« 怒りのJK | トップページ | 世界選抜とラグマガ1月号 »

太ってない!

香港では完全に食べ過ぎだった。間違いなく増量しているはず。体重計に乗りたくないなぁと思っていたのだが、本日朝、思い切って乗ってみた。??? 太っていない。むしろ減っている! プーアール茶飲みまくったのが良かったのか? お茶効果、恐るべしである。太ったと感じたのは、毎晩の食べ過ぎで顔がむくんでいただけなのか…。

先週末の話になるけど、パシフィックアイランダーズに大勝したアイルランド代表で19歳のWTBルーク・フィッツジェラルドがデビューした。この選手、JSPORTS視聴者の方は覚えているかもしれないけれど、2005年春のサニックスワールドラグビーユース大会に出場していた選手だ。アイルランドのブラックロック高校のCTBだったのだが、とにかく攻守に安定感があり、相手をかわす技術も高く、なにより精神的な強さが印象に残っていた。父は元アイルランド代表主将も務めたHOという血筋。「彼は、将来代表になるかもしれませんね」と深緑郎さんと話して、JSPORTSでインタビューもした。それがこんなに早く代表になるとは。オドリスコルの後継者になれるかな? ワールドユース大会は継続して見ていくと面白い。

さて、きょうはお知らせ。愛好日記トークライブの第6弾の詳細が決まりました。隔月で行ってきたシリーズはいったんここで一区切り。新企画も含めて再考するつもりです。もちろん、ラグビーファンのみなさんとの交流、そしてラグビーのさまざまな魅力を発信する作業は、これからも続けたいと思っています。

◎「愛好日記トークライブ・第6弾」
【ゼロからの挑戦・熱血先生の夢】
ゲスト=下村大介(四日市農芸高校ラグビー部監督)

今回のゲストは高校ラグビーの指導者である下村大介さんです。四日市農芸を花園常連校に仕立て上げるまでのエピソードは、三重県版スクールウォーズとも言われるほど壮絶で感動的。早稲田大学の今村雄太選手も下村先生が発掘し育てた選手です。現場の指導者がどんなアプローチで高校生を育てているのか。いいお話が聞けると思います。参加希望の方は下記の要領にてお申し込みを。トークのあとは、懇親会もあり。席に限りがありますので定員になり次第締切りとなります。
◆日時  1月27日(土) 午後5時開演(4時半開場)~7時 
◆場所  『文鳥舎』三鷹市下連雀3-32-3 グリーンパルコB1
Tel:0422-79-3777  Fax:0422-79-3777
bunchou@parkcity.ne.jp
http://www12.plala.or.jp/bunchousha/
◆入場料 2,000円 定員約50名
◆懇親会 3,000円 定員約30名(終演後、1時間半程度立食パーティー)
※ご予約開始は、11月30日(木)午後3時より、メール、FAX、電話で。HPで座席の確認ができます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 怒りのJK | トップページ | 世界選抜とラグマガ1月号 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    初めまして,いつも楽しく読ませて頂いております。
    村上さんの文章も解説もラグビーに対する熱意があふれていますね。
    Jスポーツの放送は村上さんの解説か否かで随分満足感が違います。これからも頑張って下さい。
    所で,アルゼンチンが調子の出ないイングランドに勝った時には強くなったなーと思いましたし,日本も新しいヘッドJKの元で頑張れるかなーと思っていましたが,先ほど対フランス戦の結果を見てぶっ飛びました。
    もう日本とはランクが違うんですねアルゼンチンは。トライネイションの仲間入りするのもそれ程遠い将来のことでもなさそうですね。
    日本も上位チームと拮抗する試合が来た時に,村上さんの解説で聴ける時を楽しみしています。
    では

    投稿: 抹茶 | 2006年11月29日 22:54

    >父は元アイルランド代表主将も務めたHOという血筋

    1986年春のアイルランド代表の主将として来日したと覚えていますが?
    当時ラグビーの撮影をしていて、つい最近、秩父宮での最終戦のプリントが出て来て思い出していたばかり。
    懐かしいですし、ジュニアの活躍も早く生で見てみたいものです。

    投稿: 雀 | 2006年11月29日 09:15

    下村先生とはトークライブの懇親会で何度かお話させていただきましたが、ものすごくユニークでエネルギッシュなかたでした。絶対盛り上がりますよ!

    また出張入らないかな~。

    すみません、勢いあまってトラックバックオフサイドしてしまいました。お手数ですが一つ削除をお願いします。

    投稿: ひなP | 2006年11月29日 08:47

    サニックスワールドユースはスター発掘って意味でも、非常に興味深い大会ですが、果たして将来的に継続出来るのでしょうか?
    サニックス自体の経営は大丈夫かなあ
    財団はあんなに素晴らしいけれど母体がぐらついては・・・
    日本国内であんなグローバルな試合を観る事が出来るなんてなかなか無いだけに気掛かりです

    投稿: ナベゾ | 2006年11月29日 06:25

    お疲れ様です。
    そして、体重減少、おめでとうございます(笑)。
    プーアール茶以外に、取材とW杯突破が決まるまでの若干の不安感が、摂取量を上回ったのだと思います。
    トークライブ、行きたいですが大阪からは無理ですねぇ。
    またブログで、当日の雰囲気等、お教え下さい。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年11月28日 19:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12855294

    この記事へのトラックバック一覧です: 太ってない!:

    » 香港出張報告〜W杯アジア最終予選日本−韓国出観戦記 [ラグビーフィーバー!!from上海]
    ジャパンの海外遠征を観戦するのは始めてでしたが、この舞台でのジャパンのパフォーマンスを観戦できて本当に良かったです。上海にいたらスカパーも観れませんでしたから。 急遽会場に決まった香港フットボールスタジアムはこのクラスのゲームを行うには少々狭い器でしたが、秩父宮や花園がよだれをたらすような高級ホテルのようなクラブハウスとパブを備えていました(ちなみに会員専用)。周りを競馬場と高いビルに囲まれた都会の中でカクテル光線につつ�... [続きを読む]

    受信: 2006年11月29日 08:28

    « 怒りのJK | トップページ | 世界選抜とラグマガ1月号 »