« トップリーグ情報0705 | トップページ | トライネイションズ2006開幕 »

視点

きょうは東芝ブレイブルーパスの大野選手とオト選手の取材に行ってきた。自分が写っている写真を確認する2人。これはメンバーズクラブの会報誌などに掲載されるインタビューだ。

Onooto

2人は、日本代表選手としてこの春フル回転の活躍だったのだが、7月1日のフィジー戦終了後、チームに合流。東芝は、フィジー戦前の1週間はオフだったようだが、7月4日から練習を再開。両選手もフルメニューをこなしたようだ。「僕らは、ちょっと違うメニューとかあるのかと思ったら、そんな雰囲気はまったくなかったですねぇ」(大野選手)。休む間もなく、8日からはオーストラリア遠征に出発。こんなタフな日程なのだが、2人とも怪我もなく、好調を持続しているようだ。

取材時に、右足首の大怪我で戦線離脱した立川選手に会ったが、足首になまなましい傷跡が残っているものの、もう70%くらいのスピードで走り始めているようだ。9月のシーズンインに間に合うほどの回復ぶりである。夏合宿では、トップスピードで走る立川選手が見られるかもしれない。あの怪我の瞬間を見た人には信じられない回復力だ。

きょうはもう一つ取材があって、サントリーサンゴリアスの清宮克幸監督にインタビューした。こちらは、7月25日発売のラグビークリニックに掲載されるものだ。ラグビーのゲームをどういう視点で見ているのかを聞いたのだが、毎度、清宮監督の話は説得力があって新たな発見がある。お楽しみに。

清宮監督の見方は、相手をどう攻略していくかということを考えているので非常に高度なのだけど、ラグビーを楽しんで見ている人は、それぞれ独自の見方があるはず。僕は、試合レポートを書くときやテレビで解説をするときは、何が勝敗を分けるポイントになるかを懸命に見ているのだけど、仕事でないときは全体を漠然と見る。それでもいいプレーは目に飛び込んでくる。観客席で思わず声を出してしまう時も。

先日、ラジオ関西の番組に出たときに「ラグビーはどこを見たら楽しいですか」と聞かれたので、「ラグビーは基本的にボールを持っている人が先頭にいなければいけないスポーツなので、ボールを持っている人が進めばチームが進んでいるということ。そこだけ追っていれば楽しいし、感情移入できますよ」という主旨のことを話した。観戦歴の浅い人はこれが一番いいと思う。要するに、ボールを相手陣地にいかにして運ぶかというゲームだから、そこに各チームの特色が出る。パスをたくさんするチーム、パワフルな縦突進が多いチーム、何を好むかは人によって違うわけだ。

9月のシーズンインは、あっという間にやってくる。それぞれの視点で楽しんでくださいね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ情報0705 | トップページ | トライネイションズ2006開幕 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    大変失礼しました。メールアドレスです。お手数ですが宜しくお願い致します。

    投稿: はり | 2006年7月 8日 00:54

    私も最初はルールもわからずテレビで見てましたが、何だかわくわくしました。
    生で見てみようと思ってよくわからないまま秩父宮に行ったのですが、スタンドからグラウンドの近さ、そして選手同士がぶつかる迫力、キックの美しさなど、理屈抜きの面白さにハマりました。

    スタンドにはルールに詳しい方も沢山いて、あちこちで「今のプレーは……」なんて熱弁が聞かれますが、それぞれが好きな視点で楽しく観られればいいんですよね。(もちろん、周囲に迷惑をかけないのが大前提ですけど!)
    プロである村上さんがそう仰って下さるとなんだか安心しました。開幕がますます楽しみになりました。

    投稿: かのこ | 2006年7月 8日 00:39

    ラグビーに、こう見なきゃいけないということはないですよね。私も初めて生で観戦したときは、ルールも今よりは知りませんでしたが、目の前でスクラムを組み骨がきしむような音が聞こえてきそうな迫力や、ボールを追いかけて走る姿に魅力を感じて病みつきになりました。

    初心者とか観戦暦の長さなどは関係なく、見る人の数だけ観戦の仕方があると思います。その人が楽しめればそれでいいんじゃないでしょうか。9月からのトップリーグも楽しめるゲームが沢山あるといいですね。

    投稿: サファイヤ | 2006年7月 7日 23:26

    ↓は、大田GMのブログをめちゃくちゃにした、悪質な「荒らし」です。
    正常なブログ運営のためにも、書き込み制限を設けていただくよう、お願いいたします。

    投稿: 村上さんへ | 2006年7月 7日 22:51

    こんにちは村上さん、いつも楽しく拝見しております。

    海外のラグビー事情にもお詳しい村上さんにお尋ね致します。

    日本ではよく「各競技のナショナルチームの選手が国のためや国民のために戦うこと」が否定的に語られます。

    日本のマスコミ、スポーツマスコミの九割近くはそういう「国のためは絶対に駄目」派だと思われますが

    例えば、オールブラックスやワラビーズに関してNZや豪州の人達が語る時に

    かの地でも「国のためは駄目」という言説が大手を振って罷り通っているものなのでしょうか?

    ジャパン(ラグビー日本代表)の強化以前に日本国民の意識を世界標準にすることが先のような気がします。

    「国の代表」とは具体的にどのような責任を背負っている人達なのか日本では全く明確にされてはいません。

    冒頭に申し上げたような姿勢を持つ日本のマスコミが「代表のプライド云々」を連呼するのは無責任極まりないと思います。

    投稿: 日本代表のファン | 2006年7月 7日 12:52

    村上さん来れないんですね。
    実は埼玉県協会を通じて村上さんにお願いがあるのですけど、お手数ですがメールをいただけないでしょうか。
    掲示板で失礼だと思いますが急ぎの用事ですのでご理解いただければと思います。

    投稿: はり | 2006年7月 7日 07:44

    立川 70%ですか よかった。
    あのシーンは 衝撃的でしたから・・・
    焦らず 復活して欲しいですね

    ところで 今年は 芝は 大丈夫なんでしょうかね

    投稿: さんぼ | 2006年7月 7日 07:20

    来年の高校ラグビーの中継、関西限定に! 関東は決勝だけ深夜に中継!

    これからラグビー、そしてラグビー好きの私は一体どうすれば良いのでしょうか? 署名活動?

    投稿: .23 | 2006年7月 7日 01:23

    もう少しで毎年楽しみなトライネーションズが始まりますが、毎度思う事ですが、画質何とかならないんでしょうかね?スーパー14もそうでしたが、南半球の放送は画質が悪すぎます。国内の試合並にとは言いませんが......。

    投稿: カレン | 2006年7月 7日 00:32

    もう少しで毎年楽しみなトライネーションズが始まりますが、毎度思う事ですが、画質何とかならないんでしょうかね?スーパー14もそうでしたが、南半球の放送は画質が悪すぎます。国内の試合並にとは言いませんが......。

    投稿: カレン | 2006年7月 7日 00:31

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10817784

    この記事へのトラックバック一覧です: 視点:

    » トライネーションズ開幕だけど・・・ [体脂肪マン的個人日記]
    いよいよ待ちに待ったトライネーションズ開幕である。 生で見たいが見れるかなぁ。 今日は近所の商店街で七夕祭りがあるので、連れて行けといわれるだろうなぁ。 村上さんの注目はHB団だそうだけど、私はそれに加えてFW3列の運動量に注目してみてみたい。 ブレイクダウンでのボールの争奪戦は見ものではないかと思う。 あぁ、生で見たい。 雨でも降らへんかなぁ。(地元集中的に・・・。�... [続きを読む]

    受信: 2006年7月 8日 01:51

    « トップリーグ情報0705 | トップページ | トライネイションズ2006開幕 »