中とNECのどちらのチームも王者に相応しいプレーをしていたと思います(応援しているNECの単独勝利が見たかったという気持ちも多少ありますが…)。確かに、ラグビーを普段あまり見ない方には密集での攻防の面白さが伝わり難いかもしれません。
    何はともあれ、一ラグビーファンとしては、Y様のように新しくラグビーに興味を持ち始めた方がいらっしゃるということが嬉しいです。以上、長々と失礼いたしました。

    投稿: N | 2006年2月27日 12:05

    長いシーズン、最後の解説、お疲れ様でした。これからは、海外ラグビーに、日本代表も活動開始で、休む間もありませんね。どうか、お体に気をつけて、楽しんでください。村上さんらしい視点、期待してます。

    投稿: サファイヤ | 2006年2月27日 10:46

    村上さん、いつも楽しく拝見してます。
    我が家では家族でテレビ観戦しておりましたが、高2、中2の息子(ともに現役プレーヤー)は固唾を呑んでおりましたが、嫁と娘は「トライ決まらへんの~?」と早々に興味を失っておりました。
    私自身は終了間際の緊迫した攻防は大変見応えがあったと思うんですが、いみじくも我が家の状況が現在のラグビー人気を反映してるように思えてなりません。
    もちろん選手たちは死力の限りを尽くした戦いであったわけですが、現役プレーヤーとプレー経験者にしか理解されないゲームではあまりにも悲しいです。
    プロであるなら、勝利が至上命題でしょうし、勝ち方に美学がないとあかんのでしょうね。
    ひどい言い方ですが、女・子供・素人に理解されないようでは日本ラグビーはますます衰退していくような危惧を感じます。
    中学生、高校生たちが「カッコイイやん!」と憧れるようなゲームメイクを期待します。
    選手、コーチングスタッフ、協会の皆さんには更なる努力をお願いしたいところです。
    長々と申し訳ありません。
    ラグビーを愛してやまない中年ファンでした。

    投稿: ジョアン | 2006年2月27日 10:37

    誰も言わないから言う。今回の決勝戦は典型的なシーソーゲームだった。全体の試合もシーソーゲームだし、最後の10分間の攻防もシーソーゲームである。何やってんの?と見える。

    良い意味では優劣のつかない接戦、悪い意味では決着のつかない怠惰な試合である。

    スポーツは優劣を競うことによって、より高いものを追求する行動であるからシーソーゲームはいけないものと示唆する。単なる楽しむスポーツ(遊技)とは違うのだ。

    ラグビーの原則の原則(より多くの点を取る)から言っても、この試合は違反している。

    以上、ラグビーのルールも混乱しているし、2006年は大幅に見直しが必要と思われる。暇なド素人の私が見直しに参加してもいいが・・・・。

    投稿: Y | 2006年2月27日 09:38

    教えてください。昨日の日本選手権ですが、延長はなかったのでしょうか?
    W杯では、10分の延長があったように思うのですが??

    投稿: FL7 | 2006年2月27日 08:09

    決勝前の3地域対抗試合から観戦しました。3地域が始まる前の観客席は全くと言っていいほど観客はいませんでしたね。雨と言えども、なんだか不安になりました。雨の決勝は神戸・サントリー戦もありましたが、あの時はもっと観客がいたような気がします。なんだか寂しい感じです。決勝と両方の試合の観戦記をTBさせていただきました。よろしくお願いいたします。

    投稿: SANDA | 2006年2月27日 06:32

    村上さんいつも素敵なコメントありがとうございます。日本にいないので生で観る事ができないので、村上さんの観戦記を読ませて頂いた上で、日本から送られてくるビデオを観るのが自分のパターンになっています。
    ということで決勝戦は、観ていませんが、かなり凄い試合だったようですね。今年の日本選手権は、早稲田の健闘が大会をとても盛り上げたと思います。2回戦のトヨタ戦はビデオでも感動ものでした。日本にいない(秩父宮に行けない)のがとても残念でした。早稲田が示したように、適切なトレーニング、栄養、休息、コーティングをキチンと行えば大学チームでも社会人の中堅を確実に破れるということは、肉体的に劣勢な日本チームでもに同じことを行えば格上の外国チームに勝てるのでは?と期待をもってしまいます。日本代表の春シーズンが楽しみです。

    投稿: アメリカ在住 | 2006年2月27日 06:09

    ほんとに試合内容は賛否両論でしょうね(笑
    単純に見ていて面白い試合じゃなかったのは認めざるをえないと思います。
    しかし、東芝に「勝たせなかった」NECの戦術・防御と、全部出し尽くしたNECに「負けなかった」東芝の実力とのぶつかり合い。伝わりにくいけれど、鳥肌の立つようなすばらしい試合だったのは間違いないと思います。
    村上さんをはじめとした解説の方々にはこの試合の「見方」をよりよい表現で発信していただきたく思います^^

    投稿: さかな | 2006年2月27日 03:05

    確かに両チームとも、ベストを尽くして戦ったと思う。し、手を抜いてないことも分かる。But、この試合は勝ったチームに、2000万円の懸賞金がついてもおかしくない日本選手権の頂上決勝戦であることを鑑みると(実際は金が無くて、出せないが)6対6の試合に高い評価を与えるのは甘すぎると思う。せめて、1トライ及び二桁の点数以上がないと商売(プロ)としてはやっていけないと思う。トップリーグがずーっとアマチュアでいるなら別だが、プロの集団として移行する気があるなら、両チームとも大いに反省すべきと思うよ。


    投稿: Y | 2006年2月27日 01:41

    6ネイションズの中継を見ながらです。村上さんには長い長い一日ですね。お疲れ様です。
    いや~、凄まじかった!ノートライでもお腹いっぱい、た~っぷり堪能しました。そうですか。いっちゃってましたか。既にずぶ濡れでしたが、最後の10分間は寒さを感じませんでした。観客もいっちゃってましたね。本当にこの2チームの選手たちは、お互いに敬意を抱き合っているのを感じます。ノーサイドの瞬間、当たり前のようにハグしてました。いい表彰式、記念撮影でしたね。日原選手と窪田選手が肩を組んでカメラに向かって「イエ~イ」には笑ってしまいましたが。来シーズンこそ決着を着けようと、どちらもさらにレベルアップして合間見えることでしょう。今から楽しみです。
    PS
    コーヒーショップでご挨拶させていただいて嬉しかったです。

    投稿: N山 | 2006年2月27日 00:40

    はじめまして。トラックバックさせていただいたmoaiと申します。
    いつも、楽しく拝読させていただいています。
    さて、素人の戯言としてですが、私はあの終了間際のNEC選手によるタッチキックは、どうも納得ができず残念でならないのですがいかがなものでしょうか。
    日本選手権の晴れ舞台で、しかも「プロ」の選手が…。
    せっかくの劇的な試合にけちをつけるような言い方になって申し訳ありません。

    投稿: moai | 2006年2月27日 00:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8851919

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝戦結果:

    » ノーサイド! ラグビー日本選手権決勝 [クライマーズ・ハイ]
    本当なら、今日は、ラグビーの定期戦に「短距離が苦手なウィング」として参加すること [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 00:23

    » ノーサイド! ラグビー日本選手権決勝 [クライマーズ・ハイ]
    本当なら、今日は、ラグビーの定期戦に「短距離が苦手なウィング」として参加すること [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 00:38

    » 日本選手権決勝、両チーム優勝! [ココロミ]
    2月26日(日)、ラグビー日本選手権決勝は、同点で、NEC、東芝府中の両チームが優勝となりました。 【結果】 <秩父宮> 2月26日 14時~ △ 東芝府中 6-6 NEC △ 東芝府中 6 (前半 3点 0T0G1PG0DG 後半 3点 0T0G1PG0DG) NEC 6 (前半 6点 0T0G2PG0DG 後半 0点 0T0G0PG0DG) 雨の中の決勝戦、先週同様Cさんと一緒に観戦。Cさん、いきなり“広島焼”は、受けましたよ(笑)。いや、ごちそうさまでした~... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 00:39

    » 日本選手権決勝観戦記〜秩父宮〜 [SANDA]
    === 東芝府中 vs NEC === 今年最後の大一番は小生が秘かに望んだ対戦となった 今季1勝1敗の両チーム。 とにかく、きつくて痛い「ガチンコ」の対決である。 この熱い戦いを冷やすかのように冬の冷たい雨が秩父宮に降り注ぐ ピッチは12時から行われた「関東代表vs九州代表」のゲームにより 荒れに荒れている。このことは両チームも同じコンディション。  NECは今季この日までとうとうヤコが出場する機会がなかった  かわりに正SOをゲットした安藤栄治のパスもこの状況では幾分..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 06:23

    » 3地域対抗試合観戦記 〜秩父宮〜 [SANDA]
    === 関東代表 vs 九州代表 ===  小生は3地域対抗戦を価値ある試合だと思っている  このような試合が日本のラグビーの底上げのためには必要なのだ  メインの日本選手権決勝の前に、この試合を行うのはいい考えだと思う  日本ラグビー全体の力をアップさせない限り、日本代表の躍進もない   しかしながら、今回のメンバーを見て少し思った。   下部リーグの選手をたくさん集めるだけでは底上げにはならない。  やはり、彼等に刺激を与えなければいけない。そのためには日本代表スコッドクラ..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 06:24

    » ロッケンロー観戦記〜美しき狼たち〜 [R☆Cの一発逆転]
    雨の秩父宮。日本選手権の決勝は東芝VSNECです。バックスタンドで観るのがロッケンローなんだぜと安物のレインコートで観戦→ただのバカ 立川選手が足をとられてケガもしたし秩父宮のグラウンド整備どうにかなんないのかのご意見もありますが、オイラとしては泥田のグラウ...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 07:12

    » 東芝激攻にNEC激守 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 写真①東芝ニコラス・ホルテン②N [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 07:22

    » [Rugby] ラグビーの原点 [k@tu hatena blog]
    日本選手権決勝 [http://www.rugby-japan.jp/national/score/score1036.html:title=東芝府中vsNEC] 秩父宮ラグビー場 テレビ観戦 雨の秩父宮。東芝のキックオフで試合開始。予想通りの激しい戦いとなった。NECは安藤のハイパント一辺倒だが、雨なのでこれは効果的だ。東芝は何とかつないでいこうとするのだが、どうしても雨のためにミスが多い。NECがPGを2本、東芝が1本決めて、東芝の3-6で前半を折り返した。 後半は風上に立った東芝が主導権を握... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 09:41

    » [Rugby] 日本選手権はハッピーエンド [「砂時計」]
    「立つ」ラグビーの東芝府中 vs「倒す」ラグビーのNEC。 雨の秩父宮での壮絶な試合は両チームとも意識が途切れることなく6−6で終了。 決勝で引き分けって中途半端な感じもあるかもしれないけど、私は秩父宮がハッピーエンドな感じに包まれていたのが何とも良かったです。 早稲田の活躍に日本選手権決勝の好ゲーム、なんだか明るい兆しを感じました。 この試合を見ながら「ラグビーの見所ってディープだなあ」と改めて思いました。 あの攻防のすごさってラグビーを初めて見るような人にはなかなか伝わりにくい気がします。... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 11:40

    » 2006日本代表メンバー今日発表です!!! [らぐびーあにまる]
    日本代表のメンバー 32名が 今日発表される 予定です。今 候補に入っている56名が こちら私が 一番 気になる ハーフ団は どうなるかな・・・私の意見は(私が言っても しょうがないが・・)SHは 池田、後藤、吉田 の3人かな 誰かが 故障したら ヤマハ...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 12:25

    » ラグビー日本選手権決勝 [小説のような日々]
    このブログには書いたことはなかったが、実は私は、大学時代にラグビーをやっていた。 [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 16:18

    » [sports]ラグビー日本選手権決勝 [werebearの日記 - a devout heretic -]
    東芝府中 6-6 NEC ゲームとしては雨の影響でハンドリングエラーが多くレベルの高い内容とまでは行かなかったが、試合終了間際の攻防は実に見応えがあった。モールにこだわって攻める東芝と必死のディフェンスの NEC ががっぷり四つに組み、見ているこっちも力が入る。東芝は再三堅いパックでモールを組んだが、NEC が反則を犯さず(一つだけあったが)ディフェンスしていたのが素晴らしい。どうしても横から入りたくなるところをまっすぐ入り続けて東芝の重圧をよく止めていたと思う。最後の最後、ついに東芝が押し切ったか... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 16:49

    » [sports]ラグビー日本選手権決勝 [werebearの日記 - a devout heretic -]
    東芝府中 6-6 NEC ゲームとしては雨の影響でハンドリングエラーが多くレベルの高い内容とまでは行かなかったが、試合終了間際の攻防は実に見応えがあった。モールにこだわって攻める東芝と必死のディフェンスの NEC ががっぷり四つに組み、見ているこっちも力が入る。東芝は再三堅いパックでモールを組んだが、NEC が反則を犯さず(一つだけあったが)ディフェンスしていたのが素晴らしい。どうしても横から入りたくなるところをまっすぐ入り続けて東芝の重圧をよく止めていたと思う。最後の最後、ついに東芝が押し切ったか... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 16:50

    » 新生JAPAN 第1報 [らぐびーあにまる]
    時事通信に よると JAPAN SHに早稲田の矢富が 入ったらしい。個人的には????? だが それだけ 魅力が あるんだろうな・・・曽我部も 入ったので 早稲田の ハーフ団 が揃って 選ばれたって事だね!時事通信 この記事って 村田亙の お兄さんかな...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 17:38

    » 日本選手権準決勝、結果・感想 [あなたとノーサイド♪日記]
    ラグビー日本選手権決勝の結果 → サンスポ記事 東芝6 − 6NEC 激しい雨の中での試合は、ともに2PGずつの同点。 やや東芝有利じゃないか!?との前評判の中、当日の雨に [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 21:20

    » ラグビー日本選手権決勝 [小説のような日々]
    このブログには書いたことはなかったが、実は私は、大学時代にラグビーをやっていた。 [続きを読む]

    受信: 2006年2月27日 22:33

    » ブレイブルーパスの2.5冠 グリーンロケッツの1.5連覇 [RIKIMARUBLOG]
    いろんなところのコメントで評価が真っ二つに分かれている 決勝戦。 悪い芝生・冷た [続きを読む]

    受信: 2006年2月28日 00:14

    » 本物の感動・NEC対東芝府中雑感。 [東京ダイヤモンドフットボール]
    今月日本のラグビーは感動ブームになっていた。 原因は「早稲田」の金星。 でも個人的には??って思っていた。1つは18年前に戻ったような「後退感」を常に感じていた。日本のラグビーっていつまでたっても「大学」だとか「社会人」だとかそのような狭い世界でしか話題無いのかなって。2つめに早稲田大学や学生ラグビーのファンだけが感動って感じで満員の観衆すべてが「幸せ」って感じは秩父宮にいて感じなかったから。 ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月28日 06:59

    » 「頂上決戦」ラグビー日本選手権 [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!]
    日、月と風邪によるダウンで完全に出遅れてしまった。 [続きを読む]

    受信: 2006年2月28日 11:20

    « いよいよ決勝戦。 | トップページ | 日本代表情報 »