« サモア戦結果 | トップページ | クライストチャーチより »

ニュープリマスの朝

Umi

今朝のニュープリマスは、曇り空から少し青空がのぞいている。ホテルからは、こんな感じで海が見える。昨夜、ホテルのパブで、元サモア代表プロップのファティアロファさんと話していた。1990年W杯予選の秩父宮ラグビー場でのことを話していたら、宿沢広朗さんの訃報が入ってきた。宿沢さんはその時、監督だった。トンガ、韓国を破ってのW杯出場。中島、梶原、ラトゥのFW第三列のタックルが次々に突き刺さり、平尾、朽木の両CTBが防御に接近してパスを放つ。フィニッシャーは、WTB吉田義人。あのチームはまとまっていた。宿沢さんは日本ラグビー界にとって大切な人だった。思い出は尽きない。ご冥福をお祈りします。

きのうは試合のあと、パブで、オールブラックス対アイルランド、オーストラリア対イングランド、最後は自分の部屋で南アフリカ対スコットランドを連続して観戦した。北半球の各国が南半球勢に挑んだわけだが、オーストラリアとイングランド戦以外は、かなり拮抗した内容になっていた。特にアイルランドの地力には感心さられた。最終的には27-17だったが、勝ちそうな雰囲気が出ている時間帯もあったし、堂々たる戦いだった。

日本の試合を見てから各国の試合を見ると、防御網の分厚さ、各選手の守備範囲の広さ、攻撃面でのパスの長さ、速さ、スペースに走り込むスピードなど、違いが明らかになる。一番気になるのは、日本の攻撃にはスピードの緩急がないことだ。スコットランドもアイルランドも、相手の激しいプレッシャーのなかで、すれ違いざまのプレーで防御を突破していく。ボール保持者と周囲の選手の動きでスペースを作り、走り込む選手のスピードで抜くのだ。日本の試合でいえば、2003年W杯フランス戦で、難波選手のパスを受けたコニア選手のトライみたいなプレーが連続する。接近プレーは日本の得意技だったはずなのだが、今や世界のどの国もやっている。スピード、運動量、スキルレベル、すべてが急速に進化している。

この状況の中で日本人の特徴を生かして、いかにトライをとるかを考えるのはコーチの仕事だと思う。日本代表がフランス人コーチを招聘したのは、スペースを巧みに突く戦いを学びたかったからで、一対一の強さやディフェンス面の整備に主眼が置かれる現状は、かなり遅れていると言わざるをえない。きのうも書いたが、パシフィックファイブネイションズに入れた幸運をなんとしても生かしてほしい。カナダやアメリカは「なぜ、日本なんだ」と不満のようだ。かつてシックスネイションズでお荷物と言われていたイタリアがここまで強くなったのだから、日本もこの機会を生かして強くならなければ。相手が強いからこそ分かることは多いのだ。

ニュープリマスの海を見つつ。

追記◎昨日の試合が行われたヤロー・スタジアムの、ヤローは、パンのメーカーらしい。この競技場の元々の名前は「ラグビーパーク」。趣のあるスタジアムだった。
Yarow


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サモア戦結果 | トップページ | クライストチャーチより »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、初めて投稿します。いつも楽しく拝読しております。先週行ってまいりました。大好きなワラビーズの試合を観戦する為にメルボルンへ。しかもプラチナム・ダイニングチケットでの観戦!!試合前のディナーではマット・ギタウ選手に。試合後のアフターマッチファンクションではアル・バクスター選手とキャメロン・シェファード選手を近くで見ることが出来ましたよ。さて試合のほうですが、結果的にイングランドは若さが出たのかワラビーズの圧勝でした。ただイングランドのウィング、ヴァーンデル選手はかなり将来は有望だと思います。地元オーストラリアの雑誌にも特集され、『ジェイソン・ロビンソン選手の再来』とも書かれていました。実際試合中でも大変目立っていましたよ。すみません、バッテリーがなくなりそうなので途中ですが、レポートを終わります。ではまた。

    投稿: わらびー | 2006年6月22日 10:51

    宿沢さんの急逝に驚いたばかりでなく、大きな衝撃を受けました。この3年間、日本ラグビーの歩みは、宿沢さんの意図した改革とはだいぶ外れた所で迷走していると感じていたからです。改革の軌道修正ができるのは、改革デザイナーであった宿沢さんしかいないと...残念でなりません。

    投稿: マスター | 2006年6月19日 11:54

    村上さん、こんにちは。すごく久し振りです。
    サモア戦、30分頃までは良かったんですけどね・・・でも前の2試合よりは良かったと思います。日本と強豪国が対決する時はいつも「どこが勝っているのだろう」と考えてしまいます。負けるのは嫌だけど、せめて拮抗した試合をして欲しいです。
    早くこの暗いトンネルから抜けられますように。

    今朝、宿沢さんの訃報をニュースで見てびっくりしました。とても残念でなりません。
    ご冥福をお祈りします。

    投稿: チロ | 2006年6月19日 09:43

    ラグビー王国で ラグビーを満喫されているようですね・・・
    次は お仕置き部屋からでしたっけ? キツイ お仕置きが まっていそうですが、頑張ってほしいです。

    投稿: さんぼ | 2006年6月19日 09:27

    僕がニュープリマスに行ったのは「ラグビーパーク」の時代でした。NPCの試合後に子供達が選手にサインを求めにグランドに入る光景は羨ましかったです。
    HCはフランス人らしいと言うか全く自分の責任は認めないのは日本人にとっては腹立たしく感じます。日本代表が国際舞台に出る意味を再三語っていた宿沢さんの遺志に応える為にもラグビー界が一団になって日本ラグビーを創り上げて欲しいです。

    投稿: 軍曹 | 2006年6月18日 18:02

    日本の攻撃にスピードの緩急がない。

    まさにそのとおり!
    しかもラグビーに限らない。
    サッカーにおいても然り。
    どうも日本には相手に合わせて試合をしてしまう癖がある、ように思う。
    裏を返せばそれは独自の個性の欠如ってことか。
    強豪チームには、選手が変わっても脈々と受け継がれるその国独自のリズムが存在する。
    日本のリズムってどんなんだ?
    そこを見極められる監督にチームを委ねたい。

    投稿: masuwari | 2006年6月18日 10:54

    ホテルからの眺め、素敵ですね。イタリアが6Nに加わり、着実に強くなってきたように、日本もこのチャンスを逃してはいけません。課題は山積ですが、試練を乗り越えて下を見ずに、上を目指して欲しいです。

    宿沢広朗氏の訃報には驚きました。ご冥福をお祈りいたします。

    投稿: サファイヤ | 2006年6月18日 10:47

    おはようございます。
    宿沢さんの訃報に驚いてます。
    ラグビーファンになったきっかけ90年W杯。
    ジンバブエ戦,マイケルジョーンズ,キャンピージー色々思い出しました。

    今日,トヨタ自動車 対 トヨタ自動織機 (熊野) 観戦してきます。

    投稿: 村風 | 2006年6月18日 10:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10573196

    この記事へのトラックバック一覧です: ニュープリマスの朝:

    » 【激論】ジャパンの問題点はココだ−1 [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  所属しているコミュニティで私の問いかけに対して多くの意見を頂きましたので、数回に分けてご紹介したいと思います。 私の問いは以下の通りでした【激論】ジャパンの問題点はココだ 「日本代表の今に問題を感じている方は多いはず。   どこがフランス流だ。 2万人動員はどうなった   なにより桜のプライドはどうなる   皆様の熱い意見お... [続きを読む]

    受信: 2006年6月18日 10:15

    » 宿沢広朗さん、急逝。 [ココロミ]
    驚きました。宿沢広朗氏が、昨日、心筋梗塞のためお亡くなりになりました。55歳の若さ。奇しくも、ジャパンがサモアとの闘っていた日です。 毎日新聞 訃報:宿沢広朗さん55歳宿沢氏といえば、89年5月にテストマッチで、あのスコットランドを破った試合が忘れられません。暑い日、ジャパンの選手たちは倒れるというくらいの限界まで、スコットランド相手に喰らいついていたのを思い出します。用意周到に相手の情報を収集し、「スコットランドには勝てると思います。」と会見で発言し、当時の選手たちもそれに応えるように歴史的勝利を... [続きを読む]

    受信: 2006年6月18日 10:37

    » これは………残念な感じだ。 [まいにちまいにち僕らは鉄板の]
    ニュープリマスの朝/ラグビー愛好日記 ラグビー元日本代表監督の宿沢広朗さん死去/asahi.com 訃報:ラグビー元日本代表監督、宿沢広朗さんが急死/毎日新聞  個人的感情で言うならば………宿沢氏には微妙な違和感を持っている。直接見たのは早大の監督時代なんだけど、多分僕がぬるい現場にいたための違和感なんだろうと思う。(つまり、"きついなぁ〜この人"と言う印象を持ってからそれを拭う機会がなかったんだな。)  だが、ずっと思っていたこと。この人はすげぇ。1989年にスコットランドに勝... [続きを読む]

    受信: 2006年6月18日 12:05

    » [Rugby] 現在の日本代表を宿沢氏はどう思っていたのだろうか? [k@tu hatena blog]
    ラグビーの日本代表は17日、ニュージーランドのニュープリマスで太平洋5カ国対抗のサモア戦を行い、9−53(前半9−22)で敗れた。日本は初戦のトンガ戦に続いて連敗。  日本は前半にSO安藤(NEC)の2PGとDGで9点を挙げたが、その後は得点を奪えなかった。  オールブラック... [続きを読む]

    受信: 2006年6月19日 10:14

    « サモア戦結果 | トップページ | クライストチャーチより »