« 雨の京都にて | トップページ | 賢明な判断を »

日本代表HC問題

きのうの日記を書いたあとから、日本代表HC問題についてずっと考えていた。いろいろな思いが浮かんでは消えた。すでに各紙で報じられているとおり、渡仏していた太田GMが帰国した。GMの報告を受け、20日の世界八強会議を経て、必要なら理事会としてなんらかの処分を下すことになる。

明らかになった最も重要なことは、エリサルド・ヘッドコーチが、バイヨンヌクラブのスポーツマネージャーの肩書きを外すつもりはないということ。つまり、兼務を認めるか、認めないか、判断は日本協会にゆだねられたわけだ。ここに至っては日本協会に無断でクラブと契約したヘッドコーチに対する処分の内容にはあまり意味がない。たとえ兼務でも来年のワールドカップで2勝するためにエリサルド体制で行くと決めるか、兼務は許さず新体制で再スタートを切るか、二者択一である。焦点は絞られたわけだ。

僕の考えは「ジャパンのこと」、「ジャパンのこと2」に書いた通りなのだが、日本代表が軽視されていることは重くとらえてもらいたい。ひとつのチームを強くするということが、どれほど大変かはラグビー関係者なら痛感しているはずである。ワールドカップで2勝という目標は、日本に常駐しないコーチがクラブと兼務で達成できるほど甘くはない。日本代表が過去5回のワールドカップで1勝しかしていないことは忘れないでほしい。

そして、この問題で図らずも明らかになった憂慮すべき事態は、マスメディアの関心の低さだ。サッカーなど注目度の高い代表監督が同じことをすれば一面を飾りそうな問題が、今回ほとんど事実関係のみの短信になっている。この問題を考察する記事がほとんど見あたらない。このことこそ関係者は重くとらえるべきだと思う。

日本協会の目標は「ラグビー競技を誰からも愛され、親しまれ、楽しめる人気の高いスポーツにする」ということだったはず。今回の件は、ヘッドコーチの処分をどうするという近視眼的なことだけにとらわれず、これから人気を回復していかなければいけない日本ラグビーの将来のことも考えて決断してもらいたい。

過去20年、多くの名指導者のみなさんを取材してきた。共通して教えていただいたのは「チームは指導者が全身全霊をかけて愛情を注がないと強くならない」ということだった。自分が当たり前だと思ってきたことを、いま何度も書いていることがむなしい。数年前、ある指導者がこんな主旨のことを言っていた。「選手はね、たまに来て偉そうに言うOBより、毎日練習を見てくれる近所のおじさんの言うことを聞くものですよ」。そういうことだと思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 雨の京都にて | トップページ | 賢明な判断を »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、お願いがあります。明日、太田GMが報告に行く前に伝えていただけませんか。大勢のラグビーファンが応援してますよ。しっかり負けないで報告お願いしますって。おれ達の先頭に立ってくれると信じてますと。よろしくお願いします。

    投稿: 赤ペン先生 | 2006年9月20日 00:34

    ラグビーが地上波で見れるくらい
    人気が復活して欲しい
    そのためにはジャパンが強くなければ・・・
    太田GM他の人の意見は無視して
    正しい判断を明日下してください

    投稿: ホルスタイン | 2006年9月19日 20:30

    「この問題で図らずも明らかになった憂慮すべき事態は、マスメディアの関心の低さだ」
     私もそう思います。昨年、選手の不祥事の時はあれだけ叩かれたのに今回は、
    ほとんど反応無し状態
    ここにラグビーへの関心のなさが浮き出てますね

    投稿: 瑞穂 | 2006年9月19日 12:21

    メディアの関心の低さ 問題ですよね、 メディア から取材の申し込みが ないって事なんですか?
    協会から メディアへの 働きかけが ないって事なんですか?

    投稿: さんぼ | 2006年9月19日 09:12

    前回のW杯でなぜ向井監督を続投させなかったのか? なぜもっと精力的に慰留に務めなかったのか? 日本協会の決定に理解が出来ませんでした。向井監督では決定的に拙いっていう問題は無かった様に思います。現状からして4〜5年で強くなれるチームじゃない分けですから、せめてスタッフの入れ替え程度は有っても監督は10年ぐらいやらせるつもりで方針を振れさせぬようにサポートするのが協会の役割だったと思います。向井氏はそれだけの任務を遂行出来る優れた管理職であったし。
    百歩譲って監督やスタッフを代えるにしても、次のW杯までの4年という時間は我々日本にとってあまりに短すぎる。新しい監督を迎えるなら4年の時間を最大限に使わせてあげなくては。向井氏も自分の経験とデータを全て新体制に引き継げる様に努力するとしていましたし。萩本氏にやらせたのなら4年間面倒を見てもらうべきですよ。8強諸国ならいざ知らず、日本代表は根底からチームを作り上げなければならない様な立場にありながら、4年の間に監督をすげ替える様な暢気な(というより他国から見たら馬鹿げた)おママゴトやってるし....
    カタツムリ野郎の呆れた行状も然ることながら、こういった日本協会の無能振りは、我々協会の傘下に属し上納金を吸い上げられる身で、何度も批判して来たにもかかわらず、所詮はごまめの歯ぎしりにすら至りませんでしたが、今回はついに村上さんがこうして活動してくださっております。かつて広報委員も歴任された方が、ついに行動に移したのだから、協会の腐敗振りも行き着く所まで達したのでしょう。
    何とかして協会の上層部を市井の立場から更迭に追い込むうねりまでもって行けないのでしょうか? 日本のラグビーを愛する者がこれだけ居るのだから、協会の委員や監督・スタッフなどは広く公募してみては。プロポーザル方式を採用し、プレゼンテーションを一般にも公開してコンペをやらせると面白いですよね。もっと一般大衆の管理の目に晒してやらないと、一部の人間に飲み食いされて協会の予算が無駄に消えて行きます。
    コンペを公開し一般にも投票枠を設ければ、「我々のジャパン」っていう意識で、文字通りサポートする意欲も湧いてきますし、仮に結果が出せなくてもコンペで勝った体制で戦っての結果なら、みんな納得がいきます。
    もう密室での決定に任せておけるほど、協会の人材に信頼はなくなっています。


    投稿: ナベゾ | 2006年9月19日 06:00

    タダで読むのは申し訳ないくらいの、感動の詰まった文章でした。ごめんなさい。

    >自分が当たり前だと思ってきたことを、いま何度も書いていることがむなしい。

    空しいなんて仰らずに、最後まで、叫び続けて下さい。お願いします!!

    投稿: ラグビー愛 | 2006年9月19日 04:27

    昨日の京都はひどい雨でしたね。
    息子達も西京極へ観戦に行っていました。
    意外にも京都はラガーマン人口が多いのですから、
    これからも京都での試合が増えると嬉しいなと思っております。
    協会の件、素朴な質問ですが、
    日本のラグビー界には現状良い指導者はいないのですか?
    日本の言葉は外国語にはない情緒があります。
    それを通訳が伝えるのは難しいし、いくら専門用語が解ればいいとは言っても、
    日本語が分かり合える関係ならよりスムーズですよね。
    日本人の気質に合った戦い方も・・・素人考えですみません。

    投稿: 花園 | 2006年9月19日 00:34

    やはり、村上さんのように、地道に取材されている方は、様々な状況について肌で感じ取られていますね。

    マスコミの関心の低さ、かつての指導者の思想、ファンの熱い声、現場の想い、協会の問題意識の低さ・・・。
    それらを実際に肌で感じ取られるから、一層歯がゆいお気持ちだと想います。

    過去、日本協会は同じ失敗を何度も繰り返してきました。
    総花的なお題目とは全く逆の、代表強化には程遠い事ばかり行ってきました。
    今回もし、様々な問題で舵取りを誤ったら・・・。

    私たちファンも悔しいですが、それよりも代表からラグビースクールにいたるまで、日々切磋琢磨している現場の方が気の毒で仕方ありません。
    W杯最終予選目前の今、ジャパンに選ばれるであろう選手たちは、どんな気持ちなのでしょう・・・。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年9月19日 00:07

    まさに由々しき事態なのに協会の関係者皆が緊張感を持っていると思えない。従ってそれを伝えるマスメディアも反応がかなり鈍い。代表を送り込んでいるトップチームの関係者、選手はどのように思っているのですか?コラム後半の二言がズン!と響きます。早々に『近所のおじさん』を探した方が良いのでは。

    投稿: 将来のジャパン | 2006年9月18日 22:04

    食べ物の件、お返事ありがとうございました。カレーは香ってくると食べたくなりますね。次回の博多開催では改善されるといいですが・・・。
    HC問題,早くはっきりさせて,11月の予選にベストを尽くせるようにして欲しいです。

    投稿: さちこ | 2006年9月18日 22:00

    >日本協会の目標は「ラグビー競技を誰からも愛され、親しまれ、楽しめる人気の高いスポーツにする」ということだったはず。

    そうなんですよ。今回の件は、HCの処分はもちろん、もっと大所高所に立って判断をしてもらいたいですね。

    投稿: サファイヤ | 2006年9月18日 21:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11948445

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表HC問題:

    » JRFU 世界八強会議は9月20日に。 [ココロミ]
    さて、太田GMがフランスから帰国し、9月17日、18日のブログが更新されました。 ~ 太田GMブログ 9月17日付 全文 ~『帰国』今朝、仏から帰国しました。エルサルドHC、アビロン・バイヨンヌ会長との面談内容について、簡単に森会長、真下専務理事に報告。詳細は20日の8強進出会議にて報告することになりました。~ 終わり ~ ~ 太田GMブログ 9月18日付 全文 ~『帰国会見』  既に新聞報道にある通り、昨日、一連のエリサルドHC問題について、現地で調査した内容・会談内容について話しまし... [続きを読む]

    受信: 2006年9月18日 21:46

    » エリサルド [akapensensei]
    エリサルド追放作戦⑨ [続きを読む]

    受信: 2006年9月18日 23:32

    » [Rugby] エリサルド問題(続) [k@tu hatena blog]
    ラグビー日本代表のジャンピエール・エリサルド・ヘッドコーチ(52)=(HC)が、今月からフランス1部リーグに所属するアビロン・バイヨンヌのスポーツ・マネジャーに就任したことを受け、渡仏して調査を行った同代表・太田治GMが17日に帰国、会見を行った。14日... [続きを読む]

    受信: 2006年9月19日 15:19

    » SMALL BUT TAUGH [新スポーツ観戦記]
    とんでもないことが発覚した。 ラグビー日本代表の監督(ヘッドコーチという肩書きになっているが)であるエリサルド氏が、フランス1部リーグのバイヨンヌというクラブチームの、スポーツマネージャーに就任していたことが明らかになった。 なんと、日本協会に無断で。... [続きを読む]

    受信: 2006年9月19日 19:33

    « 雨の京都にて | トップページ | 賢明な判断を »