« ラグマガとクリニック他 | トップページ | 仙台の早大対筑波大 »

土曜の関東大学ラグビー

土曜日は、秩父宮ラグビー場にいた。関東大学リーグ戦1部の東海大対中央大、関東大学対抗戦Aの明治大対日体大の2試合を取材するためだ。しばらく、トップリーグばかり見ていたので、大学ラグビーが新鮮に映った。ジャージーがシンプルなのも、なんか、いいなぁ。

12時からの第1試合では、東海大が縦横にボールを動かして懸命に粘る中央大ディフェンスを崩してスコアを重ねた。きょう見た4チームの中では、東海大がもっとも組織的に動いていたように思う。FL宮本、NO8豊田の突破力、目立っていた。50-9の快勝にも、木村季由監督は反省を口にした。「相手の動きに対して、対応力が欠けていたと思います。意志決定を早くしていかないとこれからの相手には厳しい。今季は一試合一試合のばらつきをなくすことがテーマですが、まずは次のゲームにピークを持って行くように考えています」。次のゲームとは、11月3日の関東学大戦のことだ。昨年は東海が勝ったが、さてどうなるか。豊田キャプテンは「力は通用すると思います。でも、その中でいかにチャレンジャーとしてやれるか」と自信を持ちつつ気持ちを引き締めた。一方の中央大は、いい形を再三作りながらミスを重ねた。有田啓介主将も「アタックの継続できなかったことが敗因です」と無念そう。選手個々が持っている能力で、そう劣っているとは思えないだけに、もったいない気がしてならない。

第2試合は、明大がスクラムで日体大をめくりあげるなどFW戦で圧倒し、FL日和佐、WTB濱島がトライを重ねた。「これまでの試合は、中だるみするところがあったので、きょうは80点くらい点数を入れてみろ、と集中力を高めようとしたのですが、かえって迷いが出たかもしれない」と、藤田剛監督。効率よくトライをしようとするあまり、今季こだわっているFWで完全に崩さずに展開してしまうシーンが多く、前半はスコアが伸びなかった。しかし、後半はFWの縦突破を主体にゲームを組み立て直して最終的には62-6という大勝。今季はシンプルにFWで崩してBKに展開する「明治らしさ」を追求する藤田監督だが、過去30年ほど明治を見てきた身からすると、失礼ながら、FWで圧倒しながらなかなかトライにならないのも明治らしい気がした。トライゲッターの2人はもちろん目立ったが、他にも明治には元気のいい選手が多かった。NO8杉本は、突進だけでなく、ゴール前のピンチを素速い戻りで防ぐシーンもあり、バランスのとれた選手だ。日体大も局面局面ではいいプレーもあり、FL前田は運動能力の高さを感じたし、CTB角田の俊敏な動きも光っていた。

全体的な印象だが、もう少し運動量豊富に動き回ってほしい気はした。どのチームも、もっともっと強くなれると思うなぁ。

ラグビー界にとって残念なことがまた起こった。日本大学ラグビー部の部員による不正乗車の件である。この不祥事によって、日大は今シーズン公式戦全試合の出場辞退。一部の選手の軽率な行動で、またしても多くの選手達の貴重な試合機会が奪われることになった。一人でプレーしているのではないのだから、自らの行動が周囲に与える影響について、想像力を働かせてもらいたいと思う。

現在、土曜日の夜である。ワールドカップアジア最終予選の開催地はいまだ決まらず。シンガポールが有力との噂だが、さて、どうなるか。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガとクリニック他 | トップページ | 仙台の早大対筑波大 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    日大の事件と今期の公式戦出場出場辞退の措置は、胸が痛くなる想いです。10年近く前になりますね。難波選手たちのことを思い出しました。
    目先の利益に、深く考えることなく簡単に「尻馬に乗ってしまった」であろう学生たちの罪は、とてつもなく深いものです。...この事件は、歪んだ社会の合わせ鏡ですかね。

    投稿: マスター | 2006年10月29日 12:48

    かつての強豪.日体大は、大敗が続きますが、局面ではいいプレイがあると思います。BKからFWにコンバートされた選手がいたりなど、低迷からの脱却のための試行錯誤をしていると思います。また、早稲田戦で、CTB山藤選手がビッグヒットで頭から流血したシーンは凄かったと思います。山藤選手、ナイスな選手だと思います。

    投稿: エンドー | 2006年10月29日 09:05

    強い明治が復活のようで、秋の深まりとともに楽しみが増して来たと思っていたら、着実に力を蓄えて来た日大が、またですか・・・
    ラグビー習う前に修身から教わらなきゃいけないみたいですね
    よその学生の事だと呑気に構えず、この事件を教訓に今一度、心の中の「甘え」の芽を摘んで欲しいと思います
    ゴミをほかしたって、それは犯罪なのだし、見つかり捕まったりしなかったとしても、犯罪者に変わりがないという事を

    投稿: ナベゾ | 2006年10月29日 06:30

    日大、全試合出場辞退っていうことは、来年は2部降格決定なのでしょうか?普通に考えるとそうなりますよね。最終学年のシーズンが早くも終わってしまった4年生、来シーズン2部で戦うことになる3年生が、あまりにもかわいそうです。
    不正乗車、確かに違法行為なのでしょうが、その不祥事をおかしてしまった学生の痛恨の思い、一生背負ってゆくであろう後悔を思うと、つらくなります。

    投稿: キルン | 2006年10月29日 01:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12464760

    この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の関東大学ラグビー:

    » 早稲田対筑波、47対8 [日本大好き、好きです早稲田日記]
     関東大学ラグビー対抗戦グループも中盤戦に入る。上位チーム早稲田、明治、慶応、帝京と下位チーム筑波、立教、青山学院、日体大の力の差が相変わらず歴然としている印象。 今日の対戦を終えると、次節からは上位陣同士のつぶしあいとなる。早稲田としては、前節の日体...... [続きを読む]

    受信: 2006年10月29日 17:52

    » J・カーワン、関東大学対抗戦(秩父宮)に現る! [威風堂々]
     10月29日に行われた関東大学対抗戦 慶応義塾大学対帝京大学の一戦をバックスタンドで観戦していたとき、先日、次期日本代表ヘッドコーチに内定したジョン・カーワン氏を発見しました。  試合の方は、後半41分、ロスタイムに入り、16−13で帝京が3点リードながらも、慶応が相手陣22mライン付近でぺナルティーを得て同点のチャンス。慶応はPGを選択するのかと思いきや、タッチキック&ゴール前からのモール攻撃を選択し、会場を騒然をさせる。しかし、慶応がつくったモールはゴールラインを越えたと同時にタッチラインを割... [続きを読む]

    受信: 2006年10月29日 20:06

    « ラグマガとクリニック他 | トップページ | 仙台の早大対筑波大 »