« 東条キャプテン | トップページ | ジャパンのこと »

タックル数

木曜日、トップリーグ第2節のメンバーが、日曜日の1試合をのぞいて発表された。サントリーサンゴリアスの開幕戦で大活躍だったWTB藤原は右手の骨折で欠場。前半に骨折したままプレーしていたようだ。代わって、右WTBには栗原徹が入る。ヤマハ発動機ジュビロは、怪我で戦列を離れていたSH田井中が2年のリハビリ期間を経て、初先発する。メンバーの詳細は、コチラにて。

また、今季からトップリーグは各節の分析データを統一してまとめている。第1節のデータを見ると、タックル数の個人1位はトヨタ自動車・遠藤正俊の16回、2位から3人神戸製鋼が並んでいて、高倉14、伊藤12、小泉12。トヨタの麻田も12、そして神戸製鋼・高森の11が続く。チーム別のタックル数が興味深い。1位は神戸製鋼の129、そして14位がサントリーの37である。劣勢の中で、いかに神戸製鋼が粘り強く戦ったかが分かる。

オックスフォード大学対同志社大学のメンバーも発表になったのだが、ジョー・ロフはCTBで先発である。対する同大のCTBは4年生の大橋由和と1年生の南隆彰、果敢に戦ってもらいたい。もうひとつ、9月16日から「青山スポーツまつり」が開催されることも発表になった。詳細は、コチラよりどうぞ。

昼間、トップリーグ開幕節のコカ・コーラウエストレッドスパークス対日本IBMビッグブルー戦をやっと観ることができた。これで後れ馳せながら開幕節は見終えた。しかし、今後は、すべての試合が放送されるわけではないので、観たものだけ感想を書いていくことになる。可能な範囲で生観戦しようと思う。

開幕節は、順位が近いチーム同士が対戦したのですべてが接戦だったのだけど、この試合も紙一重。コカ・コーラの先制トライは、IBMのNO8フィリピーネがスクラム・サイドにボールを持ちだしたところを、CTBニールソン武蓮傳(ブレンデン)がもぎとってそのままインゴールに押さえたもの。すぐにIBMもWTB川合がトライを返し、HO高聡伸がリードを広げるトライ。防御ラインに接近したところでフラットなパスで突破しようとするIBMの意図がよく分かるトライだった。両チームの実力はほんとに拮抗している。26分には、コカ・コーラのCTBマーク・ランビーが防御を突破し、タイミングのいいロングパスでWTB鶴丸のトライを生み出した。前半は、14-14の折り返し。

後半の立ち上がりは、ゴールライン直前のラインアウトからのドライビングモールでトライを取り合う。コンバージョンゴールを確実に決めたIBMが、21-19とリード。そして、決勝トライは後半12分に生まれた。コカ・コーラのBKラインの攻撃を食い止めたIBMは、ハーフウェイライン付近でCTB大松がターンオーバーに成功。ここから出てきたボールを持ったフィリピーネが大きくゲイン。HO高、SH山中とつないでインゴールを陥れた。これで28-19。終盤は、IBMが追加点を狙って猛攻をしかけたが、コカ・コーラが粘りのディフェンス。途中出場のWTB築城がタッチライン際を快走して反撃を試みたが、両者追加点のないまま試合終了となった。

前に前にアグレッシブに攻めるIBM、粘るコカ・コーラ。上位チームへの挑戦が楽しみになる戦いぶりだった。今年のトップリーグは、新戦力の当たり年と言われているが、開幕節でそれが証明された。この日も、IBMでは、PR田辺(帝京大)、NO8フィリピーネ(大東大)、コカ・コーラも、LO三根(関東学大)、WTB小栁(関東学大)ら大学を卒業したばかりの選手が先発。今週末も、各チームの新人達に注目していきたい。

追記◎コメントにもあった、エリサルドヘッドコーチの件は、事実関係をしっかり確認してから意見を書きたいと思います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東条キャプテン | トップページ | ジャパンのこと »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    タックルデータの発表に大拍手です。シーズン通算して誰がトップになるか楽しみです。ラインアウトキャッチのデータも公開して欲しいです。

    投稿: 軍曹 | 2006年9月 9日 12:05

    ムラカミ コウイチ さんなら某TV局の社長さんも該当しますね。
    (ただし、漢字は違いますが…)
     明日のトライネーション、AUSの
    トゥィキリはやはり…そうでしたですね。トータルラグビーでやっと情報得たのですが…
     確かに危険なプレーでしたが、11週はキツい。

    投稿: ムラーカ | 2006年9月 8日 17:58

    データの スクラムって
    マイボール スクラムの数って事ですか? 東芝とNECでスクラムの数が違っていたから・・・
    だとすると 両チーム合わせて 27回も スクラムが あったんですね・・・ 多い ですよね???

    投稿: さんぼ | 2006年9月 8日 15:09

    タックル数。逆に言えば、ひたすら守るしかなかった神戸製鋼と攻め一方の試合だったサントリーの強さを現しているのでは?どんなに相手の攻撃の芽を摘んでも守るだけでは勝てない。神戸製鋼って個人の力は強いけどチームの力が弱いのでは?

    投稿: ミミ | 2006年9月 8日 12:49

    エリサルドの件 
    ラグビージャーナリストとして追及して下さい。
    お願いします。

    あー しかし 悲しい・・・

    投稿: さんぼ | 2006年9月 8日 12:39

    エリサルド・コーチ兼務、協会はそれを容認というニュースにかなりあきれています。協会との契約に「プロフェッショナルとして最善を尽くす」という条項は入っていないのでしょうか。フランスのクラブとの契約には必ずそれに類する拘束条件が入るはず。片手間程度に考えている仁にジャパンを任せるわけには行きません。それを黙過する協会の責任は重大です。

    投稿: にし | 2006年9月 8日 10:12

    『村上晃一』で検索したら尾道北高校の野球部の監督さんが同姓同名ですね。それと、村上晃一(俳優)というのもありましたよ。村上さん俳優デビューですか(笑)

    さて、今年のトップリーグ、個人的にヤマハの木曽選手がLOをやらないか注目してます。3列目に箕内選手、伊藤剛臣選手を復帰させて大野‐木曽もしくは木曽‐熊谷のLO陣が組めれば幾分スクラムも安定できるのではと思います。今季のヤマハにはリコーからフェヌキタウ選手が加入したのでちょっと期待してます。

    投稿: はり | 2006年9月 8日 01:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11801164

    この記事へのトラックバック一覧です: タックル数:

    » [Rugby] エリサルドHCのバイヨンヌ・アドバイザー兼務の件 [k@tu hatena blog]
    太田GMのブログにはこう書いてある。 肩書きはスポーツマネージャーとありますが、彼曰く、“アドバイザー”の役割で現場のコーチングスタッフに日本代表活動が休止している時間に助言をする役割との事。 日本代表チームのスケジュールを最優先し、代表の活動になんら支障... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 8日 17:34

    « 東条キャプテン | トップページ | ジャパンのこと »