« ジャパン勝利 | トップページ | グルジア戦スコッド »

名古屋のイベント報告

遅くなってしまったが、土曜日に名古屋で開催された「J-RUGトークイベント」のことを書きたい。ゲストは、トヨタ自動車ヴェルブリッツの廣瀬佳司、麻田一平、内藤慎平の3選手。たっぷり2時間のイベントは、トークあり、実演ありで盛りだくさんの内容になった。終了後は、3選手のサイン会&写真撮影会。参加してくれた地元・明和高校、三重県からやってきてくれた四日市農芸高校も、エナメルバッグなどにサインしてもらっていた。写真は、すべて終了して、ほっとして出演者で撮影したもの。麻田選手も、愛好日記を読んでくれているようだった。嬉しいね。

Toyota

イベントは、吹上駅至近の「ちくさ座」で6時半からキックオフ。まずは、廣瀬選手が日本代表辞退の気持ちを語った。「2007年に自分がワールドカップでプレーするイメージがわかない」というのは、プレスリリースでも流れたが「今のラグビーはスタンドオフに求められるものが、どんどん変わっている。日本代表はもっとスケールの大きな選手にやってもらいたい」と語った。ワールドカップ3回出場の名SOの言葉は重い。廣瀬選手は、自分の日本代表キャップとトップリーグの得点王、ベストキッカー賞の盾も持参し、参加者に手にとってもらったり、プレースキックのけり方を軸足の数センチのこだわりまで話してくれたり、大サービス。最近、自宅にキャップや海外のチームと交換したバッヂなどを陳列する場所を作ったことなども明かした。

麻田選手も内藤選手も、自分の体験を優しく話してくれたのだが、大阪工大高の出身の麻田選手は、高校の大先輩である元木由記雄選手直伝の「元木パス」という練習を披露し、素早くパスを放るための方法を高校生たちに実際に指導。内藤選手もラグビーの試合で実際に起きることを想定した個人練習を実演してくれた。内藤選手も柔道経験者で、あの足腰の強さはそのへんからきているようだ。SHをしている高校生にパスをしてもらったら、けっこう上手でアドバイスがなかったり、いきなりダイビングパスする子がいたりと、実演コーナーは進行役の僕としても楽しかった。トークは細かいところまで行き、疲労回復のために試合後30分以内に炭水化物をとったり、冷水と温水に交互に浸かることや、すごい外国人選手は誰かなど、興味深い話もいっぱいあった。

廣瀬選手に「日本人選手で凄いのは誰?」と聞くと「大畑大介」と答え、京都産業大学時代、連日の早朝練習で後輩にあたる大畑選手とコンビでウエイトトレーニングを続けたエピソードを披露。「1年目はひ弱だったのに、どんどん逞しくなった。最後はこっちが息切れして。だから大畑大介を育てたのは僕です」と笑顔で語った。失礼ながら、意外なほどよく話してくれた。しゃべりに自信をつけた廣瀬選手というのは、イメージわかないなぁ(笑)。

そういえば、麻田選手がこんなことも。「日本代表スコッドが発表されて、エリサルド・ヘッドコーチが、『95%はこのメンバーでW杯に行きたい』と言っていたとか。僕と内藤と難波さんで、その5%を目指そうということで、【チーム5%】を結成したんです」。多くの選手が真剣に日本代表を目指しているのはいいことだ。

3選手、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

◎トークイベント情報
名古屋のイベントは無事終了しましたが、僕の関わるトークイベントはまだまだあります。
5月28日、神戸では神戸製鋼の増保監督とトークライブをやります。詳細、お申し込みはコチラまで。
6月3日は京都です。元・啓光学園の監督として常勝チームを築いた現・龍谷大学監督記虎敏和さんが書き下ろした「常勝の理由 紅蓮たれ」の出版記念講演会が開催されます(龍谷大学深草学舎にて、14:00~16:00)。申し込み方法など詳細は、25日発売のラグビーマガジン6月号P.140で告知されます。第一部では記虎さんが「指導者としての挫折と栄光」を、第二部では編集を担当した僕とラグマガの田村編集長も参加して、「ラグビーを通じた人間教育と日本ラグビー界のこれから」について語ります。常勝の理由って、聞いてみたいですよね?


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジャパン勝利 | トップページ | グルジア戦スコッド »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     J-RUGトークイベントin名古屋にお越し頂きました皆様、出演をして下さった選手の皆様、そして進行役を務めて下さった村上さん誠に有難うございました。又、ご協力を頂いた方々と皆様からのご支援があって開催する事が出来ましたことを心より感謝いたしております。この場をお借りしてお礼申し上げます。有難うございました。
     今後の開催も皆様と一緒に企画をしたいと考えておりますのでどしどしご意見をお聞かせ下さい。お待ち致しております。

    投稿: J-RUG事務局 | 2006年4月25日 01:56

    スーパー14。全勝対全敗対決。ほんと今シーズンで一番ドキドキした試合でした。

    後半最後のあれはトライでしょ~?ビデオジャッジ厳しすぎ!

    鬼強のクルセーダーズに土をつけるのがあのフォースか!?あの満員のファンと一緒に一喜一憂してました^^;

    でもあそこから追いついてしまうのがクルセーダーズの強さなのかな・・・。
    西部の魂に熱くなりました!!

    投稿: わらびー | 2006年4月24日 22:43

    お久しぶりでございました(笑)。同じく、名古屋まで足を運んでいただきありがとうございました。

    トークイベント、お疲れ様でした。スタッフ&選手&足を運ばれた皆様もお疲れ様でした。

    あっという間の内容&イベント終了後?のお話、大変楽しかったし、勉強になりました。

    ファンとしては、これからもコツコツと足を運んで応援していきます☆。この積み重ねの花が咲く時が、いつか来ると信じてますので(笑)。

    これからも頑張りましょう~♪

    投稿: 1号@オデコ | 2006年4月24日 22:02

    村上さん、名古屋までお越しいただきありがとうございました。
    私、友人と図々しく居座り来場者では最後に会場を後にしましたが(笑)。
    2時間があっという間に過ぎ、地元のトヨタファンには嬉しい内容でした。

    昨季終盤はやらかしてしまった我が軍ですが、今季こそは98年度の全国社会人大会以来のタイトルを奪取して欲しいものです。

    投稿: クロゴマ | 2006年4月24日 20:40

    「95%はこのメンバーでW杯に行きたい」
    んー、まだ決めるのは早い気がしますけどね
    特に、接点の強さを持つ選手、例えば
    三洋のバファホラウ選手などにも期待したいし
    FB候補の五郎丸、有賀両選手
    キックが魅力のSOの森田選手
    ベテランではまだまだいける蓑内選手など
    5%と言わず50%位は可能性があると
    思いますがいかがでしょうか

    投稿: 瑞穂 | 2006年4月24日 19:34

    名古屋トークイベントで、最前列でサッカーよりもラグビー・・・・と質問した女の人の隣にいたのが、私です。ラインアウトに関する内容は、思った通りでした。

    投稿: Y | 2006年4月24日 18:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/9741056

    この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋のイベント報告:

    » ジャパン、最終予選へ [RIKIMARUBLOG]
    アラビアンガルフと韓国に勝って ジャパンがアジア最終予選へコマを進めた。 二試合 [続きを読む]

    受信: 2006年4月25日 00:32

    » 廣瀬選手代表引退に思う [体脂肪マン的個人日記]
    京産大の頃から廣瀬選手を知っている私にとっては、2007年に4度W杯のピッチに立つことを目指して欲しかった。 が、本人が『イメージできない。』と言っているのだから、きっとそういうことなんだろう。 代表は引退してもトップリーグではまだまだ頑張ってもらいたい。 早稲田に負けたのが最後の試合だと寂しすぎる。... [続きを読む]

    受信: 2006年4月25日 23:17

    » 人気の無料レポートで年収8倍! [年収8倍化計画]
    失礼します、私の成功した投資法の無料レポートを見て下さい。 [続きを読む]

    受信: 2006年5月 7日 06:28

    « ジャパン勝利 | トップページ | グルジア戦スコッド »