« 賢明な判断を | トップページ | スッキリしたい。 »

結論持ち越し

20日の午後6時半から日本協会にて「世界8強進出対策会議」が約1時間50分にわたって行われた。会議後、強化担当理事の浜本氏が、8強会議に人事についての決定権はないという前提で、報道陣について会議の経過を報告。この会議には日本協会の真下副会長も出席しており、これを答申として日本協会三役に報告し、必要があれば臨時理事会が招集されることになる。浜本氏の会見の骨子は以下の通り。

「エリサルド体制に厳しい意見が多かった。解雇という意見もあった。日本代表ヘッドコーチのポジションは重いもので、兼業できるようなものではない。ただ、日本代表を強くするために何がいいのか議論したが、ここまでエリサルド体制でやってきたことをぶっつり切ることは避けたい。バイヨンヌをすべて辞めて日本代表に専念してほしいと、再度、文書で要請する。太田GMに対して彼が言ったことは文書で残っていないので、しっかり文書でやりとりしたい。彼の答えが再度NOだったときは処置を考える」

これについて、報道陣からは、日本代表に専念すると言えばエリサルド体制は続くのか?という質問があったのだが、「その可能性もある」と明言は避けた。

今回の会議ではっきりしたのは、兼業は認められないという意見が統一されたこと。この要請に対して、エリサルド氏が「日本代表に専念する」と前言を翻すことは考えにくいので、彼は去る方向にいくことになると考えるのが妥当だろう。いずれにしても、この会議の答申を協会三役が受けて、ことが運ぶことになる。取り急ぎ、ご報告まで。意見はまた明日にでも書きたいと思います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 賢明な判断を | トップページ | スッキリしたい。 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    報道陣に説明 とありますが、
    報道が 全然されてないのですが、
    報道陣って 沢山 いたのでしょうか???
    記事にする程の ないようでは ないのも 分かりますが、 さみしい ですね・・・

    投稿: さんぼ | 2006年9月21日 09:31

    浜本さんという方、日本代表強化担当の理事であり代表チーム事業部の事業責任者ですよね。当然、代表チームの強化に関する予算執行を含めた権限を与えられ(会長から委任され)ているはずではないでしょうか?
    日本代表HCの人事についても、事業責任者としてかなりの権限を持たれているはずかと....今回、太田GMに渡仏を指示されたのは浜本理事なのではありませんか?GMの出張費用を支給しなければなりませんからね。それをいまになって文書で残っていないから駄目、はないと思いますよ。出張費の無駄使いじゃないでしょうか。バイヨンヌの件が報道された段階で、まず事実関係についての照会を、浜本理事名の文書で行っておくべきでしたね。自らの怠慢を糊塗する行為は誠意に欠けます。無責任としか言いようがない。

    投稿: マスター | 2006年9月21日 09:07

    デミ坂田もどきさん

    兼任している人がエディーさんの他にもいたら、それは容認できることって判断ですか?
    みんなやってるからいいだろうって?
    随分と稚拙な判断基準ですね。

    投稿: ナベゾ | 2006年9月21日 08:52

    がっかりしました。何らかの結論が出て先に進むと思っていたのですが?
    そんなに、時間はないと思うのですが?
    日本のラグビーに、ますます萎えてしまいそうです。
    8強会議に、ナショナルチームのHCはでないんですか?それも不思議なんですが。

    投稿: FL7 | 2006年9月21日 07:27

    この期に及んで「八強」って、よくもまあ公言出来るものだと、メンバーの皆さんや理事の方々の厚顔振りに驚きです。世間様に白眼視されている事を認識していない様ですから、誰かが教えてあげなくては。まるっきり「裸の王様」の寄り合い所帯なんですね。これじゃ「発狂会議」だ。
    開かれた日本協会、実務に対応出来る日本協会へ向けての改革に、このサイトからレジスタンスの狼煙を上げましょうよ。
    先ず手始めは、みんなで北青山に集結し協会の玄関前で抗議行動やりましょ!

    投稿: ナベゾ | 2006年9月21日 04:13

    村上様。
    いつも拝読しております。
    他に情報無いため、貴殿の記事から
    コメントなど引用させて頂きました。
    トラックバックもさせてもらっています。

    投稿: bu-ha | 2006年9月21日 02:55

    文章の方が重いのでしょうか、フランスまで会いに行くことの方が重いのでしょうか…。

    こんなことなら行く前か、太田氏がエリサルドに会うフライト中くらいの時間に日本で、「文書を面談時に取りなさい」と、会議で意見を出し合って、合意しておくべきでした。

    会った報告で、「文書がいる」。これでは頭がいいというより、頭が悪くないですかね? 情けないです…。また外国に笑われます。

    プレイヤー上がり、審判上がりで、頭の悪い人たちが運営しているって…。涙が出そうです。文書なんて今さら要らないですよ。もう解任すべきです。村上様、頑張って下さい!!!

    投稿: ラグビー愛 | 2006年9月21日 01:39

    バイヨンヌのスポーツマネージャーとして、南アフリカの選手を獲得したことに関してコメントだしてましたよ。
    もうバイヨンヌと契約書を交わしたのは間違いないでしょう。それを今更契約破棄できるのかな? 欧米は契約書に関しては、日本ラグビー協会のようにぬるくはないですよ~。まあどっちか捨てろといわれたら、日本代表を捨てるんでしょうけどね。

    よくもそんなパートタイマーヘッドコーチを招聘したもんだ。春のテストマッチ終了後に解任のチャンスがあったのに。続投賛成派の役員も一緒に解任するほうがいいですよ。日本のラグビーは、ハード面が全くなってない!

    投稿: サーファー | 2006年9月21日 00:48

    今回の件は関心を持って拝見してきました。日本ラグビー協会の実力がこの程度か・・・というのが率直な感想です。慎重な対応は大事だと思いますが、今回の対応で多くのラグビーファン、多くの選手の気持ちがどれだけ離れてしまうのか?問題を解決する際、最も大事なことは何か?と考えた時、この結論は非常に残念なものだと言わざるを得ません。協会も闘いましょうよ。選手はいつもひたむきに闘っていますよ。それを支えるのが協会ではないのでしょうか?勝手に兼任を決めるコーチは要らないと何故はっきり言えないのか、非常に残念でなりません。

    投稿: 大田尾ママ | 2006年9月20日 23:31

    村上さん、お疲れ様です。陰ながら尊敬・注目している赤ペン先生の分析、見解にほっとする反面、不安と疑惑をぬぐえませんが。ところで、今回のHC問題、従来のラグビー・ジャーナリストの見解が村上さん以外ほとんど見かけませんでした。私の情報不足でしょうが、大友さん、中尾さん、永田さん等々・・(それぞれに対する評価はあるでしょうが)、どう思ってられるんでしょうか?それほど日本ラグビー界は息苦しいところなんですかね?

    投稿: 大西50代ラガー | 2006年9月20日 23:18

    太田さんも頑張ってくれたようですね。今回の八強会議の下した結論は実質エリ氏解任と同じ意味だと理解します。
    そして理事会へは単なる答申ではなく、エリ氏からの返事が付いてくるわけですから、実質理事会の結論も既定してしまったわけです。平尾さんあたりが筋書き書いたのかな?
    エリ氏続投が出なくて本当に嬉しいです。

    投稿: 赤ペン先生 | 2006年9月20日 23:00

    村上さん、まずはお疲れ様でした。
    この期に及んで結論持ち越しとは、あまりのスピード感の無さに愕然としてしまいました。。。
    一連の非常事態を受けて、八強会議・理事会ともに、当然同日に行われ、本日中に結論が出るものだと勝手に解釈しておりました。
    これでは何のためにわざわざ太田GMが渡仏されたのか、理解に苦しみます。。。(当然、渡仏時または渡仏後のなにかしらのアジェンダが存在することを前提として)。

    投稿: あひる | 2006年9月20日 22:53

    村上さん、お疲れ様でした。速報、ありがとうございます。

    うーん、協会も引っ張りますねぇ。結論は持ち越しですか。八強には人事権はないんですか。本当に協会は分かってないなぁ。人事権がないということもアナウンスして欲しかったですね。

    エリサルド氏をぶっつり切っても全く問題はないと思いますが。都合が悪いのは協会内部だけの話なんじゃないですか?

    でも、兼業は認められないという意見は統一されたようなので、エリサルド氏がバイヨンヌとの契約を切らない限り、続投の可能性は小さくなったわけですね。こんな騒ぎを起こしておきながらいまさら続投されても、もう信用なんかできませんよ。選手が気の毒です。

    投稿: サファイヤ | 2006年9月20日 22:30

    臨時理事会はいつになるんだろうか・・。
    予選までの日本代表のスケジュール(合宿等)をご存知だったら,村上さん教えて下さい。

    投稿: さちこ | 2006年9月20日 22:22

    さきほど太田GMのブログで経緯を確認、書き込んできました。
    GMも恐らくは・・・悔しかったのではないでしょうか。
    そして村上さんのご報告を読んで、
    力が抜けました・・・。

    人事決定権のない会議に、なんで人事が議題になるのか?
    これでは太田GMの渡仏は、徒労ではないか。

    こんなことしてる間に、ジャパンに残された時間は刻一刻減っていくのです。
    少なくとも、文書送付ではなく即刻呼びつけではにのでしょうか・・・。
    文書回答期限を設けているのかも、物凄く不安です・・・。

    私は書き込む時は、できるだけ「ファンも悔しいけれど、選手や現場の人達は、もっと悔しいのではないか」との想いを込めて来たつもりです。

    でも・・・もうここにきて、しんどくなってきました。
    なんだか・・・真剣に考えるのが辛くなってきました・・・。
    ありえないでしょうけれど、氏が「バイヨンヌのスタッフを辞任する」と回答すれば、留任なんですよね・・・。
    一人でかき回してきたエリサルド氏が、すったもんだの挙句留任なんですよね・・・。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年9月20日 22:15

    速報 ありがとうございます。
    ん~ 納得できませんが、
    エリサルドを解任した時に 協会で
    誰が責任を取るのかが 決められなかったって事でしょうか・・・
    少し時間を稼いで 落としどころを さがす かんじかな・・・

    投稿: さんぼ | 2006年9月20日 22:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11974064

    この記事へのトラックバック一覧です: 結論持ち越し:

    » エリサルド [akapensensei]
    エリサルド追放作戦⑩ [続きを読む]

    受信: 2006年9月20日 23:41

    » [Rugby] エリサルド問題決着せず [k@tu hatena blog]
    本日、一連のエリサルド問題を上記会議に出席し、この問題の経緯、会談の内容、個人的な見解を報告しました。 委員の皆さんからは非常に厳しい意見が大勢を占めましたが、8強会議としては文書で本人にバイヨンヌスタッフ辞任要請を送付し、その回答を確認してから理事会で... [続きを読む]

    受信: 2006年9月21日 00:28

    » ラグビー協会に物申す!〜日本代表HC問題〜 [スポ狂おっさん徒然記]
    まずは事実関係を。 日刊スポーツより抜粋です。 エリサルド氏に日本代表専念求める ラグビー協会は20日、世界8強進出対策会議を開き、 日本代表のエリサルド・ヘッドコーチに、 フランスのクラブで務める役職を辞め、 代表に専念することを求める答申をまとめた。 理事会の承認を経て、同コーチに文書で通知され、 文書による回答を求める。 浜本剛志担当理事は「代表のヘッドコーチの職務は 兼任に値するものではないということ」と話した。 拒否された場合は解任も視野に入れて再検討し、 今月中に去就問題に結論を出す方針... [続きを読む]

    受信: 2006年9月21日 02:29

    » JRFU、責任回避へ向けエリサルド氏に責任100%転嫁へ [RUGBY STATION]
    9/20に行われた世界八強進出対策会議で、エリサルドについて何も結論が出されなか... [続きを読む]

    受信: 2006年9月21日 08:58

    » 大田治GMは「ガキの使い」か [「ラグビーの敵」:Rugby Football Against the Enemy.]
    日本ラグビー協会は昨日、「世界8強進出対策会議」(略称「八強会議」。ラグビーファンの間では「発狂会議」という俗称でお馴染みである)を開き、フランスのアビロン・バイヨンヌのスポーツマネジャーに就任した日本代表ヘッドコーチのジャンピエール・エリサルド・ヘッドコーチに対し、代表の活動に専念することを要求する方針をまとめ、協会上層部に具申することにしたという。発狂会議の浜本剛理事は、記者たちに対して、「フランスでの契約を辞... [続きを読む]

    受信: 2006年9月21日 11:14

    « 賢明な判断を | トップページ | スッキリしたい。 »