« カナダ、W杯本大会へ | トップページ | 早稲田対関東学院 »

東芝対サントリー

18日の夜は、府中の東芝グラウンドに東芝ブレイブルーパス対サントリーサンゴリアスの試合を見に行ってきた。報道陣、お客さん多くてびっくり。清宮監督というのはメディアの関心を集める人だということを再確認。もちろん、東芝とサントリーが今季の鍵を握る試合だからこそ。報道陣が集まることはトップリーグとして歓迎すべき事だと思う。

キックオフ直後から激しいコンタクトプレーが随所にあり、グラウンドレベルで見てド迫力の試合だった。僕は前の仕事があって試合開始直前に到着したのだが、まずは東芝のFBとして立川選手が出場していることを確認。まだ試運転という感じではあるけど、昨季の負傷以来の復帰が嬉しかった。ホルテン、マクラウド、バツベイ、冨岡主将らの主力は欠場していたが、LO石澤、FL望月ら若手選手が出場。NO8大野、仙波、オトの両CTBという新鮮な布陣も。特に両CTBは強烈なタックルを連発していた。サントリーのほうも山下主将、LO大久保直弥、FB有賀らは欠場。代わって、HO青木、FL篠塚、竹本、NO8佐々木、WTB藤原、FB野村など、1年目の新戦力が活き活きと動き回っていた。

試合内容は白熱したが、サントリーがスクラムでプレッシャーをかけ、ラインアウトも安定。効率よく陣地も獲得して終始押し気味だった。前半21分(村上の時計で)、東芝ゴールラインに迫ったスクラムでサントリーがプッシュ。東芝がオフサイドでサントリーにペナルティトライが与えられた。36分、サントリーがターンオーバーでボールを奪うとCTBニコラスがゲイン、WTB小野澤につないで12-0。前半終了間際にも、サントリーはスクラムからNO8佐々木がサイドアタックでチャンスを作り、SH澤木がトライ。17-0として前半を折り返した。

後半開始早々、東芝はWTBオトが相手のミスボールを拾い、50m以上の独走トライ。以降も素速く前に出るプレッシャーで粘ったが、トライはオトの一本に留まった。逆にサントリーは、一対一の勝負でよく前に出て、小野澤らがトライを重ね、29-7と快勝した。スクラム、モールで再三押し込み、ライン・ブレイクの回数に関してもサントリーが上回っていた。現時点では、サントリー側にチームの一体感を感じた。

サントリーの清宮監督は、淡々と試合を振り返った。
「一つ一つの積み重ねであり、きょうに向けて何かを特別にやったわけではありません。東芝対策を練るのではなく、今の力で戦うことが大事でした。結果が出たことがチームにとって何よりいいことです。ここまではベース作り。これからチームプレーに手を付けていきます」
個々の選手がディフェンスと一対一のシチュエーションでいかに前に出るか。「サンゴリアス・ベース」と名付ける約束事を積み上げてきての快勝である。荒削りだったWTB藤原が安定感あるプレーをしていたのも印象に残った。ここにすべてが表れている気がした。この勝利は現状の強化に自信を持てたという点で今後のチーム作りに好影響をもたらすだろう。

一方の東芝にとっては、ほろ苦い敗北だったが、コーチ陣は謙虚にこの負けを受け入れていた。チーム内にチャンピオンとしての過信もあり、鼻をへし折られたことで選手に緊張感が生まれるだろうという主旨のことを話していた。東芝としては、この結果を前向きなものとしてシーズンに生かしたい。生かせる底力は間違いなくあるのだから。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « カナダ、W杯本大会へ | トップページ | 早稲田対関東学院 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    サントリーの藤原選手はYAMATOの試合の時にいい選手だなと思いました。佐々木選手は3列目が全員ルーキーという事もあったけど既に風格が出てきてますね。楽しみです。

    話変わって村上さんに質問です。

    ある大学でずっとリザーブに入っているSHがいました。中堅大学の中堅プレーヤーで華やかな経歴があるわけでもない、ごく普通の選手。
    シーズンが始まり、姉の結婚式と彼の大学のリーグ戦が重なり、両親や姉、親戚からも「式には帰ってこい」という強い説得を受けたそうです。
    だけど、彼は首を縦に振らず、結局、式には出席しませんでした。しかし、その試合でも彼の出番は訪れなかった。その後、身内の冷たい視線を浴びながらも彼は「自分の判断は間違っていなかった」と思っているそうです。
    約13年前の話ですが村上さんはどう思いますか?いい話ですだと思います?それとも…
    今度お会いする機会があれば答えを聞かせて下さい!
    長文ですいませんです。

    投稿: はり | 2006年8月19日 23:04

    私も昨夜東芝のグランドに行ってきました。
    メンバー的なものもあるのか、東芝にやや元気がないのと、大野選手が終了間際にヒザを傷めた(ように見えた)のが気になります。試合後のファンとの交流会でも見かけなかった様な気がしますので。。
    村上氏も試合後お見かけして声をかけようと思ったんですが、クラブハウス前で東芝のスタッフと思しき方と何やら真剣に話しこまれていたので遠慮しちゃいました。
    ただ、月曜のトップリーグプレスカンファレンスに息子が何とキッズレポーターに当選いたしましたので機会があれば何とかと思っております。もちろん月曜は赤プリですよね?

    投稿: たけちゃん | 2006年8月19日 12:13

    村上さん。おはようございます。昨夜はお疲れ様でした。たくさんのお客さんでした。この勢いがトップリーグのシーズン中も続いて欲しいと思います。清宮サントリーは本当にいい刺激になると感じます。記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年8月19日 09:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11503608

    この記事へのトラックバック一覧です: 東芝対サントリー:

    » サントリー VS 東芝 [SANDA]
    === サントリー vs 東芝 === ノーサイドのグラウンドの賑わいはまるで優勝したようだった 第4回ラグビートップリーグプレシーズンマッチIN府中・サントリーvs東芝である 両チームとも本番前における夏の総決算といえるだろう そして、ここから新たなるライバル物語が予想できそうな雰囲気 同じ東京・府中市を本拠地にして、当分の間は両者から目が離せないようだ さて、試合観戦採録である 東芝府中・練習グラウンド  K.O 18:00 サントリー (C)はゲームキャ..... [続きを読む]

    受信: 2006年8月19日 09:48

    « カナダ、W杯本大会へ | トップページ | 早稲田対関東学院 »