« TL6節、土曜の結果 | トップページ | DVD観戦 »

TL6節、日曜の結果

日曜日のトップリーグ第6節は注目カードが多かった。サントリーは三洋電機に41-16の快勝で勝ち点を「26」に伸ばし、東芝に続く単独2位をキープ。九州ダービーは、サニックスがコカ・コーラを24-13で退けている。サントリーは、CTB平が3トライ。攻めまくったようだ。というわけで、これらは伝聞。録画を見てから、改めて感想は書きたいと思います。

Mizuho

僕は瑞穂にいた。いま、帰りの「のぞみ」の中でこれを書いている。瑞穂は気温も夏のように暑かったけど、試合内容も熱かった。まずは、いまだ勝ち点のないワールドの頑張りに驚かされた。SO由良のPGで先制すると、15分、NECのオープン攻撃でのパスミスを拾ってWTB沼田が50mを独走。24分にも、SH中山が防御背後に上げたキックがNECのSOヤコの目の前で跳ね上がり、FB南がタイミングよく走り込んでトライ。17-0までリードを広げた。しかし、NECは、32分、41分とゴール前のモールで2トライをあげると、後半もスクラムで相手ボールを奪うほどの猛プッシュとドライビングモールを軸に追撃し、後半30分、ついに29-23と逆転に成功。最終的には5トライを奪って勝ち点「5」をゲット。勝負強さを見せた。最後の最後に突き放されて「7点差以内の負け」に対するボーナス点を取り損なったワールドだけど、NECのBKラインの攻撃は止めきるなど、粘り強かった。浮上のきっかけにしてもらいたい。

第2試合は、前半、ヤマハの和製FWがモールを軸にトヨタにプレッシャーをかけ、SO大西、CTB大田尾がコントロールするBKラインがよく機能して、24-10で折り返し。後半も先手を奪い、9分のFL本間のトライで一時は34-10と大量リードを奪った。ヤマハの強いタックルとボールへの素速い仕掛けに苦しんでいたトヨタは、ここから開き直って猛反撃。この日大活躍のFB正面が独特の歩幅の小さなステップワークでトライを奪うと、22分、交代出場のWTB水野、34分、再び正面とトライを返し、難しい角度のコンバージョンをSO廣瀬が決めて3点差に迫る。ここからは攻めるトヨタと守るヤマハの白熱の攻防。ついにヤマハが粘り勝った。「感想ですか? 本当に疲れました。その一言に尽きます」。NO8木曽の言葉に、トップ4入りに向けて崖っぷちに立たされたヤマハの頑張りが集約されていた。それにしても、正面のランニングスキルは素晴らしい。廣瀬も完璧にキックを修正していた。さすがです。ヤマハは勝ち点「4」。負けたトヨタも、先週に続いて、4トライ以上と7点差以内の負けに与えられる勝ち点「2」をゲットして、優勝戦線に踏みとどまっている。

◎取材こぼれ話=第一試合のハーフタイム。控え室前の通路でトヨタのマスコットであるライガーくんに遭遇。お~、ライガーくんだ~、と眺めていたら、すれ違う直前、軽く右手を挙げて挨拶された。中身は知り合いか??

トップリーグ第6節結果(15日)
三洋電機ワイルドナイツ●16-41○サントリーサンゴリアス(前半9-17)
ワールド ファイティングブル●23-34○NECグリーンロケッツ(前半17-12)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●31-34 ○ヤマハ発動機ジュビロ(前半10-24)
福岡サニックスブルース○24-13●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半7-13)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL6節、土曜の結果 | トップページ | DVD観戦 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    遅ればせながら、村上さん、瑞穂遠征お疲れ様でした。

    現地で観ていた者としては、第2試合の後半の後半は、なんだかもう、ハラハラどころの騒ぎじゃありませんでしたが(苦笑)、終わってみれば、2試合ともに好ゲームでした!

    ところで、瑞穂ではメンバー表が配られなかったのですが、海外等ではどうなんでしょう?コスト面等で厳しければ、菅平の早稲田・関東戦のようにせめてワンコイン制でもいいので、素人には、あったほうがありがたいんですけどね。

    投稿: あひる | 2006年10月19日 01:32

    トヨタ対ヤマハの攻防は、手に汗握りました。FB正面選手の、ステップで相手を抜き去るプレイには、思わず目を見張りました。高校の頃から注目選手でしたが、いい選手になってくれました。今後が楽しみです。

    投稿: サファイヤ | 2006年10月17日 01:45

    瑞穂グランドの外で出待ちしていた夫婦の者です。今泉さんとも一緒に写真に応じていただきありがとうございました。菅平早関戦や関西ラグビー祭でも声かけられず三度目の正直でした!いつまでもその気さくな人柄でいてくださいね。

    投稿: robinson | 2006年10月17日 00:48

    ラグビーの会場に足を運ぶ人で、
    村上さんを知らない人はいないでしょう。
    ましてやライガー君は、トヨタの重鎮。
    知らないわけがありませんよ。
    それより瑞穂におられたんですね
    私も村上さんに遭遇したかったです

    投稿: 瑞穂 | 2006年10月16日 18:41

    好天の下、各会場では競り合った好ゲームが多かったようで、遠く函館に住んでいる者としてはうらやましい限りです。
    ただし、花園ラグビー場のスタンドは観客数約2300人とさみしかったようです。トップリーグには地元大阪のチームが入っていないのに、花園ラグビー場ではトップリーグの試合が今シーズン18試合も組まれています。再考すべき問題ではないでしょうか。

    投稿: マスター | 2006年10月16日 13:45

    ヤマハ 対 トヨタ は 面白かったですね!!!
    ああいう試合が TV放送されれば、
    ファンは 増えますよよね!!!

    投稿: さんぼ | 2006年10月16日 11:50

    サントリーは完全に復調のようですね
    ゴージャスな補強がされているとはいえ、こうなると前監督の立場も辛いものでしょうが、今シーズンは何をどう立て直したのか?
    その辺はシーズン終了後でも結構ですからレポートして頂けますでしょうか
    ラグビー以外にも通じそうですし

    投稿: ナベゾ | 2006年10月16日 06:29

    ライガーくん、子供達にサインを求められ快く応じている姿を見て、ライガーくんのサインってどんなのだろう。と思っていたのですが、この日記を読んでますます中の方が気になりました。実は村上さんがとっても良く知っている人だったりするんでしょうかね。

    投稿: ちぃ | 2006年10月16日 01:57

    ライガー君にも知られているなんて村上さんは有名人ですね!
    今節はJスポーツで放送した6試合は全て面白かったです。評判が良かった昇格チームに対して、リコー&サニックスが意地を見せたのが印象的でした。
    三洋が心配ですが、ヤマハも復活して4位争いが白熱しそうですね。
    今季の日本選手権ですが昨季までと同じくトップリーグ・ベスト4と大学ベスト2、クラブ1位、トップチャレンジ1位が出場するのでしょうか?
    それでは社会人勢はマイクロソフトカップと同じになってしますので、トップリーグであと1チーム出場させた方が良いと思いますがどうなのでしょうか?

    投稿: 軍曹 | 2006年10月15日 23:04

    名古屋のトークショーでいただいた入場券を使って瑞穂でトップリーグを見ました。まあまあ面白かったけど、暴力場面がはっきりと見られたので残念。一人のレフリーじゃ無理のよう。

    投稿: Y | 2006年10月15日 21:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12296211

    この記事へのトラックバック一覧です: TL6節、日曜の結果:

    » ラグビートップリーグ「サントリーvs三洋」 [ノーサイド「大元よしき」ラガーマン作家の挑戦!]
    昨日、今日と2日続けてトップリーグを観戦。 [続きを読む]

    受信: 2006年10月16日 00:10

    » [ラグビー]法政vs流通経済Review [Dickersonの夢]
    秩父宮から帰ってきた。 3試合目で過去2戦よりもいい形の勝利。 昨年敗れた流通経済大との試合。うれしいのは、初戦の中央戦、2戦目の立正戦と比べて、着実に成長していることが感じられたことである。 メンバーを確認しておきたい。 1鎌田 2小笠原 3北島 4玄 5... [続きを読む]

    受信: 2006年10月16日 07:06

    « TL6節、土曜の結果 | トップページ | DVD観戦 »