« お薦めマッチ_0916 | トップページ | 松本城 »

アルウィンの激闘

土曜日、僕は松本に行った。松本平広域公園総合球技場(アルウィン)でのトップリーグ2試合を見るためである。三洋電機ワイルドナイツのグッズ販売のテントに榎本キャプテンを発見。

あれ? どうして? 
「あっ、今年からこれが役目なので」
いつのもことながら、榎本キャプテンには煙に巻かれてしまう。怪我からまもなく復帰のようなのだが、本人は「僕は温存されているんです」と言い張っている。

小雨が降りしきり、半袖では耐えられないほど肌寒かったが、グラウンドの戦いは熱かった。

まずはセコムラガッツがNECグリーンロケッツに、互角の好勝負を見せる。互いに2トライずつの13-17で前半を折り返し、後半5分には、SOアパヌイが約40mのPGを決めて16-17と1点差に。しかし、ここからNECの粘り強さが出て、セコムゴール前のラインアウトからのモールを押し込み、FLマーシュがトライ。24-16と引き離すと、あとはSOヤコ・ファンデルヴェストハイゼンのキックで陣地を挽回しつつ、最終的には4トライを奪って勝ち点「5」をゲットした。セコムはディフェンス面でもよくプレッシャーをかけていたが、後半開始早々にFWの軸であるFLカウチが膝の負傷で退場したのが痛かった。それでも、十二分に勝利の可能性を感じさせる戦いぶりだった。

さらに熱かったのが第2試合のクボタスピアーズ対三洋電機ワイルドナイツだ。前半1分、クボタSO伊藤が先制PG。クボタFWがNO8ケフを軸に圧力をかけていく。三洋はつなぎのミスが出て、なかなかリズムに乗れない。CTB渡海谷のトライと伊藤のPGで、前半27分の時点で13-0とクボタがリード。しかし、三洋もWTB北川の2トライで14-13と逆転に成功する。34分の北川のトライは圧巻だった。ハーフウェイライン付近からのカウンターアタックで次々にタックラーをかわして50mを走りきってしまったのだ。彼のスピードは桁外れである。50m5秒7の俊足はこれからも各チームの脅威になるだろう。

流れは三洋にかたむき、後半の立ち上がりも三洋ペースだったが、ここでクボタが粘り、一進一退の攻防で試合はもつれる。後半18分、三洋SO入江のPGで、20-20の同点。以降は、両チームが意地を見せ、緊迫のせめぎ合いが続いた。試合を決めたのはクボタSO伊藤だった。後半37分、CTB吉田の防御背後へのパントを追いかけると、三洋陣22mラインを越えたところでボールが胸にすっぽり。そのまま走りきって、インゴールになだれ込んだ。これで25-20とリードしたクボタが、しぶとくタックルして逃げ切った。実は、伊藤はこの直前にインゴールにボールを持ち込んだ際にノックオンと判定されており、悔しいミスを自ら取り返したことになる。CTB吉田英之の瞬時に間合いを詰めてのタックルは、たびたび三洋のチャンスの芽を摘んだ。互いに攻め合う、いい試合だった。

試合後、観客席で涙するクボタの副部長・荻窪さんの姿があった。昨年はチームを率いながら勝ち運に恵まれなかっただけに、選手達の頑張りに感極まったようだった。クボタは4節でサントリーと対戦する。これ、面白い試合になりそう。

試合途中、ヤマハ発動機ジュビロがリードされているという情報が入った。驚いたが、それだけトップリーグの実力は拮抗しているということだ。コカ・コーラの戦力は、上位チームもけっして侮れない。今後も上位崩しを狙ってもらいたい。サントリーは大勝。ヤマハ戦の敗北からいいリスタートを切った。

取材後、元東芝府中ブレイブルーパスの日原大介さんに会う機会があった。トップリーグ初年度の得点王であり、昨季はSOとして東芝の3冠達成に貢献した。この春、東芝を退社し、家業を継ぐために山梨に帰っていたが、今は、薬卸の会社、やまひろクラヤ三星堂・松本支店に勤務。将来のための修行中だ。体重が5キロほど減ったらしく、細く見えたけど、ジムには通っているらしい。「15年間、毎日汗をかいていたのに、汗をかかないということが気持ち悪くって」。きっと、そのうちクラブチームで始めるんだろうなぁ。

◆トップリーグ第3節(9月16日)試合結果
サントリーサンゴリアス○56-15●日本IBMビッグブルー(前半14-3)
セコムラガッツ●21-31○NECグリーンロケッツ(前半13-17)
クボタスピアーズ○25-20●三洋電機ワイルドナイツ(前半13-14)
ヤマハ発動機ジュビロ●13-22○コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半13-8)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0916 | トップページ | 松本城 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    土曜日の結果を見て、どれも中継で見てみたかったなぁと思いました。数字だけでは分からない熱い攻防があったんだろうなぁと想像すると、それだけでワクワクします。
    それと、セコムの披露したウォークライをHPの動画で見ました!どうしても真っ先にY選手の表情を確認してしまいます(笑)さすがにあの場は真剣でしたね。当たり前か。

    投稿: | 2006年9月17日 10:06

    まだテレビ桟敷でも観ておりませんが、スタンドの埋まり具合はいかがだったのでしょう。盛り上がっていたのでしょうか?
    地方巡業がどんどん増える方向の様ですが、相撲のみたいにファンサービスしまくって、観客動員増やしてもらいたいです。東京近辺が減っちゃうのは寂しいけど。
    せめてサッカーのW杯で作ったスタジアムは使える様になるといいですね。更にスタンドの空きがあんまり目立たぬ位になれば、スポーツニュースでトップリーグの結果が報道される様になり、村上さんの週末の負担が少し軽減されますからね。

    投稿: ナベゾ | 2006年9月17日 06:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11925140

    この記事へのトラックバック一覧です: アルウィンの激闘:

    » コカ・コーラウエストがヤマハに勝利 [徒然なるままにMの戯言]
    S岡新聞より。 ■ヤマハ発動機、逆転負け 開幕3連勝ならず ラグビーのトップリーグ第3節第1日は9/16、ヤマハスタジアムなどで行われ、ヤマハ発動機ジュビロはコカ・コーラウエストレッドスパークすに13―22で逆転負け... [続きを読む]

    受信: 2006年9月17日 15:12

    » TL第3節セコム他 観戦記 in松本アルウィン [あなたとノーサイド♪日記]
    松本アルウィンにてトップリーグ観戦。 セコムVSNEC、三洋VSクボタと、TL第3節の2試合でした。 地元出身のセコム今井選手(岡谷工→東海大)は後半30分から出場、 この日一番の声援を受けていました。 試合は残念... [続きを読む]

    受信: 2006年9月25日 17:15

    « お薦めマッチ_0916 | トップページ | 松本城 »