« ワールドユース番外編 | トップページ | グルジア戦の日本A »

愛好日記トークライブ 2

ワールドユース大会が終了した夜、東京に戻った。そして、翌日の夜は【第2回愛好日記トークライブ】を開催した。今回も楽しい会になった。参加者のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

Page22

5月6日、午後5時より三鷹駅近くの文鳥舎にて。今回のゲストは、ラグビー博士の小林深緑郎さんである。今回も満席。深緑郎さんの底知れぬ知識に驚いたり、笑ったりの濃い~2時間のトークはあっという間に終了した。僕は、時折突っ込みを入れる程度で、ひたすら聞き役に徹していた。深緑郎さんと初めて会ったのは、1987年のワールドカップの後だったかなぁ。僕がラグマガ編集部の新入社員の頃だったと思う。以前、ラグマガにワールドニュースを寄稿されていた宮原さんという東大ラグビー部OBの方に紹介された。小林さんもこの頃からラグビーの研究に没頭していくのだが、今回のトークライブでは、海外の新聞各種を読み、短波ラジオを聴き、海外へ出向いてさらに知識を深めていく様子を、例の独特のリズムでゆったりと話してくれた。

Page21

深緑郎さんとは、長い付き合いなので彼の持っているエピソードはたいてい知っているつもりだったが、2時間もたっぷり聞いたのは新鮮だった。南アやアルゼンチンの話はけっこう長い時間を割いたのだけど、そのまま2時間いっぱいしゃべっちゃうのではないかと思えるほど、いくらでも話が出てきた。とめました。かないません、深緑郎さんには。

Page23

今回も四日市農芸高校の下村監督が教え子である関東学院大学2年の吉田高大選手(SO)を伴って来てくれた。吉田選手は、今村雄太先輩と対戦したいから関東学院に進学したらしく、今年レギュラーにならなければ戦えないから頑張る、と話していた。トークのあとは懇親会。スポーツジャーナリストの生島淳さんが来てくれたり、後半は藤島大さんも合流してくれて、参加者のみなさんとの会話も弾んだ。

愛好日記トークライブ版の2回目も無事終了できた。これからも「ラグビー好き」を増やすイベントとしてコツコツ続けます。次回は、7月9日を予定。申し込み開始日など、詳細は改めてお伝えします。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ワールドユース番外編 | トップページ | グルジア戦の日本A »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    先日はとても楽しい時間を過ごす事ができ、トークライブに参加できて嬉しかったです。ありがとうございました。
    「お約束」が実現する事を祈っております(笑)

    投稿: 友人 | 2006年5月 8日 18:31

    深緑郎さんの話は、濃かったです。あのしゃべりを仕切れるのは、村上さんしかいませんね~(笑)。

    投稿: サファイヤ | 2006年5月 8日 17:02

    盛会で何よりでした。ゲストが変わると微妙に雰囲気が違ってくるのも面白かったです。今回も懇親会には参加せず帰りましたので、心残りが一点有ります。有耶無耶になってしまった部分の回答はその後あったのでしょうか?最後の方でジャパンについて思うところを話された中で「一人足りないでしょう、皆さんもおわかりでしょうが、後で話しますけど・・」
    おおよそこんな内容だったと思いますが、結局語られずじまいだったので・・、もし懇親会でこの点について語られていたならお教え下さい。又、後になってから質問しておけばよかった、と反省しきり、次回にと思いますがキャパからすると参加自体が困難になるのかな・・、懇親会に出ないと・・、余計なことも考えてしまいます。

    投稿: kamehoo | 2006年5月 8日 07:32

    こんにちは!!いつも楽しく見させていただいています。ブログのネタに全く関係ない質問で恐縮なのですが、当方、現在大学二回生でオーストラリアに語学留学しようと思っています。語学留学するだけでは、時間がもったいないと思い、アーストラリア協会のコーチングライセンスを取得できればいいなと思っています。もちろんそんなに甘いものではないとわかっていますが、クリニックを受講するだけでもいいんですが、オーストラリア全土でコーチングのクリニックなどは行われているのでしょうか??稚拙な文章になって申し訳ないのですがわかる範囲で回答よろしくお願いします

    投稿: はやと | 2006年5月 7日 23:01

    村上さん、トークライブ&6日間連続(?)宴会お疲れ様でした。
    深緑郎さんのトークをじっくり聴けてとても有意義な時間でした。いつもはクールな深緑郎さんのラグビーに対する熱い思いが伝わりました。今回のラグビー紀行南ア編・南米編に続いて、欧州編・アジア編・オセアニア編も楽しみにしていますので、是非ともまた深緑郎さんゲストの会を開催して下さい。
    トークライブ後の懇親会でもファンの皆さんの熱さを体感してとても有意義な時間を過ごす事が出来ました。次回以降も楽しみにしています!

    投稿: 軍曹 | 2006年5月 7日 19:44

    今朝から村上さんのブログが携帯で見れなくなりました…
    何かあったんですかね?

    投稿: はり | 2006年5月 7日 19:21

    こんにちは。
    三鷹 文鳥舎です。

    村上さん、深緑郎さん昨夜はお疲れさまでした。
    そして、たくさんのご来場ありがとうございました。
    お愉しみいただけましたでしょうか?
    おかげさまで【愛好日記Page.2】無事に終えることができました。
    これからも「ラグビー愛」が広がるよう村上さん、ゲストのかた、みなさまのお力をお貸しくださいね。

    次回は7月9日(日)15:00キックオフ
    お待ちしております。

    投稿: 文鳥舎 | 2006年5月 7日 14:00

    こんにちは。楽しいライブでした。秩父宮で大学セブンズを観て移動したため、朝9時から夜中までラグビー漬けの一日でした!生島淳さんがゲストでトークされることも希望します。楽しみにしています!
    当方の記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年5月 7日 13:47

    帰り際にフルバックネタを伝授していただいたKAZUOです。

    今回は楽しい時間をありがとうございました。
    深緑朗さんの知識には驚かされるばかりです。
    次回もぜひ参加したいと思います。

    投稿: KAZUO | 2006年5月 7日 13:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/9940146

    この記事へのトラックバック一覧です: 愛好日記トークライブ 2:

    » 村上晃一 ラグビー愛好日記 page.2 [徒然なるKAZUOの日常]
    念願だった、村上晃一さんのトークライブに行ってきました。会場は三鷹の「文鳥舎」でした。村上晃一さんとはラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。8...... [続きを読む]

    受信: 2006年5月 7日 13:02

    » 村上晃一氏 ラグビー愛好日記LIVE page.2 に参加 [SANDA]
    === 村上晃一氏 ラグビー愛好日記LIVE page.2 === 第8回東日本大学セブンス(SANDA記事はhttp://blogs.yahoo.co.jp/t_tnk_2/33785672.html) を途中まで観戦し、真っ赤に日焼けした体を 三鷹の駅へ運んだ。 この日のLIVEの連れに三鷹駅で会ったときに   「ビール飲んできたの?」  と、聞かれるほど顔も真っ赤に焼けていました。   会場の文鳥舎さんには一番乗りについてしまった。   この真っ赤な日焼..... [続きを読む]

    受信: 2006年5月 7日 13:40

    » 第8回東日本大学セブンズ観戦記〜早稲田大学を中心に〜 [SANDA]
     朝6時前に起床して、いざ秩父宮へ・・・  GW唯一のラグビー観戦である。  それにしても、我等が早稲田が朝一(KO8:50)の試合とはまいった・・・  しかしながら、セブンといえばこの時間がいつも第1試合ですからね  さて、観戦採録である(早稲田戦のみです。他校は結果のみ) === 第1試合 早稲田大学 対 帝京大学 ===  早稲田スターティングメンバー   豊田、若野、茂木、三井、谷口、今村、菅野  これって、勝ちにいくメンバーですよ!  前半2分 今..... [続きを読む]

    受信: 2006年5月 7日 13:48

    » 今週から JAPAN 対 世界!!!  [らぐびーあにまる]
    GW 終わっちゃいましたね〜〜〜特に 何をした訳でもなく 両方の実家へ行って ジジとババ達と 会って おしまいでした。ジジ ババは喜ぶし 子供は喜ぶし いとこ は喜ぶし 親は 金がかからないし、一番 いいですね・・・さて いよいよ アジアを無難に勝った...... [続きを読む]

    受信: 2006年5月 7日 22:39

    » 奇跡のラグビーマン・村田亙−1 [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  これはいまだなお第一線で現役を続ける一ラグビー選手の実話である 2003年7月8日、村田亙は競技生活のゴールラインに決めていたワールドカップは3ヵ月後に迫っていた。その時運命の携帯が鳴った「宿沢だけど」ラグビー日本代表の最高責任者からの電話であった「実は明日、ワールドカップのメンバーを発表するんだけど」いつもと別人のようにゆっくりと語った「申し訳ない... [続きを読む]

    受信: 2006年5月 8日 06:29

    « ワールドユース番外編 | トップページ | グルジア戦の日本A »