« タックル数 | トップページ | お薦めマッチ_0909 »

ジャパンのこと

日本代表ヘッドコーチのエリサルド氏がフランス1部リーグ「アビロン・バイヨンヌ」のスポーツマネージャーに就任。これは日記なので率直な感想から書くと、ニュースを知って全身の力が抜けた。ここまで日本代表は低く見られているのか、と。冷静になるのに時間がかかった。

本人は「アドバイザー的な役割であり、ときおり現場に助言するもの」として、今回の報道に困惑しているようだが、バイヨンヌで肩書きがついたのは事実。ワールドカップのアジア最終予選を目前に控えたこの時期にナショナルチームのヘッドコーチがクラブチームのスタッフ入りというのは容認できる話ではない。日本協会は現状の代表強化について根本的に考えを改めるべきだと思う。2003年W杯で日本代表を率いた向井昭吾監督の時から、代表監督は日本協会に出向して常駐していた。それは、プロ化の進む世界の列強に追いつくには代表監督もフルタイムでなければという考えだったし、時間的なことだけでなく、気持ちの面でも代表に専念することが必要だったからだ。それでも時間的な制約がある代表強化は難しいのだ。ヘッドコーチが日本に常駐しないだけでなく、クラブとの兼務というのは、日本代表強化の後退である。指揮官がチームに専念していない状況で、選手に命がけで戦うことを求めるのは無理がある。今からでも強化体制は見直せるはずだ。

僕は、7月に発売されたラグビーマガジンの記者座談会でW杯で2勝を目指すなら「ヘッドコーチを替えるべき」と発言した。とても強豪国相手に2勝できるチーム作りとは思えなかったからだ。今回はその思いをより強くした。「結果が出なかったら交替」では遅い。それでは日本ラグビーにはダメージしか残らない。やるだけのことはやった上で結果が出ないのなら致し方ない。期待感が膨らむような強化の過程をもっと重視すべきだ。全身全霊をかけて日本代表の強化にあたれる人間は日本国内にもいる。

いま、全国各地のラグビー関係者は懸命にラグビーの普及活動にあたっている。それでもなかなか競技人口、観客は増えない。これらは日本代表が魅力的で強くなれば解決できる問題だ。今の日本ラグビーでもっとも大事なのは日本代表の強化である。強化にあたる当事者に課せられた責任は極めて重い。どうか、今回の問題を契機にいま一度考えてもらいたい。そして、ラグビーのために、ラグビーのことを想って、これからのことを決めてほしい。ラグビーを愛好するすべての者の代表として。

アジア予選を1位通過した場合、日本代表が本大会初戦でオーストラリア代表ワラビーズと戦うのは、丁度1年後の9月8日である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « タックル数 | トップページ | お薦めマッチ_0909 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    愛好日記いつも楽しく拝見しています。
    あまりにショックで何か意見を表明したく書き込みしました。
    ジャパンを応援する気持ちが失せてきました。
    普段穏やかな村上さんまで
    語気を強くして発言するとは・・・。
    大問題です。


    「容認できる話ではない」と仰ったのは今回の問題だけが原因で無いのでは?
    エリサルドHCが就任してから何度も代表強化に問題があったのではないかと推察します。
    だとすればどんな問題があったのでしょうか?
    話せる範囲で教えて欲しいのです。

    投稿: wani | 2006年9月 9日 23:19

    このブログはいつも読ませていただきましたが、今回、初めて書き込みをさせていただきます。

    いつも、優しい文体の村上さんが、ここまで強い語調で書いたラグビー愛好日記は記憶にありません。
    日本ラグビー協会は正直言って「なめられている」ということを認識しているんでしょうか?
    協会だけではなく、日本ラグビーそのものが、ラグビー強国のフランスから来たヘッドコーチには「球遊び」くらいにしか映らないんでしょう。

    ここまでコケにされて、エリサルドジャパンを応援できますか?
    選手達だって桜のジャージを着て命を懸けて戦えますか?

    村上さんの立場からは、非常に書きづらい内容だったと思いますが、英断を支持します。

    投稿: つかちゃん | 2006年9月 9日 22:34

    1日経っても、この気持ち悪さが直りません。
    自分の中で言葉に出来ないもやもやした想いを、村上さんが的確に表現してくれたのがせめてもの救いです。
    今フランスで働いています。フランス代表はこの秋もNZなどとのテストマッチが目白押しです。冬には6 Nations もあります。W杯に向けて強豪国は着々と強化を進めています。
    また、会社に上記テストマッチ・シリーズや来年のW杯のチケット販売のDMが来ました。スポンサーのソシエテ・ジェネラルは本店に巨大なW杯の看板を立てたり支店でスティッカーを貼ったりしています。
    代表、協会、関係者、スポンサー、それぞれがW杯の成功とフランス代表の優勝を目指して懸命な努力を続けている様子が伝わってきます。
    一方の日本は、大事な予選前にHCが一クラブチームのスタッフ入りですか?それを協会が「代表の活動に支障なし」と容認ですか?
    むしろHCなんてレベルではなく、協会トップを更迭すべきでは?

    投稿: OvL | 2006年9月 9日 20:43

    エディ・ジョーンズやヒディンクの一流クラスと、何の実績も無いエリサルドを同列には論じられないでしょう。
    ジャパンを強くしてからなら、多くのラグビーファンも納得するのではないですか。かえって、ジャパンを強くしてくれた監督が他でも招聘されたと誇らしく感じるかもしれない。ま、気分だけは一流監督のつもりかもしれないが。

    投稿: 赤ペン先生 | 2006年9月 9日 18:05

    はじめまして
    当件について心情的に釈然としないのは小生も同じですが、どなたかちょっと教えていただきたいことがあります。

    豪州代表の監督をしていたエディ・ジョーンズ氏が同時期にサントリーの技術顧問みたいな肩書を以って指導に来ていたような記憶があり、似たようなケース=よくある話なのではないかとも考えましたが如何なところでしょうか?

    会社のトップが別企業の社外取締役を兼ねていることもよくあるので、(残念ながら)法律上はフルタイムで兼業禁止の拘束を契約に加えてあるか否かの問題だけのようにも捉えてしまえるのではないかと・・・
    でも、やっぱり力が抜けてしまいますね・・・

    以上、愚見とおうかがいまで

    投稿: tarosa | 2006年9月 9日 14:00

    村上さん、教えてください。我々に一体何ができるのでしょうか?

    子供にラグビーをやらせています。子供たちにラグビーを教えています。

    でも、子供たちが憧れるのはジャパンではありません。

    今回のHCの件、子供にどう説明すればいいのでしょうか?

    投稿: 異国の地より | 2006年9月 9日 12:16

    エリサルドが下した決断に協会の方々は即クビにすべきなのに・・・
    本人は代表監督を辞めたいので協会を煽ってるんじゃないですか?
    だったらクビにすべきです
    強豪国は強さの蓄積をしているのに対し日本は監督変われば1からやり直し。これでは強くなりません。
    今クビにしないとW杯に間に合いません。協会の方、英断を・・・

    ps
    一番モチベーションが下がったのは代表選手だと思います。

    投稿: ホルスタイン | 2006年9月 9日 08:25

    初めて投稿させて頂きます。
    私も村上さんと同感です。以前よりエリサリドの発言と代表監督としての姿勢には、強く違和感を感じておりました。今回の件は契約がどうこうではなく、単純に本気で日本代表監督をやる気があるかどうかの問題だと思います。やる気のない監督とは共に戦うことなど出来ません。
    日本協会に対してエリサリドの解任と今回の騒動に対する説明を強く要求します。

    投稿: musao | 2006年9月 9日 06:29

    記事を拝見して、留飲が下がり、涙まで出そうでした。本当にその通り。まったく異論なし。
    バンカー宿沢氏の成功例もある。でも、世界のラグビーはTVマネーとの絡みなどもあり、急速に進化している。TLも進化している。常駐専門、24時間日本代表のことを考えている人がいい、それなら負けても納得できる。
    エリサルドと日本は、いい出会いが出来なかったのだと思いたい。あの人ももっと気持ちよく仕事ができれば、乗りに乗って、日本人のラグビーへの想いを誠実に受け止め、もっと献身してくれたと思いたい。
    だが関係がこじれたのだ。「首を切るなら切れ」というメッセージだと考える。ラグビー愛を持った、熱い人。ラグビー馬鹿。ラグビー日本代表に身を捧げられる人。そういう人に、残り一年を賭けてほしいよ。

    投稿: ラグビー愛 | 2006年9月 9日 03:56

    昨年春依頼1年半このブログを毎日楽しみに拝見しております。コメントをすることはほとんどありませんでしたが、今日こそは書き込まずにはいられません。W杯はもう1年後ですが、対ワラビーズ戦でジャパンが歴史的大敗という悪夢がまたもや現実になりそうです。そうなった場合間違いなく1年前である今が問題になるでしょう。秋のアジア予選やテストマッチの結果を見てから、HC交代となった場合、チームを強化できないままW杯を迎えることは目に見えてます。「共に戦え」というキャッチフレーズも、アドバイザーとはいえ兼任のHCに対してサポーターは思い入れを感じることはできません(就任わずか二ヶ月でもオシムのほうが信頼が持てるくらいです。)。ここは日本代表に命をかけるという姿勢の意味からもバイヨンヌマネージャーを撤回しフルタイムでジャパンにつくすか、撤回しない場合はアジア予選を待たずに更迭するべきではないでしょうか。

    投稿: Sasa | 2006年9月 9日 02:02

    私も皆さんと同感です。
    日本協会の責任者は、問題なしと言っているようですが、皆さんが事例を挙げているように、片手間になることは間違いないと思います。
    P5Nの時のこのHCのコメントから、何故、このような人物に日本代表を任せたのか非常に疑問でしたが、今回の出来事は、その思いを強くしました。

    正直言って、最近の日本協会の対応は、本当に強くしようと考えてるのか分かりません。
    ただ、コトバなどでファンを煙に巻いているようにしか見えません。

    私もラグビーを通じて、多くのものを得ました。異国でのコミニュケーションにもなりました。
    この素晴らしいスポーツを、知らない人に知ってもらいたいと思っています。そのためには日本代表が強くなるのが最善の方法だと思っています。

    アジア予選では圧倒して突破、W杯で2勝を目標にするなら、首をすげ替えるしかないでしょう。

    投稿: かつお | 2006年9月 9日 00:35

    皆さんのおっしゃるとおりです。二足のわらじをはいて、良い結果がえられるわけはない。今までもエリサルド氏のコメントを聞いて違和感を覚えたことは多いはすです。選手ならなおさらでしょう。こんなHCのもとで戦う選手が気の毒でなりません。
    即刻更迭を求めたいと思います。
    そのために何をしたらよいのでしょうか。

    投稿: メリ- | 2006年9月 9日 00:18

    情けなくて涙が止まりません。
    日本代表は全てのラガーの目標であると思っていたし、自分が到底そうはなれないことがわかってからもできる限り会場に足を運び応援してきました。HCの行動やそれを容認する協会は一体何を考えているのでしょう? ただでさえ右肩下がりのファン数を一気に絶滅させたいとでも思っているのでしょうか。こういうのを「自殺行為」と言うのです。
    村上さん、ラグビージャーナリストとして渾身の力を奮ってください。あらゆる人脈を駆使してください。我々ファンを指揮してください。このままでは日本のラグビーは絶滅してしまいます。

    投稿: 元杉並ラガー | 2006年9月 9日 00:07

    本当に腹が立ちます。
    いままでGMのブログに思う所を書いてきましたが、協会に直接電話しようと思います。
    こんな人しか撰べないのでしょうか?
    どうでもいいならともかく2勝を目標とする代表チームの監督が兼任などというチームが今現在あるでしょうか? 要するになめられている、ということです。即刻ヘッドコーチを変更するべきです。

    投稿: KIN | 2006年9月 9日 00:01

    中学・高校の監督に「お前らが強くなればジャパンのレベルも上がるんだ。だから死ぬ気で練習しろ」と言われてきました。
    高校を卒業してしばらくラグビーから離れてましたが、去年の日本選手権のタマリバ対早稲田を見て監督の言葉を思い出しました。そして今再びラグビーをしてます。
    俺にもジャパンにできることがあるかもしれないと。
    俺がジャパンに選ばれることは絶対になくても、底辺で頑張れば…。
    そんな風に考えているのに上がこれでは力が抜けてしまいます。
    ファンが大きな声を出しても協会には届かないのならば、村上さん、もっと大きな声で協会に訴えてください。
    お願いします。
    このままではラグビーに絶望しそうです。

    投稿: さんかく | 2006年9月 8日 23:50

    はじめまして。こんにちは。
    よく拝読しておりましたが、書き込むのは初めてになります。
    村上さんの文章に、いつも頷くことしきりです。

    いつもはロムラーでしたが、今回だけは書かせていただきます。

    私は『ラグビーマガジン8月号』(だったと思いますが)のアンケートにて、
    「エリサルドHCを支持するか?」と言う問いに「支持する」と答えたものです。
    いや「支持」と言うよりも、「HCを変えるにも、WC予選までもう時間がないので、心中するしかない」と回答しました。

    しかし。
    事、此処に及ぶに至り、もうエリサルド氏を変えてください。
    たまりません。

    今回のエリサルド氏の行動が認められるならば、オシム氏はジェフ千葉をやめる必要なんかなかったのです。
    野村克也氏は、シダックスを辞める必要はなかったのです。
    代表監督が、別の仕事、しかも代表の強化には何にも資さないポストに就くなんて、正気の沙汰ではありません。

    もうこれ以上、ジャパンを貶める事はやめてください。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年9月 8日 23:50

    太田GMのブログにも同趣旨のことを書きます。これはもはや契約違反、損害賠償請求の問題です。ヘッドコーチとの契約上のプロフェッショナルとしての義務違反が追求できるはず。そのような条項がもし含まれていない契約であるなら、それを締結した協会の責任を徹底的に追求品ければならない。バイヨンヌは必ずや契約上エリサルデにフルタイムの業務を要求して来るに相違ないのだから。

    投稿: にし | 2006年9月 8日 23:38

    ここまでなめる人物も人物なら、それを認める協会も協会ですね。

    ファンならず、選手もモチベーションが下がるでしょう。
    日本代表を辞退する選手も出てくるのではないでしょうか。

    投稿: たこ | 2006年9月 8日 23:22

    ジャパンのHCについては春シーズンの
    自らに責任がないかのコメントから交替
    すべきとブログ等を通して訴えてきましたが、
    今日のニュースには唖然でした。
    一刻も早くジャパンに愛情を持って接して
    くれる専任のHCに交替されることを切望します。

    投稿: 瑞穂 | 2006年9月 8日 21:55

     まったく同感です。力が抜けて捨て鉢にもなりかけましたが、ファンとして「07W杯はもういいや」と諦めるのは絶対に嫌です。選手にとっては、その年齢で迎えられる一生に一回のW杯なのだから。
     太田さんのブログにも書きましたが、まず協会にもっと多くの説明を求めたいです。具体的には
    ●なぜファンからの指摘があってから状況を説明するのか
    ●「オファーがあったことは聞いて」いたとのことだが、その時どう反応したのか
    ●「代表の活動になんら支障はないと確認」できた根拠は何なのか
    ●このような兼務を許す契約を認めた責任者は誰なのか
    以上です。

     もし、一ファンである僕にできることがあればできる限り協力します。(例えば署名、その運動費捻出のための募金、など)
     今年春から続く諦めムードは加速する一方ですが、今できる改革があれば、今するほうが絶対いいはずです。

    投稿: のびた | 2006年9月 8日 20:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11810908

    この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンのこと:

    » 怒り心頭!  [RIKIMARUBLOG]
    ジャパンのヘッドコーチ・エリサルドがフランスのクラブチームの スポーツマネージャ [続きを読む]

    受信: 2006年9月 8日 22:37

    » 怒り心頭!  [RIKIMARUBLOG]
    ジャパンのヘッドコーチ・エリサルドがフランスのクラブチームの スポーツマネージャ [続きを読む]

    受信: 2006年9月 8日 22:39

    » エリサルド [akapensensei]
    エリサルド追放作戦 [続きを読む]

    受信: 2006年9月 9日 03:10

    » [ラグビー]エリサルドっ!! [Dickersonの夢]
    家のパソコンが故障して以来すっかり情報収集能力が低下してしまった。 エリサルドクラブ兼任というニュースも、今朝の新聞の小さい記事で知った。 私は、春のジャパンの総括で、エリサルド続投を支持する日記を書いた。 彼を解任して、再びゼロからスタートするよりは、続... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 9日 16:38

    » 迷走、極まれり!〜ラグビー日本代表HC問題〜 [スポ狂おっさん徒然記]
    ここ数年、ラグビーが 大きな記事になることといえば、、、 「○○選手、六本木で暴行事件!」とか、 「関東協会が脱税!」とか、 ネガティブ全開なことばかり で、またも出ましたよ呆れる記事が。 以下、サンスポ.comより抜粋 日本代表HCエリサルド氏、仏クラブチーム幹部に就任 ラグビー日本代表のヘッドコーチ、ジャンピエール・エリサルド氏(52)が、 仏1部リーグ、アビロン・バイヨンヌのスポーツマネジャーに就任することが7日、分かった。 〜中略〜 日本協会は兼務を容認する構え。 エリサルド氏は「日本代表の... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 9日 21:02

    » 迷走、極まれり!〜ラグビー日本代表HC問題〜 [スポ狂おっさん徒然記]
    ここ数年、ラグビーが 大きな記事になることといえば、、、 「○○選手、六本木で暴行事件!」とか、 「関東協会が脱税!」とか、 ネガティブ全開なことばかり で、またも出ましたよ呆れる記事が。 以下、サンスポ.comより抜粋 日本代表HCエリサルド氏、仏クラブチーム幹部に就任 ラグビー日本代表のヘッドコーチ、ジャンピエール・エリサルド氏(52)が、 仏1部リーグ、アビロン・バイヨンヌのスポーツマネジャーに就任することが7日、分かった。 〜中略〜 日本協会は兼務を容認する構え。 エリサルド氏は「日本代表の... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 9日 21:04

    » エリサルド [akapensensei]
    エリサルド追放作戦② [続きを読む]

    受信: 2006年9月 9日 23:20

    » TL第2節についてとエリサルド氏のこと [ココロミ]
    トップリーグも、第1節の結果も書かけずに、もう第2節が始まってしまいました。今回は、その第2節のゲームについて、特に神戸製鋼対クボタ戦を中心と、“寝耳に水”の日本代表のエリサルドヘッドコーチ“二股”契約の件にも、もちろん触れています。神戸製鋼に関しては、とにかく、勝ってくれー! という気持ちです。地元でいいゲームをして、神戸に『神戸製鋼のラグビーあり!』という所を見せてください! ルーキーで初スタメンの「オガジン」ことWTB小笠原仁選手、思い切ったプレイ、大きなプレイをしてください。このゲームのプレ... [続きを読む]

    受信: 2006年9月10日 01:21

    « タックル数 | トップページ | お薦めマッチ_0909 »