« ラグビー・ロマン | トップページ | 坂田監督とTL第5節 »

平林レフリー、世界へ

きょうは嬉しいニュースがある。すでにIRB(国際ラグビーボード)の公式ホームページには出ているのだが、日本の平林泰三レフリーが、11月の南北半球強豪国同士のテストマッチシリーズ3試合でタッチジャッジを務めることが明らかになった。

11月11日 アイルランド対南アフリカ(ダブリン)
Referee: Paul Honiss (New Zealand)
Touch judges: Bryce Lawrence (New Zealand), Taizo Hirabayashi (Japan)
Television match official: David Changleng (Scotland)

11月18日 イングランド対南アフリカ(ロンドン・トゥイッケナム)
Referee: Steve Walsh (New Zealand)
Touch judges: Nigel Whitehouse (Wales), Taizo Hirabayashi (Japan)
Television match official: David Changleng (Scotland)

11月26日 アイルランド対パシフィックアイランズ(ダブリン)
Referee: Christophe Berdos (France)
Touch judges: Joel Jutge (France), Taizo Hirabayashi (Japan)
Television match official: Mark Lawrence (South Africa)

平林泰三さんは、このブログでも取り上げたことがあるが、31歳にして日本のA級レフリーであり、日本でただ一人のフルタイムのプロフェッショナル・レフリーとして活躍中である。近年は国際的評価も高まり、2005年U19世界大会、2006年U21世界大会にレフリーとして参加。U21大会では3位決定戦の笛も吹いている。今夏8月には、オーストラリアのクラブ試合でIRBアセッサーの前でレフリーを務め、今回、「IRBタッチジャッジ/TMO(テレビ・マッチ・オフィシャル)パネル」の一員に選出された。

現在、IRBは「インターナショナル・レフリー・パネル」《世界ランキング上位国同士の試合のレフリーを務める 20名》、「タッチジャッジ/TMOパネル」《上位国同士の試合のタッチジャッジ、TMOと、それ以下の国のレフリーを務める 19名》を組織して、国際試合のレフリー、タッチジャッジなどを割り振っている。つまり、世界のトップレフリー39名の中に平林さんが名を連ねたことになる。アジアのレフリーではただ一人。イングランド・ラグビーの聖地トゥイッケナムで日本のレフリーがマッチオフィシャルを務めるのも初めてのことだ。パネルに名を連ねるレフリーのほとんどはプロフェッショナル・レフリーである。

平林さんに話を聞いてみると、10月3日に、IRBのレフリーマネージャーのパディ・オブライエンさんから直接電話があって、パネル入りの報告があったという。「あまりにすごい試合のスケジュールを話されたので、ジョークかと思いました」。今回の快挙が、日本の多くのレフリーに最先端の情報を与えることになればいいと思う。また、平林レフリーにとっても、今後はこれまで以上に厳しい視線でパフォーマンスをチェックされることになる。ラグビーを楽しみつつ、さらに上のレフリーパネル、そしてワールドカップでも活躍するようなレフリーを目指してほしい。11月の試合、楽しみです。

お詫び◎きのうの日記では「敵性語」について度重なるミスがあり申し訳ありませんでした。訂正させていただきました。ご指摘ありがとうございました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビー・ロマン | トップページ | 坂田監督とTL第5節 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    >昔日本人審判で有名な方いましたよね。関口宏さんソックリの方で♪
    >たしかテストマッチも笛をふいたことがあると記憶してましたが・・。


    斉藤直樹氏?

    投稿: 与太郎 | 2006年10月 6日 22:08

    内容と異なるコメントで失礼します
    トップリーグのHPでワールドの人事でてましたが、
    シーズン途中にしては、かなり異例ですね
    チームの運営自体が大丈夫か少々心配ですが
    何か情報があればお願いします

    投稿: 瑞穂 | 2006年10月 6日 20:39

    11月のテストマッチの放送ないんですか?
    NZ vs フランス
    ショックです。
    なんとかならないのですかね???

    投稿: FL7 | 2006年10月 6日 18:47

    プレーヤーからは文句を言われ、観客からもやじられて、レフリー稼業も大変だと思います。よっぽどの玄人でなければレフリーを評価する人なんていませんからね
    「今日のパックは凄かった」とか「あのタックルが...」と同列に「あのホイッスルでゲームが締まった」なんて話題がノーサイド後のパブから聞こえるぐらい観る方も熟成を重ねないと、第2第3の「平林」は出て来ないでしょうね
    協会もプロとしてのレフリーを雇えるぐらいに成長して欲しいのですが、様子を見ているとまだまだ企業におんぶにだっこ。職業スポーツ集団としての相撲や競輪は参考になると思うんですが。もちろん暗い陰の部分は論外として

    投稿: ナベゾ | 2006年10月 6日 06:50

    日本のレフリーから世界標準になればいずれジャパンも世界標準に・・・。

    昔日本人審判で有名な方いましたよね。関口宏さんソックリの方で♪
    たしかテストマッチも笛をふいたことがあると記憶してましたが・・。

    投稿: ターボ | 2006年10月 6日 01:37

    いよいよ日本人レフリーが世界の舞台に立ちますね。ワールドカップに向けて第一歩でしょうか。過去に主要国同士のテストマッチで主審や線審を務めた日本人レフリーはいるのでしょうか?

    ところで、その秋のテストマッチですが、Jスポーツでは、注目のフランスVニュージーランドの放送予定がないと聞きました。しかも2試合とも放送しないようですね。
    事情はいろいろあるのかもしれませんが、世界ランク1位と2位のテストマッチを放送しないというのは、「世界のラグビー放送中!」(JスポーツのHP)の看板が泣くのではないでしょうか。
    少し筋違いかもしれませんが、村上さんからも是非Jスポーツにプッシュして、放送してもらうようお願いします。

    投稿: Ravenhill | 2006年10月 6日 00:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12165363

    この記事へのトラックバック一覧です: 平林レフリー、世界へ:

    » 第5節プレビュー [瑞穂のラグビー好き]
    1クリックお願いします。人気blogランキングへ  トップリーグも第5週、折り返しまであと3週、 星の潰しあいはいかになるか? 今回の組み合わせと私の予想は以下の通りです (それにしても予想外れすぎ) 10月 7日(土) 12:00  サントリー   セコム   東京都秩父宮      絶好調のサントリーが磐石の試合運びで勝利      50:10... [続きを読む]

    受信: 2006年10月 6日 07:28

    « ラグビー・ロマン | トップページ | 坂田監督とTL第5節 »