« 癒しのクマ | トップページ | 日韓戦、生放送決定 »

熊谷&マーシュ

Futari

きょうはNECグリーンロケッツの本拠地・我孫子に行ってきた。クラブハウスでグレン・マーシュ選手と熊谷皇紀選手のインタビューをした。NECスポーツのファンクラブである「ロケッツクラブ」の会報誌に掲載されるもので、どちらかというと写真がメインのショートインタビュー。休日の過ごし方などを別々に訊いたのだが、2人とも、ラグビーの話になるとやはり熱くて止まらなかった。それは僕にとっては嬉しい時間である。

熊谷選手は休日はけっこうアクティブ。釣りが趣味とのこと。ふくらはぎの肉離れで、この11月は日本代表に参加できなかった。春に韓国代表に勝った後に話を聞いたときには、「予選の韓国はこんなものじゃないと思う。気を引き締めていかないと」という主旨のことを話してくれたし、日本代表への愛着を人一倍持っているだけに、今回の怪我は残念でならないようだった。日本代表対レッズ戦は国立競技場で観戦し、やはりロックの動きは気になった様子。来年のW杯出場に向けて、トップリーグ後半戦での活躍を期待したい。

マーシュ選手も熱く語ってくれたのだが、来日6年目とあって、ほとんど日本語で会話が成り立つ。「いろいろ仕事してるね。コメンテーターでしょう…、あとは…」。「きょうはライター、あとは編集者」ってな感じで、僕にも質問を投げかけてくるのもマーシュ選手の特徴。試合の激しさとは裏腹に、とても優しく語りかけてくれる。自然を愛し、海辺のカフェでもんびりするのが好きなのだそうだ。我孫子は海まで遠いから、音楽を聴いたり、カフェでリラックスしているという。試合前は、ウォーミングアップをせず、ロッカールームで一人音楽を聴いている話は、よくNECの選手達に聞いていた。何を聴いているの?「その時々で違います。クラシックを聴くこともありますよ」。クラシックかぁ、なんか、かっこいいなぁ。

NECのグラウンドで空を見ていたら、きれいだったので思わずシャッターを。

Sora

ススキもいいですなぁ。

Susuki

おっ、カマキリくん。NECのクラブハウスの駐車場を元気に横切っていった。

Kamakiri1

さて、16日は日記を書けないかもしれません。次に書くのは香港からになります。では、行ってきます。

◎愛好情報
木曜日に発売になるNumber666号の特集タイトルは「越境秘話」。海外へ渡ったアスリートとして、野茂英雄や中田英寿らとともに、ラグビー界からもNZ、南アフリカを経て今季はイタリアでプレーを続ける四宮洋平選手が登場するようです。ローマでのプレーぶりと、これまでNZや南アで経験してきたこと彼が考えてきたことが紹介されています。
また、17日付けの「東京中日スポーツ」特集企画「コンフィデンシャル」紙面で、ラグビーW杯アジア最終予選の展望記事が掲載される予定。
もう一つ、「朝日新聞」土曜版「be」の「逆風満帆」という企画で18日付けから3週連続で大畑大介選手の記事が掲載されます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 癒しのクマ | トップページ | 日韓戦、生放送決定 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     マスター様へ
     韓国ラグビー広報の見明(みあけ)です。
     韓国代表は明日17日に香港入りします。
     昨日まで韓国・中部の町、堤川(チェチョン)で合宿をしてました。
     でも気温が零下近く寒い中の練習だったようです。
     韓国代表選手の横顔を私のプログで昨日と今日、掲載してます。
     ご笑覧ください。

    投稿: 見明(みあけ) | 2006年11月16日 10:23

    香港からのレポート お願いします。
    日に 2度 3度・・・

    投稿: さんぼ | 2006年11月16日 10:08

    香港からのリポート楽しみにしています。
    特に、香港代表、韓国代表に対して、試合開始と同時に低く鋭いタックルを浴びせることが出来るかどうかが気になるところ。是非、「受け」ないで「仕掛ける」ラグビーを見せてほしいですね。
    韓国代表チームは明日ぐらいには香港入りするのでしょうか。

    投稿: マスター | 2006年11月16日 08:35

    久々に Nunbur にラグビーネタですね
    買って送ってあげなきゃな

    投稿: ナベゾ | 2006年11月16日 06:40

    マーシュ選手やカーワンHC、セコムのタアラ選手辺りは流暢に日本語を話しますよね。日本に来る外国籍選手は日本語を覚えようと勉強熱心で頭が下がります。
    ところで、今回のJAPANにサニックスのマキリ選手がいませんがやはりTLの外国人枠の影響でしょうか?個人的にはアジア枠を設けたのだから日本代表歴のある外国籍選手には外国人枠を設けないとか配慮が必要だと思います。

    投稿: はり | 2006年11月16日 02:04

    クラシックは曲によっては、作曲者の想いを考えたり、指揮者、オーケストラの気持ちの入った演奏を聴くと、思わず力が入ったり、鳥肌が立つ時がありますよ。マーシュ選手の気持ち、分かります。クラシック音楽もいろいろありますからね。ワールドカップのテーマ曲は、ホルストの「惑星」の「木星」をアレンジしたものです。毎回、ホスト国らしさが出ていて好きですよ。
    さあ、いよいよアジア地区予選です。どんな相手でも、気持ちを緩めずにプレイして、出場切符を持ち帰って来てもらいましょう。
    村上さんもお気をつけて。放送がないので、レポも楽しみにしています。

    投稿: サファイヤ | 2006年11月15日 21:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12699476

    この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷&マーシュ:

    « 癒しのクマ | トップページ | 日韓戦、生放送決定 »