« キャプテンって。 | トップページ | 控え室にて。 »

デフ・ラグビー

kawazu

日本ラグビー協会の事務所脇に咲いていた。早咲きの河津桜かな?

これからラグビープラネットの第2回ラグプラ・アカデミーの公開収録である。その様子をきょうの夜に書こうと思っていたのだけど、よく考えてみると19日の放送日前に書くとみなさんの楽しみがなくなるのだから詳細は書けない。そこで現在編集中(26日放送分)の内容を少し紹介したい。

今年度最後になるラグビープラネットは、デフ・ラグビー(聴覚障害者のラグビー)の特集である。天理で行われた合宿の様子を紹介しつつ、選手や監督の声を聞いている。デフ・ラグビーについては、年末年始の高校ラグビー大会に出場した東海大翔洋スクラムハーフ倉津くんのことで関心をもった方も多いと思う。日本のデフ・ラグビーは、本格的には95年からスタートした。実は、僕が編集長時代のラグマガに掲載された記事から始まった経緯があるので、以来、関心は持っていたのだが、合宿は見たことがなかった。声でのコミュニケーションが大切なラグビーで、聞こえないということはそれだけで非常に難しいと思うのだけど、彼らはしっかり目でコミュニケーションをとる。興味深い内容だし、小さな子供達もやっているので、ぜひご覧ください。

数日前のコメントで、京都の高校生からパスの練習方法の質問があった。左へのスクリューが苦手といくことは、右利きかな? 僕は一人でよくスクリューパスを真上に放り投げていた。誰でもやることだと思うけど、左右の手を換えながら何度も真上に投げ上げる。過去の名選手に聞いたところでは、壁に向かって投げていた人が多い。的を決めて、そこに向かってまっすぐ投げられれば、必ず自分のほうに跳ね返ってくるようになる。僕らの頃は、スクリューパスも受け手がキャッチしやすいように先端が少し上を向いた状態で投げるように指導されたものだが、パスの距離とスピードが重要視される現代ラグビーでは、長いスクリューパスはロケットのように先端がターゲットに向かって飛んでいる。僕の経験だけで言うと、左へのパスなら、右手でボールを下に押さえ込むように回転をつけるとスピードあるボールが投げられる。

文字では説明しにくいっすね。とにかく常にボールを触っていることが大事。神戸製鋼の後藤翔太選手は家に帰ってもずっとボールに触れていると聞いた。頑張ってください。 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « キャプテンって。 | トップページ | 控え室にて。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    記事と関係のないコメントで申し訳ないのですが、四宮選手ってまた南アに行かれたんですかね?ブログにブルー・ブルズでプレーしているという旨が記載されHPがオープンしていました。ということはワールドは退社??とりあえず頑張って欲しいですね!!マットフィールドとかハバナとプレーする姿が見たい!!

    投稿: ジョー | 2006年3月16日 10:21

     昨日はありがとうございました。
    息子たちも予想とおりの選手、監督がいらっしゃって大満足でした。
    将来 
     「あの監督の下でプレーしたい。」
    そうです。子供が憧れを抱く監督ってやっぱり凄いと思います。選手時代をビデオでしか観ていないのですから。
     J-sportsでラグビー講習会とかイベントをやっていただけたら最高だと思うのですが。 

    投稿: マヌーサモア | 2006年3月16日 08:17

    数日前の佐藤剛選手の画像、私のブログで使わせてもらいました。良かったら遊びに来て下さい。

    投稿: はり | 2006年3月16日 06:54

    アカデミー収録楽しかったです。
    最終の新幹線で帰ってきました。

    自分で投票しておいて(新人賞、助演賞)”まじっすかぁ??”という結果でしたが、写真も撮れたので大満足です。村上さんと矢野さんもかっこよくて、ちょっとどきどきしてしまいました(笑)。あの部屋素敵ですね。テストマッチをするとああいう盾?を交換するのでしょうか。

    ところで村上さん、ラグビー場の芝生ってどうやって維持するのですか?家の庭だったりするとシートを植えますが。

    投稿: ”お” | 2006年3月16日 00:54

    ラグプラアカデミー行ってきました。
    受賞者はほぼ私の予想どおりでした。とても楽しかったです。
    ラグビーのイベントがもっとあるといいのに・・・。

    投稿: さちこ | 2006年3月15日 23:25

    ボールかあ、ラガーマンにはそんな世界があるんですね。
    僕も倉津君のことは注目していました。倉津君は難聴というハンディがあるようですが、難聴というのは手話のボランティアをしていた母の話によると、完全に耳が聞こえない状態の人とも普通に耳が聞こえるひとにもどちらにも属せず、結構辛い思いをされる人が多いようです。その中で仲間でそんなものは大した問題ではないかのようにプレイしていたんですから、ラグビーってすごいなっておもいます。倉津君のデフラグビーの活躍が楽しみです

    投稿: スメルジャコフ | 2006年3月15日 19:18

    スクリューパス、そうですね。僕も、パスを受ける相手や、距離・スピードでボールの角度を変えています。一人飛ばし程度で、受けてがトップスピードで入ってくるようなときには、限りなく縦に近いパスを投げます。ワイドに振ることを目的とするときには、ボールを横に傾けて思いっきりスピードをつけて放ります。参考にしてみてください。

    投稿: tak | 2006年3月15日 18:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/9101454

    この記事へのトラックバック一覧です: デフ・ラグビー:

    » 「第2回 ラグビープラネットアカデミーアウォード」公開収録に行く。 [ココロミ]
    昨年に続き、今年も J SPORTSの『ラグビープラネットアカデミーアウォード』公開収録に行ってしまいました。今回は、いつも一緒のAさんは当たらなかったので、1人だったのですが、なんと、このブログにコメントをくださる○○さんに、「サファイヤさん?」と声を掛けられて、びっくり。偶然にも、お隣の席でした。こんなことってあるんですねー。ご一緒できて楽しかったですよ! さて、収録は19時から秩父宮のクラブハウスで行われました。やはり楽しい!シーズン最後はこれで閉めなきゃねー。各賞の前には、ノミネートされた選... [続きを読む]

    受信: 2006年3月15日 23:35

    « キャプテンって。 | トップページ | 控え室にて。 »