« TN結果と網走ツアー | トップページ | あびこにて。 »

愛好日記トークライブ3

Murakami

日曜日は、第3回目となった愛好日記トークライブの日だった。三鷹の文鳥舎にて、午後3時キックオフ! 今回のゲストは、ラグビーマガジン編集部の森本優子さん。僕がラグマガ時代に机を並べていた人で、編集の仕事を一から教えてくれた。話はそのあたりから始まった。僕の第一印象は「子供だった」らしい。大阪体育大学ラグビー部出身と聞いていたから、どんな猛者がやってくるのかと思ったら、「子供がニコニコして座っていた」ということだ。

森本さんは、大西鐵之祐、北島忠治という日本ラグビー史上突出した名指導者を取材し続けた。素顔の大西先生、北島先生のエピソードは、参加者のみなさんには興味深かったと思うなぁ。大西哲学である「闘争の倫理」の話も森本さんが分かりやすく語ってくれた。なぜラグビーが人間に必要なのか。真剣勝負の中で自ら反則を踏みとどまったり、相手を怪我させまいとする気持ち、真剣勝負が愛情に包まれていく過程、そこにスポーツの価値がある。また、北島先生の哲学は農作物を育てることをコーチングとだぶらせる。

こうした名指導者の話もあれば、森本さんが取材してきた中で魅力的だった選手の話も多かった。吉田義人選手は「ゴムまりのようなバネがあって」、高校日本代表の合宿で目に飛び込んできたという。元木、永友、小村、大畑、みんなそうだったようだ。初めて平尾誠二さんに取材したときに、かっこよくて、ぽーっとした話から、海外の代表選手のことまで、このへんの話も、ミーハー道を突き進む森本さんならではで面白かった。

笑いも感動もあった。やっぱり、多くの選手や指導者と直接対話してきた経験は貴重だ。いい話聞かせてくれて、ありがとう、森本さん。途中でラグビー博士の小林深緑郎さんが入ってきた。実は、深緑郎さんは普通にメールで申し込んでいた。なのに開始時間を5時と間違えていた。過去2回は5時だったからね。ほんと、憎めない人だ。

Renko

2時間のトークの最後は、僕がニュージーランドから持ち帰ったクマのぬいぐるみなどをジャンケン大会でプレゼント。懇親会でも、2時間ほど食事しながら交流することができた。 懇親会の特典として、僕の著書である「空飛ぶウイング」を数冊、こちらもジャンケンでプレゼントした。3回目のトークライブも無事終了。参加者のみなさん、ありがとうございました。

次回は、9月23日午後5時からを予定しています。ゲストは、スポーツジャーナリストの生島淳さん。アメリカのプロスポーツに詳しく、ラグビーも大好きな生島さんと、たっぷりスポーツ談義したいと思います。申し込み受付日、受付開始時間などは、改めてご案内します。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TN結果と網走ツアー | トップページ | あびこにて。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、日曜はありがとうございました。森本さんとのトーク、存分に楽しませていただきました。

    懇親会も楽しかったです。お話させていただいた他の皆さまもありがとうございました。

    『空飛ぶウィング』も思いがけずいただけて、感激でした。
    68年のオールブラックスジュニア戦勝利の章を読んだ後で今回のジュニアオールブラックス戦を観てたら、またひと味違ったかもしれません(笑)。引き続き楽しみに読ませていただきます。

    投稿: あひる | 2006年7月11日 01:31

    深緑郎さん、普通にメールで応募してるなんて。やっぱり一度ゆっくりお話してみたいなー。

    投稿: ちぃ | 2006年7月11日 00:52

    深緑郎さん、普通にメールで応募してるなんて。やっぱり一度ゆっくりお話してみたなー。

    投稿: ちぃ | 2006年7月11日 00:51

    こんばんは。三鷹文鳥舎です。

    昨夜はたくさんのご来場ありがとうございました。
    村上さん、森本さんお疲れさまでした。

    おかげさまでpage.3も愉しい盛り上がりで終えることができました。
    これからも皆さんのお力をお借りしてささやかながらラグビー好きを増やし、ラグビーの素晴らしさをみなさんと分かち合える場所になればと願っております。

    ありがとうございました。

    次回は9月23日(土・祝)です。
    ゲストに生島淳さんをお迎えし、アカデミック?な秋の夜長をお楽しみください。

    投稿: 文鳥舎 | 2006年7月11日 00:11

    「お尋ね致します」は、先日も書き込みのあった、悪質の荒らしです。
    太田GMブログの惨状は、既にご存知のことと思います。
    このような悪質荒らしに対し、早急な書き込み制限を行っていただきたいと思います。
    niftyであれべ、IPアドレスで特定し、書き込み制限できることは、ご存知と思います。

    多くの方が楽しみにしている、村上さんのブログの正常な運営の継続を願って止みません。

    投稿: 村上さんご注意を | 2006年7月10日 21:25

    トークライブデビュー?できました。森本優子さんとは、はじめてお会いしました。私も「10年以上の経験なもので??」感慨深く.たくさん.たのしく.思い出しました。ラグビーっていいですよね!これから、さらに森本さんの記事を読むのが楽しみになりました。
    村上さん小林さんとも久しぶりにお会いして、話をすることができました。たのしかったです。それと・・みなさん、ラグビーを知らない人に、その魅力を語り、あらたなラグビーファンを増やそうと.ご活動されていることを知り・・尊敬いたします。
    また、あたらしい出会いや発見?もあり充実した日となりました。ご参加のみなさま、ありがとうございました。

    投稿: ぜんとく | 2006年7月10日 21:00

    村上さん、昨日はありがとうございました。トークも懇親会も、盛り上がりましたね。森本さんのお話は、取材現場に携わった方ならではの内容で、興味深かったです。特に大西先生の「人間にはラグビーが必要」というお話には重みがありました。おふたりともにラグビーが心底好き、という想いが伝わってきた素敵な時間でした。
    「空飛ぶウイング」やっと手にすることができました。まさかジャンケンで勝つとは思っていなかったので、嬉しかったです。懇親会では、いろいろな方たちとの出会いもあり、ラグビー談義を楽しんだひと時でした。

    投稿: サファイヤ | 2006年7月10日 15:24

    こんにちは村上さん、いつも御仕事ご苦労さまです。

    海外のラグビー事情にもお詳しい村上さんにお尋ね致します。

    日本ではよく「各競技のナショナルチームの選手が国のためや国民のために戦うこと」が否定的に語られます。

    日本のマスコミ、スポーツマスコミの九割近くはそういう「国のためは絶対に駄目」派だと思われますが

    例えば、オールブラックスやワラビーズに関してNZや豪州の人達が語る時に

    かの地でも「国のためは駄目」という言説が大手を振って罷り通っているものなのでしょうか?

    「国の代表」とは具体的にどのような責任を背負っている人達なのか日本では全く明確にされてはいません。

    冒頭に申し上げたような姿勢を持つ日本のマスコミが「代表のプライド云々」を連呼するのは無責任極まりないと思います。

    投稿: お尋ね致します | 2006年7月10日 11:38

    村上さん。昨夜はありがとうございました。笑いの絶えない楽しい会でした。大西鉄之助夫妻の話はよかったですね。大西魂を再認識しまた。今日は久々に記事とリンクするトラックバックをさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年7月10日 10:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10863579

    この記事へのトラックバック一覧です: 愛好日記トークライブ3:

    » NEC我孫子ラグビーフェスタ 行って着ました [らぐびーあにまる]
    いつの日か スタンドで 大合唱しよう!ラグビー応援歌!「WE LOVE RUGBY」&「威風堂々」NECの我孫子ラグビーフェスタへ行って着ました。NEC凄いです・・・ うちの坊主の試合もあったので 昼頃から 行っていたのですが、まず スクールの試合をし...... [続きを読む]

    受信: 2006年7月10日 09:32

    » 「愛好日記 page3」トークライブ [ココロミ]
    ラグビーフェスタは、ちょっとお休み。きょうは、午後3時から三鷹の文鳥舎さんで行われた「愛好日記 page3」トークライブです。今回のゲストは、ラグビーマガジンで活躍中の森本優子さん。いやー、面白かったですよ。なんたって、ラグビーマガジンでは村上さんより先輩ですから、村上さんが新入社員で入ってきた当時のことを語ってましたが、ひとこと、「子どもだった」そうです。まあ、新入社員ってそんなもんですわね。それに、森本さんご自身がなぜ、ラグひーマガジンに入ったかというお話もあり、なるほどー、人生って分からないも... [続きを読む]

    受信: 2006年7月10日 09:36

    » 「村上晃一氏トークライブ Page.3」に参加 [SANDA]
     村上晃一さんのトークライブ。三鷹・文鳥舎さんで第3回目となった。  今回のゲストはラグビーマガジン編集者の森本優子さん。  村上さんとの永年(?)のコンビトークで会場は笑いの絶えないトークとなった。  小生は森本さんと認識してお会いするのははじめてであった。  しかしながら、甲府にラグビー観戦した日、村上さんにお会いした時や  秩父宮のスタンドでよくみかける  「あの人が森本さんかな・・・・」  と思っていた人であった。カンは当たった! [[attached(1)]] ..... [続きを読む]

    受信: 2006年7月10日 10:35

    « TN結果と網走ツアー | トップページ | あびこにて。 »