« スコット・ヤングさん引退 | トップページ | トップリーグ日程発表 »

危機感

日曜日に行われたオーストラリア代表対イングランド代表の試合をようやく録画で見ることができた。結果を知っての観戦だが、ともに課題を克服しようとする姿勢がいい。オーストラリアは、FWの強さを取り戻そうとしているし、イングランドもボールをできるかぎり動かそうとしていた。イングランドWTBバーンデルのランニングスキルの高さは今後も注目である。グレーガンがインゴールでのタックルでボールをグラウンディングさせなかった場面は圧巻。後半、ラスボーンの大幅ゲインからのトライも見事。オーストラリアはフロントローを一気に若返らせた。初キャップの巨漢PRロドニー・ブレイクもいいデビュー戦になった。最終的には、34-3でオーストラリアが勝った。

両チームともディフェンス面では本当によく前に出る。今流行のラッシュアップである。日本代表に照らして言えば、このプレッシャーのかけあいのなかで、ボールをつながなければ世界のトップ10に入ることはできない。日本代表がアジア予選を1位通過すれば、オーストラリア代表とも戦わなければいけないのだ。この相手に勝つ、あるいは拮抗した勝負をするために、日本代表はいかに戦うのか、そこから考えなければいけないし、そうあってほしいと思う。

本日、日本代表はNZへ出発した。ここにきて浅野良太選手がイタリア戦の負傷(左手の指)によって遠征に参加できなくなり、三洋電機ワイルドナイツのフィリップ・オライリー選手が加入することになった。オライリー選手は、昨春の不祥事以降、代表活動から一年間の謹慎処分を受けており、今年の代表スコッドにも入っていなかったが、一年が経過したことと浅野選手の負傷により急遽参戦ということになったようだ。

箕内、大畑、浅野とリーダー格の選手が次々に戦線離脱している今回のNZ遠征は、相当な危機感を持って臨まなければならない。2004年の欧州遠征の際、スコットランドに100点を奪われて敗れたことは、明らかにW杯招致活動にはマイナスに働いた。若手を試しているなどということはテストマッチでは言い訳にはならない。大敗した時点で国際的評価は地に堕ちる。今回も同じようなことが起きれば、パシフィックファイブネイションズに日本が参加していることにすら疑問符が付くし、2015年のW杯招致などと言っていられなくなる。たとえ敗れるにしても、僅差で食らいつき、評価されるに値するチームでいなければ。選手たちの頑張りだけでは限界がある。コーチ陣が選手が力を出し切れる方向に導いてほしい。

僕もサモア戦とジュニア・オールブラックス戦は現地で見てこようと思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スコット・ヤングさん引退 | トップページ | トップリーグ日程発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    先日、サンタクララでNZマオリ vs USAの試合を見る機会がありました。試合は74-6で一方的にNZマオリの勝利となりました。肉体的にはNZ以上の大型選手のいるUSAに対する、マオリ選手のタックル、特にここぞというときの突き刺さるような低いタックル、みぞおちに食い込むような仰向けに倒すタックルはまさに圧巻でした。USAとの最大の差はまさにディフェンスにありました。ナショナルチームでないNZマオリでさえ、ここまで胸を熱くするようなディフェンスをすることにNZの凄さを感じた試合でした。これだけ層が厚いとオールブラックスの選手もうかうかできません。日本も佐々木選手をキャプテンとし若手も含めて日本Aの強化を本格的に始めれば、日本代表選手との競争もより激しくなり、良い相乗効果を生むと思うのですがいかがでしょうか?

    投稿: アメリカ在住 | 2006年6月15日 11:48

    南半球のチームで導入され始め、南アではチームの特徴と言えるほど特に積極的に取組まれているラッシュアップを日本ももっと活用すべきです。
    数値で見るフォワードの体格差はかなり縮まってきたものの、バックスではまだまだ差があります。
    バックスの体格差がある日本こそラッシュアップを激しくかけて、相手バックスにスピードがつく前に、ゲインラインの前で止めるべきです。
    先日のイタリア戦もそうだし、少し前ですとスコットランドに100点取られたときなど、特にバックスのプレッシャーのかけかたが中途半場だったので、「鮮やかなほど」きれいに抜かれ、パスを通されていたと思います。

    それともうひとつ、ゲームを見る限りチームとしての決め事が浸透しきっていないように感じます。スーパー14や海外のテストマッチがスピーディーに感じるのは、個人のスキルが高いだけでなく、チームの決め事がしっかり守られているために、各プレーヤーが迷いなく次やその次のフェーズの用意が出来るからだと思います。

    弱い者がどうすれば強い者に対して、どうすれば力を発揮できるかという発想ではなく、「強い者に力を発揮させないためにはどうすればよいか」という視点で、チームコンセプトとゲームプランを組み立てて欲しいと思います。

    Jスポーツで見ましたが、ジュニアオールブラックスは強いです。オールブラックスとやっても、結構いいゲームになると思います。
    イタリア戦のようなディフェンスでは、(少し大袈裟かもしれませんが)150点を超える歴史的大敗をするかもしれないと個人的には思っています。
    フランス人は勝敗が見えてくると、結構シフトダウンしたゲームをしますが、ニュージーランド人は決して最後まで手を抜かず、完膚なきまで相手を叩きのめす厳しさがあるので、今のままでは非常に心配です。

    投稿: ナオキ | 2006年6月14日 18:32

    毎日読ませてもらっています。
    本当におっしゃるとおりです。気の無いゲームだけはして欲しくありません。選手の皆さんは一生懸命であると信じています。コーチ、スタッフの皆さん、選手はジャパンなんです。心を込めて一生懸命頑張れるよう導いてくれる様、切に願っています。

    投稿: 名も無き中年ラガー | 2006年6月14日 14:35

    NZからの レポート 期待しています。 でも 期待できる内容になるかな・・・・・ 

    投稿: さんぼ | 2006年6月14日 07:09

    ジャパン本当に試練の五連戦になりましたね。
    あの欧州遠征だけは二度と見たくない。
    なんとか食らいついていってほしい。イタリアが6ネイションズで揉まれて強くなったようにP5Nで揉まれることに意義があるのに、その前に参加できなくなることだけはなんとか・・。
    それにしても南アのポールセ。久しぶりに見たら頭がプチボンバーヘッドになってたのがかわいかった♪
    ランは相変わらずさすがでしたが。
    これでハバナが戻ったら、モンゴメリー・ポールセ・ハバナの夢のバックスリーが復活ですね♪楽しみ☆

    投稿: ターボ | 2006年6月13日 20:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10508696

    この記事へのトラックバック一覧です: 危機感:

    » 2ND テスト NZ 対 アイルランド メンバー発表! [らぐびーあにまる]
    国内の 暗い問題より NZ 対 アイルランドのテストマッチですねもうメンバーが 発表されています。早いですよね・・・ファンも いろいろ楽しめます。ClarkeDermodyKevenMealamuCarlHaymanChrisJackTroyFlavellJeromeKainoRichieMcCaw(Captain)RodneySo’oialoByron...... [続きを読む]

    受信: 2006年6月14日 15:47

    » オーストラリア往復航空券が当たる! [future13のいつかは海辺で暮らしたい]
    オーストラリア往復航空券が当たる!主催:オーストラリア政府観光局 [続きを読む]

    受信: 2006年6月29日 08:31

    « スコット・ヤングさん引退 | トップページ | トップリーグ日程発表 »