« 関西大学リーグ | トップページ | お薦めマッチ_0929 »

ウイング

Wtb

きょうは神戸製鋼コベルコスティーラーズの灘浜グラウンドにて、大畑大介選手の取材をしてきた。写真は、大畑選手と、瓜生靖治選手の男前ウイング(WTB)コンビ。大畑選手は怪我で出遅れているが、左足のふくらはぎの状態はほぼ大丈夫なようで、あとは右手中指がもう少し。この2人が、そろい踏みするのは、10月8日の長崎・かきどまりでの、トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦になるかな? いずれにしても、大畑選手もまもなく復帰。今週の土曜日には、元木選手、松原選手も復帰予定で、ようやくいつものメンバーが揃ってくる。

今回は、10月25日発売予定の「ラグビークリニック」の取材で、大畑選手に彼独特のウイングの考え方やトライの取り方などを聞いた。ディフェンスの選手をどうかわすか、どうすればトライを量産できるのか。興味深い話があったのだけど、取材の最初に、なぜ大畑さんはたくさんトライを獲れるのですか? と質問すると、笑顔で「人間性でしょう」との答え。「だって、信頼できない人間にパスなんて回さないでしょう」。このあとの面白い話は、ぜひ雑誌でお読みください。グラウンドで実演もしてもらったのだが、興味深かったのは、大畑選手は足の運びなどにあまり深く気を使っていないことだった。それより走るコースとか、スピード重視なのである。このあたりのことも、ラグビークリニックに詳しく書きたいと思います。

ラグビーにおける、ウイングの大きな役割といえば、トライを獲ることである。最近は、ウイングを、オープンサイド、ブラインドサイドに分けるチームが多く、ブラインドサイドウイングは、FW的な役割もあって、その動きは多様化しているのだけど、やはり観ている側にとっては、快足を飛ばしてゴールラインに疾走するウイングは華やかで憧れる。さて、大畑選手は現在、テストマッチの個人トライの世界記録「65」を持っているのだが、彼にはぜひ「100」まで数字をのばしてもらいたい。難しいけど、それくらいやれる能力があると思うのだ。11月のW杯アジア予選、来年のテストマッチシリーズで数字をのばし、W杯本大会で「80」の大台を超えるくらいまでいけると、世界的な話題にもなる。もちろん、その前に予選突破のために大活躍してほしいところだけど。

きのうの日記にいただいたコメントにもあったが、日本ラグビー史に輝く実績を残したウイングといえば、現在大阪体育大学の監督、坂田好弘氏である。1968年、日本代表がオールブラックス・ジュニアを破った試合で4トライ。翌年、単身NZ留学して、カンタベリー地区リーグのトライ王に輝いたほか、オールブラックスを7名擁していたカンタベリー州代表にも選出され、ラグビー王国の目の肥えたファンを驚かせた人だ。僕の恩師でもあるわけで、坂田さんのことを書き始めると止まらなくなるので、いつかじっくり書きたい。

ご質問に答えます。坂田先生は、体育大学の教授です。ラグビー実技や、スポーツ社会学などの授業を持つかたわら、ラグビーの指導にあたっています。関西の高校のトップレベルの選手達が関東の大学に流出していく中で、何か一つでも特徴をもった選手を集めて育て上げ、チームを強化してきました。ラグビーそのものを純粋に愛する熱い指導者です。今度のラグビークリニックには、坂田さんのインタビューも掲載されます。

お知らせ◎10月22日、埼玉で「日本にはトップリーグがある」と題するトークイベントが行われます。これは、継続的に行われるものではなく、埼玉で独自に企画されたものです。お時間のあるみなさんは、ぜひご来場ください。

主催:埼玉県ラグビーフットボール協会
http://rugby-saitama.jp
ゲスト: 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
増保輝則監督、元木由記雄選手、後藤翔太選手(予定)
司会:村上晃一
日時:2006年10月22日(日)14:00開演(13:30開場)無料
場所:さいたま文化センター大ホール
JR京浜東北線・武蔵野線 南浦和駅西口より徒歩7分)
お問い合わせ:リリー・アスレチック・クラブ
http://lily-athletic-club.com/
キャップ・ラガーズ 048-648-6808
サクラスポーツ 048-265-7836

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学リーグ | トップページ | お薦めマッチ_0929 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いいなぁ、神戸ですか。
    ようやく松原キャプテンと元木選手が復帰して、チームの雰囲気を締めて欲しいです。
    大畑選手の「信頼」という言葉。重いですね。

    投稿: サファイヤ | 2006年9月29日 22:17

    ボクの知り合いに「俊太郎」っていう名前のウイングがおります。彼がまた、今日の記事の二人に負けず劣らず男前。
    将来、海外で活躍する様になったら「ボクの名前は俊太郎。ウインガー・ボーイって呼んでください」って言いなさいねと教えています。
    彼がデミ・サカタの再来となってくれる事を祈りながら....
    最近主流のパワーラグビーも良いけれど、クレバーなサインでボールが展開され、「グイ〜ン」って音をたててウイングが走り去っていくトライは、やっぱり見応えありますからね。
    トライの後に男前ウイングがアップで映されたら、ラグビー人気の興隆に一役買うかも。
    ウイングの必須要件に「男前」追加しておきましょう!

    投稿: ナベゾ | 2006年9月29日 05:57

    そぉですかぁ、神戸に来てはちゃったんですのぉ。

    投稿: おなか | 2006年9月29日 00:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12073274

    この記事へのトラックバック一覧です: ウイング:

    « 関西大学リーグ | トップページ | お薦めマッチ_0929 »