« レッズ戦の日本代表メンバー | トップページ | レッズ戦結果 »

俊足・北川智規

いま北川智規選手(三洋電機ワイルドナイツ)のインタビューを終えたところだ。これは、JRFUメンバーズクラブの会報誌に掲載されるもの。40m4秒65の俊足WTBの話はなかなか面白かった。ラグビーでは、40m走を測定することが多いのだが、このタイムは、オーストラリア代表のBKと比較しても引けをとらない。10mを1秒くらいで走るって、どんなんだ?

Kitagawakunn

北川選手は、15人制日本代表には初選出。今回の合宿で憧れていた大畑選手と同部屋となり、いろんな話を聞いたのだとか。で、何を聞いたの?「筋肉番付の話とか…」。そっちかよ。北川選手は京都の洛西中学から東山高校に進み関東学院大学に進学。これは、2年上の水野弘貴選手(トヨタ自動車)、1年上の高安厚史選手(三洋電機)とまったく同じコースだ。そんな話も聞かせてもらった。

また、こんな話も。最近のトップ選手は、試合用スパイクを頻繁に取り替える場合が多いのだが、北川選手は大学3年から同じスパイクを使用しているという。コンバートのスパイクらしいが、中学時代からずっと同じメーカーなので他のにする気にならないのだそうだ。素朴な語りに好感を持った。

「まだ、自分は日本代表に選ばれるのは早いと思います」と謙虚に話してくれたが、スピードは日本代表BKの中でも図抜けており、課題のディフェンスを克服して、なんとか定着してもらいたいところ。レッズ戦では控えスタートだが、途中出場は間違いない。「ボールを持ったらトライまで走りきりたいです」。期待してます。

きょうの午後、日本代表は千葉のエアロビクスセンターから東京入り。都内のホテルで一泊し、明日の試合に備える。カーワンアドバイザーは、「一対一のタックルをしっかりやること。それは技術ではなく、気持ちです。自分たちを信じること」と選手達に話したとか。

一方のレッズは、午前中に最後の練習を終えた。練習後、エディ・ジョーンズ監督は報道陣に対して日本語で受け答えした。趣旨は以下の通り。
「今回は、現在連れてこられるベストのメンバーで来日しました。この試合は、来年のスーパー14のトライアルを兼ねています。レッズのレギュラー争い、日本代表の予選の助けにもなり、双方にとって意味のある試合です。ジャパンは、ポテンシャルのある若手が多い。次期HCのカーワン氏はイタリア代表監督の時に良い仕事をしました。特にディフェンスをレベルアップさせたので日本でもそれをやるでしょう」

愛好的読書日記◎先日、この日記でも紹介した『静かなるホイッスル』(柴谷晋・著/新潮社)を読み終えた。読後感がとてもいい。聴覚障害者がプレーするデフ・ラグビーの日本での発祥から現在までを、自身もデフ・ラグビー選手である著者が追っている。この本は、ぜひトップ選手達に読んでほしいと思う。デフ日本代表チームがニュージーランドで迎える初試合。前夜、吉識(よしき)監督は祈る。「どうか誰も死にませんように」。 試合前のロッカールーム。叫び声が上がる。「ウォー! ウォー!」。初勝利。雄叫び。この感激がいい。ひょんなことから、デフ・ラグビーの指導をすることになった吉識は、大阪体育大学出身。不安で恩師の坂田好弘に相談する。すると坂田は言う。「おい、ヨシキ、言葉はどこで聞くんや? ここや」。そう言って、胸を指さす。もちろん、そう簡単なことではない。健聴者、難聴者、まったく聞こえない者、それぞれに立場もコミュニケーションの方法も違う。でも、やっぱり大事なのは「心」なのだ。コミュニケーションとは何か。考えさせられる本だった。僕は、ラグマガ編集長時代にフォトジャーナリストの長田耕治さんに出会った。デフ・ラグビーの原稿の持ち込みだった。持ち込み原稿を断ったことは数知れない。でも、このときは即決で掲載することにした。「音のない世界の肉弾戦」。その記事が日本のデフ・ラグビーが普及するきっかけになった。長田さんに「心」があったからなんだろう。明日も、心のある試合が見たいな。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « レッズ戦の日本代表メンバー | トップページ | レッズ戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上様、

    こんにちは。柴谷晋です。
    このたびは、拙著「静かなるホイッスル」をご紹介くださいまして、ありがとうございました。
    関連記事に、いくつかトラックバックさせていただきました。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    投稿: 柴谷晋 | 2007年2月13日 17:45

    はじめまして。
    今日のレッズ戦は惜しかったですね。
    JKさんがファイヤーって叫んでるのが聞こえてきました。

    再来週のアジア予選、観に行こうと計画中です。
    日本協会のHPを見ると、会場が香港フットボールクラブとしか書いておらず地図もアクセス方法も分かりません。
    村上さんのブログでお尋ねする内容ではないかもしれませんが、協会のHPの情報があまりにも貧弱なもので。。。
    どなたかお分かりになる方でも構いません。
    教えてください。

    投稿: ピコ | 2006年11月10日 23:27

    すいません、間違えました。前出の「フアイアー」の出典は、スポーツ報知ではなくサンスポでした。ごめんなさい、サンスポさん!

    投稿: 岐阜のラグビーフアン | 2006年11月10日 18:19

    「ファイアー」と「ウオーター」を叫びながらするNZ流デイフエンス。(スポーツ報知11/10付) 「フアイアー」はプロレスラーの大仁田(アツシ?)の専売特許かと思っていましたが、NZが元祖とは・・  「フアイアー」と叫びながら猛烈にタックルに入るのと、タックルに入るのは自重しろと「ウオーター」と声を出し合う。意識付けには良いことだし気に入りました。JKの指導はオモシロイ! 

    投稿: 岐阜のラグビーフアン | 2006年11月10日 18:11

    北川選手は今年度私が注目していた選手の一人なので、レッズ戦への出場が楽しみです。
    遅ればせながらラグビーマガジン読みました。「雨降って地固まる」ではないですが、HC問題で揺れたあとカーワン氏が後任に決まり色々良い兆しが出てきたと思います。
    しかし、カーワン氏がいくら有能だからといっても、HCをサーポートする体制に根本的にメスが入らない限り、これまで繰り返されてきた代表チーム強化問題や今回のHCの人選問題は、いつでも再燃する可能性があると思います。
    協会こそ「負けから学ぶ」時ではないでしょうか。

    投稿: いろいろ感想文 | 2006年11月10日 12:36

    今夜は寒くなりそうと聞きました。防寒ももちろんですが「心」が暖まる試合を期待して観戦に向かいます。

    投稿: 友人 | 2006年11月10日 10:54

    今日もまたひとつ、坂田先生の逸話で感激を頂きました
    今夜の試合、JKのアドバイスを代表の皆が「ここ」で聞いてくれた事と信じたいなあ

    投稿: ナベゾ | 2006年11月10日 05:53

    デフ・ラグビーに関する文章。思わず目がしらが熱くなってしまいました。ハンデを負いながらもアツく燃えるラガーマン、偉いなー。よし明日は私もアツく応援しよう!

    投稿: 赤ペン先生 | 2006年11月10日 01:06

    私も、北川選手はじめ、正面、吉田、そして大西選手等、前回出場していない選手の活躍にも期待しています。

    P.S.先日のトークライブでは、楽しいひとときをありがとうございました♪

    投稿: あひる | 2006年11月10日 00:08

    すいません、場違いな質問かも知れませんが、今週末イングランドとアルゼンチンの放送はありますが、NZとフランスのテストマッチの放送はないのでしょうか?

    投稿: atsushi | 2006年11月 9日 21:28

    北川くんの快足は楽しみです。特にカウンターからの走りを期待しています。
    明日は天気もよいし,ジャパンらしいラグビーをみたいです。

    投稿: さちこ | 2006年11月 9日 20:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12621660

    この記事へのトラックバック一覧です: 俊足・北川智規:

    « レッズ戦の日本代表メンバー | トップページ | レッズ戦結果 »