« チームスタイル | トップページ | 決勝戦を見よう。 »

日本選手権準決勝結果

東芝はトップリーグ王者らしく、自分たちの強さを押し出して勝った。早稲田もよく抵抗した。点差はついたが、両チームとも倒れた選手がすぐに起きあがってプレーに参加するなど、質の高い攻防が多く感心する点が多かった。ここがトップリーグ、マイクロソフト杯王者、そして学生王者になった意識の高さなのだと思う。あれだけコンタクトプレーで痛めつけられると後半は動けなくなるものだけど、早稲田は終盤まで頑張った。連戦の疲れもあったはずなのに気持ちも強いね。この部分、いいもの見せてもらって感謝している。東芝のフィジカル面での優位性は確かなことだったけど、現役の選手達には、両チームの反応スピードや、あきらめずに追いかける防御など意識の高さの部分をぜひ参考にしてもらいたいと思う。

2月25日発売のラグマガ、3月2日発売のナンバーにこの試合の関連記事を書くので、ここでは個人的な感想に留めたいのだが、東芝の瀬川コーチがいい話を教えてくれた。東芝のCTBマクラウド選手が、大観衆の中で伝統ある早稲田大学というチームと戦えたことをとても喜んでいたということだ。アフターマッチファンクションでも、早稲田の部歌を聴いて感心していたという。トップリーグのファンクションで部歌を歌い合うことはあまりないことらしい。東芝のFL中居選手は高校からマツダに行ったので大学と戦うことがなかったから、彼も試合を楽しんだようだ。早稲田の選手達は口々に「東芝は強かった」と完敗を認めた。東芝の選手達も余裕の表情ではあったが「ほんとによくタックルしますよね」と早稲田の頑張りを称えた。ともに精一杯やっての点差である。立派な戦いだったと思う。

早稲田の佐々木キャプテンは、この一年で忘れられないシーンを報道陣に問われて「荒ぶるを歌った時のみんなの笑顔」と答えていた。お疲れ様でした。

家に帰ってラグマガの速報レポートを書き、そのあと花園ラグビー場で行われたNECと三洋電機の試合を見た。NECはほんとに粘り強い。前半は、トップリーグの前半戦の好調を彷彿させる三洋電機の攻撃が随所に見られた。自陣のスクラムからNO8ヴァハフォラウがサイドアタックし、WTB角濱が独走したトライは三洋らしかった。SOトニー・ブラウンも執念のタックルでNECマーシュのトライを防いでいた。後半29分、1点差に迫るブラウンのドロップゴールにはしびれた。三洋、惜しかった~。試合終了間際の決勝トライは、トップリーグでのNEC対神戸製鋼の試合を思い出した。逆転ではないけど、トライをした選手も同じくオースチンだったしね。ブラウンは、これからスーパー14のシャークスに合流。期待してますよ。

■日本選手権準決勝結果
東芝府中ブレイブルーパス○ 43-0 ●早稲田大学
NECグリーンロケッツ○ 24-16 ●三洋電機ワイルドナイツ

というわけで、日本選手権の決勝は宿命のライバル、東芝府中対NECというカードになった。東芝の三冠を食い止めるとしたら、NECしかないと思っていたので、実に楽しみ。今季1勝1敗の決着戦。凄い試合になりそうだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « チームスタイル | トップページ | 決勝戦を見よう。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    オマケ。
    我孫子市商工会の人たちが中心になってNECグリロケ(と中央学院大学陸上部)応援団を組んでいるそうです。花園にも大きな旗を持って乗り込んでいました。少しずつなんでしょうけれど、限られたラグビーコミュニティーからさらに広いコミュニティーへと、応援する楽しさが浸透し始めた感じがしました。

    投稿: N山 | 2006年2月20日 23:28

    花園行って来ました。いい試合でした。切れ切れの武井に、タックルバシバシの榎本、鬼のマーシュに、さすがのトニー・ブラウン。堪能しました。しかし、観客2900人とはあまりに寂しかったです。と言うか、もったいなさ過ぎ!本当に、もう少し何とかならないのでしょうか。秩父宮もフルキャパではなかったようですし。普段TLを見ないけれど、日曜日に早稲田戦を見て興味を持ってくれた人が一人でも多く決勝に足を運んでくれることを願います。

    投稿: N山 | 2006年2月20日 23:19

    アルティメット・クラッシュがスローガンだった早稲田がアルティメット・クラッシュされてシーズンと一人の監督の時代を終える・・・早稲田ファンとして少しつらいけど、いい試合でした。学生相手でも自分たちの強い部分を遠慮なく前面に出して、しっかり勝つということをきっちりやった東芝の監督、選手はすばらしいなと思いました。早稲田応援の人からは<学生相手には日本人だけでやれ>という声も聞こえましたが、そんな侮辱的な試合はラグビーには似合わないと思います。
    もう一試合のほうは、マイクロソフト杯の無念を晴らしてくれ~と三洋を応援していたのですが、残念でした。血を流してマーシュをとめて、うっすら笑っているトニー・ブラウンにしびれました。日本選手権のあり方、トップリーグのあり方などいろいろと言われますが、ファンにとってトニー・ブラウンやトロイ・フラベルなどの選手を日本でラグビー選手として会えるのは幸せなことですし、選手たちにしても、マクラウドとあたることセコベが走るのを止めようとすること、彼らと一緒にプレーしたり、戦ったりすることはやっぱり日本のラグビーのためになっていると思いました。
    根が単純なので、今年のスーパー14はシャークスを応援するぞ!と意気込み、また秋になったら三洋の応援に行くことをテレビ画面に誓ってしまいました。

    最後に、ラグビー・プラネットで真っ赤な顔をして、いつもの淡々とした口調でスティーブの由来をさらっと語った、スティーブ小林さん!大好きです!!!!!!(笑)

    投稿: ”お” | 2006年2月20日 23:05

    決勝もここ2週間の秩父宮みたいに大勢の人が来ることを期待します。
    村上さんへ。
    試合後、お疲れのところ、本当にありがとうございました。
    ところで、清宮監督とカイロの話しをしていたようですが、差し支えなければ、どんな話だったのか教えてもらえませんか?

    投稿: さちこ | 2006年2月20日 22:57

    新聞各紙が早稲田:東芝戦で持ちきりですが、
    NEC:三洋戦凄かったですね
    特にブラウン、流血してからもキックにタックル
    鬼の形相でしたよ。見ごたえ十分な試合でした
    秩父宮に観客が集中したのが残念でした

    投稿: 瑞穂 | 2006年2月20日 21:22

    こんにちは。
    昨日のワセダ-東芝はいい試合でしたね。数字からは見えない、良いものがたくさんあったと思います。
    さすがチャンピオン同士。
    なにより、東芝がいつになく丁寧に試合をしていた気がしました。
    TLの試合というと、おじさんたちが殴り合って、助っ人ガイジンが全てを決めて・・・という雑なイメージで、すぐ退屈してしまうのですが(ゴメンナサイ)、昨日の東芝はちょっと違いました。兄貴らしい戦いぶりがかっこよかったです。
    NHKの中継の最後に、解説の浜本さんが「選手権を盛り上げてくれた早稲田にありがとうと言いたい」と繰り返しておいででしたね。涙にくれる選手たちを見ながら、長年ワセダを見てきた私も胸の熱くなる思いでした。
    それにしても、こういう試合を見ると、強豪国に立ち向かうJAPANという図式がどうしても浮かんでしまいます。TLには優秀な選手が毎年入ってくるのですから、国内で勝つことだけでなく、世界と戦える日本独自のスタイルを追求し、選手を育てることも忘れずにいて欲しいと思います。

    投稿: みにみに | 2006年2月20日 19:00

    シーズンもいよいよラストが近づきましたね。昨日の秩父宮はたくさんの観衆が集まり、最近では珍しく盛り上がりのある日本選手権だと思っています。来週の決勝も楽しみです。お互い1勝1敗で迎えた今季の東芝とNECは今回もガチンコ対決を期待します、秩父宮での観戦記をTBさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年2月20日 16:00

    【スティーブさんへ伝言お願いします】

    いつも楽しく解説を拝聴しています。
    ウェールズ人の名前(ファミリーネーム)に関して非常に面白い「ウェールスの山」という映画(DVDで入手可)があります。
    ご存知であれば、スティーブ信者の戯言とお許し下さい。

    投稿: 抜山蓋世 | 2006年2月20日 15:47

    19日の2試合とも面白かったので、次の日曜の東芝対NECの決勝戦も見ることに決めた。

    19日の大阪NHKテレビで試合終了後、遠くで女性にサインしている選手が映っていた。トップリーグにスターがいることが分かった。調べた。多分NECの窪田選手?ではないかと思う。
    テレビでスターをクローズアップしてくれるといいなと思った。全国放送なんだから、何人かのチームのスター候補の個人情報をテレビでさらけ出せば、
    全国ファンが増え、競技場へかけつけてくれるんじゃないかと思う。

    東芝のスターは誰ですか???

    投稿: Y | 2006年2月20日 13:32

    今回の試合を見て、重要なことなので書く。
    前回、2年前の東芝のラインアウトについて、先日、大学のレギュラーにメールしたと書いた.そのメール内容を補足すると
    「1246のかけ声は秘密?」「サインプレーです。」「相手に分からないようにジェスチャーで示すこと?」「そうです。」
    なるほど、ラグビーは野球の監督が打者に示すサインと同じようなものであるらしい。投手はサインが分かれば簡単に打者を三振にすることができるのだ。

    早稲田がトヨタに勝てた理由も、東芝が早稲田に勝てた理由も、サインが見抜かれていたからと思う。早稲田は2週連続で最高のパワーを出して戦ってるんだから、3週目の試合においても思考が混乱しないために前の試合とは違ったサインを作り出せなかったんであろう。

    また、早稲田にとって不運なのは公にテレビ放映されて、相手方に研究材料として使われるし、
    またまた、体はボロボロになるし、
    やはり、日本選手権の試合方法に無理があるようだ。

    来年度は1回戦の決着が一番いいと思う。
    念のため、私は早稲田贔屓ではない。

    投稿: Y | 2006年2月20日 06:00

    試合後、お待たせしてすみませんでした。いらっしゃるのは気付いていたのですが、僕を待っているのではないと思ってしまって。申し訳ないっす。

    投稿: 村上よりさちこさんへ | 2006年2月20日 01:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8747685

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権準決勝結果:

    » 日本選手権準決勝 結果 [ココロミ]
    先週は生観戦できませんでしたが、準決勝は、秩父宮メインで観戦しました。やはり、早稲田ファンが大勢詰めかけてましたね。東芝府中は、“アウェイ”でした。 【結果】 2月19日(日) <秩父宮> 14時~ ○ 東芝府中 43 -0 早稲田大学 ● <花園> 14時~ ○ NEC24 -16 三洋電機 ● ご覧のとおり、早稲田は完封負けです。東芝のディフェンスは、やはり厚かったです。さすがに、トップリーグ、マイクロソフトカップを制した東芝府中は、負けられません。しかし、早稲田も東芝府中を相手に、... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 01:24

    » 日本選手権準決勝 [petit buffle &petit tigre]
    花園でのNECグリーンロケッツvs三洋ワイルドナイツの戦いは、予想通りの接戦となりました。 都合がつけば行くつもりだったのですが、残念ながらテレビ観戦。 2試合とも見られたのは良かったかな。 私が見に行くと必ずNECは負けるので、今日見に行って勝つとこ....... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 01:54

    » 日本選手権準決勝 早稲田対東芝 レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  久々に秩父宮が人で溢れた。 注目のジャージはトスで勝った早稲田が 伝統の赤黒、東芝がセカンドのグレー 大学覇者とトップリーグ覇者の大一番、キックオフです。  2分 ファーストスクラムで東芝がペナルティ、早大SH矢富選手が速攻し      最後のパスがWTB首藤選手に渡るがスローフォワード  7分 両チーム立�... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 06:21

    » 早稲田チャレンジに東芝のでっかい壁 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 日本選手権準決勝 やっぱり東芝の [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 06:43

    » ロッケンロー観戦記〜いかすぜOK〜 [R☆Cの一発逆転]
    日本選手権準決勝東芝VS早稲田 比べるつもりは毛頭ないけど、オジサンの草ラグビーとはいえ、もうすぐ自分自身もグラウンドに立つというのに忙しい毎日なのでちょこっとトレーニングがて ら自転車で秩父宮へ。身軽にするためバックの中整理してたらデジ....... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 07:06

    » 早稲田 佐々木組 終わる!!! [らぐびーあにまる]
    43-0 結果的には 点差が付きましたが、前半は 12-0 それも 前半35分過ぎまで 7−0 前半 最後に モールで 押し込まれ TRYになりましたが、あのモールは しょうがないでしょ・・・後半の最後で 3TRY 立て続けに取られて 点差が 開きました...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 07:12

    » [ラグビー]貫禄とプライド [Dickersonの夢]
    昨日は、家で東芝府中vs早稲田大学の日本選手権準決勝を自宅でTV観戦した。 東芝がトップリーグ王者の貫禄をみせ、早稲田大学を圧倒するところを観るためだ。 観終えた感想。 東芝府中は強かった。しかし、早稲田も素晴らしいチームだった。しかし、その早稲田を完封した東芝府中はやはり最強のチームにふさわしいチームだった、ということ。 前半、東芝の激しさにもかかわらず、早稲田は健闘したと言える。 東芝得意のモールにも、しつこく絡み攻撃を分断した。 私はここで少し嫌な予感がした。早稲田のしつこさに東芝の選... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 07:24

    » 早稲田 効果&地上波 効果!!! [らぐびーあにまる]
    今日は 会社でも ラグビーの話題が ちらほら出てきました。私の顔をみると 「早稲田 もうちょっと やれると思ったけど・・・ラグビー見ると面白いね」などなど・・・声を掛けて くれました。嬉しいですね!!!やっぱり 地上波 放送 必要ですね〜!!!!!今日...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 12:51

    » ワイルドナイツ終戦。 [前橋にスポーツバーを創ろ~会(いつか)]
    日本選手権準決勝、三洋電機ワイルドナイツ×NECグリーンロケッツの一戦は、 24-16でNECが勝利し、日本選手権決勝へと駒を進め、敗れた三洋電機ワイルドナイツは今シーズンの全日程を終了した。 良い試合でした。 1ヶ月ものブランクを全く感じさせず、それどこ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 15:51

    » 日本選手権準決勝観戦記〜秩父宮〜 [SANDA]
    === 早稲田大学 vs 東芝府中 === 曇り空の秩父宮。 そして、ここまでくると芝の状況は最悪としか言いようがない。 全くここは日本のラグビーの聖地であろうか、言葉が出ない  念願のトップリーグ上位チームからの勝利を得た早稲田。 ラインアウトを圧倒し、スクラム等のセットプレーをあれだけ 安定させたにも関わらず、落ち着いて考えれば28−24の接戦というのも トップリーグの強さを物語っているのではないだろうか。  トヨタ戦の後、ワセダクラブ主催でビデオ観戦会というものがあ..... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 15:54

    » 雄々しかったぞ!早稲田、王者東芝に散る。 [大元よしきの「人生にYESと言おう!」       最後はみんな...]
    学生王者早稲田、トップリーグ、MS杯覇者東芝に屈す。先週のトヨタ戦で強さを目の当たりにしたせいか、もしや?という期待もあったが、さすがに東芝は磐石だった。前半こそ、早稲田のプレッシャー、ディフェンス力に東芝もペースをつかめずにいたが、後半はその地力を発...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 16:30

    » 体感した世界との距離。更なる飛躍を誓って [日本大好き、好きです早稲田日記]
     例年になく、けが人の少なかったシーズン。ベストのメンバーで固めた日本選手権準決勝の布陣も、早々に豊田がぶっ壊され、昨年に続いて甲子郎がピッチを去った。 攻める東芝、押し返す早稲田。 一瞬の間隙をぬって突破をこころみるが、ことごとく討ち死に。 何か昔の...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 21:59

    » 清宮をジャパンに監督に! [「しょうま」のあんま ぼやきブログ]
    ・ キックオフからオトを走らせる。 ・ マクラウドで早稲田のSО周辺を攻める。 ・ 徹底的にフィジカルで攻める、相手を壊す。 日本ラグビー協会の会見レポートを見た。東芝は早稲田のことをいろいろ研究して、戦術を練っていたようだ。これじゃ、早稲田は勝てない。 さて、「自分達の強いところで、相手の弱いところを攻める」のは勝負の鉄則だが、「強いところ」として会見レポートに出てくるのが外国人選手の名前やフィジカル面のこ... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 22:37

    » 日本選手権準決勝 NEC-三洋電機 [ラグビー観戦記]
    NEC 24-16 三洋電機 NECが固いゲーム運び(いかにもNECらしい)をし [続きを読む]

    受信: 2006年2月21日 00:05

    » [rugby]終戦。 [赤・黒・黄色のひとりごと]
    0-43。トライを取れそうな場面が何度かあったが、東芝府中のディフェンスが最後までほころびずに完封負け。惨敗ではなかったが、完敗でした。 先週のトヨタを見るようなラインアウトの不調。しかもラインアウトの要の豊田選手が前半で負傷退場したのが痛かった・・・ラインアウトが取れないので、敵陣でペナルティを得てもタッチキックが使えず、後半はスクラムに終始せざるを得ない展開でした。 東芝府中はやはり選手個々が非常に強かった。接点でフォワードが圧力を受けてバックスに良い球がなかなか供給されず、バックス... [続きを読む]

    受信: 2006年2月21日 01:21

    » ただ負けるのではなく、ただ勝つのではなく [RIKIMARUBLOG]
    43-0。 ラグビー関東大学対抗戦をダントツの強さで勝ち抜き、 大学選手権で磐石 [続きを読む]

    受信: 2006年2月22日 00:14

    « チームスタイル | トップページ | 決勝戦を見よう。 »