« ブラックラムズ、惜しい。 | トップページ | 平林レフリー、世界へ »

ラグビー・ロマン

4日のプレスリリースでは、11月10日(金)、午後7時キックオフ(国立競技場)にて行われる日本代表対レッズの強化試合の概要発表があった。レッズは、南半球最高峰のスーパークラブリーグと言うべき「スーパー14」に参加するオーストラリアのチーム。監督は、エディ・ジョーンズ氏だ。強いっすよ。

岩波新書「ラグビー・ロマン」(岡仁詩とリベラル水脈)を読んだ。ノンフィクション作家・後藤正治さんが、同志社大学ラグビー部を長らく率いた岡仁詩さんのラグビー人生を長期間にわたる取材を経てまとめたものだ。後藤さんの優しい筆致は心地よい。京都で生まれ育ち、ラグビーに出会った僕にとっては、なんとも贅沢な内容だった。憧れだった同志社大学ラグビー部のエピソードがちりばめられ、僕が見てきたこと、関わったことが、たくさんの証言者のコメントとともに描かれている。何度も涙腺を緩ませながら読み進んだ。

岡さんは、大阪の天王寺中学でラグビーを始めている。戦時中だった。この天王寺中学の先輩のエピソードのなかに、江田島の海軍兵学校ではラグビーが行われており、敵性語だったはずの英語が禁止されず、「ペナルティ」、「フォワード」など、ラグビー用語もそのまま使われていた話などが出てくる(※訂正=僕が最初に書いた表現は誤解を与えるものでした。申し訳ありません。コメントでのご指摘ありがとうございます)。

本で読む歴史ではなく、いまも生きる人々からの証言による歴史は面白い。戦時中からラグビーを始めた岡さんが、その後、いかにして自由奔放な同志社ラグビーを作ってきたのか。偏りのない文章で書かれているので、同志社ファンでなくとも、楽しめると思う。

岡先生のことで僕が覚えているのは、学生日本一になった時に胴上げを固辞されている姿、そして、僕の後輩達が同志社大学のグラウンドに練習試合に行ったとき、ラフプレーに激怒されたことなどである。もちろん、何度も取材させてもらった。拙著「空飛ぶウイング」の取材時には、坂田好弘さんに関する話をたっぷりと聞かせてもらった。僕がJSPORTSで解説をするようになってからは、グラウンドで顔を合わせると必ず海外ラグビーの話になる。いまもラグビーへの探求心は衰えていない。岡先生は、ラグビーをこよなく愛されている。だからきっと、ラグビーを汚すような行為には厳しいのだ。

なぜ自分はラグビーが好きになったのか、なぜ関わり続けているのか、そんなことを思い出させてくれる本だった。こういう味わい深い本を書くには、僕はまだまだ勉強が足りないなぁ。

◎愛好的観劇日記 【書く女】観ました。世田谷パブリックシアターにて。作・演出=永井愛、出演=寺島しのぶ(樋口一葉)、筒井道隆(半井桃水)、八木昌子(樋口たき)、小山萌子(樋口くに)ほか。明治の女性作家・樋口一葉の24年の短い生涯を、彼女の日記をもとに永井さんなりの解釈で描いたもの。小説家としては絶頂期に肺結核に倒れるという、とらえ方によっては悲しい話だけど、貧しい暮らしの中で逞しく生きる主人公から元気がもらえる芝居だった。永井さんらしい。500円のパンフレットを買うとき、なんとなく5,000円札を出した。きっとこれから、5,000円札を見るたび、僕は寺島しのぶさんを思い出す。熱演でした。パブリックシアターに向かう途中、携帯電話をしつつ立ち止まったら、永井愛さんに追い抜かれた。緊張した。すぐに電話を切って握手してもらうんだったなぁ。終演後、大石静さんをゲストに招いて永井さんとのポストトークがあった。永井さん、来年は充電とのこと。ああ、僕の楽しみが…。次回作、待ってます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブラックラムズ、惜しい。 | トップページ | 平林レフリー、世界へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    本当にいい本です。岩倉は本当に恐ろしい寒さ。

    投稿: 大阪人 | 2006年10月 6日 11:33

    『敵』性語ですよ、村上さん

    投稿: アワワ | 2006年10月 5日 18:46

    私も、同志社岡本組の元祖PからGOのエピソードを読んで納得いたしました。きちんと選手と対話しながら望ましい戦い方を選んでいる、選手たちに考えさせる指導に思いを馳せました。教え子の「死」をムダにしないように過度なスパルタ練習を課さない、
    あくまでも「理」と「情」は一体というスタンスが感じられました。

    投稿: 九州日田っこ | 2006年10月 5日 09:20

    「適性語だったはずのラグビー用語」
    わずかな違いですがみごとに反対の意味になっていますね。
    またここでは単語の配列を少し見直したほうがいいでしょう。
    「ラグビー用語」が敵性語であったようにとられます。
    敵性語にされたのは「英語」であり「ラグビー用語」ではなかったのですから。
    この辺は戦時中のことをまったく知らない若い方々に誤解をうえつけっることになってしまいそうです。

    投稿: 老松 | 2006年10月 5日 08:12

    平尾氏が岡さんから影響を受けたと語っていた中に「練り上げたプランの裏を突かれたときどうするか?」に対して、先生は「その時はしゃーないやろ」と仰ったという話しがありました
    「しゃーないやろ」って熟考した人、責務を全うした人にのみ許される台詞なんだなあと気づきました

    投稿: ナベゾ | 2006年10月 5日 06:53

    私も、9日に「書く女」を観に行きます。寺島しのぶさんが、熱演なのですね。楽しみです。樋口一葉の本を読んで予習でもしようかな?ちなみに、「オレステス」も観に行きましたよ~

    「日本代表×レッズ」の試合。11月でナイターということも興味ありますね。

    投稿: めぐせろ | 2006年10月 5日 05:53

    村上晃一さんへ

    はじめまして。
    西村と言います。
    初めてコメントさせて頂きます。

    私は、ラグビー経験こそありませんが、大のラグビーファンです。
    よく週末に行われているトップリーグの試合をケーブルテレビで見ています。ラグビーは、ゲーム中では鍛え上げられた大男たちが激しくぶつかり合い、凄まじい迫力を感じることができ、また、ノーサイドになると、相手の健闘を称えあう精神がなんとも言えずフェアで感動します。

    また、村上さんは、そのケーブルテレビのゲームでよく解説されています。何よりもあの説得力のある解説が大好きです。テレビでは伝わらないような選手の精神面なども代弁して頂き、自分もフィフティーンになったような気がします。

    私も、最近、村上さんのブログの影響を受けて、ココログでブログを開設しました。

    村上さんの文章は、大変読み易く、かつ面白く、私もそのような文章を盗もうと思っています。

    どうか今後ともよろしくお願い致します。

    投稿: でんちゃん | 2006年10月 5日 00:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12154009

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー・ロマン:

    » 日本らしさ [akapensensei]
    日本らしさ? [続きを読む]

    受信: 2006年10月 5日 01:08

    « ブラックラムズ、惜しい。 | トップページ | 平林レフリー、世界へ »