« 静かなるホイッスル | トップページ | カーワンHC決定 »

キャッチボール屋

新宿のK's cinemaで、『キャッチボール屋』という映画を観てきた。大崎章さんの第1回監督作品。ある日突然会社からリストラされた青年タカシ(大森南朋)が、公園で謎の紳士から10分100円でキャッチボールをする「キャッチボール屋」を任される話だ。いろんな過去を背負った人たちがやってきては、タカシとのキャッチボールが繰り広げられる。僕はどちらかというと静かで淡々とした映画が好きだから特に良かったのかもしれないけど、何度も涙が出た。この映画の見方はきっとさまざまだと思う。人それぞれの大切な思い出がよみがえってくるはずだから。人生の中で立ち止まってしまっている人、自分が大切にしてきたことを忘れてしまった人、思い出そうとしている人、そんな人たちが観るといいと思うなぁ。

監督の大崎さんとは、僕がラグマガ編集部に入った1年目に阿佐ヶ谷の酒場で出会った。彼は映像プロダクションに所属していた事があって、1982年にTBSで放送された「激突!! 早明ラグビーのすべて」のADを務めるなどラグビーとの縁も深い。キャッチボール屋の中にもラグビー好きを物語るところが、一カ所あった。誰も気づかないかもしれないけど。大崎さんは、北野武さんや竹中直人さんの助監督として活躍してきた。初監督作品、温かくてとっても良かった。個人的には、挿入歌になっている山口百恵の『夢先案内人』が大好きなので、かなり嬉しかった。パンフレットの中で、大崎さんが言っている。「キャッチボールは『思いやり』です。基本は相手の胸をめがけて投げ、受けるときも自分の胸の前で~」

以前、ラグビー日本代表の名SOである松尾雄治さんにこんなことを聞いた。「うちのオヤジが、ラグビーは一人じゃできないと言っていた。だからいいんですよ」。ラグビーのボールは壁に投げても真っ直ぐ跳ね返ってこない。ラグビーのパスもキャッチボールと同じことがいえるのかもしれない。僕はこの映画を観て、休みの日、小学校の校庭で父とラグビーボールをパスしあったことを思い出した。2人でランパスをしたことも。パスは相手がとりやすいところ、パスが投げやすいところに愛情を持って放る。父やラグビースクールの先生に何度も言われたことだ。

社会人になって、クラブチームでプレーしている時、ほとんどのパスを落とすウイングがいた。大学でやっている時には、これほどノックオンする選手はいなかった。僕は内心腹を立てていた。でも、たまにボールをキャッチするとその人は高い確率でトライをする。いつしか僕はその人がとりやすいところに丁寧に投げるようになっていた。信頼感が芽生えた。何かを学んだ気がした。大切なのは、そういうことなんだろうなぁ。

『キャッチボール屋』は、新宿駅東口至近のK's cinemaで公開中です。きょう(25日)は、ラグビーマガジンとラグビークリニックが発売になった。内容のことは、また明日にでも書きますね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 静かなるホイッスル | トップページ | カーワンHC決定 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    昨夜この映画を見てきました。「愛好日記」で映画が取り上げられるなんて珍しいことです! いつも演劇が多い村上さんですから・・・・早速当方の「キャッチボール屋」の記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年10月27日 09:02

    「キャッチボール屋」については、先週火曜日の東京新聞夕刊に、
    藤島大さんも、子供時代のご父君とのキャッチボールの思い出を枕に振って、やはり紹介記事を書かれています。
    スポーツ・ライターお二人が書かれて
    いるというのは、やはりお薦めの映画なのですね。

    投稿: 雀 | 2006年10月26日 11:59

    お久しぶりです。
    早いもので
    長男が来年中学生になります。
    「中学になったら何やるの。」
    とたずねたら
    「ラグビーとレスリング。」
    サッカーはおしまいにするそうです。
    両方真剣にやっていたので
    複雑な心境です。

    先日 1週間
    地元中学に
    ラグビー体験入部
    授業が終わっていないグラウンドで
    親子でパス キックを練習しました。
    最終日に息子はタックルを手に受けて突き指、
    昔なら弱音を吐いていたのに
    その後も練習していたようで・・・
    医者に行ったら骨折
    今はその指をネタに
    「中学生にやられてさー」
    と自慢げにみんなに話しています。

    ラグビーは人間を成長させてくれるすばらしいスポーツですね。

    投稿: マヌーサモア | 2006年10月26日 08:07

    つかこうへい作品にもキャッチボール屋が出て来るシーンがあって、あっちはかなりエグイ客を相手にするんですが、キャッチボールは確かにスッキリ効果を発揮する行為ですので、マイルドな心の病い治療法としては正解かもしれません
    そう言えば練習や試合前に、着替え終わってパスしあっている人達の会話に聞き耳を立てると、愚痴や不平不満が漏れ聞こえる事もあって、そんな人のパスは心なしか刺さって放たれている様に思えなくもない

    投稿: ナベゾ | 2006年10月26日 06:02

    こんばんは。
    学生の頃バスケで汗を流してました。
    やっぱり、パスは、相手の胸元、取りやすいところって教え込まれましたね。
    チームプレイにおいて、ナイスパス!!って言われてすごく嬉しかったのを思い出しました。
    大埼さんの、キャッチボールは「思いやり」です。
    村上さんのお父様の、言われた、「パスは、・・相手の取りやすいところに愛情を持って放つ。」
    いい言葉、教えです。
    スポーツは、勝ち負けだけではありませんね。
    学ばされる事が沢山です。
    人生の勉強と重なりますね。
    この、キャッチボール屋、神戸で観れるようなので、近いうちに出かけてみようかと思います。

    投稿: 初心者モルキチ | 2006年10月25日 22:07

    トライするウイングもあっぱれ!!!けど、パスがうまくできたプレーヤーにもあっぱれ!!!を認めるべきか・・・。サッカーとは違うが、アシストプレーヤー?の存在も認知する必要があるようだ。アシストうまい!!!と客席から声がかかる日が来るかも。

    投稿: Y | 2006年10月25日 16:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12424584

    この記事へのトラックバック一覧です: キャッチボール屋:

    » JK JAPAN 誕生!!! [らぐびーあにまる]
    HCに JKが決まったようですJK JAPAN か!!! 期待しよう! 協会は 本気で サポートしてほしいな!!!NZのスーパースターなんだから!JKって まだ 41歳なんだ・・・ 私と あまり 変わらないじゃん・・・この11月の アジア予選から JK...... [続きを読む]

    受信: 2006年10月25日 22:55

    » 映画「キャッチボール屋」 [SANDA]
    === キャッチボール屋 === [[attached(1)]] 二人のスポーツジャーナリストがお奨めした映画。 その二人とは村上晃一氏、藤島大氏・・・ 村上晃一氏はブログ「ラグビー愛好日記」で紹介 藤島大氏は過日お会いした時に「是非見て下さい」と薦められた だからといって「ラグビー」の映画でない 誰でも親しむことができる「キャッチボール」の映画である。 さてSANDAとして映画の話をしよう この映画は娯楽作品ではない。 構えてみる必要も無い ボーっとみていると..... [続きを読む]

    受信: 2006年10月27日 08:58

    « 静かなるホイッスル | トップページ | カーワンHC決定 »