« 日本代表メディカルチェック | トップページ | やっと復旧 »

自信

きのうは書く時間がとれずに日記を休んだ。3月1日の誕生日に初めて休んで以降は無理をして連日更新はしないと宣言していたのに、夜、ものすごく気になった。小心者である。きっとこれが僕の連日更新の原動力だったんだろうなぁ。

きのうの昼間、スーパー14のハリケーンズとチーターズ戦を収録したのだが、これ、面白い。チーターズは、フラットなパスを何度も通してゲインしたし、ハリケーンズのBKもタレント揃い。WTBファアタウがスーパープレーを見せてくれる。ファアタウはサモア代表の選手なので、6月の日本代表戦にも出てくる可能性がある。彼のランニングスキルは要注意。この他にも、トンガ、サモア、フィジー、NZジュニアと、夏までに日本代表が対戦するチームには、スーパー14レベルの選手がたくさん入ってくるので、これを見ていれば日本代表の試合も楽しく見られるかな。チーターズ対ハリケーンズの試合は、3月16日、 J SPORTS 3で22:00より初回放送です。

夜は『第3回ワセダクラブ・シンポジウム』に行った。冒頭は新監督、中竹竜二さんの挨拶、そのあと前監督の清宮克幸さんが過去5年の監督生活を振り返る講演、そしてコーチ陣を交えてのトークセッションである。僕はこのシンポジウムの進行役をやったのだが、ワセダクラブ員限定の会なのにお客さんが多くて驚いた。400名以上で満員になっていた。清宮さんは、会の直前に著書のサイン会もやったのだが、早稲田の「監督」と書くのはこの日が最後ということで、ファンの方には貴重なサインになったようだ。

トークセッションでは、後藤コーチや、ゲストの藤島大さんが、今の早稲田の強さについて「自信」を取り戻したことをあげていた。その自信を植え付けたのが清宮ワセダの5年間だったということだろう。逆に、他の大学は自信を失っているということで、そこが選手個々の能力差以上に点差が開いてしまう、ひとつの要因なのかもしれない。

僕が卒業した大阪体育大学も、まだ大学日本一になっていないわけで、そういうチームが確固たる自信を持って勝利を目指すのはなかなか難しい。だからこそ、一試合一試合大切に勝利を積み重ねるしかない。その勝利にも裏付けがないといけないということなのだろう。着実に自信をつけていった早稲田の5年間を見ていて改めてそう思った。

◎愛好的読書日記
【アゴタ・クリストフ自伝 文盲】(堀茂樹訳 白水社)読みました。10数年前にアゴタ・クリストフの【悪童日記】を読んだ。祖国ハンガリーを逃れ、難民となったのち作家となる彼女の乾いた筆致が強烈に印象に残った。小説なのに主人公の心に入っていかない書き方に憧れた。実は彼女のある言葉をコピーして、もう10年近くデスクの前に貼っている。書き方に悩むと、それを読む。今回の自伝は、祖国という面でも思うところが多かった。どんな過酷なことが待っていようと「自分の国」に帰る人がいる。著者は自分の国を捨て心を引き裂かれる。うまく表現できる言葉が見つからないのだけど、「故郷」ということについて考え込んだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表メディカルチェック | トップページ | やっと復旧 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私もニュースを聞いてビックリしました。秩父宮のグラウンドと近い環境がとても気に入っています。多目的になると、とても遠くなってしまいそうです。

    投稿: FL7 | 2006年3月 9日 08:17

    東京オリンピック構想の記事、私も読んで驚いてます。記事を読んだ限りではラグビー場として生まれ変わるワケではなさそうで・・・。
    他にも候補地はあるようだったので、秩父宮は避けて欲しい。
    ただ、ラグビー場として改善はしてほしいんですけどね。

    投稿: ちぃ | 2006年3月 9日 02:41

    東京五輪誘致での案に秩父宮を解体するとかなんとか。
    これは解体して新しくスタジアムを作り直す案なのでしょうか?
    そのあともラグビー場として機能するのか?それとも多目的競技場?
    よく村上さんがいっている『観客席からピッチに近く、高い壁がない』という理想に近いグランドに作り変えるなら賛成ですが。
    ラグビー専用グランドとしてのこるのであれば。「新秩父宮ラグビー場」として。ラグビー聖地の観念は変えてほしくない。

    投稿: わらびー | 2006年3月 9日 01:04

    クルセイダース対シャークス観ました。トニー・ブラウンの応援をしているうちに、シャークスにかなり肩入れしてしまいました・・・残念!!!!
    トニー・ブラウンを観ていると、チームとして個人として海外に勝てない理由をサイズにばかり求めてはいけないんだろうなって思えてきますね。

    投稿: ”お” | 2006年3月 9日 00:17

    村上さん。2016年の東京オリンピックのニュースで、秩父宮の解体の話が出ていますが、どうなんでしょうか?秩父宮がなくなるなんて・・・。考えられません。

    投稿: さちこ | 2006年3月 8日 23:35

    村上さん。こんにちは。昨夜のシンポジウムお疲れ様でした。小生も参加させていただきました。時間も長くとってあったので、大変楽しい思いでした、まだまだ聞いていたかった気分でしたよ。そして、清宮さんのファンサービスって「うまいなー」と感心していました。あれだけいろんなことを喋ってくれると進行も楽だったりするんじゃないですか?というか、制止するのが大変でしたかね・・・。ということで小生のブログの記事もTBさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年3月 8日 15:46

    チーターズ面白いラグビーやってますね!ラックからフォワードがパスアウトする機会が多いように思うのですがそれがリズムのいい攻撃を生んでいる。ああいうチームが南アから生まれるとは!

    投稿: のざわ | 2006年3月 8日 13:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8998280

    この記事へのトラックバック一覧です: 自信:

    » YC&AC セブンス 4/9 [らぐびーあにまる]
    今日は 仕事が いそがしい・・・ とりあえず アップ しとこっYCACセブンスこのセブンスは ラグビーを 始めて見る人には おすすめ です。スピーディー だし 時間が 短いから 飽きないし、 1日で いろんなチームがみれて 決勝戦まで その日に やって...... [続きを読む]

    受信: 2006年3月 8日 11:54

    » 第3回「ワセダクラブシンポジウム」参加 第1部 [SANDA]
     ラグビーのシーズンは終わっても、このSANDAではまだまだラグビーを追いかける小生が 存在するわけです。 ということで 第3回ワセダクラブシンポジウム「清宮監督5年間のシーズンを振り返って」に参加してきました。 会場は早稲田大学交際会議場。高田馬場から徒歩で20分の場所に位置します。 清宮監督サイン会もありました。  このような記事は大変難しいものです。メモしていたものも汚い字なので、間違った表記や表現が あった場合はコメントいただければ修正いたします。  長文記事ですが..... [続きを読む]

    受信: 2006年3月 8日 15:38

    » 6ネーションレビュー&プレビュー−4 [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ   点差はともかくまたまた2勝1敗 3戦全勝は難しいです  予想  フランス     30:15   イタリア 結果  フランス     37:16   イタリア  予想  スコットランド  12:40   イングランド 結果  スコットランド  18:12  �... [続きを読む]

    受信: 2006年3月 9日 00:04

    » [rugby]ワセダクラブ・シンポジウム [赤・黒・黄色のひとりごと]
    今年度のワセダクラブ・シンポジウムに行って来ました。通算3度目の参加です、ていうか皆勤してます(笑)。 今年は大盛況でほぼ満席。開会ギリギリに行ったら席がほとんど空いてなくてびっくり。知人が席を取っておいてくれて助かりました。 さて、ダイジェストVTR放映の後、おなじみ村上晃一氏の司会でスタート。過去2回と違って今までで最もなごやかで笑い溢れるシンポジウムでした。まあ、「清宮監督の卒業式2次会」みたいな感じでしょうか。 f:id:kon-kon:20060310011040j:ima... [続きを読む]

    受信: 2006年3月11日 00:18

    « 日本代表メディカルチェック | トップページ | やっと復旧 »