« イカレタヒ | トップページ | 記虎敏和さん出版記念講演会 »

トンガ戦のジャパン

6月4日、トンガ代表と対戦する日本代表のメンバーが発表になった。ちなみに日本代表とトンガ代表が戦うのは、2002年5月以来。そのときはトンガ代表が41-29で勝っている。世界ランキングは日本より下のトンガだが、試合数が少ないから順位が上がらない部分もあり海外でプレーしている選手が揃えば日本と同等以上の実力となる。4日は、神戸製鋼のホラ選手がFBで出場する。すでに神戸製鋼でも練習試合に出場していて、元気なところを見せている。あの突進力は日本代表にとっても怖い存在だ。

日本代表出場予定メンバーは次の通り。

1久富、2山岡、3笠井、4北川、5佐藤、6浅野、7マキリ、8菊谷、9伊藤、10大西、11オト、12吉田、13守屋、14大畑、15水野、16松原、17相馬、18谷口、19中居、20池田、21安藤、22遠藤

今回の先発SOは大西選手。SH伊藤選手とどうゲームをコントロールするか。スクラムやディフェンス面の課題は克服されるのか。NO8菊谷選手や、CTB守屋選手がどんな動きを見せてくれるのかも興味深い。パシフィックファイブネイションズは、ここまでのエリサルド・ジャパンの真価が問われる戦いだと思う。簡単な相手はいないからね。楽しみに北九州に行こう。

ジャパンの情報とは別にNECグリーンロケッツの新加入選手の発表もあった。元NZ代表のCTBキース・ラウエン選手と日野自動車ラグビー部に所属していたWTB/FB瀬崎隼人選手である。

キース・ラウエンといえば、NZワイカト地区のパワフルCTBとして、JSPORTSなどではお馴染みである。2000年~05年はスーパー14のチーフス。今季はスーパー14のチーターズに所属していた。怪我なくプレーできればグリーンロケッツBKのキーマンになれる。これで、ヤコも戻ってきて、オースティンもいるとなると、BKラインの組み合わせはどうなるんだろう?

愛好情報◎明日の土曜日は龍谷大学で記虎敏和さんの出版記念講演会があります。大きな教室なのでまだお席はあります。時間のある方ぜひご参加ください。午後2時からです。また、記虎さんの著書「常勝の理由 紅蓮たれ」が好評発売中です。

ちょっとひとこと◎【ダ・ヴィンチ・コード】一気読み。止まりませんでした。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « イカレタヒ | トップページ | 記虎敏和さん出版記念講演会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    先週のサニックス戦で、ホラ選手は縦突破してましたね。相変わらず力強かったです。ジャパンとしては彼のカウンターアタックに注意して、安易にボールを渡さないようにしないといけませんね。油断できない相手です。

    投稿: サファイヤ | 2006年6月 3日 14:47

    対トンガ戦か。
    確か第一回ワールドカップのアジア予選でSO松尾のタックルが印象に残っている。代表は確かに良く戦った。

    さて今回の代表ですが、ただでさえ、体力差があるだけにどういった戦いをするのか。SO大西のゲーム運びが鍵。彼は最近の代表では良くやっている方だし、比較的安定感もある。どれだけワンチャンスを物に出来るか??(但し、FWの検討があっての話になります・・)願いは少なくともキック主体の面白みにかけるRUGBYだけは勘弁願いたい。安易なパスミス、タックルミスは想像出来るが、せめて意地のある感動あるプレイに期待します。

    投稿: ponta1415 | 2006年6月 3日 00:14

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10367191

    この記事へのトラックバック一覧です: トンガ戦のジャパン:

    » いよいよ トンガ戦 [らぐびーあにまる]
    とうとう 始まります P5Nこの春から フランス遠征、アラビアンガルフ戦、韓国戦、グルジア戦 と やってきました。それも すべて これからの 5試合(P5N+イタリア戦)の為です。今までとは 違って これからが やっと世界レベル、ですが、 世界の第2集...... [続きを読む]

    受信: 2006年6月 3日 23:55

    » 活性酸素には水素です [マイナス水素イオン]
    はじめましてアサカワと申します、 究極のサプリ固体水素を紹介します。マイナス水素イオンを固体化することに成功しました・固体水素が体内で8時間から12時間マイナス水素イオンを発生し続けます、健康効果が期待出来ます                                         ... [続きを読む]

    受信: 2006年6月17日 18:35

    « イカレタヒ | トップページ | 記虎敏和さん出版記念講演会 »