« サントリー連勝 | トップページ | NZ対豪州、録画観戦 »

ひまわり畑

Dekkaidou1

網走から東京に戻るということで、暑さが怖かったのだけど、昨日の夜ときょうはそうでもなくてラッキーだった。最終日の網走では、女満別空港までの道すがら、こんな景色も撮影した。ひまわり畑もありました。ん? でもこれ全部向こう向いちゃってるなぁ。

Himawari

きょうは都内で仕事の打ち合わせなどしていたのだけど、網走の「愛好日記通信員」?が試合の情報を送ってくれた。

コカ・コーラウエストレッドスパークス対三洋電機ワイルドナイツは、19-12(前半=三洋12-0コーラ)でコカ・コーラが勝った。ただし、両チームとも前後半でメンバーを入れ替えたようだ。三洋は前半がAチーム。コーラは縦割りのメンバー編成の様子。コーラはクボタ戦と同じく、ディフェンスに粘りがあり、三洋は「番長」こと田井中が入社後初めて先発。外国人選手はホラニ、バハフォラウのみ出場。三宅、吉田、山内は出場しなかった。

もう1試合の、クボタスピアーズ対東芝ブレイブルーパスは、47-21でクボタの勝利(前半クボタ26-14東芝)。東芝は、マクラウド、ホルテン、オトなど負傷者が多く、メンバー編成に苦労している状況。今後の練習試合も変更があるかもしれない。

美幌で行われたトヨタ自動車ヴェルブリッツ対NECグリーンロケッツは、40分×3本で行われ、3本ともメンバーを入れ替えつつ行われた。最初の前後半の結果は、トヨタ24-14NEC、トヨタ45-0 NEC。3本目もトヨタが圧倒していたようだ。

通信員さん、情報、ありがとうございました。

この時期は各チームの仕上がりにそうとう差がある。日本代表選手をたくさん出したチームは春にコンビネーションの練習ができていないので当然遅れるし、負傷者を抱えるチームはシーズン開幕に間に合わせるため、夏の練習試合は大事をとる場合が多い。網走で試合ごとにチーム力を上げているコカ・コーラは、やはりトップリーグ初昇格ということで緊張感もあるし、恥ずかしくない試合をしなければという危機感もあるのだろう。毎試合気迫あるプレーを見せている。たとえ練習試合といえども、トップリーグのチームからの勝利がなにより自信になるはずだし、向井監督も着々とチームを仕上げている。

薫田監督も言っていたが、9月初旬はまだ暑いので、80分間走り回れる選手でなければ戦えない。あと1か月で万全に仕上げてきたチームが開幕ダッシュに成功するのかもしれない。

追記◎9月23日開催の愛好日記トークバトルは、今回も満席となりました。ありがとうございます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サントリー連勝 | トップページ | NZ対豪州、録画観戦 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    北海道らしい写真です。ひたすら広い大地。いいなぁ、この写真。ひまわり畑に白樺と、夏の北海道は気持ちよさそうです。ひまわりの向き見事に揃って、しかも後姿っていうのも面白いわ。
    各チーム、あと約1ヶ月でどう仕上げてくるでしょう。開幕が楽しみです。

    投稿: サファイヤ | 2006年8月 2日 21:32


    さすがトヨタは層が厚いですね。
    新外人のダニエル・ケートはどのようなプレーヤーなのでしょうか。昨年までの2人は実力はあるもののイライラが募ってラフプレーが目立ちました。爆発力はなくとも安定した選手のほうがトヨタには合うかもしれませんね。

    しかしコカコーラウエスト・レッドスパークスって長いですね~笑。

    投稿: ひなP | 2006年8月 2日 13:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11191095

    この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり畑:

    « サントリー連勝 | トップページ | NZ対豪州、録画観戦 »