« アジア予選・日本代表発表 | トップページ | キャッチボール屋 »

静かなるホイッスル

きのうまでTシャツの上に薄いジャケットで行動していたのだけど、さすがにそれでは寒くなった。日本代表メンバーについてはきのう書いたが、そのアジア予選が行われるスリランカは、テロ事件など治安情勢が悪化しており、開催場所が変更になる可能性が出ている。僕もすでにビザ申請など済ませているのだが、どうなるか?

日本代表は、アジア最終予選で香港代表、韓国代表と戦うことになっている。1位通過すれば来年9月からフランスで行われるワールドカップ本大会に出場決定。もし、2位でプレーオフまわりになると、トンガ代表と対戦することになっており、出場権獲得は厳しくなる。確実に2勝をあげなければならない。

日本の最大のライバルとなる韓国代表だが、いつも韓国情報を送ってくれる見明さんによれば、代表選出は、10月26日(木)で、その後、合宿練習を10月末から11月15日まで行うとのこと。選手は、高麗大、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)、三星SDI、浦項鋼板(ポハン)、韓国電力、大心通商(テシム)が中心となる見込み。

さて、きょうは、10月25日に発売になる本の紹介をしておきたい。ろう者や難聴者によるラグビー、デフラグビーの活動がまとめられた『静かなるホイッスル』(新潮社)。著者はチームの一員で、ライターの柴谷晋さん。

Deafbook1

2005年冬、全国高校大会に出場した東海大翔洋高校のスクラムハーフ倉津圭太選手のことを覚えている皆さんも多いはず。重度の難聴のラグビー少年が全国大会に出場する背景には、「デフラグビー」の存在がありました。一人の写真家が雑誌に情報を寄せたのをきっかけに、1994年、日本全国から、ろう者、難聴者が集い、力を合わせて世界大会にまで参加していく過程を、自身も難聴ラガーマンとなった著者が追っています。

僕も柴谷さんから取材を受けました。だから、ちょこっと出てきます。ご一読を。

もう一つお知らせ。JSPORTSでの解説や、ラグマガの巻頭コラムなどでお馴染みの藤島大さんのトークイベントが、以下の要領で開催されます。僕もトークライブをやっている文鳥舎さん企画です。

【藤島大 楕円球トークライヴvol.2】
~人間とコーチングⅡ~
約10年の高校・大学ラグビーでのコーチ体験とスポーツ報道の現場で知った名指導者の方法をつきあわせ「人間にとってのコーチング」を考えます。
◆日時  2006年12月10日(日) 午後5時開演(4時半開場)~7時 
◆場所  『文鳥舎』三鷹市下連雀3-32-3 グリーンパルコB1
Tel:0422-79-3777  Fax:0422-79-3777  
bunchou@parkcity.ne.jp         
http://www12.plala.or.jp/bunchousha/
◆入場料 2,500円 定員約50名
◆懇親会 3,000円 定員約30名(終演後、1時間半程度立食パーティー)
※ご予約は、10月26日(木)午後3時以降、メール、FAX、電話で。HPで座席の確認ができます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « アジア予選・日本代表発表 | トップページ | キャッチボール屋 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トンガと戦うということは避けて貰いたいのですが、そう思うと余計プレッシャーに感じたりするもので・・・・
    プレーの精度はもちろんですがメンタル面での鍛錬も怠りなく磨きをかけていただいて、みなぎる自信をもって大会に望んで欲しいですね
    それにしても、韓国ってなんでラグビーを本気で強化しないんでしょう?
    サッカー並みに本腰入れたら、日本と一緒にアジアのレベルを引き上げられるのに
    たしか前回のWカップ予選では、海外遠征などをせず、意を決して山篭りをしていました。近代的なプログラムで強化するサッカーと非常に対照的で、強烈な印象が残っています
    アジアに2チーム枠があったら韓国の戦いぶりも観てみたいものです
    気持ちでは絶対負けない人達ですからね

    投稿: ナベゾ | 2006年10月24日 16:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12401779

    この記事へのトラックバック一覧です: 静かなるホイッスル:

    » 新JAPANと最終予選地 [ラグビーフィーバー!!from上海]
    ジャパンのメンバーが発表されました。 スクラムハーフには後藤翔太選手が入りましたね。活躍を見れば当たり前でしょうが、あの鋼鉄の意志を持ったストイックなラグビーへの取り組み姿勢は意志薄弱な自分には尊敬の存在で個人的にとってもうれしい。 これまた個人的だけど子供が同じ年の赤沼君の代表入りもうれしい! あの低くて粘り強いプレーと職人的オフロードパスが桜のジャージで見れるのはうれしい限り! 有賀、正面の�... [続きを読む]

    受信: 2006年10月25日 00:32

    » HCにジョン カーワンが有力??? [らぐびーあにまる]
    アジア予選後の新HCに NZのジョン カーワンが有力らしいJK(ジョン カーワン NZでは JKって呼ばれてました)私が NZに 行った時 スーパースター でした。NZで 私が 買ったスパイクも ジョン カーワン モデル でした(一番 安かったの)たし...... [続きを読む]

    受信: 2006年10月25日 09:37

    » 突発性難聴の原因 【突発性難聴ガイド】 [突発性難聴]
    突発性難聴の原因は内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種と考えられています。しかし現在のところ原因は不明です。突発性難聴の原因は毛細血管の血流が妨げられ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという内耳循環障害説、ステロイド(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからウィルス感染を原因とする説などがあります。患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする指摘もあります。耳以外の神経症状(四肢の麻痺など)は見られず、遺伝の要素は今のところ見つかっていません。... [続きを読む]

    受信: 2007年4月13日 09:41

    « アジア予選・日本代表発表 | トップページ | キャッチボール屋 »