« 関東学大、快勝 | トップページ | 木曽&田井中 »

壮行試合

11月4日、秩父宮ラグビー場にてワールドカップ2007アジア地区最終予選壮行試合として、日本代表対オーストラリア首相XV(フィフティーン)が行われることが発表になった。また、同日は「日本協会80周年記念パーティー」も開催される。

詳しくはコチラをご覧いただきたい。オーストラリア首相XVとは、オーストラリアのジョン・ハワード首相による選抜チームで、第2回ワールドカップ優勝監督のボブ・ドワイヤー氏が監督を務めるもの。メンバーは、元オーストラリア代表選手と、有望な若手選手で構成されるという。本来なら、非常に楽しみな企画であり、「11月4日は秩父宮へ!」と盛り上げたいところなのだが、現在、日本代表ヘッドコーチ問題があって、素直に喜べないのが残念。この時期に発表しなければいけなかった担当者のことを思うと胸が痛む。

水曜日夜のオックスフォード大学対関東学院大学の試合会場で、日本協会の真下副会長を報道陣が囲み取材する機会があった。日本代表ヘッドコーチ問題については、「まだ詳細が明らかでない」として、太田GMの帰国を待って「世界八強会議」で今後のことを検討し、人事の問題に発展すれば緊急理事会の招集もある、とのこと。手順を踏むということなのだが、いまこの問題には迅速な対応が求められている。一刻も早く、良識ある毅然とした決断を下してもらいたい。もし、なんの解決策もとらなければ、壮行試合も80周年も、本来ならその開催を最も喜ぶべきファンのみなさんの支持を得ない、寂しいものになるだろう。日本代表をサポートする人達がひとつになれるような再スタートの場にしてもらいたい。もし、ラグビー協会関係者で、この問題について僕が書いた日記を読んでいない方がいたら、『最近の記事』の「ジャパンのこと」「ジャパンのこと2」をお読みください。

連日、原稿の締切に追われていて、やっとこさで先週末のトライネイションズの最終戦をじっくり観た。遅っ。南アフリカ代表スプリングボクスが、ジョハネスバーグにオーストラリア代表ワラビーズを迎え撃った試合は、拮抗した展開。前半は3-3。ワラビーズが連続攻撃を仕掛けて、南アがディフェンスで粘るという、この両者の戦いではいつものパターン。南アのSOプレトリアスは前節に続いてキックを軸にしたゲームコントロールで勝利を導いた。後半12分にはドロップゴールで12-10と逆転し、SHデュプレアがPKからの速攻で点差を広げた。FLスピースは速い。初キャップのFBピーターセンも柔らかい走りでチャンスを作り、ポールセのトライにつなげていた。ワラビーズNO8パルーも攻撃面では迫力があった。これでトライネイションズは終了。秋のテストマッチシリーズを楽しみに待とう。

◆トライネイションズ最終戦(9月9日 ジョハネスバーグ エリスパーク)
南アフリカ代表スプリングボクス○24-16●オーストラリア代表ワラビーズ

【愛好情報】15日朝の東京中日スポーツで、大学ラグビー特集があるようです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関東学大、快勝 | トップページ | 木曽&田井中 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    5月に市原の日本エアロビクスセンターにてジャパンの合宿がありました。そのときに二人の息子(ラグビースクール生)を連れて見学した時は、HCの熱い指導に感心したのですが・・。 残念です!今、日本のラグビーに携わる皆さんが落胆していることでしょう。 でも、私はあきらめません。 息子達には、ラグビーは走るスポーツ。だから走ることが大事!それとタックル!この事を教えつづけています。 あきらめずに今から立て直せばいいんです。 外人監督が駄目なら熱いハートを持った日本人でも良いのではないですか?その昔、無名選手が多かった新日鉄釜石のように。海外のいいところは取り入れて日本人の特徴を生かしたスタイルで勝負してみたらどうでしょう。 ジャパンの皆さん、もちろん結果も大事ですが、わくわくするようなタックル見せてください。よろしくお願いします。その必死のタックルが日本のラグビーを救ってくれる気がします。

    投稿: CRS kobayashi | 2006年9月16日 06:57

    早速トーチュー購入するも、法政の記事が全く無く超ガッカリっす。。。
    今年は2強どころか選手権もヤバイって下馬評なんで。。。

    投稿: たけちゃん | 2006年9月15日 13:41

    ラグビー人気回復のために,もっと清宮監督を使って,メディアにトップリーグを売り込んで,11月4日,秩父宮が満員になるといいなぁ。
    清宮監督嫌いの人もいるでしょうが,人気回復のためには利用する価値ありです。

    投稿: ラグビー大好き | 2006年9月15日 13:40

    はじめまして。
    コメントがずれてしまうのですが元オーストラリア代表選手と、有望な若手選手で構成されるチームがあることに驚きました。代表では出来ないけど別枠でそういうチームを作ってることで伝統は受け継がれていくんだろうな~

    投稿: 大ちゃん | 2006年9月15日 08:51

    マシモ専務理事か〜  あの人、ちょっと鈍いですよね。世間様(否、世間と言うにはあまりに認知度が低いですか...)が協会の事を白眼視しているのに気づいていないだろうと思う様な言動が、これまでも多々見受けられました。
    パネリストとして参加したあるトークショーで、女性パネラーに「私の言ってる事分かりますか?」って、それ、やんわり『バカ』って言われてるんだよ!
    最近、組織として危険だなあと感じる事は他にも有ります。過日報道された関東協会の脱税事件。本来なら迅速にHP等で釈明なり謝罪なりすべきところですが、全く知らんぷり。日本協会とは独立しているから干渉しないなんて理屈にもなりません。
    こういう所からこつこつと突っついていって、腐った体質をリフレッシュしないと、代表に選ばれる選手が可哀想です。

    投稿: ナベゾ | 2006年9月15日 06:06

    最終予選壮行試合ですが、確か
    春の段階では、在住外国人選抜の
    チームとの壮行試合の予定だったと
    思うのですが変わったのでしょうか
    もしご存知なら教えて下さい

    投稿: 瑞穂 | 2006年9月15日 05:14

    エリサルド氏の問題について、きちんと「書き続けて」いらっしゃる村上氏の姿勢、頭が下がります。言葉は悪いですが、きちんと「首を取る」まで、見届けて欲しいですね。

    「手順を踏んで」渡仏されたのは、まあ悪いことじゃないとは思うのですが、8強会議がどうこうとかで、うやむやに誤魔化されたくはないです。

    投稿: ラグビー愛 | 2006年9月15日 02:52

    エリサルドさんの心は日本にないのでしょうか??
    僕の意見としてはヘッドコーチをウェールズのコーチだったラダックさんにしてもらいたかったのですが・・・
    僕は今20歳で正直昔のラグビーはあまりわからないのですが、間違いなく細かいパスでつないでトライを取るラグビーをすべきだと思っています。また、そうじゃないと勝てないと思います。
    ジャパンの試合についてオシムジャパンみたいにいろんなところで話せるような強いジャパンをリアルタイムでみたいです。

    投稿: こーた | 2006年9月15日 00:34

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11891224

    この記事へのトラックバック一覧です: 壮行試合:

    » エリサルド [akapensensei]
    エリサルド追放作戦⑦ [続きを読む]

    受信: 2006年9月15日 00:22

    « 関東学大、快勝 | トップページ | 木曽&田井中 »