« ジョー・ロフ来日 | トップページ | タックル数 »

東条キャプテン

060906183108

水曜日の夕方、早稲田大学ラグビー部の東条雄介キャプテンのインタビューをした。この記事は、ラグビーマガジン11月号(9月25日発売)に掲載される。

ラグマガ初登場の東条キャプテンは写真撮影でやや緊張気味。「厳しい顔でこちらを見てください」というカメラマン氏の要望に「僕、厳しい顔、苦手なんですよ~」と悪戦苦闘。でも、しっかりポーズとってました。この写真は愛好日記向けにポーズをとってくれたもの。ありがとう。

東条キャプテンは小学校1年生からラグビーを始めたが、本格的には國學院久我山中学に入学してから。小学校時代からの経験者ということで、スタンドオフをやらされたとのこと。結局、高校時代もスタンドオフ、センターで、フランカーになったのは、大学に入ってから。身長は大学のフランカーとしてはかなり小さい168㎝である。

サイズのハンディは感じませんか?

「感じません。低く入れとか、下から突き上げろとか、コーチに言われるでしょう。僕はそのまま入れば低いし、普通にやれば下から突き上げる感じになりますから(笑)」

清宮監督、佐々木キャプテンという抜群の存在感を持っていたリーダーが去ったが、「今年のチームの良さを出せば、もっといいチームになります」と頼もしい。関係者によれば、面倒見がよく、後輩に慕われる人柄だとか。現在、首を痛めてリハビリ中だが、「オックスフォード大戦か、対抗戦の開幕には間に合わせたいです」と言っていた。

え~っと、ごめんなさい。このまま行くとすべて書いてしまいそうです。シーズンへの意気込みや今季のチームについてのことなど詳しくはラグマガ11月号にて。

取材から帰って、録画していたサニックスブルース対リコーブラックラムズ戦を見た。最終スコアの16-10(リコー勝利)が示すとおり、大接戦。後半39分、リコー小吹の決勝トライが出るまで11-10。互いに攻め合って面白い試合だった。リコーでは、サニックスのラストチャンスの目を摘んだNO8相のタックル、キャプテン伊藤のジャッカルが印象的。ここ数年怪我に苦しんできたWTB西辻の力強いランニングも久しぶりに見ることができた。元南アフリカ代表WTBホールは堅実なプレーが光っていた。

サニックスのほうは、CTBに入ったヴァレンスがトリッキーな動きで何度もディフェンスラインを突破した。大きなモーションのダミーパスって、けっこう効くんだよなぁ。172㎝という小さなNO8西端の身を挺してのタックルに感動。ゲームとは関係ないけど、ハレ・マキリが髪を短くしていて別人のようだった。長い髪もかっこよかったが、さっぱりするとものすごい好青年だ。サニックスは簡単なPGを外したり、プロフェッショナルファウルで一時退場者を出すなど、勝てるチャンスを逃してしまった感がある。惜しいね。

開幕節を見渡して、相手に出るボールを反則で妨げるなど、プロフェッショナルファウルでのシンビンが勝敗に直結する試合がいくつかあった。微妙な判定もあったけど明らかな反則も多かった。今季は相手の攻撃を反則によってスローダウンさせるようなネガティブなプレーには厳しく笛が吹かれる。熱いゲームのなかで、反則をしない冷静さが求められているわけだ。言うは易く行うは難しだが、大事な時間帯に我慢できないチームは最後はやっぱり勝てない。ラグビーは、辛抱したチームが勝つ。これ、鉄則です。

追記◎ヤマハのSH村田選手が退場し、SHに大田尾選手が入ったとき、誰がCTBをやったかというご質問がありました。僕の見たところ、CTBは途中出場の三角と今利、WTBにFWのジェフリー・マカが下がっていたようです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジョー・ロフ来日 | トップページ | タックル数 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    連続投稿ごめんなさい。
    http://www.rugbyhebdo.fr/
    こっちのほうがわかりやすいですね。
    村上さんには、日本協会に思い切りつっこんで取材してほしいです。
    たぶん10月には代表発表の際に、記者会見を開くと思いますし。

    投稿: サーファー | 2006年9月 7日 21:01

    フランスのラグビーサイトをみてたら、エリサルド氏の記事があったので、紹介します。
    http://www.lequipe.fr/Rugby/20060907_002253Dev.html

    バイヨンヌの首脳陣に入閣するような内容みたいです。
    日本協会と結んだ契約書には、掛け持ちはOKなんですか? それとも、エリサルド氏が日本協会に相談して了承をもらったんですか?
    日本には住まない、他クラブと掛け持ちをするとやりたいほうだいですね~。責任問題に発展すれば、膿みを全部出せるので、このままエリサルド氏には徹底的にやってほしいです。

    投稿: サーファー | 2006年9月 7日 20:48

    ありがとうございました!
    人数のバランスだけを見ればリザーブが7人なのは妥当なような気がしますが、
    ラグビーは当たりが激しいだけにもう少し人数を増やした方がいいような気がします。
    (別の理由があって、チームの編成上試合に出られなくてもったいない選手とか
    多くいますから)

    投稿: 教えてください | 2006年9月 7日 06:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/11791705

    この記事へのトラックバック一覧です: 東条キャプテン:

    » ラグビー観戦を楽しむコツ [らぐびーあにまる]
    トップリーグも 開幕し いよいよ ラグビーシーズンです!元 NECの トミーさんのコラムで ラグビー観戦を楽しむ コツを 紹介していました。是非 読んで ラグビー場へ 足を運んで もらいたいと 思います。今週の トップリーグ第2節 一番の注目カードは ...... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 7日 16:45

    » 第2節プレビュー [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  予定では、開幕週のフォローをするつもりでしたが まだ全放送見られてません。そこで、先に第2週の 予想をしてみます。(見てない試合はスコアから推測) 今回の組み合わせと私の予想は以下の通りです 9月 9日(土) 13:00  リコー   トヨタ     北海道月寒    サニックスに辛くも逆転勝したリコーも相... [続きを読む]

    受信: 2006年9月 7日 20:25

    » TL第2節の注目カード [ラグビーフィーバー!!from上海]
    接戦の多かった第一節ですが、昨年の順位からするとチームの力の差が出そうな第2節 [続きを読む]

    受信: 2006年9月 8日 00:01

    « ジョー・ロフ来日 | トップページ | タックル数 »