« 大畑選手、おめでとう。 | トップページ | スーパー14・プレイオフ »

薔薇が咲き始めた

Baraaka

月曜日の東京は快晴。庭の赤い薔薇が一気に開き、白い薔薇もまもなく満開の気配だ。

Sirobara

IRB(国際ラグビーボード)のウェブサイトに大畑選手の世界記録のことが書かれているのは嬉しいなぁ。アジア大会のタイ戦などノンキャップ国際試合のトライ数も含めれば計86だとか、細かいことも書いてくれている。

きょうは一日中、原稿書きの日だった。ずっとパソコンに向かっていたら、プレスリリースがいくつか流れてきた。まずは、6月初旬から始まる「パシィック・ファイブ・ネーションズ」の日本での試合が、株式会社東芝の冠大会となり、「IRBパシフィック ファイブ ネーションズ TOSHIBA ジャパンラウンド(IRB Pacific Five Nations TOSHIBA JAPAN ROUND)」と改称されたとの報告。これで少しでも露出が増えてくれればいいけれど。

続いて、リコーブラックラムズの新体制のリリースも。監督は、2001年に引退した佐藤寿晃氏が就任。キャプテンも伊藤鐘史選手に代わった。副将は金澤良選手と田沼広之選手。FWコーチは昨年までのグレン・パノホ氏に加えて、残念ながら引退が決まった佐藤友重氏。注目はBKコーチのピーター・ミューラー氏。ミューラーとなっているので一瞬分からなかったのだが、元南アフリカ代表CTBでJSPORTSやラグマガではムラーと呼んでいた選手である。現役時代は、190㎝、90㎏のパワフルな選手だった。どんな指導を見せるかな。代表33キャップ。

そして、最後にデフラグビー情報。数日前に、5月21日の関西ラグビーまつり(花園ラグビー場)のことをご紹介したのだが、そのなかで、デフラグビー10周年記念試合が行われ、お客さんに【ホイッスル・ボード】が配られることになったことをお伝えした(第2グラウンド、12:30キックオフ)。レフリーの笛が鳴ったら、観客がボードを掲げて選手達に知らせるのである。この試合に、昨季の全国高校大会の東海大翔洋のSHとして出場した倉津君も出場することが決まった。写真は、昨年の花園1回戦の土佐塾戦と、テレビの取材にホワイトボードを使って対応する様子(写真提供:長田耕治氏)。

Kuratu

Inter

倉津君は、日本福祉大学にこの春入学、体育会ラグビー部入部して4月には紅白戦にもSHで出場したとのこと。コーチいわく「今すぐにでも使いたい」。また、大学の手話サークルに入って、楽しく学生生活を送っているようだ。ホイッスル・ボードを掲げて、倉津君はじめ、デフラグビーの選手達を応援してみてはどうだろう。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大畑選手、おめでとう。 | トップページ | スーパー14・プレイオフ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    デフラグビー、ぜひ体験してみたいです。今後に開催予定がありましたらお知らせくださると嬉しいです。

    投稿: 友人 | 2006年5月16日 14:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10084211

    この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇が咲き始めた:

    » いよいよ 世界レベル まず6/4トンガ戦 [らぐびーあにまる]
    対 グルジア(英語読みでは ジョージアらしいですね・・・)戦を TVで見ました。32-7 の結果は 知っていたので 安心して見てました、が・・・1対1で負けてますね、接点で 押し込まれちゃって正直 相手が あまりレベルが高くないのと コンディションが悪かっ...... [続きを読む]

    受信: 2006年5月16日 09:32

    » ホイッスルボード [さっかんの小部屋]
    5月21日に花園で「関西ラグビーまつり」が行われます。 そこで配る,「ホイッスルボード」ができてきました。上の絵がそれです。 この「ホイッスルボード」は観客が持つもので,レフリーの笛がなるたびに上にかかげ,選手に笛が鳴ったことを知らせるものです。 2002年のジャパンセブンスで使っている写真です。 ホイッスルボードを掲げる人たち(写真:長田耕冶) みなさんも,ぜひぜひ,この「ホイッスルボー�... [続きを読む]

    受信: 2006年5月16日 18:43

    « 大畑選手、おめでとう。 | トップページ | スーパー14・プレイオフ »