« 平林レフリー、世界へ | トップページ | TL5節、土曜の結果 »

坂田監督とTL第5節

金曜日は、大阪体育大学に行ってきた。10月25日発売のラグビークリニックの取材で、ラグビー部監督の坂田好弘さんにインタビューするためだ。大阪に行くときは京都の実家に寄りたいのだけれど、今回はすぐに帰らねばならず、取材後すぐに関西空港へ。東京地方悪天候で遅延。「ぶたまん」と「ぎょうざ」と「たこやき」を衝動買い。

Demisakata

坂田監督は約30年の指導者生活の中で築き上げてきた独自のコーチング哲学について、いつも通り楽しげに話してくれた。大阪体育大学は、平成元年に茨木市からここ泉南郡の熊取に移転したのだが、当初は移転に対して好意的ではなかった坂田さんも、グラウンドから見渡す景色の素晴らしさ、なかでも夕日に照らされて真っ赤に染まるの泉州の海を見て、ここでもう一度頑張ろうと心に決めたのだという。坂田監督は、大西鐵之祐さんや岡仁詩さんら、数々の名指導者に巡り会っているが、指導法はオリジナルだ。だから話が面白い。日本ラグビーが伝統的に得意としてきた個人技を現在の選手に伝えようとする試みは興味深い。2003年、60歳になって迎えた転機があった。詳細は、ラグビークリニックにて。

さて、週末はトップリーグ第5節である。土曜日の秩父宮で行われるサントリー対セコムは互いに攻撃的なチームなのでボールが大きく動くだろう。サントリーWTBタラントのランニングスキルに注目。東芝は大野が今季初先発、バツベイとLOコンビを組む。リコーのロバートソン(元NZ代表)、クボタのケフ(元豪州代表)のNO8対決は激しそう。ヤマハNO8木曽は、眼底骨折の疑いがあったが大丈夫だったようだ。SO大西、CTB大田尾と、いつもと逆になっている狙いは何かな? ワールドは成績不振を理由にヘッドコーチ以下4人のスタッフが退任。危機感をバネにしたい。日曜日の長崎は、神戸製鋼対トヨタの注目対決。大畑は間に合わなかったかぁ。接戦になりそう。トニー・ブラウンがゲームキャプテンの三洋はここから乗っていきたいが、サニックスも前節、神戸製鋼に果敢なチャレンジをしてみせた。侮れない。月曜日は、松山での試合のみ。NEC有利だが、先週に続いてコカ・コーラの頑張りに期待。

◆トップリーグ第5節試合予定
・10月7日(土)
12:00KO サントリーサンゴリアス対セコムラガッツ(秩父宮 11:50~Jsports 2 生中継)
14:00KO 東芝ブレイブルーパス対日本IBMビッグブルー(秩父宮 13:50~Jsports2 生中継)
12:00KO リコーブラックラムズ対クボタスピアーズ(花園)
14:00KO ヤマハ発動機ジュビロ対ワールドファイティングブル(花園)
・10月8日(日)
12:00KO 神戸製鋼コベルコスティーラーズ対トヨタ自動車ヴェルブリッツ(長崎県かきどまり11:50~Jsports 1 生中継)
14:00KO 福岡サニックスブルース対三洋電機ワイルドナイツ(長崎県かきどまり 13:50~Jsports 1 生中継)
・10月9日(月)
14:00KO NECグリーンロケッツ対コカ・コーラウエストレッドスパークス(愛媛陸上)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 平林レフリー、世界へ | トップページ | TL5節、土曜の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    坂田監督には昨年一筆頂いたのですが、「RugbyOpensManyDoors」とラグビーを通じての人の和の広がりをモットーとされておられました。さすが若くして世界で活躍されたかたです。

    またその場で小さい子を抱っこしたときの笑顔がたまらなくやさしかったです。

    2重トラックバックしてしまいました。
    タイトル「W」を削除して頂けますでしょうか。お手数おかけします。

    投稿: ひなP | 2006年10月 7日 12:13

    15日発売はコロコロコミック。25日発売と言ったらラグマガですね!
    坂田監督の話しは実に興味深いので、買ったら直ぐさま目を通しクリニックを完読した上で、付箋を付けて息子に送ることにしましょう
    坂田さんは日本ラグビー界の英雄なんですから、日本各地のラグビー場に銅像が建ってもおかしくないし、北青山のプリンス秩父に並び、ゴールキックを蹴る姿(確か日本のゴールキックをトーキックから脱却させた第一人者ですよね)が碑となるべきであろうと思います。正に生きながら仏になられたと言っても過言でないくらいの存在
    ラグビーを始めるちびっ子にも必ず語り聞かせなければならない、デイビー・クロケット並みの人物であると思います。「君達も第二のデミ・サカタを目指し羽ばたけ!」と
    同様にトップリーグの取り上げられ方も寂しいなあとつくづく
    こんなに充実した試合が行われているのに、スポーツ新聞ですら小さな記事。テレビのニュースじゃリザルトすら流れません
    選ばれし者の競技である以上、ここは堪えるしかないのでしょうか?

    投稿: ナベゾ | 2006年10月 7日 06:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12178558

    この記事へのトラックバック一覧です: 坂田監督とTL第5節:

    » [ラグビー]トップリーグ第5節PREVIEW〜日本代表への道 [Dickersonの夢]
    エリサルド解任騒動のゴタゴタもあったが、来月にはW杯アジア予選が行われる。 選手にとって太田新HCにアピールできる機会もそう多くない。 チーム同士の戦いも今シーズンは接戦が多くおもしろいが、代表を狙う選手たちのプレーぶりにも注目したいところである。 春のシ... [続きを読む]

    受信: 2006年10月 7日 10:25

    » W杯アメリカ予選も佳境です [ラグビーフィーバー!!from上海]
    日本もトップリーグに大学といよいよシーズン本格化。ラグビー場にTVにと日本のラグ [続きを読む]

    受信: 2006年10月 7日 12:11

    » 太田HC SOに注目! [らぐびーあにまる]
    JAPANの太田HCは 今週 SOを中心にトップリーグを見るそうです。SO が 誰に なるのか・・・ 凄く楽しみです。今週のトップリーグの SOは サントリーが 管藤、 セコムが 長井、リコーが乗本、クボタが伊藤、東芝が吉田、IBMが中西、 ヤマハが大...... [続きを読む]

    受信: 2006年10月 7日 12:51

    « 平林レフリー、世界へ | トップページ | TL5節、土曜の結果 »