« ニュープリマスの朝 | トップページ | アンガス »

クライストチャーチより

Charchi

日本代表は、きょうの夕方ダニーデンに入る。僕は、いくつか取材したいことがあってクライストチャーチにいる。こちらでの天気も雨が降ったり止んだりで、すっきりしない。冷たい空気は日本の真冬のようだ。数日前には街中でも雪が降ったとのこと。僕は8回ほどクライストチャーチに来ているのだけど街中で雪が降っているのは見たことがない。雪で学校も休みになったそうだ。ダニーデンはさらに寒いらしい。

テレビでは、SKY SPORTSだけでなく、日本のNHKにあたるTV ONEなどでも盛んにサッカーのワールドカップが放送されているので、日本の試合も見ることができる。コマーシャルにオールブラックスの選手やOBがしきりに登場するのはさすがラグビー王国だが。パシフィックファイブネイションズの放送告知も何度もあり、土曜日のジュニア・オールブラックス対日本代表の放送時間が宣伝されている。新聞に目を通すと、フィジーがイタリアに勝ち、アルゼンチンがウエールズに連勝、また、NZマオリ(先住民族マオリの血を引く選手で構成されるNZ代表)がスコットランドAに快勝して、カナダ、アメリカ、アイルランドA、イングランド・サクソンズ(A代表に相当)が参加して行われていたチャーチルカップで優勝を飾った。こうした実力の接近した大会、試合を奨励するIRB(国際ラグビーボード)の方針によって、各国の強化は急ピッチで進んでいる。日本もW杯で2勝、世界トップ10入りを目指すなら、ついていかなければ。パシフィックファイブネイションズ、チャーチルカップあたりの仲間に入っていないと、今後のレベルアップは難しくなる。強化策の検証も、このレベルと互角に戦えることを念頭にしてもらいたいと思う。

Umi3

少し時間ができたので、ニューブライトンという海辺の街に行ってみた。最近は、この桟橋が名物になっているようだ。砂浜は果てしなく続いている。NZの主要な都市はほとんど海に面しているのだが、こうしてビーチを眺めていると夏にもNZに来てみたくなってくる。僕は、1986年に大阪体育大学のNZ遠征に参加したとき、この街で試合をしたことがある。迎えてくれたチームのみなさんが優しくて感動した。クライストチャーチに来ると、あのころのことをたくさん思い出す。あれから20年かぁ。

Umi2

そして今、この素晴らしい景色を一緒に見ているのは小林深緑郎さんである。今回のNZでは、最初から最後まで深緑郎さんとべったり一緒だ。実は、このブログでもご紹介したJSPORTSのNZツアーは、最少催行人数に満たずに成立しなかった。参加を希望していただいた方、申し訳ありませんでした。ということで、今回はツアーの仕事ではなく、2人旅ということになった。NZでは、ゆったりと時間が流れているので、ついのんびりしてしまうが、日本代表以外にも、この国のラグビーのことを取材して、解説などに生かしたいと思っている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ニュープリマスの朝 | トップページ | アンガス »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ボーイズハイに来てみませんか。アンガスサラブ ァン見ましたよ。ボーイズハイ留学生

    投稿: NZ留学生 | 2006年6月20日 17:30

    素敵な風景、思い出の場所。。少し、心を癒してからまた日本代表を応援しに合流される事と思います。
    ツアーがそんな状態だったなんて・・残念でしたね。
    記事を拝読しているとうらやましい限りのラグビー露出度ですね。
    日本も「いつか」そうなってくれたら嬉しいと思っています。どうぞお気をつけて移動なさってください。

    投稿: 友人 | 2006年6月20日 15:50

    バーガー負傷ですか?無事な回復を祈ります。

    村上さんの写真、凄く綺麗なので、パソコンの待ち受け画面にさせてもらいます。ありがとうございました。

    投稿: エンドー | 2006年6月20日 15:38

    はじめまして。

    >南ア代表のフロントロー
    非白人によるフロントローは、ついこないだのDurbanでのスコットランド戦、後半終わりのほうで実現しています。
    中継で見たときは僕も「ひょっとして初めて?」と思いましたが、JSportsの解説陣はスルーしてましたね^^;;。過去にあったのでしょうか?

    南アといえば、たいへん残念なことにバーガーが首の負傷で今期絶望、下手すると復帰できないかもとすら言われているそうです。
    そんなことになったら悲しすぎますね。第2テストは放送がなかったのでどんなアクシデントだったのかわからないのですが…。

    投稿: cnazh | 2006年6月20日 14:51

    場違いな お願いなんですが、
    ラグビバを書いてる人が 一緒に帯同していると思うのですが、
    もっと 頻繁に 更新してもらえるように 言っていただけませんか?
    選手からの 直接のコメントとか とれるブログは そうないですもんね!!!

    投稿: さんぼ | 2006年6月20日 12:28

    クライストチャーチは、しっとりと落ち着いた感じの街ですね。海も美しい。波の音が聞こえてきそうです。いつかNZに行ってみたいなぁ。きょうの東京は蒸し暑かったです。

    日本の強化のためにP5Nには残らなければなりません。その為には情報を集め、準備を怠らないこと。勝つためには労を惜しんではいけけません。宿沢氏が有限実行したように。

    投稿: サファイヤ | 2006年6月20日 00:20

    最近南ア代表のフロントローで、セパカ、シマンゲ、エディーという非白人三人によるスクラムが見られるのではないかと期待していますが、歴史上そのようなことはあったのでしょうか?

    投稿: 大阪人(ジャーナリスト志望) | 2006年6月19日 16:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10592325

    この記事へのトラックバック一覧です: クライストチャーチより:

    » 宿沢さん急逝に寄せて ジャパンよ3-0の勝利を目指せ! [RIKIMARUBLOG]
    「あの」宿沢さんが亡くなった。 亡くなった病院が僕の実家のすぐ近くだったせいもあ [続きを読む]

    受信: 2006年6月19日 23:24

    » エHC曰く「責任は 協会と選手にある」 [らぐびーあにまる]
    いつの日か スタンドで 大合唱しよう「WE LOVE RUGBY」&「威風堂々」18日のサンスポよりエリサルドHCは「サモアもフィジーも進化するなか、日本だけ対策ができていない。(敗戦の)回答は私ではなく、日本協会や選手にある」と持論を展開。試合ごとに収...... [続きを読む]

    受信: 2006年6月20日 13:36

    « ニュープリマスの朝 | トップページ | アンガス »