« 自信 | トップページ | 梅の花 »

やっと復旧

また休んでしまった。でも、今回は不本意である。ココログのメンテナンスは当初、9日朝10時から午後3時までになっていた。僕がこの時間を忘れていたのが悪かったのだけど、午後からメンテナンスの時間がどんどん延長され、おまけにメンテナンス終了後もログインできない大混雑。そしてまたメンテナンス。9日の昼前アップのつもりが10日の午後になってもログインできない状況だった。かなりイライラした。愛好日記初の愚痴である。しかし、この一年よくこういうことなく連日更新できたなぁ。何度もアクセスしてくれた方、申し訳ありませんでした。

9日は日本代表メディカルチェックの最終日だった。初日に大畑選手がオリンピック選手並みの数値を出していたことは書いたが、2日目に今村雄太選手がナチュラルなパワーを見せていた他、最終日では東芝の吉田朋生選手がスピード、パワーともに高い数字を出したようだ。また、フランス合宿には小野澤選手が負傷で不参加となり、ポジションは違うがトヨタ自動車の北川俊澄選手が参加することになった。

みなさんのコメントにもある通り、秩父宮ラグビー場取り壊しの件は、まだ検討段階のようだが注視していかないといけない。この話はラグビー関係者も寝耳に水だったようで、もし多目的スタジアムになり、日本ラグビーの聖地がなくなるとしたら、ラグビー人気低迷の今、大打撃。危機感をもって対応していかなければ。

少し思い出話を。僕は京都で生まれ育ったので憧れのグラウンドは、旧・西京極球技場や花園ラグビー場だった。高校に入って本格的にラグビーを始めてからは、西京極が目標。あの頃は、全国大会予選の準決勝まで勝ち進むと地元のテレビ局が放送してくれたし、西京極の芝生の上で試合することができた。ただし、当時の京都は伏見工業、花園、同志社、東山と、全国大会で上位を狙えるチームがひしめき合っていたから、僕の高校は予選ではいつもベスト8止まり。西京極ですら夢だから、花園なんて夢のまた夢だったわけだ。

大学に入ると花園が現実的な目標になった。レギュラーになれば花園の第一グラウンドで試合できる。レギュラーになれたら今度は大学選手権を勝ち抜いて国立競技場でやりたい。目標のグラウンドはどんどん大きくなった。就職して東京に出てきたとき、国立競技場を初めて見に行った。なんの試合もやっていない日、競技場だけを見に行ったのだ。ここを目指して頑張ってきたんだと思って感慨深かった。

秩父宮ラグビー場は僕にとってはめちゃくちゃ遠かった。僕らの時代、関西の大学生にとって秩父宮ラグビー場というのはプレーする機会がない場所だった。大学選手権の参加枠は8チームで、関西1、2位は花園、3位は瑞穂と決まっていて、勝てばベスト4で国立競技場だったからだ。秩父宮は、地域代表や日本代表にならなければプレーできないので、とてつもなく高いハードルだった。だからこそ神聖な感じがしていた。こんなふうに誰にだって憧れのグラウンドがある。秩父宮ラグビー場は日本では最も多くのラグビーマンが憧れたグラウンドかもしれない。

戦後、ラグビーを愛する人達が専用グラウンドを作ろうと奔走し、寄付や勤労奉仕によって東京ラグビー場(現・秩父宮ラグビー場)が完成したのは昭和22年のことだ。数々の名勝負が聖地で行われてきた。いつか日本代表のジャージーを着て、ここで世界と戦いたいと思った多くの選手がいた。ずっとラグビーを見続けている人にとっても思い出は尽きないだろう。

そんな大切な場所だから、守りたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 自信 | トップページ | 梅の花 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    はじめてコメントします。私も京都で中学、高校とラグビーをしておりました。京都でのメッカのグランドといえばやっぱり吉祥院グランドでしょうか。中学3年で始めて吉祥院のグランドにファーストジャージを着て立てたときは感激したのを覚えています。そして中学生活最後の試合も雨の吉祥院Gでした。ちょっとレベルの低い話で申し訳ありません。ですがトップレベルでプレーしない大半のラガーマンにもそんなほのかな思い出のあるグランドが皆さんの心の中にあるのでしょうね。いまでもたまに吉祥院に少年達のプレーを見に行きますが、初めて吉祥院Gを訪れて19年の月日の流れの速さを感じるとともにあの日から自分がどれだけ人間として成長できたのか自問自答してしまいます。春になると桜も綺麗なので、村上さんも里帰りついでに、京都の少年たちを見にこられてはいかがですが?きっとあの無我夢中で楕円球を追っかけていたころに一瞬タイムスリップできると思います。

    投稿: へっぽこキッカー | 2006年3月11日 21:10

    今年は母校ワセダの活躍で初めて秩父宮に応援に行きました。いい雰囲気でしたね。
    私は昭和48年鴨沂高校卒です。柔道部でしたが、その頃のラグビー部は部員が確か3人ぐらいしかいませんでした。村上さんの頃にはベスト8だそうで、強くなったんですね。いまや柔道部は跡形もなくなくなって、寂しい思いをしていますが、鴨沂高校のラグビー部は健在なので、応援しなくっちゃ。

    投稿: 佐竹雅弘 | 2006年3月11日 16:27

    アメリカに住んで5年、45歳ラグビー狂の主婦です。
    大学で東京に出てから1人でも通い続けた大好きな秩父宮が無くなるかもしれない事を今初めて知りショックを受けています。
    ここCA州は天国のような住み易さですが毎年シーズンになるとなんとも言えない寂しい気持ちになります。
    昨年息子が単身日本に戻り早稲田の付属校に入学し大学ももっと身近に感じられるようになったし、本帰国もいよいよ秒読みでやっと日本のラグビーに没頭出来ると思っているところなのです。
    存続出来る事を心から心から願っています。

    いつも村上さんのブログで情報収集して熱くなってます。これからも楽しみにしていますね!!

    投稿: おきゃんなおかん | 2006年3月11日 15:22

    そもそも東京でオリンピックなんていりません。嬉しいのは土建屋さんだけです。その上、秩父宮に手を出そうだなんて…。何考えてるんでしょうね、石原さんは。時代錯誤も甚だしいです。今さらオリンピックで東京を世界にアピール?まさか都議会で通ると思っていませんでした。唖然。

    村上さん、たまにはこんな日もありますよ。

    投稿: N山 | 2006年3月10日 23:40

    >何度もアクセスしてくれた方、申し訳ありませんでした。
     謝っていただかなくても、細く長くブログを続けていただきたいので無理だけはしないで下さい。
     秩父宮は「東の聖地」なので、神戸製鋼がマイクロソフトカップか日本選手権の決勝まで進めば神戸から一度見に行きたいな、とずっと思っていますがなかなか実現しません。来シーズンこそ見に行きたいです。
     秩父宮が戦後の物資のない時代に当時のラガーマンが私財まで投げ打って心血を注いで作った経緯を知って文字通り「かけがえのない」のない場所だと思いました。東京の他の場所にどんなに最新鋭のラグビー場を作るとしても当時のラガーマンの「魂」は継承できないと思います。なんとしてでも守らないと。
     あと、これはラグビーに直接関係のないことですけど、東京都民の方は今回のオリンピック招致活動に怒らないといけないと思います。おとといも書きましたけど、2008年に北京でオリンピックがあってヨーロッパの都市を挟んで16年にまた東アジアの都市に来るなんてあり得ません。九分九厘失敗でしょう。明らかに税金の無駄遣いです。
     都議会議員にも常識のある方がいて1964年の招致のときは全会一致で賛成だったそうですが、今回は何人か招致反対の都議会議員がいるとかニュースで聞きました。そういう議員と弁護士と連携して住民運動を展開し東京都の暴走をとめないと都民の血税を文字通り「ドブに捨てる」ことになると思います。

    投稿: 神戸ファン | 2006年3月10日 22:36

    ラグビーファンとしては、なんとしても秩父宮を守らなければ。

    投稿: サファイヤ | 2006年3月10日 22:32

    WC招致の時には巨費を賭けてのリニューアルのはずだったのに
    オリンピックが掛かるといきなりこれですか?
    何が何でも次のWC招致を実現し先にいいの創っちゃわないといけ
    ないですね
    あと、村上さんに紹介いただいた本のレビューTBします。
    今日は清宮さんの購入しました。しばらくはラグビー本に浸かります

    投稿: 瑞穂 | 2006年3月10日 19:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/9017495

    この記事へのトラックバック一覧です: やっと復旧:

    » 「日本を思い、イラクを翔けた」より−1 [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  村上さんの「ラグビー愛好日記」で 紹介された松瀬氏著の題名の本 副題 「ラガー外交官・奥克彦の生涯」を 読み感銘を受けた箇所が沢山ありましたので、 少しずつ紹介したいと思います。 物語は、奥氏の友人、坂本さんの弔辞からはじまる 「奥よ。  聞こえるか。どうしてるねん。そんなところで横になって。  まだ、ハーフタイムじゃないか。  ... [続きを読む]

    受信: 2006年3月10日 19:35

    » 秩父宮を守れ!! [東京ダイヤモンドフットボール]
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000007-yom-spo これを読んだとき正直寝耳に水と言うかまずいと思いましたよ。 携帯の方もいるので内容を書くと、先日都議会で2016年東京で五輪が開催しようと言う案が可決された。そこまでは嬉しい話なのだが・・・・・。どうも秩父宮ラグビー場を取り壊す案が出ているらしいとの事。 一言で言えば「冗談じゃない」って事。秩父宮と言えばラグ�... [続きを読む]

    受信: 2006年3月10日 22:14

    » 東京にオリンピックはいらない [Jante lagen blog ]
    できることなら福岡にお譲りしたい。 2016年オリンピックを東京が招致するらしい。 下記の理由からぜひ辞めて頂きたい。 1.一番腹立たしいのが国立競技場ではキャパが足りないということで秩父宮ラグビー場を解体して新しい競技場を作るとか。 これは絶対許せない。 私の中では、子供の頃から今でも、「ラグビーだけ」をやるための競技場が青山にあることにステイタスを感じている。 2.有明の空き地(埋立地)に選手村を作るとか。 オリンピックが終わったら誰が住むのでしょう? きっと誰か住むのでしょうが・・・ 3.そ... [続きを読む]

    受信: 2006年3月11日 05:30

    « 自信 | トップページ | 梅の花 »