« シックスネイションズ最終節 | トップページ | ラグプラで一人笑い。 »

シックスネイションズの興奮

chinchouge

庭の沈丁花が咲いている。

ivy

こちらは愛好日記1周年記念にJSPORTSのスタッフのみなさんからいただいた観葉植物アイビー。日記が末永く続くようにというメッセージを込めて鉢植えにしてくれた。デジカメ持ち運び用のポーチもいただいた。コツコツ続けます。ありがとうございました。

この土・日は長時間のデスクワークが必要な仕事を抱えて基本的にパソコンに向かっている。もちろん、土曜の夜はシックスネイションズの解説だった。午後11時半にJSPORTSのスタジオに行って待機。まずはウエールズ対フランス戦の実況解説陣、土居さん、小林深緑郎さん、林雅人さんがスタジオに入る。僕と藤島大さんは、控え室のテレビを見ながらイングランド対アイルランド戦の準備をした。

しかし、試合展開は思わず見入る拮抗したものになった。フランスは勝てば優勝濃厚だったのだが、ウエールズが素速いパスを連続させて果敢に攻める。代行監督のスコット・ジョンソンもタッチライン際に降りてきて指示を出し、ホームでの意地を見せた。前半33分のウエールズCTBラスコムのトライは見事だった。190㎝の巨漢SHフィリップスがブラインドサイドを攻めたのも良かったし、WTBシェーン・ウイリアムズのランニングスキルとタックルされてからのパス。しびれた。しかし、最後は逆転負け。後半登場したFBヘンソンはロングPGを決めはしたが、慎重さを欠くプレーが気になった。後半20分過ぎあたりにウエールズが攻め込んだ時のSHフィリップスのパントもチャンスを潰した。ともにたくさんのミスがあったし、微妙な判定もあったけど、ウエールズが勝つなら、あそこで攻めきるしかなかった。瞬時の判断ミスが勝負を分ける怖いシーンだった。こういった場面で必要なプレーを選択できるのが、真にいい選手なのだと思う。

フランスの優勝がほぼ決まった中でのイングランド対アイルランド戦。しかし、両チーム、そんなモチベーションの低下は微塵も感じなかった。この勝負にかける意気込みにグイと引き込まれた。接点でのボールの奪い合いは息を飲んだ。後半、スクラムやモールでプレッシャーをかけるイングランドの気迫、しつこく守るアイルランド。イングランドのSOグードゥがPGを決め、イングランド3点リードでのインジュリータイム、アイルランドSOオガーラの一か八かのショートパントのバウンドがCTBオドリスコルに入って大幅ゲイン。最後のWTBホーガンの逆転トライはビデオ判定になったが完璧なトライだった。タックルを受けながらよく身体を残してコーナーに右手を伸ばした。日本時間は朝4時を回っていたけど、眠気は完全に吹っ飛んでいた。今大会2勝3敗となったイングランドのアンディ・ロビンソン監督はその手腕に疑問の声があがっているが、勝ち運にも見放されている。監督には運も大切。辞任することになるかな。

優勝はフランスになったが、アイルランドは、ウエールズ、スコットランド、イングランドのホームユニオンを破る「トリプルクラウン」を達成した。いいもの見せてもらいました。家に帰ったら朝5時を回っていた。興奮したのもあって、さすがに疲れた。爆睡。そしてまたパソコンに向かっている。これからしばらくはデスクワークが多くなりそうだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « シックスネイションズ最終節 | トップページ | ラグプラで一人笑い。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いろいろコメントです。
    6ネイション アイルランド見事なトリプルクラウンでした。残り5分の逆転
    見事でした。 今年はどの国も差が少なく面白そうでした。
    自分も質問なんですが、セールのFB
    ロビンソンは代表引退してたのでしょうか?彼のプレーが見られなくて残念です。
     S14 キャッツはクルセーダーズによく善戦しますね。放送楽しみです。
    えっ!フラッタリー… 28歳惜しい引退です。2003年ENG戦のPG忘れません。
    今日のS14放送はAUSダービーどちらに光が差したのでしょうか?

    投稿: ムラーカ | 2006年3月20日 14:46

    ところで、ウイルキンソンはどうなったんでしょうか?
    代表入りは、もうないんでしょうか?
    ちょっと心配です。

    投稿: FL7 | 2006年3月20日 11:54

     優勝したもののフランスは本当に試合ごとに出来不出来の波がありますね。昨年11月にホームで南アを倒しましたけど、来年のW杯本番でまた倒せるかどうかは不透明だと思わざるを得ません。
     同じく4勝1敗のアイルランドも昨年11月にホームでベストメンバーではないオールブラックスに完敗していますし、あと1年半あるとはいえやはり南半球有利は揺るがないのでしょうか。

    投稿: 神戸ファン | 2006年3月20日 00:41

    全早慶、観戦して来ました。
    赤黒のジャージは今期目にして来たものとは違っていてちょっとがっかり。
    しかし、全慶応の気迫とひたむきさには拍手でした。
    この試合の前に早実中と慶応中等部の試合があり、それぞれが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
    この子たちが数年後には大学、社会人、代表と活躍すると思うと頼もしいかぎりです。
    この才能を育てるための環境作りに少しでも力貸せればなぁと思わされた一日でした。

    投稿: 文鳥 | 2006年3月20日 00:29

    私も、フランスVSウェールズ、アイルランドVSイングランド、テレビで見てました~。

    今日の昼間、眠たかったです~(>□<)

    フランスVSウェールズ戦、後半30分くらい、ドキドキしっぱなしでしたね。

    投稿: 七草 | 2006年3月19日 21:50

    家の沈丁花も咲いて、いい香りがします。
    昨夜の6ネイションズは、フランス対ウェールズ戦は観ました。あっさりとフランスが勝負を決めてしまうのかと思ったら、ウェールズは粘りましたね。フランスのFBカスタニェードのプレイを見つつ、サラセンズが来日した時のことを思い出しました。イングランド対アイルランドは、まだ観ていませんが、期待できるゲームですね。楽しみです。
    今日は秩父宮で、全慶早を観戦しました。風が強くて寒かった~。

    投稿: サファイヤ | 2006年3月19日 19:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/9159203

    この記事へのトラックバック一覧です: シックスネイションズの興奮:

    » ラグビーボールは なんで こんな形なの??? [らぐびーあにまる]
    神様 松雄雄治さんの講義を聞く機会に恵まれました。子供の頃の 松雄雄治少年がお父さんに 「なんで ラグビーボールは こんな形をしてるの?」と質問したところ「ラグビーボールっていうのは 一人では 遊べないように出来ているんだ」という答えだったそうです。ラ...... [続きを読む]

    受信: 2006年3月19日 22:16

    » ラグビー(17) [スポーツ・ブログ]
    ここ数日、WBCの盛り上がりはすごいものがあり、ついに昨日の対韓国戦の視聴率は50%超。ラグビー日本代表を愛するものとして、何故野球とラグビーでこのような違いが出てしまうのか、考えさせられました。もちろん、野球とラグビーではこの国でのあり方や歴史が異なり..... [続きを読む]

    受信: 2006年3月20日 14:02

    « シックスネイションズ最終節 | トップページ | ラグプラで一人笑い。 »