« トップリーグ4節結果 | トップページ | ラガッツいいね。 »

関西大学2試合とTL結果

東京は午後から雨だった。僕は私事でどの試合も見にいけず、関西大学Aリーグの開幕戦をJSPORTSでテレビ観戦。まずは、第一試合の大阪体育大学対関西学院大学をじっくり観た。立ち上がりは大体大がモールを押し込んで主導権を握り、前半を15-3とリード。後半4分には、連続的に攻め続けてチャンスを作り、最終的にはゴールライン直前のラインアウト・モールからトライを奪ったが、そこまでのボールを動かし方は見事だった。

大体大は前評判通り、個々によく前に出るし、スペースにボールを運ぶ意識も高い。SH金の圧倒的な運動能力の高さ、先発SO河野の思い切りのいい仕掛けも印象に残った。ただ、BKラインで再三防御の裏に出ながら、ラストパスがつながらないのはもったいない。関西学大も後半27分、WTB西尾がトライを返したが、攻撃の流れが良くなりそうになるとミスでチャンスを潰した。パスと走るコースで相手をかわすプレーを持っているだけにもったいなかった。最終スコアは、44-8で大体大勝利

試合と直接関係はないけど、関西の大学ラグビーを観ていると、高校ラグビーのいろんなエピソードを思い出す。たしか西尾風太郎選手は、啓光学園が3連覇したときのシーズン、天才プレーヤーと言われながら、怪我でピッチに立てなかった。 名前に特徴があるからよく覚えている。この話は、記虎敏和さんの著書「紅蓮たれ」にも出てくる。第2試合の同志社大学対立命館大学の試合でも、啓光学園、東海大仰星、天理、大分舞鶴、伏見工、大阪工大高の出身選手など懐かしい顔ぶれがずらり。「大人になったなぁ」なんて思いながら眺めていた。

第二試合は、立命大が前半19分、HO表がタックルされながら正確なパスをつないでWTB水沢が先制トライ。同大も前半終了間際にFL神農がトライして逆転。後半も接戦となった。でも、立命はボール争奪戦でのオフサイドなどの反則が多く、次第に流れは同大に。最終的には同大が決定力の違いを見せつけ、CTB大橋、WTB宇薄のトライなどで33-17と突き放した。雨の悪条件はあったのだが、2試合ともミスが多かった。雨の影響によるイージーミスというより、コンビネーションが合わないミスが多い。タックル後のボール争奪戦に頭を下げて飛び込んでしまう反則も目立った気がする。立ってプレーする意識もさらに必要かも。開幕戦ということで仕方ないところかなぁ。今後に期待。

そして今節、1試合だけ残っていたトップリーグのトヨタ対コカ・コーラ戦。長良川で行われたこの試合は、予想以上の接戦。コカ・コーラが最後に猛追したようで、ボーナス点「1」をゲットした。向井監督、やりますねぇ。この結果、4節終了時点で首位は勝ち点「19」の東芝ブレイブルーパス。勝ち点「18」のトヨタは2位。これを「16」のサントリーサンゴリアス、NECグリーンロケッツが追う。主力選手が怪我から復帰して調子が上向きの神戸製鋼コベルコスティーラーズ、三洋電機ワイルドナイツも上位進出を伺う。調子は落ちているが、ヤマハ発動機ジュビロも勝ち点「10」で踏みとどまっている。個人賞レースでは、トライランキングで三洋電機の北川智規が「8トライ」と独走。トップリーグ4年目にして、初の日本人トライ王が生まれるか。

◆トップリーグ第4節結果(10月1日)トヨタ自動車ヴェルブリッツ○20-13●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半6-3)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ4節結果 | トップページ | ラガッツいいね。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トラックバックがなぜかできないので
    今回もアドレス書いておきます
    (長良川球技場の観戦記です)
    http://blog.goo.ne.jp/mizuho8758/d/20061002

    投稿: 瑞穂 | 2006年10月 2日 17:12

    第4節で観客動員数は少し戻しましたね。第3節が「底」かな?と思わせるような面白い試合が増えてきたようですね。日曜日のコカ・コーラ、土曜日のサニックスと九州勢の奮闘ぶりは見事です。セコムもIBMも頑張っていますし、さらに上位チームに喰らいついていってほしいですね。上位チームには、観ている者を引き込んでしまうような魅力溢れるラグビーの実現を期待しています。
    それぞれのチームが「志」を持ち、シーズンを貫き通してこそ、リーグの魅力が生み出されるはず。日本ラグビーの原点が自ずと見えてくるのではないかと願っています。

    投稿: マスター | 2006年10月 2日 14:13

    関西の大学が強いシーズンは寒くなる頃の楽しみ倍増です。
    ラグビーが地域に根付くようになったら、観る側もプレーする側も楽しくなるでしょうね
    九州はコカコーラやサニックス、そしてやがて九州電力・・・・
    強いチームが増えれば、九州の大学も底力がついて、大学ラグビーがもっと盛り上がることでしょう。
    東北や北海道にも人材などの投資をして欲しいところです
    そしてやがては日本でもNPCのようなゲームを楽しめる環境になってもらいたいのですが

    投稿: ナベゾ | 2006年10月 2日 08:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12114729

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学2試合とTL結果:

    » やっと エリサルド解任!!! [らぐびーあにまる]
    各報道(といっても 新聞で 小さく出ていた程度ですが・・・) 協会HPなど で発表が あるとおり エリサルドHCが 解任になりました。日本に いないで トップリーグを生観戦しないで DVD観戦で 選手を選考しようとしていたHCが 解任されたのは 良かっ...... [続きを読む]

    受信: 2006年10月 2日 09:22

    « トップリーグ4節結果 | トップページ | ラガッツいいね。 »