« まる一年。 | トップページ | 黒おたべ »

愛好日記リスタート。

たくさんのお祝いコメント、ほんとうに嬉しかったです。コメントの数も過去最高でした。僕自身も多くの人に支えられているんだと実感しました。ありがとうございます。愛好日記と同じ誕生日の1歳の赤ちゃんがいたのには、なんだか感動しました。その子が文章が読めるようになるまで続くかなぁ。なんて考えたり。今後の「ほのぼの系・ほぼ日記」もよろしくお願いします。2日の夜に再開しようと思っていたのですが、我慢できなくなりました。さっそく書いちゃいます。

waseda1

3月1日の朝は、早稲田大学の上井草寮にてJSPORTS「ラグビープラネット」の収録をした。佐々木キャプテンと青木バイスキャプテンに出演してもらって、今季の早稲田についてじっくり話を聞いた。トヨタ戦勝利に向けてのいろんな分析の話も出てくるし、この2人以外もビデオで出てくるので、早稲田ファンのみなさんは必見だと思う。でも放送はちょっと先で3月12日だ。収録後、佐々木キャプテンと話したが「ラグビーは結局ここですよ」と胸を指した。そう、ハートだよね。未確定の進路については、放送の頃には確定しているかな? 青木選手は性格いいなぁ。素直になんでも話してくれる。サントリーでも頑張って欲しい。

abiko1

夜は我孫子に出かけて日本選手権で東芝府中と優勝を分け合ったNECグリーンロケッツの箕内選手、浅野選手、東(ひがし)選手とのトーク。こちらは、3月5日初回放送分の「ラグビープラネット」である。NECの選手やファンのみなさんがよく通っているという天王台駅前のスポーツバー「レジェンド」というお店におじゃました。プロップ東選手が笑わせてくれた。自衛隊時代とからめての話は思いっきり笑えるんだけど、どこまで放送できるのか? しかし、スクラム最前列の選手の話は面白い。東選手は試合中に相手プロップに話しかけるようにしているらしく、日本選手権決勝戦でも東芝の高橋選手に「たかはし、まっすぐ組もうな~」なんて優しく話しかけながら、先に仕掛けたりしていたらしい(笑)。浅野選手のヘッドキャップはNZで売っているとか、そんな裏話もいくつか出ていた。箕内選手は、日本代表のフランス合宿メンバーから外れてしまったけれど、「また呼ばれれば頑張るし、久しぶりにゆっくりできるので、じっくりトレーニングしたい」とポジティブにとらえていた。さすがです。

abiko2

レジェンドには大東選手はじめ他の選手も来ていたのだが、僕が誕生日だったので祝福してくれた。よくレジェンドに通われているラグビーファンの方が花をプレゼントしてくれたり、マスターの渡辺さんがケーキを出してくれたり、史上最高の嬉しい誕生日だった。コメントをくださったみなさんにもお礼申し上げます。この喜びで、本厄は軽く乗り越えられそうです。

では、次回。これまでは基本的に深夜アップしていましたが、今後は書けるときに書きますね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « まる一年。 | トップページ | 黒おたべ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、41歳のお誕生日おめでとうございます。実は私は今月24日が誕生日で、同じく昭和40年生まれです。村上さんと同じ年で誕生日が近かったとはびっくり!そして自分が41歳になることにびっくり!ハートは18歳の頃と大して変っていないんだけどなぁ。周囲からはいい年してラグビーの応援でもないだろうと言われそうですが、秩父宮にいらっしゃる観客の年齢層は幅広く、臆せず応援できることが嬉しいです。村上さんもお忙しいとは思いますが、お体には気をつけて、今後も楽しい解説をお願いします。

    投稿: coco | 2006年3月 3日 01:04

    遅れましたが、村上さんブログ開設1周年おめでとうございます!
    今回の様に予定外に書きたくなる様なホットな出来事が増えるとファンとしても嬉しいです。
    暖かい視点のブログをこれからも楽しみにしています。

    投稿: 軍曹 | 2006年3月 3日 00:30

    村上さん、2年目の日記も楽しみにしています。
    早稲田の佐々木くんのサントリー入りするみたいですが、発表が遅れたのは何かあるのでしょうかね。なんかすっきりしませんが・・・。サントリー、かなり強化されそうですね。

    投稿: さちこ | 2006年3月 2日 23:32

    村上さん、はじめまして。
    私は村上さんの大ファンでブログは一年前から読ませてもらっています。
    ところで、村田選手の本を読んでいたら「ガレスエドワーズ自伝」という本があるのを知りました。外国人選手の事を書いた本を読んでみたいと思っていたので欲しくなりましたがどこにもありません。どこか手に入れれる場所を知りませんか?あと他に外国人選手の事を書いた本があれば教えてください。お願いします。

    投稿: ワタ | 2006年3月 2日 23:11

    ブログ1周年おめでとうございます。
    日記もそうだけど、毎日続けようと努力してもなかなか続かないことが多い(少なくとも自分は)だから書きたいときに好きなだけ書くというのがいいかなあと。話は変わりますが、「スーパー14」面白いですねえ。自分はブランビーズのファンです。バックスの展開力、状況判断など見ていて勉強になります。というより毎回見るたびに感動しています。

    投稿: きりんじ | 2006年3月 2日 22:37

    1年も続けると休むと逆にたまらなく
    なるんでしょうね。ランニングと一緒
    自分のブログなので縛りなどせずに
    好きなペースでお書き下さい。

    投稿: 瑞穂 | 2006年3月 2日 20:54

    これは失礼いたしました。
    ブログなどのルールも解らずコメントを寄せてしまいました。申し訳ありませんでした。
    ラグビーの好きな人が集まり、双方向で情報や考え方の交流が図られ、巨大な配電盤となっておりましたので、拙い提案をしてしまいました。以後、自粛させて頂きます。
    なお、ブログではないですが、サイトを立ち上げ主義主張はそちらの方で行なっております。
    村上さん、皆様すいませんでした。

    投稿: 大松竜二 | 2006年3月 2日 20:05

    長々と持論を展開されたいのであれば、独自でBlogを立ち上げた上で、トラックバックするのが筋ではないかと思いますよ。

    あと、ご本人がほのぼの系日記とおっしゃっているので、その主旨を汲み取ったコメントが望ましいかと…

    投稿: アンテナ男 | 2006年3月 2日 15:39

    村上さん、ブログ一周年おめでとうございます。毎度、ご支援有り難うございます。今回は、ひとつ、ラグビー及びスポーツの普及を地域通貨を使用して行ない、スポーツ文化の熟成を促す私なりの提案をさせて頂きたいと思います。

    -------------
    スポーツ通貨 (Sports currency)の提唱
    (Sports maind Exchange System)

    【スポーツ精神、ボランティア、運営】
    ■スポーツ教育
    ■インボルブ
    ■スポーツの垣根
    ■ヒト儲け
    ■センス・オブ・コミュニティ(共同体)
    ■クラブ
    ■スポーツ・マネジメントへの警鐘

     近年、スポーツ・マネジメントや科学といったことが盛んに叫ばれ、スポーツは先鋭化、細分化されてきた。娯楽の一種として観る人にとっては、対価に対して満足いくものであれば何ら問題なく、むしろ、高いパフォーマンスは歓迎される。ただ、スポーツの発生過程を鑑みると娯楽という要素ばかりが先行することは本末転倒の恐れがある。
     その一方、スポーツを行なうアスリートにとっては、その先鋭化や細分化により、勝敗や技術に関しては関心を持つが、自身がよって立つところの競技の本質等については希薄である。すなわち、自分たちがプレイすることにより、どれほどの人たちが関わり、有形無形の想いに支えられているのかを感じ取ることが出来ない。「プレイさえできれば、他はどうでもよい」といったラグビーですら他者との希薄な関係しかつくれず、無責任発言が多く目に付く。スポーツの世界にも、社会を反映した殺伐とした利己主義が幅を利かすようになってきてしまった。
     私が関わるラグビーなどは、ブームも過ぎマイナーなスポーツになってしまい、マネジメントの甲斐なく一行に、客足が伸びないでいる。他のスポーツも事情は同じようなものであろう。如何に、サポーターをつかみ囲い込みをしようと工夫をしても、興行として成り立たそうと思えば、至難の業である。競技の特性を売り飛ばして、形を変えろと迫ってくる。プレイヤー主体ではなく、スペクテイター(観衆)主体の競技の変容が余儀なくされる。安直なプロ化や理念、哲学なきマネジメントの導入には警鐘を鳴らす。
     トップのスポーツには、興行としての側面とその競技の普及発展という使命があると考えている。例えば、ゲーム後の清掃活動やチケットのもぎり等などスポーツを下支えしてくれる方をボランティアとしてではなく募集し、「スポーツ通貨」として100ポイントを配布する。ポイントが1.000溜まると「観戦チケット」と交換する。組織としては、委託等で支払う分をポイントに変換することで経費が下がる。しかも、観客として戻ってきてくれる。これを、ひとつの競技でだけで完結することなく、ラグビー、バスケ、バレーなど共通の「スポーツ通貨」で行なう。ラグビーの好きな人は、バスケのゲーム後清掃活動をしポイントを稼ぐのもよい。時には、本当にバスケが好きになり、チームのサポーターになるかも分らない。日本特有の企業スポーツ文化では、他の競技との関わりが皆無ではなく、ラグビー、バスケ、バレーなど、複数のチームを一社で抱えていることもあり、可能な方策である。
     このような仕掛けは、直ぐには効果が出ないだろうが、欧米などのクラブなど、その結びつき、ロイヤルティなどと表現されるが、クラブと人、人と人の紐帯がクラブを支えていることを考えると、まず、「関わり合える場」を提供することが必要である。そこから、理念をもって、我々のラグビーを謳い仲間を増やしていく、スポーツ教育を行なっていくことが必要ではと考えている。
     夢は、例えば、数十年活動を続け1万ポイントを獲得した人には、長年の功績をたたえられて希望のプレイヤーから希望の場所で授与式をしてもらう。私なら、花園ラグビー場で、世界的に活躍し多くのトライをとったであろうコーナー付近で一緒に写真に収まりたい。
     スポーツは決してひとりではできない。多くの人の支えにより始めて、プレイができる。支え支えられるというスポーツの教育ができる。特殊な通貨により、スポーツの心を適切に交換できる。日本特有のスポーツ文化のために、ラグビー界は一旗揚げればどうだろうか!

    投稿: 大松竜二 | 2006年3月 2日 13:54

    リスタートってラグビーらしくてイイですね~。

    ラグビープラネットの飲み屋トークをまたやってほしいですね。今度はラグビーマッドの秋田あたりでうまい地酒を飲みながらなんて。
    内藤兄弟のお父さん(現男鹿工業監督)をゲストにされたら面白いとおもいますよ~。誰も止められないかも。

    投稿: ひなP | 2006年3月 2日 13:09

    泉さんの「芝」に関する発言は大きいですね。
    早稲田出身者として。
    過去二年東洋グリーンとオフィスショウという会社が、芝の育成保守と補修工事を落札しているようですね。サイトからは、東洋グリーンがゴルフ場の芝を取り扱っていることと、秩父宮以外の競技場でも芝の管理を行なっていることが紹介されています。オフィスショウも、NFLへいって実際にグラウンドの芝の勉強し大学時代においてもそちら系の学部?をでて、基礎をしっかり固めた上での仕事といったことが解ります。どちらも、芝に関してはプロと言うことです。(内実はどうか解りません)ラグビー専門のキーパーが日本に存在するのかは疑問です。そんな人がたくさん育つ環境にありませんからね。
    「人災」といえば人災だし、「天災」といえば、天災かもしれません。ケガをした場所は、一番よい状態であったインゴールの青々としたところだったからです。今年は寒波の影響など、相当影響したのでしょう。長く、スタンド脇に雪が残っていましたからね。
    菅平の芝グラウンドなどは、雨が降るとゲーム中ですら使用を禁止されましたからね。それほど芝だけを考えると徹底して管理が必要です。それもどうと思うのですが。
    素人目でも、シーズン中は土日に2-4ゲームあり、中5日でどのように種をまき芽が出ていくのか見当がつきません。寒くて雪が振り芽が出た尻から押さえつけるのですからね。今の社会と同じですね。出る杭は打つ。青田刈りをする。育つはずがありません。
    業者との癒着はある程度仕方ないのでは。というのも小さな社会なので、直ぐに知り合いに突き当たります。知り合いの信頼できる人に頼むほうがよいこともある。ようは、仕事のできだと思いますよ。まともな仕事をするのかどうか。芝は、ゲーム数が多いので、主催者側の責任が多いのでは。
    例えば、現GMの出所と、サイトの運営は同じ所だったね~、そこの運営は以前から協会との関係があったね~、GMの選出にあたって、何かあったのかな~と、すぐに勘ぐってしまいますよ。・・・
    99.03年のW杯時には、相当な金額が「消えたお金」としてあるようですからね。その時の責任を誰もとらずに、今も表と裏で協会内部で生きながらえていうるようですよ。予算で半ばノー審査で、通り、発覚後ももみ消したようですよ。
    今泉さんの発言の大きさは、長らく日本ラグビー界に影響を大きくもっていた早稲田閥への警鐘と捉えることが出来るからですね。後輩が大先輩をうるかもしれませんからね。まあ、今まで自浄作用が働かなかったことに閥の程度がしれますが。今回leakしたことで、過去の多くを精算してほしいですね。メディアにも、いっぱいいるんだよ。早稲田閥が。この人たちが声を挙げたら、大きな力になるんだけどな。若い世代に期待です。
    私は、某民主党の某永田議員みたいに、確証部分がうすく、直ぐに潰されてしまいますので、今泉さんがつかんでいる確証を、他に邪魔されることなく、正しき道に則って公言され、世に問われることを願っております。
    ラグビー狂会みたいなのりは嫌だよ。でも、膿は出さなければなおらないから。「獅子も身中の虫には殺される」ラグビーも殺される。

    投稿: dragon | 2006年3月 2日 13:07

    遅れましたが、
    お誕生日おめでとうございます。
    最近、ブログ読ませていただいています!!

    投稿: senoo | 2006年3月 2日 12:34

    村上さん、1周年おめでとうございます。村上さんのブログを読み始めて、まだ3ヵ月くらいですが、言いたいことがわかりやすい言葉で書かれていて、いつも楽しみに読ませてもらっています。これからもお体に気をつけて、頑張って下さい。

    投稿: きりきり | 2006年3月 2日 12:16

    これからますます楽しみ

      切りのよいところでお誕生日おめでとう。

      世界的にシーズン真っ盛り、JSports3だけ視聴ですが結構録画に追われています。

     これから書ける限度ははあるでしょうが、ピッチ事情、レフェリー事情、ロスタイムで時計が止まる止まらないとい
    った、表裏一体の話を聞かせてください。

      わたしは南アの「モローラ」って芝居をみました、村上さんに見せたかった。

    投稿: 鵜の目 | 2006年3月 2日 11:00

    村上さん、初めまして。
    誕生日おめでとうございます。
    いつも楽しく拝見させて戴いてます。
    ラグプラも最近はかかさず見てますよ。
    「レジェンド」に行かれたんですね。
    グリロケファンなら一度は行ってみたいお店ですが、
    府中在住なのでなかなか行けません。羨ましいです。
    今までは日本ラグビーだけを楽しんできましたが、
    愛好日記の影響もあって、6ネーションズ、スーパー14
    もTV観戦するようになりました。
    これからも楽しい情報や最新情報提供してください。
    2年目も宜しくお願いします。

    投稿: ば~し~ | 2006年3月 2日 09:15

    今泉さんのブログhttp://imakiyo.exblog.jp/で秩父宮の芝生のことが取り上げられています。どれだけ裏が取れているかわかりませんが、ラグビージャーナリストとして、何かコメントはありませんか。

    投稿: tak | 2006年3月 2日 03:12

    我慢できずに、さっそく読んじゃいました(笑)。きのうは、雨の中、取材で駆け回っていたのですね。早稲田と、NECとは両方ともに話題は盛りだくさんだったのでしょう。
    NECの東選手、けっこう好きです。自衛隊時代とからめての話は面白そうだなぁ。放送が楽しみです。
    とても素敵な誕生日だったみたいですね。写真の雰囲気は、とても和やかです。

    投稿: サファイヤ | 2006年3月 2日 02:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8903055

    この記事へのトラックバック一覧です: 愛好日記リスタート。:

    » JAPANサポータージャージ発売!!! [らぐびーあにまる]
    「JAPANと共に戦う」 23番 一緒に応援しましょう!今日3/2から JAPANのサポーター23番ジャージが発売されます。胸の リポビタンD のデザイン をカッコイイというのは極少数派でしょうが、 選手と同じジャージに サポーター番号23番が 着いてい...... [続きを読む]

    受信: 2006年3月 2日 09:42

    » スーパー14 第3週ベスト15 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 第3週のベスト15です。海外のラ [続きを読む]

    受信: 2006年3月 2日 10:48

    » ラグビー(16) [スポーツ・ブログ]
    今日は先日発表されたラグビー日本代表について、思ったことを書いてみたいと思います。まず、フランス合宿のメンバーですが、エリサルドヘッドコーチの「ビジョン」を踏まえてのものだと思うので、ある程度は納得できます。エリサルド氏の発言は次のようなものでした。「フ..... [続きを読む]

    受信: 2006年3月 2日 12:14

    « まる一年。 | トップページ | 黒おたべ »