« ジュビロのポスター | トップページ | 猛暑の神戸にて »

お盆休み

土曜日、アクセス件数がガクンと減ってお盆休みだと気づいた。僕は仕事のついでに京都の実家に帰り、またすぐ東京に戻る。ヤマハ発動機ジュビロは、ウエスタンフォース・ゴールドに7-66で敗れたようだ。やっぱり強かったか。田井中選手が完全復活を果たしたようだ。でも、東芝もNECもオーストラリアで負けて、そこで課題を見つけてチーム作りを加速させていくのだから、シーズン前に負けることは悪いことじゃない。

京都に帰る「のぞみ」の中で、後ればせながら『オシムの言葉』(木村元彦著 集英社インターナショナル)を読んだ。僕はこの愛好日記に他のスポーツのことはあまり書かない。もちろん、見ることもあるし、他のスポーツの本も読むのだが、ラグビー愛好日記だから書かないでいる。オシム監督のことは興味があった。子供っぽい言い方だけど、めちゃくちゃ感動した。詳しくない分野のことを書くとボロが出るから、あまり書かないけど、ラグビーとも共通する刺激的な言葉が並んでいた。

走る選手を試合に出し、動き続ける選手を作っていく。選手自身に考えさせながら、チーム作りの方向にぶれはない。スター選手はチームにたくさんいらない。ラグビー界の名将・大西鐵之祐さんも同じことを言っていたなぁ。

内容的なことはさておき、嬉しい文章があった。オシム監督をジェフ市原に誘った祖母井GMについての記述である。彼の熱意が、極東Jリーグの最も年間予算が低いクラブにやってくることを、オシム氏に決断させたとのこと。祖母井さんは、僕が大阪体育大学時代にサッカー部をコーチしていた。僕が1年生時のサッカーの授業は祖母井先生が担当だった。すごく優しい人だったから印象に残っている。小さくて可愛い感じの先生だったけど、でっかいことやりましたね。ラグビーのウインドブレーカーを着てサッカーの授業を受けていた僕のこと、覚えてるかなぁ。覚えてないか。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジュビロのポスター | トップページ | 猛暑の神戸にて »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    この盆休みがあけると、僕たちクラブチームも本格的に9月からのシーズンに向けて練習するわけですけど、しかし万年悩まされるのが、部員不足である、なかなか練習人数が集まらない、だいたいいつも10人もいかない人数でやってるわけだが、どこもクラブチームってそんな悩みがあるんでしょうか?とくにぼくらは下位のチームだし、負けるほうが多い・・・ なんとかならないかあと思う今日この頃です^^;;

    投稿: 堀内 | 2006年8月14日 20:53

    「オシムの言葉」読みました。やはりあの本はスポーツ界にいる方には「感銘」を与える本ですよね。
    「走って走って走る」選手の登場を待ちたいと思います。
    もちろんラグビーにも!

    投稿: 友人 | 2006年8月14日 09:21

    今週末は東芝‐サントリー、NEC‐ワールド、三洋電機‐神戸製鋼とオープン戦が組まれてますが、どこか取材には行かれるのですか?

    投稿: はり | 2006年8月14日 00:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11422955

    この記事へのトラックバック一覧です: お盆休み:

    » [ラグビー]オシム効果 [Dickersonの夢]
    土曜は、オシムジャパン始動後初のJリーグの試合があった。 私は、浦和レッズとFC東京の試合をテレビ観戦した。 結果は、4−0でレッズの勝利。 レッズからは、日本代表に多くの選手が呼ばれ、トリニダードトバゴ戦から中2日。 疲労もたまっているだろうし、あまり得意... [続きを読む]

    受信: 2006年8月14日 22:46

    » 久しぶりの生ラグビー [ラグビーフィーバー!!from上海]
    3ヶ月ぶりの日本です。 道路も水も空気も中国と比べるときれいだ~、タクシーの運転 [続きを読む]

    受信: 2006年8月15日 08:45

    « ジュビロのポスター | トップページ | 猛暑の神戸にて »