« ラグビーの入口 | トップページ | 壮行試合 »

関東学大、快勝

水曜日の朝は東芝のグラウンドに行ってきた。スポーツヤア!(9月21日発売)の『裏方さん奮闘日記』で、東芝ブレイブルーパスの運営・広報担当の東健一さんを取材するためだ。裏方さんの仕事を少し垣間見られて面白かった。試合用ジャージーは、それぞれの背番号で幅広くサイズが揃っているようだ。確かに、最近のぴちぴちジャージーでは、適当なサイズってわけにはいかないもんなぁ。

膝の靱帯を痛めてリハビリ中の大野選手に会った。復帰には、もう少しかかるみたいだ。でも今月末には出てくるかな? 手前味噌ながら、大野選手に「うちのおばあちゃんが、村上さんの解説は分かりやすいって言ってましたよ」と嬉しいことを言われた。光栄である。JSPORTS見てくれているなんて嬉しいなぁ。僕は「超」がつく、おばあちゃん子だった。ゆっくり、分かりやすくしゃべるのは得意だ。ん~、ちょっと意味が違うか。

夜はオックスフォード大学来日シリーズ第2戦、対関東学大戦を江戸川陸上競技場で見てきた。関東学大、快勝である。降りしきる雨の中、観客は少なかったかったけど、熱心な関東学大サポーターが盛んに声援を送っていた。僕が座っていた記者席の周辺でよく聞こえたのが、オ大のジョー・ロフへの声援である。鈴木力キャプテンや、吉田英之選手など、クボタスピアーズの面々が、昨季までのチームメイトの応援に来ていたのだ。ロフは後半9分、0-12の苦況を打開するために登場し、PKから速攻を仕掛けるなど、なんとかオ大の流れをつかもうとしたが、ふりしきる雨の悪条件もあってミスが多く、逆転には至らなかった。

両チームともに雨を意識してキックが多い展開となったが、オ大の巨漢FWに対して関東学大のコンタクトレーは力強く、何度もジャッカルしてボールを奪っていた。ブレイクダウンでの強さはやはり大学レベルでは図抜けている。関東学大の布陣は興味深かった。ブライドWTB竹山、CTB草下は、本来はFW第三列の選手だ。この起用について、春口監督は「これは変則ではない。彼らの能力を引き出すためにやっている」と説明。竹山、草下をBKに並べることで、CTB櫻谷、WTB中園、FB山下をさらに成長させようという考えのようだ。中園の俊足は何度もタッチライン際を快走、櫻谷もよくゲインラインを切っていた。1年生SO木村も及第点の働き。後半は4年生の藤井が登場したが、怪我から復帰後、ゲーム経験が足りないようで、ベストのパフォーマンスにはまだ遠いようだ。FWのフィットネスが最後まで持ったことにも春口監督は一定の評価をしたが、ディフェンス面では綻びも見えた。課題は多い。

もっとも、関東学院としてはこの試合が春・夏の締めくくりで、これからがスターという位置づけ。記者会見の最後は、いつもの春口節でシーズンへの手応えを聞きたがる報道陣をはぐらかした。
「リーグ戦の各チームは評判がいいでしょう? 23日の立正大が気になっているんですよねぇ。うちの選手には、立正大の選手が見に来ていたら要注意だと言っていたんだけど。堀越さん(監督)が見に来ていたでしょう。ちょっと心配なんですよ」

◎試合結果(9月13日)
日英大学ラグビー対抗戦第2戦
関東学院大学 ○17-7 ●オックスフォード大学(前半12-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビーの入口 | トップページ | 壮行試合 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    息子が居た頃は、関東近県で行われる試合や合宿の殆どは一緒に観戦に行っていましたし、テレビで放映される試合は息子が逐一チェックしていたため、選手やチームのデータから、果てはマテリアルに関する詳細まで、ほぼ完璧に掌握してくれており、観戦の際、非常に頼もしい存在でした。
    今、羊飼いになるべく海を渡ってしまったため、隣席で質問に答えてくれたり解説してくれる人が居ないため、4月から殆ど生の試合を見ていません。
    大学の試合は尚の事。今頃になって我が法政が危機的状況である事を知った様な有様。もうボク自身も背水の陣なので我が侭言わず、自分の試合の無い日はグランドに通わねばと決意新たに。
    しかし、この状況ですとリーグは関東一人勝ちみたいで、流石に力が入りません。こんな時、息子が居れば「けれど○○高校から入った△△は60mのデータがずば抜けてて....」などと、あれこれ応援意欲を喪失させない話題を提供してくれたものですが.....
    あんまり膨大な情報を抱えているので「プレーヤーよりもCIA長官の補佐官にでもなったら?」って水を向けると「なんだか笑い顔が怖くて....。村上さんの方がいいな〜」ですって。ボクが「なに言ってるんだ。見かけで判断しちゃいかん。爽やかな笑顔こそ裏に何が潜んでいるやら....」(って、マジ冗談で言ったんですから。深意はございません) と言うと「やっぱ選手でいいや」ですって。
    選ばれるとも知れないものを

    投稿: ナベゾ | 2006年9月15日 06:35

    中園選手いいですよね!

    昨年はU19主将を務め、Jr選手権決勝、今春の同志社とのOP戦でも良いトライを決めていました。ポスト北川トモキとして今年は絶対ブレイクするはずです!
    とラグマガアンケートに書こうと思いましたが、〆切は昨日でした。トホホ・・・。

    投稿: ひなP | 2006年9月14日 13:52

    リーグ戦、今年は昨年以上に大混戦になりそうですね。法政ファンですが、今年は選手権も出られないかなぁ。
    夏合宿をみて、大学の注目チームや選手がいれば教えてください。
    大野選手は復帰したら、№8やるんですかね?

    投稿: シンビン | 2006年9月14日 13:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11886989

    この記事へのトラックバック一覧です: 関東学大、快勝:

    » 代表HCの問題について [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  少し頭を冷やしてから書こうと思ってましたが、そろそろ我慢が出来なくなったので書かせていただきます 事の発端は、エリサルド現ジャパンのHCが、フランスのバイヨンヌのアドバイザーに就任したとニュースが流れました。しかも一部新聞のみ 太田GMのブログが久々に炎上してましたが、今回はまともな意見が多く、ラグビーファンの悲鳴が... [続きを読む]

    受信: 2006年9月14日 06:29

    » JAPANの試合は 11/4 対 オーストラリア! [らぐびーあにまる]
     JAPAN の 次の試合が 決まりました。11/4 に アジア予選の壮行試合として オーストラリア首相XV と対戦するそうです。本当のオーストラリアのメンバーは ヨーロッパへ遠征だと思うのでオーストラリアの A代表か それ以下のレベルの選手でしょうね・・...... [続きを読む]

    受信: 2006年9月14日 12:40

    » カリーカップ!~南アの国内選手権も熱い! [ラグビーフィーバー!!from上海]
    NZとおなじく南アフリカでも国内選手権が行われています。カリーカップです。こちら [続きを読む]

    受信: 2006年9月14日 13:45

    « ラグビーの入口 | トップページ | 壮行試合 »