« 土曜の網走&岩渕通信 | トップページ | 東京は雨です。 »

TN結果と思い出し笑い

Mukuge

強い日差しに蝉が鳴いている。でも、今年はいまだ蝉の抜け殻には出会わず。昨年は咲き誇っていた庭のムクゲは、今ひとつの咲き方である。上から撮ってもこんな感じ。

書くのが遅くなってしまったが、土曜日に行われたトライネイションズの第5節、オーストラリア代表ワラビーズと南アフリカ代表スプリングボクスの試合の感想を。実は、僕と深緑郎さんで解説予定だったのだが、僕が諸事情あってできなくなってしまった。私的な事情でみなさんにご迷惑かけました。申し訳ありませんでした。

ということで、試合は録画で見た。ワラビーズがやや優勢に試合をコントロールしていたように見えたが、トライネイションズでは、たいていスプリングボクスはボール保持時間が少ない。激しいプレッシャーをかけ、相手のミスからスコアする場合が多い。後半14分のCTBフーリーのトライも、ワラビーズのミスにつけ込んだものだった。

しかし、ワラビーズのWTBジェラードは、いろいろやってくれた。前半32分には、相手SOジェームスからWTBハバナへのキックパスを見事にカットして一気にトライまで駆け抜けた。SOからWTBへのキックパスは最近特によく使われるけど、ほんの少しコントロールミスすると、相手にそのままボールを渡すことになる。確かなスキルのある選手以外は、使っちゃあ、いけないわけだ。このジェラード、後半なかばには味方のグラバーキックをインゴール直前でノックオン。完全にノーマークになっていたから、けっこう凹んでいた。

南アフリカも前回の大敗から建て直して、最後まで拮抗した試合になっていたが、最後はワラビーズのマット・ロジャースが左コーナーに飛び込んで同点トライ。モートロックのコンバージョンも決まってワラビーズが20-18と逆転した。サポートの選手が、コンバージョンを決めやすいようにインゴールの真ん中にトライするように声をかけていたのだが、ロジャースはディフェンダーとは勝負せず、安全策をとってコーナーへ走った。これで本人がコンバージョンを狙うならかっこいいけど、蹴るのはモートロックだからね。よく決めたなぁ。これで8月19日のワラビーズ対オールブラックスの首位攻防戦が面白くなった。また、南アはやっとホームに戻り、8月26日から三連戦。なんとか白星を。

追記◎ロジャースが同点トライをしたシーンで、スコアの計算違いについて思い出した。ロジャースが間違っていたという意味ではなく、以前、日本代表の某選手が、勝っていると思って試合終了寸前にタッチに蹴り出したら、負けで終わってしまったという試合があったのだ。日本の競技場は細かくスコアが表示されるところがほとんどだが、海外では合計スコアだけだったりして、それを見逃して計算違いする場合がある。僕の高校時代も、スコアボードのないところで練習試合なんかすると、試合中に「いまどっち勝ってる?」なんてチームメイトと話したりしたものだ。コンバージョンが入ったかどうか、けっこう選手はあやふやだったりする。接戦で負けたのに数名の仲間がガッツポーズしたりして、「アホ! 負けたわ」というと、「えっ? マジ」と突然がっくり肩を落とす。そんなことがよくあった。世界最高峰の試合で、くだらないことを思い出してしまったけど、これ、ラグビーやっていた人はけっこう経験あると思うなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 土曜の網走&岩渕通信 | トップページ | 東京は雨です。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    僕の先輩も試合中に点数を間違えていたことがありました。
    どうやら敵のコンバージョンが入ったのを忘れていたらしく、試合終了間近に僕らが自陣から攻めていると一人、「タッチ切れ!」と叫ぶ先輩が(笑)
    トライネーションズは良い試合が続きますが、NZの強さが目立ちますね。なんでも来月にテレビゲームのPS2でラグビーのゲームが発売されるそうです。なんか世界22カ国の代表チームやスーパー14などの40以上のクラブチームがほとんど実名で登場するらしいです。
    トライネーションズなどの興奮がどの程度移植されるのでしょうか?楽しみです。
    また、これでラグビーを知らない人たちがラグビーに興味をもってくれるといいですね☆

    投稿: bluster | 2006年8月 8日 00:35

    点数のくだりで昔のことを思い出しました。
    クラブチームの試合は、公営の競技場での試合がほとんどでしたから、スコアボードなどないのが常でした。トライをして自陣に帰るとき、NZ人のチームメイトが『今、何対何だ?』と点数を聞いてきました。彼はいつも熱くなり、私はいつも熱くなりきれないプレーヤーだったので、彼が尋ね、私が答えることになっていました。
    『あの位置じゃあキックは入らないから○対●だ!』と答えると『なぜ、そんな事を言うんだ!全員が入ると思わなければ、入るものも入らなくなる!ポジティブシンキングだ!』と叱られてしまったのです。普段はいい加減な奴でしたが、ことラグビーに関しては真面目になるNZ人の気質を見た気がしました。このことは、その後の私の考え方の基本にまでも影響を及ぼしてくれたように思っています。
    追記:文鳥舎での藤島さんのトークライブは相変わらず素晴らしかったですよ!四日市農芸の下村先生も最高でした。

    投稿: こさく | 2006年8月 7日 19:42

    その方はもしや髭の森さんでは?
    松尾さんの昔の本で読んだ記憶が
    ありますね

    投稿: 瑞穂 | 2006年8月 7日 15:53

    ラグビーの試合中、スコアボードがないような試合において双方の得点を覚えられる選手をいつも不思議に思っていました。どうすれば覚えていられるのか教えてほしいくらいです。

    投稿: 大阪人 | 2006年8月 7日 13:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11314429

    この記事へのトラックバック一覧です: TN結果と思い出し笑い:

    » トライネーションズ第5節 南アフリカ 対 オーストラリア  [ココロミ]
    久しぶりに海外ラグビー記事です。トライネーションズ、早くも第5戦。前回対戦したときは、南アフリカが0点と信じられない結果でしたが、今回は最後まで競ったゲームで南アフリカは惜しかったな~。○オーストラリア  20-18 南アフリカ ● 8月5日 オーストラリア(シドニー)南アフリカFBモンゴメリーのPGが入っていたら、勝っていたかも・・・なんて思ってしまいましたよ。オーストラリアは、後半に出場したFBマット・ロジャーズが、ゲーム終了間際に相手ディフェンスを振り切って左隅にトライ... [続きを読む]

    受信: 2006年8月 7日 22:23

    » トライネイションズ2006第5節 AUSvsSA [いろいろ感想文]
    終わってみれば20-18と、僅差でワラビーズの勝利でした。 勝負事に「たら、れば」はタブーですが、 あへてタブーを犯して云うなら、 前半スプリングボクスのモンゴメリのPGが1本でも入ってい「たら」、 後半は、もっと違う展開があったのではないかと思わせるゲームでした。... [続きを読む]

    受信: 2006年8月10日 19:57

    « 土曜の網走&岩渕通信 | トップページ | 東京は雨です。 »