« 俊足・北川智規 | トップページ | 土曜日の試合 »

レッズ戦結果

秩父宮ラグビー場で試合を見慣れると国立競技場は遠いなぁ。記者席に座った第一印象である。これが、見慣れてくるといいんだけれど。きょうは、お客さんも約5000人だから、ちょっと静かだったけど、日本がラインアウトをキャッチするたびに、「ヨシーッ」とささやくような声が聞こえるのが面白かった。なんだか、みんながジャパンのコーチみたい。さて、日本代表対レッズの試合結果を書きます。JSPORTSの録画放送を見るまで結果を知りたくない人はこの先読まないでくださいね。

試合内容は、ボールがワイドによく動いた4日の試合とはまったく違って、互いにブレイクダウン(ボール争奪局面)で意地を張り合う局地戦が多かった。レッズは、そこで圧倒したかったのだろうし、ジャパンもそこで劣勢になれば大敗の可能性もあり、互いに譲れない部分だったと思う。試合後、レッズのエディ・ジョーンズ監督も「ブレイクダウンは大変でした。日本のチームはよくチャレンジしました。だからレッズはボール出し、遅かった。アタックダメでした」と日本語で語った。

日本代表は、前半11分、SO森田のPGで先制したが、19分、ブラインドサイドから攻撃参加したWTBブラウンにトライを奪われる。組織防御はまだまだ未整備というところだろう。27分には、レッズの波状攻撃に辛抱しきれず2トライ目を許し、3-12。主導権を握られた。一時は、8-22まで点差を引き離されたが、後半は、前に出るライン防御も機能して、最終的には22-29まで差を詰め、勝敗が分からないところまで踏ん張った。まずまずの試合だった気がする。

日本代表にとっては、4日の試合以降、課題をどこまで克服できたか、そして現在取り組んでいる素速く前に出るディフェンスができるかどうかが重要だったと思う。ディフェンスはかなり整備された。PR西浦などFW陣の献身的なタックルも目を引いた。レッズも低いタックルに苦しんで局地戦にならざるを得なかったとも言える。ただし、ラインアウトはミスがあったし、相手のプレッシャーを受けないのに自らミスするシーンも多かった。課題は多い。そのあたりは首脳陣も自覚している。

「勝ちたかったが、前半のタックルミスが響きました。しかし、チームの完成度は上がっている。個々のタックル、ラインアウトの精度をあげれば、アジア予選は圧倒的に行けると思います」(太田GM兼HC)
「選手達の戦いぶりを非常に誇りに思います。前半はタックルミスがありましたが、後半は勇気を持ってプレーしてくれた。課題はあるが、次のアジア予選では修正したい。BKの攻撃でのミスはコンビネーションの問題です。一緒に練習していくことで精度も上がるでしょう。ディフェンスのラインスピードについては、速くなったのは確かです。ディフェンスで前に出るスピードでは世界一になっていけると思っています。それを90分間できるようにしたい」(カーワンアドバイザー)
「気持ちの入ったゲームはできましたが、前半は一対一で前に出られないところがあって、トライされてしまいました。W杯予選では、この2試合を、いい経験だったと言えるような試合をしたいです」(大畑キャプテン)

なお、アジア予選の行われる香港フットボールクラブは、ハッピーバレーの競馬場にあります(※訂正しました。montyさん、ありがとうございます)。

愛好情報◎12月3日、英国レスターのウォーカースタジアムにて行われる「南アフリカ代表海外遠征100周年記念試合 南アフリカ代表対ワールドXV」戦のワールドXVに箕内選手が選出された。監督はボブ・ドワイヤー氏で、4日のオーストラリア首相フィフティーン戦の前日に、太田GMに告げられたという。今回のワールドXVには、元NZ代表のジャスティン・マーシャル、南ア代表のブレイトン・ポールセなども名を連ねている。
「まずは、来週からのアジア予選に全力を尽くし、それから一人で南ア戦に向けて考えたいです。個人的には好きなチームである南アとの試合を楽しみたいです。トップリーグの最中にもかかわらず快く送り出してくれるNECの高岩監督やチームメイトに感謝したいです」(箕内選手)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 俊足・北川智規 | トップページ | 土曜日の試合 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    課題のラインアウトは木曽選手が途中で入ってから改善されたかと思います。レッズやワラビーズなども6番に長身の選手を起用していますし、木曽選手の6番は当確ですね。他にも欠かせない選手の存在が判り、有意義な強化試合だったと感じました。
    村上さん、大学リーグも佳境&アジア最終予選など忙しい日程ですが、これからも精力的な取材をお願いいたします。

    投稿: 軍曹 | 2006年11月12日 12:36

    REDS戦は、選手の気持ちが見えた試合だと思いました。試合観戦に行きたかったです~。

    投稿: kiss of life | 2006年11月12日 10:07

    村上さんはじめまして!質問ですが、カーワンはどれくらい日本語が話せるんでしょうか?けっこう重要な問題だと思うんですが・・

    投稿: もちづき | 2006年11月11日 10:09

    村上さんこんにちは!いつもJスポーツの解説楽しませてもらってます。
     ところでカーワンはどのくらい日本語話せるんでしょうか?かなり重要な問題だと思うんですが・・・

    投稿: もちづき | 2006年11月11日 10:07

    レッズ戦、観戦いたしました。
    前代表監督問題収束後の、オーストラリア首相代表戦をTV観戦して、応援しに行きたくなりました。
    最後まで戦う姿勢を見せた選手と、戦い方の芯を作ろうとしている首脳陣との良い関係が作られつつあるのではと期待しております。
    もうすこしバックスリーで勝負する展開を見たかったのですがこれは次の楽しみに致します。
    もちろん勝って欲しいのですが、たとえ負けても納得できる戦いを見せてくれるそんな日本代表になってくれることを切に望んでおります。JK氏の手腕と協会の献身的なサポートを期待します。

    投稿: 素人観戦者 | 2006年11月11日 10:02

    国立でやるときは指定席いらないから貴賓席以外は全部自由席にしてほしい。
    メインスタンドのあまりにも穴が恥ずかしいです。

    投稿: ターボ | 2006年11月11日 01:33

    村上さん(はじめまして)、フト最近思うのですが、競技場の自由席は結構いっぱいになっているのですが、指定席が唖然・・・とするくらい空いているのは、なんなんでしょう?

    投稿: bu=3 | 2006年11月11日 01:27

    レッズ戦、行きました。敵陣の深い位置でラインアウトのミスは痛かったです。チャンスを自ら失ってました。しかし、何度も激しくタックルをするジャパンの選手たちの姿に、アジア予選はきっと圧倒してくれる! という期待が持てました。

    「南ア対ワールドXV」に、マーシャルも出るんですか?! 箕内選手のプレイともども、とっても観てみたいです。放送してくれないかなぁ。

    投稿: サファイヤ | 2006年11月11日 00:14

    村上さんはじめまして。
    香港10'sに参加したことがあるので突っ込ませてもらいます。

    香港FCのグラウンドは、
    ハッピーバレー競馬場の「近く」ではなく、
    「中」です。

    ちなみに、タクシーの運転手には
    「ぱーまーてー」
    といえば着きます。

    投稿: monty | 2006年11月11日 00:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12637237

    この記事へのトラックバック一覧です: レッズ戦結果:

    » 日本代表×レッズ (11/10) [ラグビー感染日記]
    レッズと言っても浦和レッズではありません。オーストラリアのクイーンズランド州の代表チームです。世界最高峰リーグのスーパー14のチームであり、日本で言えば関西代表とか九州代表とかといった感じです(ちょっと違うか?)。ただワールドカップで2度も優勝したオーストラリアは州代表(かつオーストラリア正代表メンバー抜き)と言えども半端じゃなく強いのは事実です。 当ブログは9月のトップリーグ開幕戦�... [続きを読む]

    受信: 2006年11月11日 02:02

    » 変わりつつあるJAPAN 〜W杯本大会を見据えて〜 [威風堂々]
     W杯アジア地区最終予選を間近に控え、壮行試合として先週4日に「オーストラリア首相XV」戦、昨日10日には強化試合として「クイーンズランド・レッズ」戦が行われました。  結果はみなさんご存知のとおり、「19対61」「22対29」。敗れはしたものの、内容的には見るべきとこもあり、課題の明確になったという意味で、新生日本代表の「スターティング・ポイント」として、いい経験・強化につながる2試合だったと思います。  4日の試合は、前半20分までにワールドクラス個々の強さ、圧力に全く対応できないまま4連続トラ... [続きを読む]

    受信: 2006年11月11日 15:12

    » 日本代表代 期待させる敗戦22-29 [らぐびーあにまる]
    国立での生観戦から、なんかモヤモヤした感じで帰ってきたのですが、ビデオをみて やっぱり同じ感想でした。ダメな所も沢山あるんだけど、いい所もあるもんね・・・もっと出来るんじゃないっていう期待をさせてくれますよねアジア予選でアタックの形を整えて圧倒して勝っ...... [続きを読む]

    受信: 2006年11月12日 08:29

    » W杯戦士の言葉〜カーワンジャパン第2戦〜 [スポ狂おっさん徒然記]
    11月10日、国立競技場。 カーワン次期HCが合流して 2試合目の相手は、 南半球のクラブリーグ、 スーパー14の強豪・レッズでした。 結果から言えば、22−29の惜敗。 19−61と大敗した前の試合と比べれば、 ジャパンに進歩があったのは明らかでした。 翌日の各報道の論調も概ね好意的。 またファンの反応も期待感に溢れ、 試合後の会場は健闘を讃える 温かい拍手で包まれました。 しかし油断は最大の敵! こんな時こそ必要なのは、 真摯に課題と向き合うことです。 それを気付かせてくれたのは、 大畑・箕内ら... [続きを読む]

    受信: 2006年11月13日 20:29

    » 日本対レッズ [横浜在住、都内勤務サラリーマンの普通にブログ]
    アジア予選突破のための強化試合ということもあって 今後に向けての課題を探るのが目的だったか。 レッズがモール・ラックサイドでの攻撃を多く仕掛けてきたので、 ボールの動きが少ない試合で、 特に前半は観ていて面白みのない内容だった。 それでも後... [続きを読む]

    受信: 2006年11月13日 21:35

    » 日本代表-レッズ戦 結果 [ココロミ]
    11月10日(金) 午後7時K.O. 国立競技場で行われたワールドカップアジア予選壮行試合の日本代表-レッズ戦を観戦しました。今更ですが、簡単に結果を書いておきます。【結果】● 日本代表 22-29 レッズ ○ 国立競技場は、やはり遠くて観にくかったです。双眼鏡を持って行けばよかったわ。 このゲーム、なんと言ってもラインアウトのミスは痛かった。敵陣5m付近で、マイボールラインアウトという場面が何度かあったが、このチャンスをことごとく逃す。うぅ、もどかしい~。前半、SO森田のPGで先制するが、その後は... [続きを読む]

    受信: 2006年11月15日 22:39

    « 俊足・北川智規 | トップページ | 土曜日の試合 »