« 桜島 | トップページ | トップリーグ説明会 »

祇園祭

日曜日は、鹿児島から博多、そして京都まで新幹線の旅をした。ほとんどずっと愛好日記を書いたり、アップしたり、訂正したり。一人でパソコンをカチャカチャやっていた。京都の実家に帰って、翌日祇園祭の山鉾巡行を見に行った。雨だった。京都の雨は風情があるのだけど、動く美術館と呼ばれる山鉾の飾りはすべてビニールをかぶせられていた。それがちょっと残念。雨も強いし、人も多いし、ということで早々に引き上げた。このへんが僕も気合い入ってへんよね。

Gionn

子供の頃から京都のお祭りはいろいろ見てきたけど、なんとなく他人事で、大人になってようやくその意味とか考えるようになっている。だから、京都のことは、これから勉強である。結局、山鉾巡行の後半はテレビの生中継を見た。勉強になった。最後の山鉾が通り過ぎた直後に四条通りの信号機が元に戻された。鉾が引っかからないように可動式の信号機になってるわけやね。博多の山笠と京都の祇園祭を一気に見るという罰当たりなことをやってしまったけど、伝統と文化を守っていく心意気は共通している。テレビで昭和初期の祇園祭の映像が流れていたのだが、街の風景は違っても、今とやっていることはほとんど同じだ。変わらないことの尊さを思った。なんでも新しくしたらいいってもんやないね。東京に戻る京都駅で何度もお芝居を見に行っている大好きな俳優さんに遭遇。いい連休でした。

そんなわけで、トライネイションズのオーストラリア代表対南アフリカ代表戦をやっと東京に戻ってきて見ることができた。スコアは知っていたのだけど、こんなこともあるんだなぁ。49-0。SOラーカムの先制ドロップゴールから始まり、オーストラリアの独壇場だった。ボールを動かす速さにも差がある。FBレイサム、WTBトゥキリは好調を持続。CTBギタウのオープンパントをトゥキリがキャッチして、倒れながらレイサムに返したトライは余裕を感じた。WTBラスボーンのパントに合わせてインゴールに飛び込んだギタウの思い切りの良さにもうなった。グレーガンと入れ替えで出場したSHコーディングリーもベテランだけど、パスさばきがいい。南アは自慢のスクラムがうまくいかず、FWでプレッシャーをかけられなかった。7月22日は、オールブラックスと南アフリカの対戦。南アがこのまま沈むとは考えにくい。危機感持って臨むだろうし、面白い試合になると思う。

◎愛好日記インフォ
7月21日~24日まで、北海道夕張市の夕張市平和運動公園ラグビー場で「KOBELCOジャパンユースラグビードリームトーナメント2006 ~第2回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会~」が開催されます。この大会は、全国9ブロックより選抜されたU17代表選手による試合と、部員不足の学校の生徒で構成するU18ブロック代表を編成して試合機会を与え、ラグビーの強化、普及を図るもの。とってもいい試みだと思います。僕は別の仕事で行けないのですが、観戦可能のみなさん、高校生達の奮闘をぜひご覧ください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 桜島 | トップページ | トップリーグ説明会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いつも拝見しております。ラグビーだけでなく、旅も京都も大好きです。村上さんのブログに祇園祭が出て来て、私もビックリしました。

    暑い毎日が続きますが、どうぞご自愛ください。

    投稿: チャーリー | 2006年7月19日 22:05

    村上さん質問です。私は、フランカーのポジションが大好きです。日本でもFLとつい探してしまうのですが、マッコウやスミスなどのような選手がみあたりません。
    ボールに執着心を持ちどこから出るのかと言うほどの運動量観ていて惚れ惚れしますね。日本の選手でも彼らのような運動量やボールに対する執着心を練習で訓練していく事は可能なんでしょうか?
    低いタックルとあく事のないボールへの働きかけが必要だと思います。
    でも通常レベルではだめですよね!
    日本にもマッコウやスミスのようなFLが
    いれば魅力的ですね。(私だけでしょうか?)笑い。

    投稿: FL7 | 2006年7月19日 08:10

    うわぁ、村上さんのブログで祇園祭の画像が見れるなんて、感動です!

    茨木に住んでた頃は、ほぼ毎年、宵々山か宵々々山(なんて正式には呼ばないですかね)に行ってました。巡行はさすがに混んでますよね。

    伝統のお祭り満載の連休、お疲れ様でした。

    投稿: あひる | 2006年7月18日 22:38

    以前にも書きましたが、「日本代表のファン (Jul 18, 2006 12:41:23 PM)」は、大田GMのブログを荒らしまわった、悪質な荒らしです。
    相手にしないでください。

    投稿: 村上さんへ | 2006年7月18日 20:59

    鹿児島から博多、そして京都といいですね。特に京都の祇園祭とは、京都好きの者にとっては羨ましい限りです。可動式の信号とは、さすが歴史のある街です。自分が住んでいる街って案外、無関心になりがちですね。東京についても他府県の方から、こんなところがあるよ、と教えられることがあります。

    豪州-南アのゲームはまだ観ていませんが、まさか! の点数で驚きました。ホントこんなこともあるんですね。

    投稿: サファイヤ | 2006年7月18日 19:36

    こんにちは村上さん、いつも楽しく拝見しております。

    海外のラグビー事情にも詳しい村上さんにお尋ね致します。

    日本ではよく「各競技のナショナルチームの選手が国のためや国民のために戦うこと」が否定的に語られます。

    日本のマスコミ、スポーツマスコミの九割近くはそういう「国のためは絶対に駄目」派だと思われますが

    例えば、オールブラックスやワラビーズに関してNZや豪州の人達が語る時に

    かの地でも「国のためは駄目」という言説が大手を振って罷り通っているものなのでしょうか?

    「国の代表」とは具体的にどのような責任を背負っている人達なのか日本では全く明確にされてはいません。

    冒頭に申し上げたような姿勢を持つ日本のマスコミが「代表のプライド云々」を連呼するのは無責任極まりないと思います。

    投稿: 日本代表のファン | 2006年7月18日 12:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/10990152

    この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭 :

    » トライネイションズ2006 ワラビーズvsスプリングボクス 第1戦について [いろいろ感想文]
    正直、ここまで点差がつくゲームになるとは予想できませんでした。 このゲームを見られた人たちの多くもそう感じたのではないかと思います。 [続きを読む]

    受信: 2006年7月18日 07:40

    » トライネーションズ 第3戦 NZ メンバー発表!!1 [らぐびーあにまる]
    いつの日か スタンドで 大合唱しよう!ラグビー応援歌!「WE LOVE RUGBY」&「威風堂々」7/22 NZで行われる トライネーションズの第3戦 NZ 対 南アNZのメンバーが もう発表されました。AUS戦から 8人を変えたそうです。普通 8人も変え...... [続きを読む]

    受信: 2006年7月18日 12:36

    « 桜島 | トップページ | トップリーグ説明会 »