« ジュニア戦結果 | トップページ | 東京です。 »

オークランドより

Auk1

日曜日の朝、ダニーデンからオークランドに移動した。快晴。写真は街中にあるスカイタワーと、隣接してある逆バンジー。タワーから人がバンジージャンプしているのが見えるかな? オークランドはNZ最大の都市。人口約120万人。ニュープリマス、クライストチャーチ、ダニーデンも素敵な街だったけど、規模が桁外れである。港の景色も綺麗だった。

Auk4

Auk3

前日の夜、オーストラリア対アイルランドの試合を見ようと思ってパブに行くと、ジャパンのFW陣がいた。数名の選手と話した。手応えをつかみはしたが「もっとやれた」という悔しさもあり、表情は微妙だった。それでも束の間、リラックスできる時間だったのだろう。途中からは、ジュニア・オールブラックスの選手達も合流し、楽しげに交歓していた。それでもみんな早めにホテルに戻っていった。冬のNZから暑い日本に移動し、サモアを破ったフィジーとの一戦が待ちかまえている。タフなツアーで体調管理も大変だと思う。

オーストラリア対アイルランド戦を見て、オーストラリアの充実を感じた。グレーガンってやっぱり凄い。ボール持って突進して、パスして味方が捕まったらオーバーしてと、ひたすら働く。オーストラリア勝利を見届けると時刻は夜12時。ホテルに戻って、翌朝のチェックアウトを考えてしばし悩んだあと、午前12時50分から放送される南アフリカ対フランスの試合を見る。面白かった~。フランスのSOトライユはいいなぁ。巨漢FWの南アフリカをスクラムでめくり上げるフランスFWって、いったい…。

朝9時台の便でダニーデンを発ち、オークランドに到着したのが11時過ぎ。すぐにホテルに入って、今度はオールブラックスとアルゼンチン戦を見る。どこまでラグビー好きやねん! と誰かが確実に突っ込んでいるだろう。ホテルに到着したときは、前半を終えてアルゼンチンが16-15とリードしていた。興奮する深緑郎さんと一緒に後半を見る。オールブラックスはスコアするのが本当に上手い。ただ、アルゼンチンもスクラムを押し込み、FW戦でオールブラックスを追いつめていくところは底力を感じる。ウエールズが負けるわけである。そんなわけで、ラグビー三昧のNZツアーもまもなく終了だ。僕自身もたくさんのことを吸収できた。来て良かった。日本は暑いんだろうなぁ。

ダニーデンからの便は日本代表選手と一緒だった。オークランドに到着後、空港で大西将太郎選手と会ったら、手にオールブラックスの写真入り紙コップが握られていた。機内でのドリンクサービスのコップである。しかもいろんな種類を持っている。他の選手にも頼んで集めたようだ。「また、ラグビー好き、出てしまいました」。実は大西選手は、ラグビーの選手名などにも詳しく、ジャパンの中では、大西将緑郎(ショウロクロウ)と呼ばれているようだ。ラグビー博士の小林深緑郎(シンロクロウ)は、ラグビーが詳しい人の代名詞になっている。凄いね。でも、本家のシンロクロウは、紙コップは余裕で捨てていた。貫禄である。まだまだ若いね、ショウロクくん。

最後は、夕暮れの港より。

Auk5


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジュニア戦結果 | トップページ | 東京です。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    フランスのスクラムは素晴らしいですね。総体重差50キロ以上の相手に、しかもその相手は南ア。
    JAPANのヘッドコーチが目指しているスクラムとはあのようなものなのだと信じています。
    個人的には、まだまだ青いレミー・マルタンがXOクラスへと熟成していくことを期待しています。

    投稿: 大阪人 | 2006年6月26日 16:12

     仏X南ア戦見ました。ゲームの組み立てにはまだ問題がありそうですが、久々の復活は嬉しい限り。またスクラム以外のセットプレイが安定すれば、各国には大変な脅威になる事でしょう。昔から特に斬新なBKSは大好きで、この試合でもそのスキルは健在だった。
    時代と共にスタイルは代わりつつあるが、荒っぽいFWももいい。
    フィジー、オーストラリアのBKSもいいが、仏のラインはなるほど納得してしまう。
    次回WC優勝はフランス?!

    投稿: ponta1415 | 2006年6月26日 14:43

    話し違いで申し訳ないんですが、7/2に埼玉県杉戸町のキズーチラグビー場でミニラグビーの交流試合とセコムラガッツさんを招待してのラグビー教室を行います。近隣の方々は是非いらして下さい。詳しくはアルゴラグビースクールのHP
    http://www.geocities.jp/argo_rs/
    までお願いします。

    投稿: はり | 2006年6月26日 07:02

    村上さん。ラグビー三昧うらやましいです。小生も負けずに二日連続してラグビー観戦してきました。早稲田VS関東の記事をトラバさせていただきます。よろしくお願いします

    投稿: SANDA | 2006年6月25日 23:39

    あのー、いつ寝ているんですか?というくらい、ラグビー観てません(笑)?
    お約束どおり、突っ込んでみました。
    きょうの写真もきれいですね。夕暮れの港、「地球」を感じます。
    日本は暑いですよ。覚悟してくださいねー。

    投稿: サファイヤ | 2006年6月25日 22:33

    オークランドへよーこそ!

    投稿: T | 2006年6月25日 21:13

    大西選手の話はとても面白かったです。
    フィジー戦、勝利を期待しています。

    投稿: さちこ | 2006年6月25日 21:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10674338

    この記事へのトラックバック一覧です: オークランドより:

    » オープン戦 早稲田大学 vs 関東学院大学 [SANDA]
    === オープン戦 早稲田大学 vs 関東学院大学 === どんよりしたく曇り空。そして次第に小雨も混じってきた。 いつしか宿命のライバルとして固定してしまった両校。 この春のオープン戦も位置付けが年々重要度を増していく。 前日には早稲田、関東のB,C,Dが各々対戦。以下のような結果となっていた  Dチーム 24−24 引き分け  Cチーム 26−14 勝利 (一時、間違っていました。すみません)  Bチーム 45−19 勝利 危ういと思っていたBチームがしっかりと関東を..... [続きを読む]

    受信: 2006年6月25日 23:40

    » オープン戦 早稲田大学 vs 関東学院大学 [SANDA]
    === オープン戦 早稲田大学 vs 関東学院大学 === どんよりしたく曇り空。そして次第に小雨も混じってきた。 いつしか宿命のライバルとして固定してしまった両校。 この春のオープン戦も位置付けが年々重要度を増していく。 前日には早稲田、関東のB,C,Dが各々対戦。以下のような結果となっていた  Dチーム 24−24 引き分け  Cチーム 26−14 勝利 (一時、間違っていました。すみません)  Bチーム 45−19 勝利 危ういと思っていたBチームがしっかりと関東を..... [続きを読む]

    受信: 2006年6月25日 23:42

    » 元木パスはない! [神速フォワード]
     今日は、スティーラーズのラグビークリニックに参加。というか、練習会だった。普通ラグビークリニックというと、お祭りの合間にやる基本の確認、が定番なんだけど。  高校生は、ミスターラグビー 元木選手と八橋コーチのコンビが直々に指導だ。 八千代のOさんやUさんのおかげで、基本的に「スティーラーズの練習と同じメニュー」が実現。佐倉高校と八千代松蔭高校はホンとにいい経験しましたね。 ... [続きを読む]

    受信: 2006年6月26日 01:34

    « ジュニア戦結果 | トップページ | 東京です。 »