« マイケル・ジョーンズ | トップページ | ニュープリマスの朝 »

サモア戦結果

Japansamoa

6月17日、日本代表対サモア戦。ニュープリマスのヤロースタジアムにて。後方に見えるのがはメインスタンドで、バックスタンドのほうが観客はたくさん入っていた(観客数=4,200人)。朝から雨が降り、試合開始直前には晴れ間ものぞいたが、気温10度前後、次第に下がっていったと思う。記者席はバックスタンドの観客席最上段にあったのだが、寒さで手がかじかむほどだった。

サモア戦前の1週間、日本代表は前に出るディフェンスに重点的に取り組み、この日のキーワードも「プレッシャー」。密集周辺のディフェンスを固め、激しく前に出て相手に攻撃するスペースを与えないのが狙いだ。サモアSOヴィリのキックオフで試合は始まったが、さっそくCTB守屋が低いタックルで反則を誘う。以降、25分までは日本の出足の良さがサモアに有効な攻撃を許さなかった。スタンドからの歓声と拍手が日本健闘の証だった。

SO安藤の2本のPGと好判断のDGで9-5とした直後も、守屋のタックルとNO8木曽のボールへの素速い仕掛けで前進しサモアのゴール前へ。ここからのモールでオブストラクションの反則をとられたのは痛かった。以降は次第にサモアの連続攻撃が出始める。健闘したNO8木曽が言っていた。「サモアのコンタクトの強さに足が止まって、一歩二歩と出遅れるようになりました。でも、このままならいつもと一緒や、と声を掛け合いました。気持ちは最後まで切れませんでした」。残り10分、サモアの波状攻撃を食い止めたところに選手の意地が見えた。

「最初の25分は練習の成果が出ました。あと55分は課題です」とエリサルドHC。トライがとれない攻撃面について報道陣から問われると「攻撃選択が適切ではなかった」と、判断ミスをあげたが、大畑など決定力ある選手が欠けていることも要因にあげていた。

攻撃面の課題は相変わらずだが、ディフェンスに関してはよく前に出たし、スクラムも次第に向上している。徐々に良くなっていることは確かだ。ただし、再々前に出る好タックルがありながら、2番手、3番手が続かずにつながれてしまうシーンは多々あった。前に出るディフェンスにはそれなりのスタミナが必要だ。辛抱強く毎試合これを続けていくしかない。

Ohno

試合直後、テレビのインタビューを受ける大野選手。キャプテンとして身体を張ってチームを牽引した。下は、サモアのマイケル・ジョーンズHCと、キャプテンのN08シティティ。ジョーンズHCは「前半は日本のディフェンスが素晴らしかった」と賞賛していた。

Jones

今回も痛感したが、一瞬の迷い、たった一つのミスが即失点につながる。世界で勝つためにはプレーの正確性は何より重要だ。特に個々の強さでは劣る日本は細かなプレーの精度が生命線になる。日本国内の試合でもここはこだわってほしいし、トップリーグでも、もっと素速く前に出るディフェンスが主流になってもらいたい。それにしても、ジュニアやサモア、トンガのメンバーを見ていて、この顔ぶれの中に日本代表が入っていることの貴重さを再認識する。この中に入って得られることの多さは限りない。だからこそ、やることを明確にして課題を検証、修正していけるよう、内容のあるゲームをしてほしい。

Mtaranaki

基本的に曇り空だったのだけど、一瞬、顔をのぞかせたマウント・タラナキ。日本を知る人たちは、「ニュージーランドの富士山」と呼んでいるようだ。それにしても寒かった。北島のニュープリマスでこれだと、南島のダニーデンはどれだけ寒いのか。ちょっと怖くなってきた。

第2試合は、ジュニア・オールブラックス対トンガ代表。記者会見を終えて、試合を見たら前半30分時点で、10-3とジュニアのリード。一対一の当たりでまったく見劣りせず、堂々と戦うトンガに感心した。しかし、ジュニアのボールつなぎの上手さは、今大会も群を抜いている。いつのまにか点差は広がった。来週は、日本がジュニアにチャレンジだ。本日同様、低く素速いタックルをやり続けるしかない。

いまスタジアムの記者室です。取り急ぎ、こんなところです。では、また明日。

◆試合結果
サモア代表 ○53-9● 日本代表
ジュニア・オールブラックス○ 38-10 ●トンガ代表 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マイケル・ジョーンズ | トップページ | ニュープリマスの朝 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    Number515号・『宿沢広朗・「日本代表プロ化宣言」より。
    「ラグビーのベーシックなスキルはどんどん進歩しているけど、そういうものとフィットネスは、トップチームと近いところまで持ってないと到底世界とは戦えない。その上で日本として何をやるかという選択肢、どう戦うのかというのは、誰が考えてもそう違わないと思う。
    外国のチームと同じことをやっていたら、大差をつけられて負ける。だから、日本のやり方を考える。国内でも、だいたい同じようなラグビーになっているように、昔のルールとは違って今のルールでは、日本らしさ、オリジナリティを出すのは難しい。それでもボールを獲得した時に、どう攻めるかとか、攻める方向、方法というのに、日本の色は出せるはず。正確で速いパスを通し、狭いところをタテに、すれ違いざまに抜いていくようなプレーをどこまで高められるか。ラインの構成をいろいろ考え、そういうものを天才的、サーカス的にやっていく。それをやるには相当訓練しなきゃいけないんだけど、そこまでやらないと日本のラグビーは作り上げていけない」

    宿沢氏のあまりに早すぎる死に合掌。

    投稿: わ~るど | 2006年6月18日 08:38

    トライがなかったのは、がっかりでした。
    来週こそはトライを期待します。トライを取る形が見えないのは残念です。


    投稿: さちこ | 2006年6月18日 00:27

    日本代表、前半30分までの戦いに感動しました。でもその後が続かない。2003年RWCでは(立ち上がり10分と)最後の20分が課題と言われましたが、なかなか修正されませんね。
    でも選手たちの頑張りは伝わってくる試合でした。もっともっと上を目指して頑張ってください!!

    宿沢広朗さんがお亡くなりになったというニュースが…まだまだ日本のラグビー会のために働いていただきたい方でした。
    1989年のスコットランド戦、1991年のRWCでのジンバブエ戦をもう一度ビデオで見返してみます。

    投稿: アンテナ男 | 2006年6月18日 00:20

    宿沢広朗元代表監督が17日に亡くなられたそうです。55歳という若さ・・・。

    スコットランドXVに勝った試合後、報道陣に言った有名な第一声・・・
    「お約束通り」

    本当にショックです。心からお悔やみ申し上げます。

    投稿: ターボ | 2006年6月18日 00:20

    お疲れ様でした。
    前に出るDF  良かったですけど、
    結局 止めるけど繋がれる 昔のJAPAN ですね、
    とにかく TRYを取ってほしいな~

    投稿: さんぼ | 2006年6月17日 22:55

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10563769

    この記事へのトラックバック一覧です: サモア戦結果:

    » サモア戦を終えて [心に花の咲くところ]
    「世界」の背中は、時に離れつつも、常に見える距離にあったように思う。これまでは…。 9−53。パシフィック・ファイヴネーションズ、対サモア戦。 日本、またも完敗。またもノートライ。 古くは宿沢ジャパンのスコットランド戦勝利、平尾ジャパンのパシフィックリム選手権優勝、サントリーがウェールズを破った奇跡…。 常に「世界」の背中は見えていた。 そして、2003年W杯における向井ジャパンの健闘。 あの時のJAPANの勇姿を見て、ついに「世界」の背中が、手を伸ばせば届く距離まで近づ..... [続きを読む]

    受信: 2006年6月17日 22:00

    » ラグビー三昧 [体脂肪マン的個人日記]
    ◎朝飯 嫁さんと子供に、昨日の残りご飯で作ったおにぎりを食べさせる。 これまで何度かにぎっているが同じ大きさに作れない。 普通に作ると野球ボールのような大きさになるので必ずクレームが来る。 だから人差し指と中指で作ろうとするのだが、これがまた面倒くさい。 我慢して大きいのを食べてよ。 ◎サモア戦 選手のコメントにあるように、気持ちが切れているようには見えなかったし、トンガ戦よりはディフェンスも良かったと�... [続きを読む]

    受信: 2006年6月17日 22:44

    » 春からの結果が これ? 9-53サモアに惨敗 [らぐびーあにまる]
    いつの日か スタンドで 大合唱しよう「WE LOVE RUGBY」&「威風堂々」前半30分過ぎまで 9-5でリードしていて 終わってみれば 9-53 と惨敗低く前に出るタックルで何度も止めて JAPANの気持ちは 出ていた・・しかし そんな事は 昔から 同じだ...... [続きを読む]

    受信: 2006年6月18日 00:00

    » 【激論】ジャパンの問題点はココだ−1 [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  所属しているコミュニティで私の問いかけに対して多くの意見を頂きましたので、数回に分けてご紹介したいと思います。 私の問いは以下の通りでした【激論】ジャパンの問題点はココだ 「日本代表の今に問題を感じている方は多いはず。   どこがフランス流だ。 2万人動員はどうなった   なにより桜のプライドはどうなる   皆様の熱い意見お... [続きを読む]

    受信: 2006年6月18日 06:14

    « マイケル・ジョーンズ | トップページ | ニュープリマスの朝 »